水冷方式を採用した新世代のスズキ バンディット1250

「バイク」に関する記事

VOKKAには「バイク」に関する記事が129件掲載されています。話題の「バイク」に関する記事はVOKKAでお楽しみいただけます。

「バイク」に関する記事

129件中 91 - 120件

水冷方式を採用した新世代のスズキ バンディット1250

水冷方式を採用した新世代のスズキ バンディット1250

1980年代から4気筒ネイキッドシーンを盛り上げているバンディット1250。一時、生産終了となりましたが、現在でも新車販売はされています。そんなバンディット1250の特徴や新車価格をご紹介。

400ccで乗れる本格ストリートファイタースズキ グラディウス400

400ccで乗れる本格ストリートファイタースズキ グラディウス400

まるでカスタム車のようなデザインがインパクトのあるグラディウス400。「こんなに攻撃的でいいの?」と感じさせてくれるデザインはスズキ車ならではですね。このグラディウス400は普通自動二輪免許(中型バイク免許)で乗れる唯一といってもいいストリートファイターです。今回はグラディウス400の魅力をたっぷりご紹介します!

【スズキ ブルバード400】スポーティーなアメリカンクルーザー

【スズキ ブルバード400】スポーティーなアメリカンクルーザー

スポーツ志向の強いアメリカンクルーザーのスズキ ブルバード400。400ccクラスのアメリカンでは珍しい仕様となっています。いつも個性的なバイクを手掛けるスズキ車っぽさがいいですね。日本はもちろん、海外でも評価の高いブルバード400をご紹介します。

【スズキ イントルーダー400クラシック】休日はワイルドにいこう!

【スズキ イントルーダー400クラシック】休日はワイルドにいこう!

「これって本当に400ccなの?」と疑ってしまうほどのどっしりと構えたワイルドなたたずまい。肉付きのいいその見た目はもちろん、パワフルなエンジンで、日常を非日常へと変えてくれます。今回はそんなスズキ イントルーダー400クラシックの紹介です。

【スズキ GSR250】時代が求めた世界が求めたストリートファイターマシン

【スズキ GSR250】時代が求めた世界が求めたストリートファイターマシン

GSR250は世界が求めた一台といっても過言ではありません。日本ではもちろん、世界各国で大ヒットしているネイキッドモデルです。数字だけのスペックに縛られない。ハンドルを握った者にしかわからないその潜在能力が魅力のバイクです。

スズキ史上もっともピュアなネイキッドとなるST250はいかが?

スズキ史上もっともピュアなネイキッドとなるST250はいかが?

現在スズキの新車250ccネイキッドバイクのラインナップには、グラストラッカー、グラストラッカービッグボーイ、そしてST250があります。中でもST250はピュアなネイキッドといわれており、クセのないフォルムが評判です。そこで今回はそんなST250の魅力を紹介します。

スズキ グラストラッカー/グラストラッカービッグボーイがかっこいい! 

スズキ グラストラッカー/グラストラッカービッグボーイがかっこいい! 

2000年から発売されているおしゃれバイク、グラストラッカーとグラストラッカービッグボーイ。それぞれの違いがイマイチわからないよ、という方も、おしゃれバイクに目がない方にもおすすめの250ccです。誰にでも扱いやすく、走りが楽しいと感じられるバイクですよ。

遊びココロが満点のスズキ バンバン200で楽しい日々を

遊びココロが満点のスズキ バンバン200で楽しい日々を

バイク好きならみんな知っているスズキのおしゃれバイクバンバン。男女問わず心を鷲掴みする、バルーンタイヤがいい感じ! ワイルドでどこかカワイイ、独特のフォルムが特徴です。今回は是三販売中のスズキ バンバンをピックアップ!

カスタムも楽しい!スズキ アドレスV125はストリートに最適

カスタムも楽しい!スズキ アドレスV125はストリートに最適

かつて通勤革命を起こしたことのある、スズキのアドレスシリーズ。今回は原付二種の人気を保持し続ける90~125ccクラスのアドレスV125をピックアップ。通勤やお買い物はもちろん、スクーターレースやドレスアップカスタムなどでも圧倒的な存在感の魅力に迫ります。

スズキ GSR400は400cc最速を目指すピュアネイキッド

スズキ GSR400は400cc最速を目指すピュアネイキッド

近年、排ガス規制などが厳しくなり、中型バイククラスでは2気筒が中心となっている新車販売市場ですが、GSR400は4気筒エンジンを採用しています。そんなGSR400には気になる特徴がさまざま。それぞれ紹介しようと思います。

休日を大型スポーツスクーターで駆け抜けるのはいかが?

休日を大型スポーツスクーターで駆け抜けるのはいかが?

スクーターといえば何かが頭に浮かびますか?多くの人はおそらく原付が思い浮かぶでしょう。しかしスクーターは置くが深い乗り物。スポーツ仕様のものもあり、スクーター限定のレースなどが開催されています。ここではスポーツスクーターを紹介します。

完璧国産主義者ならヤマハ ドラッグスター400という選択

完璧国産主義者ならヤマハ ドラッグスター400という選択

ヤマハ ドラッグスター400。ドラッグスターにはシリーズがあり、現在新車で購入できるのはこのドラッグスター400とドラッグスター250。今回はその400cc版をご紹介。250ccにはない豪快な走りが魅力となっています。

ヤマハのフラグシップモデルVMAXは怒涛の加速力が魅力

ヤマハのフラグシップモデルVMAXは怒涛の加速力が魅力

1985年にデビューして以来、ヤマハのフラグシップモデルであり続けるVMAX。ノーマル状態でゼロヨンタイム10秒台という衝撃的なパワーを誇る、ハイパワーモデル。今回はその2代目となる現行モデルを紹介します。

ヤマハ NMAXは最新の技術を投入したスポーティー低燃費スクーター

ヤマハ NMAXは最新の技術を投入したスポーティー低燃費スクーター

通勤に便利な125ccスクーター。渋滞の影響を受けにくく、ちょっとコンビニ程度にも大変便利な乗り物です。しかし最近のスクーターはそれだけではありません。さまざまな技術を投入し、幅広い使い方ができます。

ヤマハ ドラッグスター250でお手軽空冷Vツインエンジンを楽しむ!

ヤマハ ドラッグスター250でお手軽空冷Vツインエンジンを楽しむ!

アメリカンはハーレーだけじゃない! 車検のない250ccクラスで、手軽にアメリカンを楽しむのも悪くない。高性能な国産車だからこそ通勤やロングツーリングまで、なんでもこなせるドラッグスター250の紹介です。

ヤマハ セロー250はスペックでは語れない良さがある

ヤマハ セロー250はスペックでは語れない良さがある

1985年から販売され続けているヤマハ セロー250。バイクはスペックではない。乗った者だけがその魅力を理解できる。そんなバイクがヤマハ セロー250です。スペック至上主義の時代に意義を唱え、大ヒットとなったモデル。

通勤も遊びもこれ一台で快適に!ホンダ グロムの魅力に迫る!

通勤も遊びもこれ一台で快適に!ホンダ グロムの魅力に迫る!

ホンダの原付二種にかわいい、かっこいいギア付きバイクが登場しました。交通量の多い道もスイスイ走れる上に、気ままにツーリングも楽しめるバイクです。燃費も良くスピードも速いので、なんにでも使えます。

入門にも!低燃費で運転しやすい新世代のナナハン・ホンダNC750

入門にも!低燃費で運転しやすい新世代のナナハン・ホンダNC750

これまで「ナナハン」と聞くと男の硬派なバイクというイメージがありましたが、今回ご紹介するホンダNC750は、肩の力を抜いて楽しめる新世代のバイクです。入門にもぴったりなんですよ。それでは、その魅力をたっぷり堪能してください。

カフェレーサーは大人のバイクカスタム その基礎知識をご紹介

カフェレーサーは大人のバイクカスタム その基礎知識をご紹介

バイクの改造が趣味というと、ちょっと子供っぽさがありますが、今回は大人のカスタム「カフェレーサー」についての基礎知識を紹介します。カフェレーサーは、性能を求める一面と、ファッション的要素の融合体です。その奥深い世界をご覧ください。

ヤマハ XJR1300は古き良き空冷マシン 乾いたサウンドが魅力

ヤマハ XJR1300は古き良き空冷マシン 乾いたサウンドが魅力

近年では珍しい空冷エンジン搭載の大型バイク。ヤマハ XJR1300は旧車のポイントを抑えた現行車です。随所に垣間見えるヤマハエンジニアのマニアックなこだわり。今回はXJR1300の魅力をピックアップ!

大人の休日にお勧めしたい バイクのキャンプツーリングで自由を満喫

大人の休日にお勧めしたい バイクのキャンプツーリングで自由を満喫

キャンプツーリングは手軽に自由を満喫できるちょっとしたエンターテイメント。場所、時期など、男性なら適当にいつでも向かえるのが特権ですね。キャンプツーリングと聞くと真夏のイメージがありますが、そんなことはありません。いつだって楽しめます。

普通免許で乗れるフロント2輪トライク「カンナム スパイダー  ロードスター」

普通免許で乗れるフロント2輪トライク「カンナム スパイダー ロードスター」

最近ひそかに人気を集めているレジャーといえば「スパイダー」。このフロントにタイヤが2つリアにタイヤが1つ3輪トライク、どうやら楽しい乗りものらしいです。スパイダーはどういった乗り物か?性能はどうかを解説していきます。

バイクを知らない人は知っておきたい「バイクの種類」

バイクを知らない人は知っておきたい「バイクの種類」

バイクにはいろいろな種類があります。車の免許だけを取得された人の中には、バイクのタイプの区別がわからない人もいるでしょう。今回はバイクの大まかなタイプを簡単に説明します。ここでバイクのタイプを簡単に覚えてしまいましょう。

バイカーが使っているバイク&革ジャンはこれ!おすすめを厳選チョイス!

バイカーが使っているバイク&革ジャンはこれ!おすすめを厳選チョイス!

どんな時代もパワフルなエンジン音で世の男たちを魅了してきたバイク。風を切って走る姿は興奮しますよね。そこで今回は今乗りたいおすすめのバイクを5台ピックアップしてみました。お気に入りのバイクを見つけて、あなたも風を切りましょう。

【ヤマハ SR400】1978年から続くレトロスタイルの定番バイク

【ヤマハ SR400】1978年から続くレトロスタイルの定番バイク

ヤマハ SR400は、1978年から販売の続くロングセラーバイクです。振動が強い、キックスタートのみ、パワーがないといわれることがありますが、乗ってみてばそれは全て魅力だということに気がつくはずです。

【ホンダ CB400SB】バイクが欲しいか自由を求めるか

【ホンダ CB400SB】バイクが欲しいか自由を求めるか

バイクの免許を持て余している。趣味としてなにか始めたい。バイクに乗りたいけどなにを選べばいいのかわからない。そんな方にピッタリなのがホンダ CB400SBです。

和製スポーツスター883ことヤマハ ボルトは大人の味わい

和製スポーツスター883ことヤマハ ボルトは大人の味わい

本家を凌ぐ勢いのヤマハ ボルト。エンジン特性やコーナリングなど、完成度の高さが垣間見えるハイクオリティな一台。休日をクールに過ごす、大人の男にピッタリなボルトの魅力を紹介しましょう。

【ヤマハ XSR900】速さとファッションを融合させたネオレトロバイク

【ヤマハ XSR900】速さとファッションを融合させたネオレトロバイク

近代的なデザインのバイクばかりで、旧モデルの購入を考えている方には、ヤマハ XSR900をおすすめします。ネオレトロなデザインが、レザージャケットとよく似合うスタイリング。そしてMT-09の運動性能を兼ね備えた非の打ち所のない仕上がりとなっています。

大人から始めるからこそ男を磨く!おすすめ趣味5選

大人から始めるからこそ男を磨く!おすすめ趣味5選

もう若くない、若く見られていないと感じる年頃になると、ライフスタイルもそれなりに変えないと、子供っぽいと周囲に思われ、評判が下がってしまうことも。そこで今回は、男磨きにも最適な趣味をピックアップします。

スタイリッシュさが決め手 男らしさを格上げするライダースファッション

スタイリッシュさが決め手 男らしさを格上げするライダースファッション

バイクをファッション感覚で乗っている人はもちろん、ついつい機能性を重視した服装になり、なんだかオジサンっぽくなっているライダーは必見です。もちろん機能性を犠牲にせずかっこういい服装をピックアップします。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介