ロシアのサラブレットが1位に!1975年からのロン=ティボー国際音楽コンクール

「コンクール」に関する記事

VOKKAには「コンクール」に関する記事が15件掲載されています。話題の「コンクール」に関する記事はVOKKAでお楽しみいただけます。

「コンクール」に関する記事

15件中 1 - 15件

ロシアのサラブレットが1位に!1975年からのロン=ティボー国際音楽コンクール

ロシアのサラブレットが1位に!1975年からのロン=ティボー国際音楽コンクール

1975年からのロン=ティボー国際音楽コンクールは、ショパンコンクールでも1位となった話題の「ロシアのサラブレット」が1位となりました。日本でも大フィーバーとなったそのピアニスト、他にはスクリャービンの子孫に気に入られた人なども含まれています。

フランスの名ピアニスト3人!1971年からのロン=ティボー国際音楽コンクール

フランスの名ピアニスト3人!1971年からのロン=ティボー国際音楽コンクール

1971年からのロン=ティボー国際音楽コンクールは、ロシアとフランスのピアニストが上位を占めました。特にフランスからは、現代も世界的に活躍している素晴らしいピアニストが誕生しました。現在フランスを代表するピアニストとなった3人やロシア出身の2人をご紹介します。

名女流ピアニストの誕生!1965年からのロン=ティボー国際音楽コンクール

名女流ピアニストの誕生!1965年からのロン=ティボー国際音楽コンクール

1943年から始まったロン=ティボーコンクールは20年を越え、1965年になっていよいよ人気が高まってきました。ロシア出身の素晴らしい女性ピアニスト3人を中心にご紹介します。いずれも名門モスクワ音楽院で学んだ人たちです。他にも現在大活躍している世界的ピアニストをどうぞご覧下さい。

大病克服の奇跡のピアニスト!1955年からのロン=ティボー国際音楽コンクール

大病克服の奇跡のピアニスト!1955年からのロン=ティボー国際音楽コンクール

1955年からのロン=ティボー国際音楽コンクールは、なんと日本初の優勝者が出ています。また、病気を克服し世界的なピアニストとなった「奇跡の人」「努力の人」です。今回は1955年から1961年までの入賞者の中から広い活躍で有名なピアニストを5人ご紹介いたします。

悲劇の女流ピアニスト!1953年のロン=ティボー国際音楽コンクール

悲劇の女流ピアニスト!1953年のロン=ティボー国際音楽コンクール

1953年のロン=ティボーコンクールは世界的なピアニストを何人も送り出しています。ほとんどの人はすでに亡くなられていますが、受賞後に「これから大成していく」という時期を目前に病で演奏家として一線を去らなければならなかった女性が含まれます。その女流ピアニストとは…。

フランスが誇るピアニストの登竜門!ロン・ティボー国際音楽コンクール

フランスが誇るピアニストの登竜門!ロン・ティボー国際音楽コンクール

ロン=ティボー国際音楽コンクールは1943年に創設されました。フランスで行われるピアノとヴァイオリン部門の、伝統あるコンクールです。毎回優秀なピアニストを輩出することで有名ですが、今回は初回の1943年から1951年までのピアニストをご紹介します。

現代の名ピアニスト誕生!1978年からのリーズ国際ピアノコンクール

現代の名ピアニスト誕生!1978年からのリーズ国際ピアノコンクール

1978年から2009年までのリーズ国際ピアノコンクールの覇者は、現代を代表する名ピアニストであり後進の指導もしているパワフルな人たちです。いずれもそれぞれの出身国を代表し、ピアニストの歴史に残る名人です。その5人をご紹介いたします。

1963年から開催!イギリスのリーズ国際ピアノコンクールの覇者たち

1963年から開催!イギリスのリーズ国際ピアノコンクールの覇者たち

リーズ国際ピアノコンクールは、イギリスのリーズで1963年開始以降三年ごとに開催されています。開催当初は厳しい審査があったようで、名ピアニストを輩出しました。今回は1963年から1975年までの優勝者を5人ご紹介いたします。

現代に活躍するピアニスト!1987年からのブゾーニ国際ピアノコンクール

現代に活躍するピアニスト!1987年からのブゾーニ国際ピアノコンクール

1987年からのブゾーニ国際ピアノコンクールの覇者たちは、現代ピアニストとしてもっとも円熟期、または若い力をエネルギッシュに注いで活躍している人たちです。幅広く、2008年までの覇者で比較的に名前が知られているピアニスト5人をご紹介いたします。

強者が集まるブゾーニ国際ピアノコンクールがすごい!名ピアニストたち

強者が集まるブゾーニ国際ピアノコンクールがすごい!名ピアニストたち

1949年からイタリアで開催しているブゾーニ国際ピアノコンクールは、ヴィルトゥオーソが腕を競い合う難関のコンクールです。覇者はいずれも国際的なピアニストとして活躍しており、技術力は保証されたようなものといえます。その中から1957年からの4人をご紹介いたします。

個性派が勢ぞろい!ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの覇者たち

個性派が勢ぞろい!ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの覇者たち

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールは1962年からアメリカのテキサスで開催されています。クライバーンはアメリカ人ピアニストで、第一回チャイコフスキーコンクールの優勝者です。このコンクールの覇者のうち個性的なピアニスト4人をご紹介いたします。

アラブの天才現る!1975年からのエリザベート王妃音楽コンクール

アラブの天才現る!1975年からのエリザベート王妃音楽コンクール

1975年からのエリザベート王妃音楽コンクールは、個性的な2人の入賞者を含んでいます。ひとりは、1975年3位入賞のユーリ・エゴロフ、もうひとりは1978年優勝のアブデル・ラーマン・エル=バシャというアラブの天才ピアニストです。巨匠エル=バシャとはどのような人なのでしょうか。

幻のピアニスト!1968年からのエリザベート王妃音楽コンクール

幻のピアニスト!1968年からのエリザベート王妃音楽コンクール

1968年から1972年までのエリザベート王妃音楽コンクールは、伝説的なピアニストや世界的なピアニストを生み出しています。戦後世界的に経済が安定し、クラシック音楽の世界も豊かな時代を反映しています。その中から6人のピアニストをご紹介します。

1956年からのエリザベート王妃音楽コンクールのピアニストたち

1956年からのエリザベート王妃音楽コンクールのピアニストたち

1956年からのエリザベート王妃コンクールは、世界的な大ピアニスト「アシュケナージ」が1位の他、20世紀を他代表するピアニストの粒ぞろいです。もっとも全盛期であったコンクールの入賞者たちをご紹介いたします。

1938年から始まったエリザベート王妃音楽コンクールのピアニスト

1938年から始まったエリザベート王妃音楽コンクールのピアニスト

エリザベート王妃国際音楽コンクールは、イザイ国際コンクールが前身となり1938年に開催されました。現在も続いているコンクールで、「フレデリック・ショパン国際コンクール」「チャイコフスキー国際コンクール」と並び三大コンクールとして知られています。そのピアノ部門からピアニストを5人ご紹介いたします。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

斉藤情報事務3

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

VOKKA編集部グルメ班5

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

kumakumaillust6

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

>>ライター紹介