名女流ピアニストの誕生!1965年からのロン=ティボー国際音楽コンクール

1943年から始まったロン=ティボーコンクールは20年を越え、1965年になっていよいよ人気が高まってきました。ロシア出身の素晴らしい女性ピアニスト3人を中心にご紹介します。いずれも名門モスクワ音楽院で学んだ人たちです。他にも現在大活躍している世界的ピアニストをどうぞご覧下さい。

rosy_faced_lovebirdrosy_faced_lovebird
  • 6,348views
  • B!

女性ピアニストが生き残れない?

出典:www.flickr.com

1965年は、世界経済が安定してもっともピアニストが進出できた時であったと思います。その頃のコンクール受賞者たちは、受賞からすでに50年を越えて現在に至るわけです。亡くなっている可能性もありますが、あまり「世界的」なコンサートピアニストとして活躍していない人はその後がわかりません。自国で指導することに専念しているのか、1位、2位であっても一線から退いている人も多いようなのです。

特に女流ピアニストについて、数年に渡り演奏活動をしているのですが、ぱったりと演奏録音も残さずに情報がなくなっているのです。マルタ・アルゲリッチのように終生ピアニストとして、音楽家として活躍する人はほんの一握りに過ぎないといえます。現代はそうでもないかもしれません。しかし女性にとって、ピアニストとして生きることの難しさがあったのではないかと想像しますが、どうでしょうか。

今回は、現在も活躍しているエリザベート・レオンスカヤ、そして引退宣言をしたナターリャ・ガブリロワ、活躍が不明のリューボフ・ティモフェーエワをご紹介します。

1965年 3位 エリザーベト・レオンスカヤ

Amazonで詳細を見る

1965年3位のエリザーベト・レオンスカヤは1945年ロシア生まれです。モスクワ音楽院に学んでいます。重鎮の名ピアニストであるイグムノフの高弟ミリシュタインに師事しました。エリザベート王妃コンクールでは9位となりましたが、実力は素晴らしく旧ソ連でも重く置かれた存在であったようです。

ウィーンに拠点を移し広く演奏活動を行っています。ロシアの作曲家、ラフマニノフやプロコフィエフやモーツァルトなど幅広いレパートリーを持つことで知られます。曲の深い解釈と高い演奏技術はイグムノフの直系の特徴です。

Chopin:Sonata 3 Fantasia Import
Elisabeth Leonskaja
価格 9,850円

1967年 1位 エドワード・アウアー

Amazonで詳細を見る

1967年1位のエドワード・アウアーは1941年にアメリカで生まれました。1965年のショパンコンクールでも5位、1966年チャイコフスキーコンクールに5位入賞した実力派ピアニストです。受賞後は、世界中に演奏活動をしながら後進の指導も行うなど広範囲の活躍をしています。

日本へも何度も演奏に来ていることから知名度は高いようです。レパートリーはかなり広く、ショパン、ラフマニノフやチャイコフスキー、プロコフィエフなど近代からベートーベン、シューベルトなどの古典まで含まれます。

Chopin Nocturnes-Vol. 1 Import
Edward Auer
価格 3,169円

1969年 1位 リューボフ・チモフェーワ

Amazonで詳細を見る

1969年の1位のリューボフ・ティモフェーエワは1951年ロシア生まれです。幼少時から才能がありモスクワ音楽院で、著名なピアニストであるヤコフ・ザークに学んでいます。このコンクールの優勝では彼女について伝説になっている話があります。

彼女が演奏している最中に停電になったのですが、彼女は少しも動揺せず最後まで弾き続けたというのです。そういったことがあったからなのかどうか、見事に1位を受賞しました。また、彼女が注目をひいた理由のひとつに、その美貌があるようです。

受賞後日本にも何度か来ており、ファンは多いということです。演奏は、個性的な表現でメリハリのあるものですが、一般的なものとは少し違うので好みが分かれるものであるかもしれません。

ショパン:ピアノ名曲 ベスト
オムニバス(クラシック) (アーティスト), ショパン (作曲), & 4 その他
価格 1,963円

1969年 3位 ナターリャ・ガブリロワ

Amazonで詳細を見る

1969年5位のナターリャ・ガブリロワは1950年ロシア生まれです。モスクワ音楽院で名ピアニストでショパンコンクール第一回1位受賞のオボーリンに師事しています。その後、ショパンコンクールの1970年に5位入賞しています。また、チャイコフスキーコンクールも入賞という輝かしい経歴の持ち主です。しばらく演奏活動をしたあと、現在は引退しているということです。

Russian Piano School. Natalia Gavrilova
価格 1,500円

1969年 5位 ジャン・フィリップ・コラール

Amazonで詳細を見る

1969年の5位はフランスのジャン・フィリップ・コラールです。彼は1948年生まれで、パリ音楽院に学んでいます。フォーレ、ドビュッシー、ラヴェル、プーランクといったフランスの作曲家の作品はもちろんですが、ラフマニノフの演奏で知られているピアニストです。フランスには、ミッシェル・ベロフ、パスカル・ロジェという同年代の名ピアニストがいますが、聴き比べると興味深い発見があります。

フォーレ:舟歌、即興曲、無言歌、「ドリー」組曲 他
コラール(ジャン=フィリップ)
価格 1,979円

女流ピアニストということ

いかがでしたでしょうか。ロン=ティボーコンクールでは1965年は女性が3人、1967年は4人、1969年は3人入賞しています。約半数が女性ということですが、現在比較的に知名度が高く活躍している人はほとんどいません。それは演奏技術の問題ではなく、個別の「女性としての人生」に関わる問題なのかもしれないのですが、残念な気がします。世界的なピアニストとしてよりも、女性としての幸せを優先したということでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のライター

rosy_faced_lovebird

検査技師をしておりました。現在は家庭に入り、ライター、アンティークドールのディーラー、人形関連の制作と売買、ピアノ講師などをしています。趣味の薔薇や犬、鳥の世話と夫と子供の世話に忙しい毎日です。

関連する記事

あわせて読みたい

rosy_faced_lovebird
rosy_faced_lovebird

検査技師をしておりました。現在は家庭に入り、ライター、アンティークドールのディーラー、人形関連の制作と売買、ピアノ講師などをしています。趣味の薔薇や犬、鳥の世話と夫と子供の世話に忙しい毎日です。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

VOKKA編集部グルメ班2

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

ハングリィ3

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

>>ライター紹介