1956年からのエリザベート王妃音楽コンクールのピアニストたち

1956年からのエリザベート王妃コンクールは、世界的な大ピアニスト「アシュケナージ」が1位の他、20世紀を他代表するピアニストの粒ぞろいです。もっとも全盛期であったコンクールの入賞者たちをご紹介いたします。

rosy_faced_lovebirdrosy_faced_lovebird
  • 6,127views
  • B!

今世紀最大のピアニスト現る

出典:pixabay.com

1956年開催のコンクールは素晴らしいピアニストを輩出しました。ウラジーミル・アシュケナージは戦後のもっとも良い時期に現れた幸運なピアニストといえます。世界のコンクールは彼のために存在したように、次々に1位と2位を獲得します。その後の音楽人生は「光の中心」にあったのではないでしょうか。

1956年 1位 ウラジーミル・アシュケナージ

Amazonで詳細を見る

1956年開催のエリザベート王妃音楽コンクール第1位は、1937年ロシア生まれのウラジーミル・アシュケナージです。彼は20世紀と今世紀を代表する巨匠ピアニストですが、チャイコフスキーコンクールでも1962年に1位となり、ショパンコンクールでは1955年2位という好成績をあげています。1位はアダム・ハラシェビッチでしたが、アシュケナージが2位であることに審査員のミケランジェリは抗議したという話は有名です。

アシュケナージは、幼少期からの神童でロシアの期待を背負っていました。モスクワ音楽院で研鑽を積み、コンクールの優勝後に海外演奏旅行の間に亡命しています。その後の活躍は目覚しく、指揮者としてもピアニストとしても充実した音楽人生おくる「成功者」です。彼の演奏は、完璧で模範的、非の打ち所がない素晴らしいテクニックで、歴史に残るピアニストのひとりといえます。

Piano Sonatas CD, Import
Alexander Scriabin (作曲), Vladimir Ashkenazy
価格 2,097円

5位 ラザール・ベルマン

Amazonで詳細を見る

1930年ロシア生まれのラザール・ベルマンは5位という結果ではありますが、神童であり旧ソ連が長い間手放さなかったヴィルトゥオーソ(名人級)のピアニストです。リストを得意とし、難曲をこなすピアニストとして知られています。ショパンのような深い内面性を表現するタイプではなく、巨体でピアノという楽器から徹底的に音を絞り出す重量級ピアニストです。

戦後、世界中に演奏旅行で知られるようになったのですが、やはり今世紀を代表するピアニストの1人といえます。

Lazar Berman/ The Deutsche Grammophon RecordingsBox set, Original recording remastered, Import
価格 3,548円


1964年 1位 エフゲニー・モギレフスキー

Amazonで詳細を見る

1964年開催のコンクールの1位は、エフゲニー・モギレフスキーです。彼は1945年ロシア生まれです。技巧的なピアニストで、ラフマニノフのピアノ協奏曲3番の演奏は伝説的になっています。ただ、受賞後の彼の活躍はあまり世界的ではなく、録音もほとんどありません。日本への演奏公演も評判はあまり良いとはいえませんが、興に乗ったときの演奏は素晴らしく、特にラフマニノフに関しては情熱的な演奏を聴くことができます。

Piano Sonata 7 Import
Prokofiev (アーティスト), Yevgeny Mogilevsky
価格 5,627円

2位 ニコライ・ペトロフ 

Amazonで詳細を見る

1943年ロシア生まれのニコライ・ペトロフは2位となりました。その技巧は非常に安定しており、難曲を得意としています。「ジャズとクラシックの融合」をさせた作曲家ニコライ・カプースチンの作品を早くから世に広めた1人です。母国の作曲家、ラフマニノフ、プロコフィエフなどを中心にしたレパートリーがあります。

20th Century Piano Sonatas
Petrov Nikolai
価格 2,069円


6位 マイケル・ポンティ 

Amazonで詳細を見る

1937年ドイツ系アメリカ人のマイケル・ポンティは、素晴らしい技巧の持ち主ですがコンクールでは6位という結果となりました。彼はコンサートピアニストというより、価格の安い「廉価版クラシックCD」を出している「ヴォックスレコーズ」のピアノ曲のほとんどを演奏していることで有名です。演奏を聴く限りでは廉価イコール「安っぽい演奏」ということはまったくありません。彼のレパートリーの広さと技術力には驚くばかりです。

SCRIABIN:Complete Piano Works (non Sonatas) Box set, Import
価格 2,665円


戦後すぐのピアニストの演奏

いかがでしたでしょうか。1950年、1960年代は戦争という悲劇が終わり平和な時代に向かって夢と希望にあふれていた時期でした。ピアニストたちも、世界の舞台という夢に向かって光輝いていたのではないでしょうか。演奏を聴くと、豊かな現代のピアニストたちとは違う「本当の輝き」「悲惨な死から逃れて光に向かう」人間的で感動的な輝きがある気がします。

この記事のキーワード

この記事のライター

rosy_faced_lovebird

検査技師をしておりました。現在は家庭に入り、ライター、アンティークドールのディーラー、人形関連の制作と売買、ピアノ講師などをしています。趣味の薔薇や犬、鳥の世話と夫と子供の世話に忙しい毎日です。

関連する記事

あわせて読みたい

rosy_faced_lovebird
rosy_faced_lovebird

検査技師をしておりました。現在は家庭に入り、ライター、アンティークドールのディーラー、人形関連の制作と売買、ピアノ講師などをしています。趣味の薔薇や犬、鳥の世話と夫と子供の世話に忙しい毎日です。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

VOKKA編集部グルメ班2

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

ハングリィ3

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

>>ライター紹介