ランニングマシーン人気おすすめ15選【2019年最新】

自宅での筋トレに有酸素運動を加えることでトレーニングの効率を大幅に上げることが出来ます。この記事では家庭用ランニングマシーンのおすすめモデル15選を紹介します。初めてではなかなか分かりにくい選ぶ際のポイントやおおよその価格感も解説しているので参考にしてください。

123hunglyハングリィ
  • 3,104views
  • B!

アイキャッチ画像出典:shop.truefitness.com

家庭用ランニングマシンで気軽に有酸素運動を

出典:shop.truefitness.com

筋肉トレーニングはダンベルやトレーニングベンチさえあれば自宅であってもジムと同じくらいのトレーニング効果を得ることが出来ますが、有酸素運動となるとわざわざ外に走りに行かないとならないのでハードルが高いですよね。家庭用のランニングマシンがあれば自宅でのトレーニングのおいても筋肉トレーニング+有酸素運動というジムで行っているルーティンを再現することが出来ます。この記事では家庭用のランニングマシンのおすすめモデルを紹介しているので参考にしてください。ランニングマシーンが自宅にあればいつでも充実したトレーニングを行うことが出来るでしょう。

値段は20,000円~100,000円を想定して

家庭用ランニングマシンの気になる値段ですが、おおよそ20,000円から100,000円を想定すると良いでしょう。オーソドックスなモデルであれば50,000円あれば購入できます。おおよそ50,000円を基準にして、そこから下になるとエントリーモデル、それより上の価格だと機能豊富な上級者モデルです。ジムに置いてある業務用レベルの機能のモデルは150,000円ほどといった価格感です。
ランニングマシンは家電量販店やネット通販で購入することが一般的です、持ち帰れる大きさではないため選べる種類の豊富さや発送手続きの簡単さから見てネット通販で購入するのが良いでしょう。

家庭用ランニングマシンを選ぶ際のポイント3つ

ここでは家庭用ランニングマシンを選ぶ際に必ず考慮してほしい3つのポイントを紹介していきます。紹介する大きさ・走行ベルトの幅・最高速度の3つが自分に合っていなければせっかく高いお金を出して購入したランニングマシーンが無駄になってしまう可能性があるのでしっかりと解説を読み自分に合ったモデルを購入してください。

1. 大きさ

言うまでもなくランニングマシーンは場所をとります。ランニングマシーン1つくらいあっても全く問題ないという広い家に住んでいる方を除いて、この大きさという項目は最も重要です。家庭用のランニングマシーンはジムに置かれているものよりもコンパクトに設計されているので、おおよその目安として割と大きめの長机が部屋に増えると思ってください。具体的な数字で表すと40×120cmほどです。ランニングマシーンを置いても無理なく生活できるかどうか、購入する前にじっくりと検討することをおすすめします。

2. 走行ベルトのサイズ

ランニングマシーンを購入する方が見落としがちなポイントとして走行ベルトのサイズが挙げられます。ジムに置かれているランニングマシーンに比べて小さめに設計されている家庭用のランニングマシーンは体格の良い男性だと狭いと感じてしまうモデルもあります。自宅で快適なランニングを行うためにもしっかりと確認しておきましょう。基準として長さは自分の歩幅+10cm、幅は40cmあれば男女問わず一般的な体格の方であれば問題ないです。実際に見ることが出来るので、不安な方は量販店で購入すると間違いないでしょう。

3. 最高速度

最高速度と最低速度の幅は広ければ広いほど良いです。目安としては軽いジョギングであれば12/km、ランニングであれば16/kmの速度が出る物であれば問題ないでしょう。ランニングは続ければ続けるほど速度は早まっていくので、速度に関しては早いことに越したことはないので、出来るだけ最高速度が速いものを選びましょう。

あると嬉しい機能

傾斜調節機能

ランニングマシーンはベルトが流れていくためフラットな面を走っていると、通常のランニングよりも負荷が軽くなります。なのでランニングマシーンは少し傾斜することで、通常のランニングと同等の負荷となります。速度を上げればカバーすることもできますが、予算に余裕があれば傾斜機能があるものを選びましょう。

折りたたむことが出来る

折りたたむことができ、週能力の高いランニングマシーンも発売されています。ランニングマシーンを1つ置くと部屋が狭くなってしまう方は折りたたむことの出来るタイプを選ぶことで、自宅でのランニングを楽しむことが出来るでしょう。

おすすめランニングマシーン15選

おすすめのランニングマシーン15選を紹介していきます。ランニングマシーンを選ぶ際のポイントである大きさと最高速度、走行ベルトのサイズなどを参考にしながら自分に合ったモデルを選ぶようにしてください。

1. BARWING 高機能ルームランナー

Amazonで詳細を見る

BARWINGの高機能ルームランナーは充分な性能とリーズナブルな価格の2つがそろった優秀なランニングマシーンです。縦幅と横幅のバランスの良い走行ベルトと折りたたんで収納することの出来るコンパクトさがあるので、人と部屋の広さを選びません。速度は4段階から選ぶことが出来て3km/h~12km/hの範囲で選ぶことが出来ます。速度の他にも角度を調節することで負荷を大きくすることができるほか、負荷を大きくしてもクッション性があるので膝への負担が軽減されているのも魅力のモデルです。

価格:52,560円(Amazon)

2. ALINCO スタイルジョグ

Amazonで詳細を見る

アルインコから販売されているスタイルジョグはランニングマシーン特有のドカっとした感じの無いコンパクトなサイズ感とアルミを使用したスタイリッシュなデザインが特徴のランニングマシーンです。最高時速は12km/hに設定されているので、ウォーキング・ジョギング・ランニングの全てに対応することが可能です。マシーン自体のサイズがコンパクトであることも魅力であり、部屋に置いても他のマシンに比べてスペースをとりません。その他にも選べる4つのモードや握るだけで心拍を測定することの出来るバーなど豊富な付加機能も魅力のランニングマシーンです。

価格:67,989円(Amazon)

3. MRG 電動ルームランナー

Amazonで詳細を見る

ランニングマシーンはメタリックなデザインが特徴ですが、こちらのMRGの電動ルームランナーは豊富なカラーバリエーションを展開していて自分の好みに合わせることが出来る点が魅力のランニングマシーンです。性能面も家庭用ランニングマシーンとしては申し分なく最高速度は10km/hであり、走行面は幅が広くゆったりとしているのでのびのびとしたランニングトレーニングを行うことが出来るでしょう。それに加えて折りたたんで収納することの出来るコンパクトさも部屋があまり広くない方にとっては魅力的なランニングマシーンとなっています。

価格:25,800円(Amazon)

4. RIORES ルームランナー

Amazonで詳細を見る

RIORESSのルームランナーは3種類から選ぶことの出来るカラーバリエーションと圧倒的なコストパフォーマンスの高さが魅力のランニングマシーンです。最高時速は10km/hであるのでランニングマシーンとして十分な性能を持ちながらも、普段使いの際に助かるパネルが見やすい、そしてドリンクホルダーがついているなど十分な付加機能を兼ね備えている点も魅力です。走行ベルト幅も35.5cmで幅が広く安定感があることに加えて、折り畳み付きで収納に困らないおすすめのランニングマシーンです。

価格:23,800円(Amazon)

5. ALINCO ルームランナー

Amazonで詳細を見る

ALINCOから販売されている高い機能が特徴のランニングマシーンです。もし自宅で運動不足の解消レベルではない本格的なトレーニングを行いたいのであれば、この程度の価格帯のランニングマシーンの購入がおすすめです。初心者から上級者まで対応することの出来る脂肪燃焼・脚力強化・体力増進など合計6種類のコースを備えているので自分の目的に合わせたトレーニングを自宅で行うことが出来ます。最高時速は16km/hであるので、体力に自信のある方でも問題はないでしょう。それらに加えてスピーカーが内蔵されている点や距離や心拍数などがリアルタイムで分かるパネルなど、価格こそ高いものの購入すれば満足のいく買い物になる可能性の高いランニングマシーンとなっています。

価格:68,626円(Amazon)

6. DAIKOU ランニングマシン

Amazonで詳細を見る

大広から販売されているランニングマシーンは標準的な機能性が魅力のモデルになります。大広のランニングマシーンの速度の幅は8km/h~16km/hであり、ジョギングからランニングまで幅広い用途に対応することが可能です。速度調整に加えて角度も3段階調節することが出来るので、角度調節機能の無いランニングマシーンに比べて高い負荷でランニングトレーニングを行うことが出来ます。高い負荷でトレーニングを行うことが出来ることに加えて、クッション機能が膝への負担を抑えるので怪我をする可能性も低くなります。

価格:52,273円(Amazon)

7. ALINCO ルームランナー AFR1316

Amazonで詳細を見る

ALINCOからは販売されているランニングマシーンの中でも特に高い機能性を持つ本格的なモデルになります。自宅で運動不足の解消ではなく、本格的にランニングを取り入れたとレーニングを行いたいのであればおすすめのモデルです。速度は1km/h~16km/hの幅で調節することが出来るので、ウォーキング・ジョギング・ランニングなど幅広い用途に使用することが出来ます。メーターにはスピード・時間・距離・カロリー・心拍数など様々な指標をみることが出来るのでトレーニングにおける目標値を建てやすいのも魅力の1つです。

価格:121,148円(Amazon)

8. HORIZON トレッドミル

Amazonで詳細を見る

HORIZONのトレッドミルは電動傾斜や機能を素早く変更することの出来るショートカットキーが付属しているエントリーモデルになります。速度は0.8km/h~15km/hの間で調整することが出来るので、ランニングだけでなくジョギングやウォーキングをすることもできます。0~10%の傾斜機能も付いているため、速度と角度の2つの要素を持って負荷を調節することが出来る点も魅力です。ディスプレイには時間や距離、BMIといったトレーニングの目安となりやすい指標も表示されるのでモチベーションを維持もしやすいおすすめのランニングマシーンです。

価格:99,360円(Amazon)

9. Youten 電動ルームランナー

Amazonで詳細を見る

カラーバリエーションが豊富な点と30,000円以内で購入することの出来るリーズナブルな価格が魅力のランニングマシーンになります。こちらは電動ルームランナーという名前ではありますが、ランニング用ではなくウォーキングやジョギング向けのモデルです。そのような用途であるので最高速度は8km/hであり、それほど早い速度は出ません。ウォーキングやジョギングとしての用途であれば機能面は充実していて傾斜は3段階、折りたたみが可能であるのでコンパクトに収納が出来る点も魅力のランニングマシーンです。

価格:20,160円(Amazon)

10. コーポ コンパクトウォーカー 自走式

Amazonで詳細を見る

紹介しているランニングマシーンの中では頭1つ抜けて価格がリーズナブルな点が魅力のランニングマシーンになります。リーズナブルな点が魅力ではありますが、その分非電動であるのでランニングは行うことが出来ず、ウォーキングのみの用途になります。電動で走行ベルトが回るタイプではなく、自分の脚力に合わせてベルトが動くので体力に合わせてウォーキングを行うことが出来ます。どちらかというとトレーニングではなく運動不足解消を目的に購入することがおすすめです。

価格:9,299円(Amazon)

11. BTM 電動ルームランナー

Amazonで詳細を見る

BTMから販売されている電動ルームランナーは安全性と耐久性が高く、コストパフォーマンスの高さが魅力のランニングマシーンになります。最高速度は12km/hであるので、ランニング・ジョギング・ウォーキングの3つの用途に対応可能であり、広い走行ベルトがゆとりあるトレーニングを実現します。大きさという観点から見てもバーの部分が折り畳み可能であるため、コンパクトに収納することが出来るので問題ないでしょう。トレーニング中にUSBフラッシュメモリに保存した音楽を再生することの出来るスピーカーが付いている点も魅力のランニングマシーンです。

価格:34,800円(Amazon)

12. Reebok Jet100 トレッドミル

Amazonで詳細を見る

価格が100,000円を越える高機能モデルにになります。家庭用のランニングマシーンでは最高クラスの2馬力モーターを搭載しており安定感のあるランニングトレーニングを自宅で実現することが出来ます。内蔵された24種類のトレーニングプログラムと最高16kmの速度、そして傾斜が12%まで調整することの出来るので負荷を細かく調整することが出来るのも魅力のランニングマシーンです。ラバーエアクッションテクノロジーを搭載しているので走り心地も良く、Bluetoothで音楽プレイヤーをつなぐこともできるので、自宅でジムのようなトレーニングを行いたいという方におすすめです。

価格:118,119円(Amazon)

13. ALINCO プログラム電動ウォーカー

Amazonで詳細を見る

アルインコから販売されているプログラム電動ウォーカーはウォーキングに適したランニングマシーンです。調整することの出来る速度の幅は0.8km/h~5.0km/hであり、自分の歩行速度に合わせて速度を調節することが出来ます。走行ベルトのサイズはウォーキング用であるので広くはありませんが、不便を感じるほどではありません。その分収納もコンパクトであり、部屋においても邪魔になりにくく折り畳みが可能である点も魅力です。ランニング用ではありませんが、自宅で運動不足を解消したいという人にはおすすめのモデルです。

価格:14,800円(Amazon)

14. ジョンソンヘルステック トレッドミル

Amazonで詳細を見る

ジョンソンヘルステックから販売されているランニングマシーンはジムに置いてある業務用のランニングマシーンと比較してもそん色のない本格的な機能が魅力のモデルになります。最高速度は紹介している中でもトップクラスの18km/hであるので、体力に自信のある方でも本格的なランニングトレーニングを自宅で行うことが出来ます。傾斜の調整にも対応しているので足腰を強化することも可能です。価格はずば抜けて高価ですが、自宅でもジムと同等の有酸素トレーニングを行いたいという方にはおすすめのモデルです。

価格:172,880円(Amazon)

15. FitELite ランニングマシーン

Amazonで詳細を見る

FitEliteから販売されているランニングマシーンの特徴は自宅で本格的なランニングトレーニングを行うことの出来る高い機能性が魅力です。最高速度は16km/hであるのでランニングトレーニングをする分には申し分なく、それに加えて15段階での傾斜調節を行うことが出来ます。傾斜調節はワンタッチで行うことが出来るのでランニング中にも調整を行いやすいです家庭用ルームランナーとしてはそのサイズ感も含めて多くの機能を有していて、価格もそれほど高くないのでどのモデルを購入した良いのか分からないという人におすすめのランニングマシーンです。

価格:50,800円(Amazon)

ランニングマシーンでトレーニングを効率的に

いかがでしたでしょうか、ランニングマシーンおすすめ15選を紹介しました。ランニングマシーンが自宅にあることで有酸素運動を気軽に行うことが出来るようになるので、自宅トレーニングが中心と言う方はぜひ取り入れてみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

関連する記事

あわせて読みたい

123hungly
ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介