30代エリートビジネスマンが本当に乗っているおすすめ人気高級車10選【国産車編】

20代後半から30代のエリートビジネスマン(サラリーマン)が本当に乗っているおすすめの人気高級車をご紹介します。今回は国産車編です。外車編に続き、今回も1,000万円以内で買える車です。外車に比べて価格も割安。日本人なら日本車を、という方はこちらをご覧ください。

aoinopapa上杉遼@美食家
  • 234,261views
  • B!

エリートビジネスマン(サラリーマン)が乗りたい最高級国産車

20代後半から30代のエリートビジネスマン(サラリーマン)の方におすすめの最高級国産車をご紹介します。どれも1,000万円以内で買える車となっています。前回の外車編に続き、国産車編ですが、外車と比べても割安なのが国産車。しかも、世界が誇る日本車。圧倒的な安心感があります。外車に乗るのはいかにもという感じで気がひける方、車を買うなら日本車という方は是非参考にしてください。

30代エリートビジネスマンが本当に乗っているおすすめ人気高級車10選【外車編】

30代エリートビジネスマンが本当に乗っているおすすめ人気高級車10選【外車編】

上杉遼@美食家上杉遼@美食家

前回の記事(外車編)はこちら。

レクサス LS(セダン)

出典:car-me.jp

トヨタ自動車が世界65か国で展開している高級車ブランド、レクサス(Lexus)。日本国内では2005年から販売を開始しました。LSはレクサスのフラッグシップモデルであり、世界各国で高級車のイメージを持つレクサスを象徴する車です。レクサスブランドが日本で展開されるまでは、「セルシオ」として販売されていたのがこのLSになります。車の分類では、Fセグメントに属し、最高級セダンの位置付け。外車と対比すると、メルセデス・ベンツのS-Class、BMWの7シリーズ、アウディのA8などがFセグメントにあたります。国産車ですと、同じくトヨタのクラウンマジェスタ、日産のシーマなどにあたります。
国産車の王道を行く最高級車と言えるでしょう。
価格は854.8万円からです。

出典:lexus.jp

LEXUS > LS

レクサスのフィロソフィーを最も濃密に体現するフラッグシップセダン。LS600h / LS600hL / LS460 / LS460L

レクサス RC F

出典:lexus.jp

2車目も同じくレクサスからのご紹介です。RCはレクサスのスポーツクーペ。もともとレクサスのクーペ専用モデルにはSCというのがありましたが(こちらはレクサスブランドが日本で展開されるまでは、トヨタ「ソアラ」として販売されていました)、SCは2010年に生産中止。その後、2014年10月にRCとともに新型クーペモデルとして発売されたのが、このRC Fです。よりスポーティーさを追求した"F"の称号をつけたのが「RC F」で、RCの高性能バージョンとなります。
価格は954万円から。2ドアの4人乗りですが、後部座席は狭いです。独身から新婚あるいは子どもを産む予定がまだない夫婦におすすめの車です。

出典:lexus.jp

LEXUS > RC F

めざしたのは、「誰もが笑顔になれる」スポーツカー。RC F

レクサス GS F SPORT

出典:lexusenthusiast.com

GSはレクサスのEセグメントに属する大型高級セダン。そのGSのスポーティーバージョンがこのGS F SPORTです。GSももともとは日本国内ではトヨタ「アリスト」として販売されていました。レクサスのカーラインアップの中では、最初にご紹介したフラッグシップカー「LS」に次ぐ上位モデルとなります。
ちなみに、Eセグメントというと、外車ではメルセデス・ベンツのE-Class、BMWの5シリーズ、アウディのA6などがこれにあたり、日本人の感覚からすると、外車のEセグメントと日本車のFセグメントが同等なイメージとなります。
価格は634.6万円から。5人乗りです。
なお、2015年11月25日にはGSのマイナーチェンジの発表と同時に、高性能バージョンであるFパフォーマンスの「GS F」も発売されました。こちらは価格は1,100万円からとなります。

出典:lexus.jp

LEXUS > GS > F SPORT

スポーティさとラグジュアリーを磨き上げた、グランドツーリングセダン。GS450h / GS350 / GS300h / GS250

レクサス RX

出典:rojam.jp

レクサスの大型クロスオーバーSUVがこのRXです。
現行モデルは2015年に新しくなり4代目。他のレクサスのモデルと同様に、初代と2代目モデルは日本国内では「トヨタ・ハリアー」として販売されていました。「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルの先駆け的な存在となったのがこのRX(当時のハリアー)で、その後世界中から追随モデルが発売されました。また、高級SUVとして初めてのハイブリッドモデルが発売されたのもこのRX。LSと並び日本が世界に誇る車でもあります。
価格は495万円から。5人乗り。
また、2015年8月から日本でも販売されることになった同じく大型SUVのLXもあります。こちらはトヨタのランドクルーザーの姉妹車にあたり、価格は1,100万円から。3列シートの7人乗りでもあり、手が届くのであればこちらもおすすめです。

出典:response.jp

LEXUS > RX

色気のある力強さと先進的な機能性が融合した、ラグジュアリーSUV。RX450h / RX200t

トヨタ クラウン マジェスタ

出典:toyota.jp

トヨタのセルシオがレクサスのLSに変わり、トヨタの事実上のフラッグシップカーと言えるのがこのクラウンマジェスタ(CROWN MAJESTA)です。1955年から販売されているクラウンは、トヨタ自動車を、日本を代表する車と言えるでしょう。クラウンには現在、マジェスタシリーズ、アスリートシリーズ、ロイヤルシリーズの3シリーズがありますが(加えて、主に公用車・タクシーなど向けのクラウンセダンもあります。一応一般ユーザーでも購入可能です。)、マジェスタはクラウンの最上位モデルです。
ハイブリッドで燃費も1リットルあたり18-19km。
価格は633万円から。Fバージョンは695万円からです。

出典:toyota.jp

トヨタ クラウン マジェスタ | トヨタ自動車WEBサイト

toyota.jp クラウン マジェスタの公式ページです。カタログ情報の確認をはじめ、オーナーの皆様の評価の閲覧、見積りシミュレーション、他車比較シミュレーション、カタログ請求などができます。

トヨタ ランドクルーザー ZX

出典:toyota.jp

ランドクルーザーはトヨタの最上級モデルの4WDです。「ランクル」の愛称で親しまれるランドクルーザーは、世界で最も知名度の高いSUVのひとつとも言われ、その耐久性は世界中で高い評価を受けています。クラウンと並び、トヨタが世界に誇る日本を代表する車のひとつです。
ZXはランドクルーザーの中でも最高級グレードで、価格は682万円から。8人乗りです。
子供が何人かいて大きくなってきた家庭や、アウトドア派の方におすすめです。

出典:car.watch.impress.co.jp

トヨタ ランドクルーザー | トヨタ自動車WEBサイト

toyota.jp ランドクルーザーの公式ページです。カタログ情報の確認をはじめ、オーナーの皆様の評価の閲覧、見積りシミュレーション、他車比較シミュレーション、カタログ請求などができます。

日産 GT-R

出典:www.nissan.co.jp

GT-R(ジーティーアール)は2007年から販売されている日産自動車の最上位スポーツカーです。日産のスポーツカーの象徴でもあった「スカイラインGT-R」の後継車種にあたります。
日産の技術を集めた日本でも最上位クラス・性能を持ったスポーツカーと言えるでしょう。
4人乗りではありますが、後部座席は狭く、日産もGT-Rの公式サイトでも「トランクルームは2人で旅行するのに十分な荷物を持って行けるだけの大きなスペースを確保している。ゴルフバッグなら2セット、スーツケースでは特AサイズとCサイズをひとつずつ積み込める。」と言っているだけあって2人乗りを想定した方が無難かもしれません。(実際に2人乗りのモデルもあります。)
価格は947.7万円からです。

出典:www.nissan.co.jp

日産:NISSAN GT-R [ GT-R ] スポーツ&スペシャリティ/SUV | Webカタログ トップ

日産GT-R(NISSAN GT-R)の公式サイト。NISSAN GT-Rのカタログ情報、カタログ請求、日産ハイパフォーマンスセンターの検索などができます。

日産 シーマ

出典:www2.nissan.co.jp

日産自動車の最高級セダンがシーマ(CIMA)です。1988年に初代シーマが登場した際には、バブル絶頂期というのもあってか、「シーマ現象」と呼ばれるほどの人気となりました。その後、2代目、3代目と改良を繰り返してきましたが、2009年の4代目モデルの販売不振などから2010年には一旦生産中止となりました。
2012年に、フーガハイブリッドをベースとして再登場したのが、現在のシーマです。ハイブリッド専用車だけあって、燃費は16.6km/L。価格は756万円からです。
なお、シーマはいわゆるFセグメントに属し、トヨタのクラウンマジェスタ、レクサスのLSなどがこれにあたります。フーガ(FUGA)がEセグメントで、トヨタのクラウンやレクサスのGSがこれにあたります。

出典:www2.nissan.co.jp

日産:シーマ [ CIMA ] セダン Webカタログ トップ

ニッポン プライド。今までなかったワクワクを。日産シーマ(CIMA)の公式サイト。シーマのカタログ情報、カタログ請求、試乗車・展示車の検索、見積りシミュレーション、他車比較などができます。減税、エコカー情報など。

ホンダ レジェンド ハイブリッド

出典:www.corism.com

レジェンド(Legend)はホンダ(本田技研工業)のフラッグシップカーセダンです。1985年に登場し、最盛期にはさきほどご紹介した日産のシーマと高級車市場での人気を競い合いました。ただ、日産シーマと同様、2011年には販売不振に陥り、2012年6月には一旦生産が中止されました。その後、こちらも日産シーマと同じく、ハイブリッド専用車として2015年2月から発売が開始されたのが現在のレジェンドになります。
価格は680万円から。ハイブリッド車なだけあり、燃費も16.8km/Lとまずまずです。
国内市場で2位争いを繰り広げる日産とホンダ。F1のイメージも強いだけあって、エンジンが特徴的なホンダは、より運転が好きな方に向いているかもしれません。

出典:www.honda.co.jp

レジェンド│Honda

ホンダ NSX

出典:response.jp

最高級国産車として外せないのがホンダのNSX(エヌエスエックス)でしょう。NSXはフェラーリやポルシェに対抗して1990年に登場した国産のスーパーカーで、ホンダのレースに賭ける熱い想いを体現したスポーツカーです。2005年に生産終了となってしまったNSXですが、2011年以降NSXの後継者の登場が噂され、2015年には北米国際オートショーで市販モデルのNSXが発表され、東京モーターショーでもNSXコンセプトのモデルチェンジした車が展示されました。
2015年秋には生産が開始される予定の新型NSXでしたが、その後延期され、現在は2016年春販売開始かと言われています。
価格は15万ドル(約1800万円)の予定です。今回ご紹介したラインアップからは価格的にも少し外れてしまいますが、新たに日本を代表するスポーツカー・スーパーカーになる可能性を十分に秘めたNSXは選択肢のひとつ、あるいは憧れの車のひとつにいれてみるべきでしょう。

出典:toyokeizai.net

Honda | クルマ | NSX

1,000万円以内で買える最高級国産車

最後にご紹介したホンダのNSXを除き、今回ご紹介した車はどれも1,000万円以内で買える車です。外車と比べると同じグレードの車を割安に買えるのも国産車の魅力のひとつ。なにより、日本車の圧倒的な安定感や安心感、フォローの厚さは日本人であれば最優先で押さえておきたいという人も多いはず。
今後の車選びの参考にしてみてください。

30代エリートビジネスマンが本当に乗っているおすすめ人気高級車10選【外車編】

30代エリートビジネスマンが本当に乗っているおすすめ人気高級車10選【外車編】

上杉遼@美食家上杉遼@美食家

外車編はこちら。

自動車アナリスト推薦!運転を楽しみたいドライバーにおすすめの国産車10選

自動車アナリスト推薦!運転を楽しみたいドライバーにおすすめの国産車10選

新井慶明@はぐれ公認会計士新井慶明@はぐれ公認会計士
20〜30代向け、若手におすすめしたい車6選(国産車編)

20〜30代向け、若手におすすめしたい車6選(国産車編)

masak.csimasak.csi
200万円から300万円台で買える人とは違うオシャレなおすすめ外国車10選【コンパクトカー編】

200万円から300万円台で買える人とは違うオシャレなおすすめ外国車10選【コンパクトカー編】

上杉遼@美食家上杉遼@美食家
2016年発売予定の国産新型車注目モデルを厳選紹介【動画付き】

2016年発売予定の国産新型車注目モデルを厳選紹介【動画付き】

Daisuke HoriguchiDaisuke Horiguchi

この記事のキーワード

この記事のライター

上杉遼@美食家

慶應義塾大学→大手金融機関→会社経営。美味しいお店の予約を取ることに一日の大半を使う自称美食家。グルメに強いこだわりを持っていますが、周りからはグルメぶっている味の分からない男といじられることも。

関連する記事

あわせて読みたい

aoinopapa
上杉遼@美食家

慶應義塾大学→大手金融機関→会社経営。 美味しいお店の予約を取ることに一日の大半を使う自称美食家。グルメに強いこだわりを持っていますが、周りからはグルメぶっている味の分からない男といじられることも。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

AEC_Enterprise6

AEC_Enterprise

半導体関係のエンジニア経験が長く、現在は日本企業の海外展開あるいは海外企業の日本進出を支援するコンサルを行っています。またスキルを活かしてiPhoneアプリの開発および開発者を養成するトレーニン...

>>ライター紹介