【どうする?気温10度】服装の選び方とメンズコーディネート解説

秋冬は、微妙な気温の温度変化が激しい季節。暑すぎず寒すぎない、気温10度前後の時のメンズの服装の選び方に大注目しました!おすすめ秋冬メンズコーディネートから、最適な服装、選び方まで徹底解説。ジャケパンコーデからニットセーターのコーディネートまで、今日何着よう…そんな時におすすめの、おしゃれな着こなしを紹介します!

hipuffyamiミト

秋と冬の間、どう乗り切る?

寒い冬はもうすぐ!アウター必須な季節がやってきます。しかし、秋と冬の間に挟まれた微妙な気温の時期に、何を着て良いのかわからない男性も多いはず。今回はそんなお悩みを大解決!気温が10℃前後の日におすすめの、秋冬カジュアルコーディネートをご紹介します。今日何着よう…そんな困った時に是非参考にしてみてください。

これはダメ!NGコーディネート

微妙な気温にやってはいけないNGコーディネートを紹介します!

本格的な冬用コートを着る

気温10度の今、ダウンコートのような本格的な冬用ジャケットはおすすめできません。耐寒性や保温性の優れた冬用ジャケットは、もう少し寝かせておきましょう。今着るべきコートは、MA-1やレザージャケット、薄いダウンコートなど、冬場はインナージャケットとして活躍するようなアイテムです。セーターの上に羽織って、季節感を意識したコーディネートにまとめましょう。

シャツ一枚にコートを着る

気温10度前後の日は、トップス選びに迷う男性も多い時期です。そんな男性が陥りがちなNGコーデは、シャツやネルシャツ一枚の上にコートを羽織ってしまうスタイル。秋口では通用したスタイルですが、この時期はおすすめできません。気温10度とはいえ日が陰ってからはかなり冷え込むので、インナーはシャツではなく、セーターやニットにしましょう。もしくは、シャツの上にカーディガンを羽織るスタイルもおすすめです。

ダークトーンでまとめる

身体のラインを細く見せるダークトーンを使ったワントーンコーディネートは、冬場はNG。夏は肌を露出するので重くならずにコーディネートできましたが、冬は重ね着をするので野暮ったく見えてしまいます。ダークカラーのワントーンコーディネートにまとめた際は、ホワイトやボルドー、キャメルなど、柔らかい色味のアイテムをプラスして、カラーバランスを考えたコーディネートにまとめましょう。

気温10℃前後におすすめ!カジュアルコーディネート

ここからは微妙な気温の時期におすすめしたい、カジュアルコーディネートを紹介します。

ニットカーディガン×ダウンベスト×デニムパンツ

ダウンベストの出番はまさに今です!ベストは袖が無いので抵抗のある男性も多いとは思いますが、実はかなり保温性も高く、この時期に最適なアウターです。薄手の物であれば、真冬のインナーダウンとして着用してもOK。ニットカーディガンの上にダウンべストを羽織ることで、季節感のあるコーディネートに仕上がります。

ニットセーター×レザージャケット×スラックス

レザージャケットは秋から冬にかけてがメイン。セーターの上に羽織ることで季節感もあり、この時期にちょうどいいコーディネートに仕上がります。スラックスを合わせることで、カジュアル過ぎないスタイルに。暗くなりがちなのでインナーを白シャツにするなど、カラーバランスの取れたコーディネートに仕上げましょう。

ニットセーター×MA-1×カーゴパンツ

13 j crew mens fw 16

出典:www.vogue.com

MA-1も今が着どき。タートルネックの厚手セーターは、真冬にも着回しできるので便利なアイテムです。着るだけで季節感が出るのでノルディック柄などもおすすめです。ボトムスとブーツをブラックでまとめることで、着やせ効果も。カジュアルコーデに欠かせないブーツインスタイルでおしゃれにまとめましょう。

ニットセーター×ブルゾン×スラックス

ニットにブルゾンを羽織ったスタイル。ブルゾンは真冬になると着れなくなってしまうので今が出番です。ネイビーのワントーンコーデでスマートな着こなしに。シャツは薄いブルーを合わせて、カジュアル過ぎないコーディネートにまとめましょう。靴はブーツでもOK。ブラウンをチョイスして、ポイント使いのおしゃれなスタイルに仕上げてみては?

ニットセーター×ブルゾン×チノパン

ブルゾンのインナーをニットにしたコーディネート。カジュアル過ぎないコーデにするには、パンツ選びが重要です。写真のようにタイト目な物をチョイスして、スマートな着こなしに。インナーとシューズの色をブラウンで統一して、おしゃれにまとめましょう。バッグは同じブラウンカラーのレザーアイテムなどがおすすめ。デートシーンにもおすすめのコーディネートです。

ニットセーター×ピーコート×デニムパンツ

ホワイトのタートルネックは、着るだけで抜け感の出るおすすめのアイテム。爽やかな雰囲気もあるので良いですよね。写真のようにキャメルのピーコートと合わせて、おしゃれにまとめましょう。デニムパンツとの相性も良いので、カラーバランスも取れますよ。足元はブーツでもOK。カジュアルな着こなしを心がけましょう。

ニットセーター×ダウンジャケット×チノパン

ダウンジャケットとニットの色味を合わせた上級者コーディネート。カーキはトレンドのアースカラーでもあるので、簡単におしゃれな雰囲気が作れますよ。写真のようにシンプルなチノパンと合わせてもOK。ホワイトのスニーカーで抜け感をプラスしつつ、カジュアルなコーディネートを作りましょう。

ニットセーター×ダウンジャケット×デニムパンツ

Penfield fall winter 2014 lookbook mens 13

出典:porhomme.com

真冬はインナーダウンとして活躍するような薄手のダウンジャケットも、今は一枚でアウターとして羽織りましょう。ブラックのダウンは着回しも便利なのでおすすめ。シンプルなデニムパンツと合わせてカジュアルに着こなししましょう。ホワイトのキャンバススニーカーで抜け感を演出。ブーツと合わせても季節感が出るのでおすすめです。

ニットセーター×ジャケパンコーディネート

Mens boots fashion trend the military fashion trend fallwinter 2013 military fashions

出典:outfithub.net

キャメルのニットセーターが印象的なコーディネート。このように他のカラーを統一して、明るい色味のアイテムを引き立たせることで、簡単におしゃれなコーディネートを作ることが出来ますよ。パンツの裾はブーツにインして脚長効果もプラス。写真のようにカジュアル過ぎないスマートな着こなしを心がけましょう。

ジャケパンコーディネート

気温10度のジャケパンコーディネートは、ジャケット選びが肝心。写真のようにウール素材のアイテムを選ぶことで、季節や温度に相応しいコーディネートを作ることが出来ます。ブルーのシャツが印象的な分、他アイテムはシンプルに。ネイビーのスラックスはアンクル丈で軽やかな印象を心がけましょう。靴はブーツでもOK。

ジャケパンコーディネート

ニット素材のジャケットも、この時期のおすすめアイテム。ただし、シャツの上に羽織るだけではかなり寒いので、写真のようにインナーに一枚セーターを着ることで、気温に適したコーディネートを作ることが出来ます。足元には編み上げのブーツをチョイス。印象的なブラウンレザーのアイテムを選んで、トラッドなスタイリングを作りましょう。

ジャケパンコーディネート

ウール素材のキャメルのジャケットは、グレーアイテムと合わせておしゃれに着こなししましょう。2色を上手く配置してつくるスタイルは、ポイントさえ掴むことが出来れば簡単です。ジャケットとシューズの色を合わせて、その他をグレーでまとめて。このおしゃれテクは他のコーデにも生かすことが出来るので、是非チャレンジしてみてください。

おしゃれコーデで微妙な気温を乗り越えよう!

いかがでしたか?ファッションの秋も過ぎ、冬を待つ微妙な温度が続く毎日。そんな季節の狭間である今も、ポイントさえ掴むことが出来ればっ簡単におしゃれなコーディネートを作ることが出来ますよ。この記事地を参考に、自分に合ったスタイルを是非見つけてみてください。
VOKKAでは大人メンズにおすすめの、おしゃれコーディネートを特集しています!是非こちらもチェックしてみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

7fb4da9a bf76 4364 9841 9f68200f09b1

ミト

hipuffyami

19

よく寝てよく食べる都内の女子大生。元セレクトショップ店員。メンズアパレル業界で得た知識を生かしてトレンドに敏感な記事を書いていきます!珈琲と日本酒とおいしいごはんがすき。休日は漫画を読んだり、ごろごろしたりするインドア派ですが、海外旅行にもよく行きます。

関連する記事

【大人メンズ向け】グレーチェスターコートの旬な着こなしとは?
2017年版!大人メンズのチェスターコートおしゃれな着こなし20選
【11月メンズ】おすすめファッションコーディネート&服装決定版!
【メンズコーデ】ダウンベストの選び方&おしゃれな着こなし
【大人メンズコーデ】ブラックチェスターコートのおしゃれな着こなし術

あわせて読みたい