2018年版メンズおすすめ冬服ファッションコーディネート25選

2018年度メンズファッション冬服コーディネートをアパレル店員が紹介!定番の着こなしから、コートやアウター、セーターを使った、大人メンズのおすすめコーディネートを徹底解説します。30代男性におすすめの流行りやトレンドを掴んだおしゃれな着こなしを、街角スナップと秋冬コレクションの2つのジャンルで厳選して解説していきます。

yannmayannma
  • 15,824views
  • B!

アイキャッチ画像出典:stylecaster.com

冬服ファッションをマスターしよう

出典:www.outfittrends.com

1年を通じて、最も冷え込む季節になる冬の平均気温は、
12月は8度
1月は5度
2月は6度
と一桁の気温が続く厳しい季節です。
アウターだけでなく重ね着を駆使したり、マフラーやグローブなどの小物アイテムを使った大人なおしゃれを楽しみたいですよね。
今回は大人メンズにおすすめの冬服コーデを厳選して、ポイントやトレンドと共に、おしゃれなコーディネートを紹介します。

冬服ファッションをおしゃれにするためのポイント

アウターは厚手のものを選ぶ

出典:www.outfittrends.com

冬服のファッションで1番こだわりたいポイントはアウターです。
アウターはコーディネートの主役になることが多いので、大人の男性であれば、高級感があり上質なアイテムを選びたいですね。
秋物アウターは薄手でコットン素材などが多いですが、冬物アウターはウールやダウン等、防寒性に富んでいるものを選ぶと良いでしょう。
その中でも、ロング丈のコートやダウンジャケットがおすすめで、着ぶくれしない程度に着こむと、おしゃれに見えますよ。

肉厚な素材や起毛感のある素材を取り入れる

出典:hespokestyle.com

冬服ファッションに取り入れたいアイテムは、着ていて暖かく見た目も冬らしい、肉厚な素材や起毛感のある素材です。
特にコーデュロイやツイードなどは、冬の代表的な素材として目が離せません。
肉厚な素材を取り入れたコーディネートのポイントとしては、コーディネート全体を厚手のものにしてしまうと、ボリューミーになりすぎてしまうので、厚手の素材のアウターを選んだ場合はすっきりしたシルエットのパンツを合わせて、スマートにまとめましょう。

挿し色を取り入れておしゃれスタイルに

出典:www.shorthairgirl.com

冬のコーディネートはどうしても暗い色味が多くなりがちですよね。
アウターなどを鮮やかな柄にしてしまうと、着回しの幅が狭くなってしまうので、インナーや小物などのアイテムで挿し色を取り入れるのがおすすめです。
その際に、トレンドカラーを意識した色使いができるとトレンドライクで、よりおしゃれなコーディネートに格上げすることができます。
バッグや靴下など、見える面積が少ないアイテムで挿し色を取り入れると、抵抗が少なく、さりげなくおしゃれを演出できますよ。

冬に活躍するアウター

チェスターコート

出典:lookastic.com

アウターに困った場合は、チェスターコートを1着持っておけばまず間違いありません。
カジュアルシーンはもちろん、ビジネスシーンにもマッチするドレッシーなアウターは、着ているだけでキレイめなコーディネートになります。
ロングコートなので保温性に優れているという点だけでなく、チェスターコートの持つクラシカルな雰囲気が、大人の男性にぴったりという点からも人気が高いアウターです。
上品な雰囲気を演出するために、素材にまでこだわった高級感溢れるチェスターコートを着こなしたいですね。

チェスターコートおすすめ人気ブランド20選【ビジネスにも】

チェスターコートおすすめ人気ブランド20選【ビジネスにも】

yannmayannma
チェスターコートをおしゃれに着こなすおすすめコーディネート20選

チェスターコートをおしゃれに着こなすおすすめコーディネート20選

yannmayannma

ダッフルコート

出典:dufflecoatshop.com

子供っぽい印象になりがちなダッフルコートですが、コーディネート次第でおしゃれに着こなすことができるアウターなので、カジュアルなアウターを探している男性にはおすすめです。
大人の男性が着こなすアウターとしては、可愛らしいディテールが多いので、レザーシューズやシャツなどのドレッシーなアイテムと合わせると、うまくバランスをとることができます。
アウター以外を、全体的にすっきりしたシルエットでまとめると、よりスマートな印象に仕上げることができますよ。

ダッフルコートおすすめ人気ブランド20選【ビジネススーツにも】

ダッフルコートおすすめ人気ブランド20選【ビジネススーツにも】

yannmayannma
ダッフルコートをおしゃれに着こなすおすすめ色別コーディネート

ダッフルコートをおしゃれに着こなすおすすめ色別コーディネート

コウコウ

ダウンジャケット

出典:lookastic.com

気温がグッと下がる日には、アウターにダウンジャケットを取り入れましょう。
ダウンジャケットをタウンユースする場合には、それほど高機能なダウンは必要ないので、機能的というよりは少しファッショナブルなアイテムを選ぶのがおすすめです。
シンプルなデザインのダウンジャケットを選んで、スキニーパンツなどの細身のパンツとすっきり合わせれば、シティライクなコーディネートの完成です。

【超厳選】2018年版メンズダウンジャケット20選【高級ブランドから定番アイテムまで】 | VOKKA [ヴォッカ]

2018年もメンズのダウンジャケットは定番!普段のデートからアウトドアシーンなどにも使える便利なアイテムです。カナダグースからユニクロまで、高級ブランドやハイブランドのダウンコートから人気のアイテム20選を厳選して、おすすめのダウンを一挙紹介!大人の男性も使いやすい、こだわり抜かれたおすすめの高級ダウンを紹介します。

冬におすすめのメンズファッションアイテムの組み合わせは?

アウター×セーター

出典:www.pinterest.jp

冬のコーディネートでまず外せないのは、アウター×セーターの組み合わせです。
アウターとセーターと合わせることで、防寒はもちろん、見た目も冬らしいスタイルに仕上げまることができるのでおすすめです。
真冬はセーターの中にシャツを着ることで、さらに保温性能もアップするだけでなく、襟をチラ見せすることで、クリーンな印象のコーディネートになります。
冬だからこそ、重ね着を駆使しておしゃれメンズをめざしたいですね。

デニムパンツorチノパン×ブーツ

出典:www.toolsofmen.com

秋のコーディネートでもおすすめしましたが、冬服ファッションでもメンズブーツは活躍すること間違いなしです。
足元にボリュームを持たせることで、コーディネートがグッと冬らしくなります。
ブーツの中でもレザーブーツをチョイスすると、コーディネートが野暮ったくならず、ボリューム感は出しながら引き締まった印象になるのでおすすめです。

今更聞けないメンズブーツの種類を徹底解説

今更聞けないメンズブーツの種類を徹底解説

yannmayannma

マフラー×グローブ

出典:www.amazon.com

特に気温が下がる日には、マフラーやグローブなどの小物使いがマストです。
コーディネートに取り入れることで寒さをしのげるだけでなく、全体のアクセントにもなるので、小物もこだわりを持って選びたいですね。
チェスターコートなどのドレッシーなアウターには、無地のマフラーやレザー素材のグローブが相性が良く、ダッフルコートなどのカジュアルなアウターには、柄物のマフラーやニット素材のグローブが相性が良いので、コーディネートによって小物を使い分けるのもポイントです。

マフラー・ストールの巻き方徹底解説【定番からおしゃれなメンズ向けの巻き方まで】

マフラー・ストールの巻き方徹底解説【定番からおしゃれなメンズ向けの巻き方まで】

yannmayannma

冬服のおすすめコーディネート≪街角スナップ編≫

ニット帽×チェスターコート×デニムパンツ×ブーツ

出典:blog.glober.jp

重厚感のあるネイビーのチェスターコートは、大人のメンズらしいダンディなコーディネートにおすすめの1着です。
デニムパンツにブーツを合わせる場合には、写真のようにロールアップすることで、ブーツを合わせてもすっきりとした仕上がりになります。
柔らかい印象になるニット帽を合わせることで、寒さ対策だけでなく、クラシックな印象の中にも、カジュアルな要素を取り入れることができるのでおすすめです。

チェスターコート×ハイネックセーター×レザーシューズ

出典:www.jfkstudies.org

チェスターコートとハイネックニットの組み合わせに、ジレを挟むことでスリーピーススーツのような、よりクラシカルな着こなしになります。
キャメルのチェスターコートはカジュアルな印象が強くなりがちなので、インナーやパンツ、シューズは濃い色でまとめて引き締めることで、大人らしいスタイリッシュな印象になるのでおすすめです。
チェスターコートのコーディネートは、パンツを細身のものにするだけで、誰でも簡単におしゃれに着こなすことができるので、ぜひワードローブに加えてみてください。

チェスターコート×デニムジャケット×チノパン×白スニーカー

出典:outfitideashq.com

チェスターコートのインナーに、白シャツを合わせるのは定番の組み合わせですが、それでは肌寒く感じる日には、デニムジャケットとの組み合わせがおすすめです。
大人の男性が1枚で着ると、カジュアルな印象になりがちなデニムジャケットですが、チェスターコートと合わせて着ることで、キレイめな印象に早変わりします。
全体的に淡い色味が多いので、濃い色のデニムジャケットを合わせることでメリハリにもなり、爽やかな足元になりますよ。

チェスターコート×ニット×デニムパンツ×レザーシューズ

出典:stylecaster.com

色物のアウターをチョイスする場合には、濃い色のアイテムにすることで比較的コーディネートになじませやすくなります。
写真のようなダークグリーンのロングコートは、落ち着いた印象になり、様々なインナーと相性が良いので、柄のセーターを合わせても良いでしょう。
その際に、柄の黒をパンツとシューズで拾うことで、柄がコーディネートのアクセントになりつつも、まとまりのある着こなしに収まります。

ダッフルコート×ニット×デニムパンツ×レザーシューズ

出典:www.styleoholic.com

可愛らしい印象になるダッフルコートは、シャツとニットを組み合わせて、ドレッシーな印象に仕上げるのがおすすめです。
ノータイであればカジュアルシーンでのキレイめコーディネートになりますし、写真のようにタイドアップすればオフィスカジュアルのビジネスコーディネートとしても着こなすことができます。
全体の色味はネイビーであわせつつ、グローブとバッグ、シューズはブラウンで統一することで、堅くなりすぎずに柔らかい印象を維持しながらもドレッシーな印象に仕上がります。

ダッフルコート×マフラー×デニムパンツ

出典:lookastic.com

柔らかい印象になるキャメルのダッフルコートは、デニムパンツと合わせると相性抜群です。
カジュアルでラフな印象になりすぎないように、足元はレザーのデッキシューズを合わせると、カジュアルコーディネートの中にもドレッシーな印象を取り入れることができます。
コーディネート全体は、スリムなシルエットに仕上げているので、合わせるマフラーはボリュームを持たせて巻くことで、メリハリをつけることができます。
見た目がおしゃれなだけでなく、保温性にも優れているコーディネートなので、ぜひ真似してみてください。

ダッフルコート×トレーナー×デニムパンツ×ブーツ

出典:www.styleoholic.com

リラックスシルエットのダッフルコートは、パンツもゆったりめのシルエットをチョイスして、リラックス感を演出するのがおすすめです。
暗い色のアイテムが多くなりがちな冬のコーディネートですが、インナーに鮮やかなブルーを取り入れることで、コーディネートの挿し色としておしゃれさを演出しています。
全身のコーディネートを3色以内にまとめることで、ちぐはぐな印象になることがないので、コーディネートに困ったときはこちらのポイントを真似してみてください。

ダッフルコート×マフラー×ジレ×デニムパンツ

出典:lookastic.com

ダッフルコートの中でも、ダークブラウンなどのシックな色味をチョイスすると大人らしい落ち着いた印象のコーディネートに仕上がります。
インナーに白シャツとジレを合わせることで、大人の男性でもダッフルコートを取り入れやすいドレスライクなカジュアルコーディネートになるのでおすすめです。
全身がシンプルなアイテムでまとめられているので、合わせるマフラーは強い柄のものをチョイスしてもちぐはぐな印象になりませんよ。

ダウンジャケット×タートルネック×デニムパンツ×レザーシューズ

出典:hespokestyle.com

ダウンジャケットとデニムパンツを合わせた、王道のカジュアルコーディネートですが、レザーシューズを取り入れることで、大人の男性にも合わせやすいコーディネートになります。
青系のダウンジャケットとデニムパンツと、茶系のタートルネックとブラウンシューズの相性は良く、イタリアンライクな着こなしになるのでおすすめです。
大人の男性が合わせるダウンジャケットは、極力シンプルなものを合わせることで、タウンユースにもおしゃれに着こなせますよ。

ダウンジャケット×マフラー×白パンツ×スウェードシューズ

出典:lookastic.com

冬のダウンジャケットのコーディネートに白パンツを合わせると、抜け感と爽やかさが感じられるおしゃれな着こなしになります。
履いているだけでコーディネートがおしゃれに見える、冬におすすめ素材を使ったスウェードシューズは、グローブと素材を合わせることで、よりこなれた印象に見えますよ。
気温が低い日には、ニットとマフラー、グローブを積極的に取り入れて、おしゃれさも保温性も両立しましょう。

白パンツおしゃれコーデ決定版!春夏秋冬季節別の着こなし術

白パンツおしゃれコーデ決定版!春夏秋冬季節別の着こなし術

VOKKA編集部ファッション班VOKKA編集部ファッション班

ダウンジャケット×タートルネック×チノパン×レザーシューズ

出典:1966mag.com

カジュアルシーンに合わせるダウンジャケットは、高級感のあるファーがついたデザインのものをチョイスすると、大人の男性らしく高見えした雰囲気になります。
インナーに合わせている、ビビットイエローのタートルネックセーターが、コーディネートの挿し色になっており、よりこなれた印象に見えます。
パンツとレザーシューズも、落ち着いた色味で統一しているため、アウトドアアイテムであるダウンジャケットもおしゃれに着こなすことができますよ。

ダウンジャケット×セーター×デニムパンツ×レザーシューズ

出典:www.tukuoke.com

ミリタリーな印象が強いカーキのダウンジャケットをカジュアルコーディネートに取り入れる場合は、ドレッシーな革靴を合わせるのが鉄則です。
ここでブラックのレザーシューズを合わせると、シューズだけがドレッシーな印象になりすぎてしまい、コーディネートから浮いてしまうので、レザーシューズのなかでもカジュアルな、ライトブラウンをチョイスするのがおすすめです。
インナーに白シャツを取り入れることで、よりキレイめなコーディネートに寄せることができますよ。

ボアジャケット×マフラー×デニムパンツ×レザーブーツ

出典:blog.trashness.com

この記事のキーワード

この記事のライター

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

関連する記事

あわせて読みたい

yannma
yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

05micco1

05micco

神奈川在住の女子大生。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。最近は喫茶店に夢中!オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

yannma3

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

ハングリィ4

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

こばこ5

こばこ

女子大生。

kanae_uv66

kanae_uv6

現役青学女子。

>>ライター紹介