【プロ野球の歴史】西鉄ライオンズ ~野武士軍団の栄光と影~

九州・福岡に本拠地を置き、熱狂的なファンに支えられた西鉄ライオンズ。その歴史を振り返ると、球史に残る輝かしい栄光と同時に、現在まで続く暗い影を落とす事件があったことも避けて通ることはできません。西鉄ライオンズの光と影を見てみましょう。(本文中、敬称は略しました)

yuuki_kazuma結城数馬
  • 15,036views
  • B!

魔術師と呼ばれた監督・三原脩 ~打倒巨人を目指して智将・三原、西へ~

西鉄ライオンズの黄金時代の指揮を執ったのは名将・三原脩です。
読売ジャイアンツの総監督まで務めた三原は、追われるように巨人を退団すると、打倒巨人を目指して強豪球団を組織すべく、西鉄ライオンズの総監督に就任します。

西日本鉄道を親会社とする西鉄ライオンズは、2リーグ分立時にパ・リーグに加盟します。創設時のチーム名はクリッパーズ。
1951年、セ・リーグに加盟していた西日本パイレーツがわずか1年で球団経営から撤退し、西鉄に吸収合併され、この年からライオンズのチーム名になります。

翌52年のシーズン終了までは、クリッパーズの監督を務めていた宮崎要が監督、三原は総監督という体制でした。
53年に宮崎との二頭体制が解消すると、三原の快進撃が始まります。

出典:c.nishinippon.co.jp

1958年の日本シリーズ優勝後、ビールを注がれる三原脩(中央・ユニフォーム姿)。
ビールを注いでいるのは稲尾和久。

大下・中西・豊田・仰木…… ~きら星のごとき、西鉄のスター選手たち~

1951年オフに1リーグ時代から「青バットの大下」と呼ばれたスター選手の大下弘を東急フライヤーズから獲得した西鉄は、中心打者となる中西太の入団獲得にも成功します。
さらに53年には豊田泰光、54年には仰木彬が入団し、後年「流線型打線」と称される強力打線が形作られていきます。
中西は52年、豊田は53年の新人王に輝きました。

2015年、セで東京ヤクルトスワローズの山田哲人が、パで福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐がトリプルスリー(打率3割、本塁打30本、盗塁30以上)を記録して話題になりましたが、中西はプロ入り2年目、弱冠20歳でトリプルスリーを達成しました。この最年少記録は現在まで誰にも破られていません。

西鉄は54年に初優勝を飾ります。セ・リーグの覇者は中日ドラゴンズ。三原の念願だった巨人との日本シリーズ決戦はなりませんでした。
中日の記事でもご紹介したように、この年の中日は「フォークボールの神様」・杉下茂がリーグ戦で投手三冠に輝いた実績そのままの働きで、日本シリーズでも3勝を挙げる快投を見せて西鉄は敗れました。

出典:c.nishinippon.co.jp

1957年の日本シリーズでMVPを獲得した大下弘

出典:www.seibulions.jp

西鉄ライオンズの現役時代の中西太。
その体格と打球の速さから「怪童」と呼ばれた。

出典:www.sankei.com

1958年の日本シリーズ第4戦で2本塁打を放ち、インタビューを受ける豊田泰光。
この試合から西鉄の奇跡の逆転劇が生まれた。

出典:c.nishinippon.co.jp

西鉄時代の仰木彬。
名セカンドとして西鉄の黄金時代を支えた。
後年、近鉄バファローズ、オリックス・ブルーウェーブ、オリックスバファローズの監督を歴任。

神様・仏様・稲尾様 ~パ・リーグ&日本シリーズ3連覇~

1956年には稲尾和久が入団します。稲尾は1年目から21勝を挙げ、防御率1.06で最優秀防御率と新人王のタイトルを獲得。西鉄の2度目の優勝に貢献します。
三原・西鉄は56年からリーグ3連覇、日本シリーズでも巨人を相手に3年連続優勝を果たします。この時期が西鉄の黄金時代といっていいでしょう。
その中でも、58年は最終第7戦までもつれこむ激戦となりました。

巨人はこの年新人王の長嶋茂雄の本塁打などで、幸先よく初戦に勝利すると3連勝して王手をかけます。
第4戦は稲尾の2試合連続完投と豊田の2本塁打で西鉄が逆転勝利。第5戦はロングリリーフの稲尾が延長10回にサヨナラ本塁打、第6戦は稲尾が完封で対戦成績を3勝3敗に戻します。
運命の第7戦、西鉄の先発は第3戦から5連投となる稲尾でした。
試合は初回に中西が3試合連続となる本塁打で西鉄が先制、以後も効率的に加点し、稲尾は9回の長嶋の本塁打1点に抑える完投勝利で、日本シリーズ史上初の3連敗から4連勝を達成したのです。

後年、稲尾はこの第7戦の投球について触れ、ロージンバックを落としてしまうほど握力がなくなっていたが、投球モーション入ると力が出て完投することができた、と語っています。
稲尾はこのシリーズ4勝。1959年の南海ホークス(現福岡ソフトバンク)の杉浦忠と並ぶもので、日本シリーズのルールが変更されない限り、この記録は永遠に破られることはありません。

出典:showa.mainichi.jp

1958年の日本シリーズで力投する稲尾和久

出典:showa.mainichi.jp

1958年の日本シリーズ優勝決定の瞬間、抱き合って喜ぶ西鉄ナイン。
左から豊田、中西、稲尾、日比野武。

黒い霧事件 ~西鉄と球界を覆った黒い霧~

三原は1959年、西鉄が4位になると退団し、大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)の監督に就任します。大下もこの年限りで現役を引退します。
その後の西鉄は63年に優勝し、日本シリーズで四度巨人とぶつかります。この年も第7戦までもつれ、稲尾が4試合に登板して2勝しますが、7戦で打たれて敗退します。
その後の西鉄は優勝には手が届かず、2位から5位の間をさまよいますが、69年のシーズン終了後、西鉄だけでなく、球界全体を揺るがす大事件が発覚しました。

西鉄の現役投手が暴力団の野球賭博にからんで、八百長行為を行っていたことが明るみに出たのです。この選手から八百長や野球賭博に関係した選手の名前が次々に漏れ、最終的には6名の永久追放処分が出る事態にまで発展しました。この中に西鉄の投手が4人も含まれていたのです。
既に中西、仰木も現役を退き、稲尾も69年に引退、豊田も去った後の西鉄に挽回する余力はありませんでした。
70年に初の最下位に沈むと3年連続最下位。72年のオフにゴルフ場開発会社の太平洋クラブに売却されることによって、西鉄ライオンズはその栄光と黒い霧に包まれた歴史の幕を閉じたのです。

出典:c.nishinippon.co.jp

太平洋クラブライオンズのユニフォーム姿の加藤初(左)と東尾修

黒い霧事件と新国立競技場の関係

先日、球界の盟主を自認する読売ジャイアンツの選手が野球賭博を行っていたことと、賭博常習者と見られる人物と関わりがあることを、球団が告発する事件が起きました。

2020年の東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の建設費をめぐって、一部の政治家などからサッカー・Jリーグの試合結果を予想するサッカーくじtotoと同様に、野球くじによって建設費の一部を補填する案が示されましたが、プロ野球のオーナー会議はこの案を拒絶、野球くじは実現しませんでした。
このオーナー会議の裁定も、「黒い霧事件」の苦い経験と反省、再発防止を念頭に置いてのものでした。

今回の事件も今後調査が進み、詳細が明らかにされていくことでしょう。
絶頂期を過ぎたとはいえ、プロ野球は国内で最も人気の高いスポーツであることに変わりありません。
プロ野球は多くのファンに支えられ、プロ野球選手を夢見る球児たちの憧れであることを、今回の事件を機に改めてプロ野球に関わる全ての人が自覚すると同時に、襟を正さなければなりません。

【プロ野球の歴史】埼玉西武ライオンズ ~常勝軍団への道~

【プロ野球の歴史】埼玉西武ライオンズ ~常勝軍団への道~

結城数馬結城数馬
プロ野球セ・パ両リーグ分立から現在までの企業の変遷

プロ野球セ・パ両リーグ分立から現在までの企業の変遷

結城数馬結城数馬
Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

この記事のキーワード

この記事のライター

結城数馬

フリーライター。歴史・文学からビジネス、スポーツ等、幅広い分野において執筆を行う。

関連する記事

あわせて読みたい

yuuki_kazuma
結城数馬

フリーライター。 歴史・文学からビジネス、スポーツ等、幅広い分野において執筆を行う。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介