地元民が選ぶ!新潟駅のおすすめお土産【人気定番からディープなものまで】

新潟は古くから米作りの名所として有名です。また、新潟のお米を原料とした日本酒は国内屈指の品質を誇ります。他にも海の幸やご当地グルメの充実ぶりは類を見ません。今回は新潟駅ナカ、近辺で買うことのできる貰って嬉しいお土産を全19品紹介します。

ingenueingenue
  • 15,227views
  • B!

新潟駅とその周辺地域

出典:niigata.itot.jp

新潟駅はJR東日本の上越新幹線の終点駅です。市の人口は県内最多の約810,000人で、政令指定都市にもなっています。周辺には万代シティと呼ばれる巨大ショッピングエリアがあり、2016年にNGT劇場がオープンしたことは記憶に新しいのではないでしょうか。他にも、信濃川に初めて架けられた重要文化財の萬代橋や、白山神社、古着屋・喫茶店・商店が立ち並ぶ古町など歩いて楽しい、見て楽しいスポットが盛り沢山です。

グルメ大国の台所、新潟駅

周知の通り新潟は米や日本酒、海の幸、ご当地グルメの宝庫です。物流の中心である新潟市、特に新潟駅周辺は県内各地に散らばっている「食」を集約している街といっても過言ではありません。そんな県内の美味しいところを凝縮した新潟駅で買うことのできる貰って嬉しいお土産を紹介します。

県内のグルメが集合するCoCoLo新潟

出典:www.tripadvisor.jp

ココロ新潟は、新潟駅内に併設されているショッピングモールです。モールは本館、東、南館、中央、西、万代の6つに分かれており、レストランやカフェ、お土産ショップ、和洋菓子店、書店、衣料品店、雑貨店など、ありとあらゆるものが取り扱われています。今回紹介するお土産はほぼすべてココロ新潟で買うことができます。例外もありますが、すべてに店舗情報を記載しておくので確認してください。

【CoCoLo新潟】
〒950-0086
新潟県新潟市中央区花園1-1-1新潟駅構内
TEL 025-243-7306
OPEN 本館9:00~20:30(年中無休、他フロアは店舗により異なる)
ACCESS 上越新幹線改札付近

ぽんしゅ館

出典:www.niigata-kankou.or.jp

〒950-0086
新潟県新潟市中央区花園1-1-1新潟駅構内
TEL 025-240-7090
OPEN 本館9:00~21:00
ACCESS 上越新幹線南口西改札付近

南魚沼産コシヒカリ3合風呂敷包み 760円

出典:xc525.eccart.jp

久保田 萬寿 純米大吟醸(朝日酒造) 4,578円〜

出典:www.amazon.co.jp

八海山 純米吟醸(八海山) 2,480円〜

出典:www.amazon.co.jp

〆張鶴 純米吟醸(宮尾酒造) 2,418円〜

出典:www.amazon.co.jp

新潟といえば米と日本酒が思い浮かぶ方は多いと思います。新潟のお土産には日本酒が欲しいという方もまた多いでしょう。そんなニーズに応えてくれるのが、新潟越後の酒造(93蔵)がすべて利き酒できる酒屋「ぽんしゅ館」です。代表取締役社長の高村秀夫氏により1995年にオープンしたぽんしゅ館は、スタッフが全員唎酒師ないしは清酒達人鑑定士で、日本酒が秘める潜在能力と新潟越後の文化をプロのメッセンジャーとして日本各地に、世界各地に広く知らしめることを目的としているそうです。500円で93蔵から5つを試飲できるシステムは、誰でも気軽でお手頃に日本酒を楽しみ、体験できるようにというサービス魂のようなものを感じさせます。上で紹介したコシヒカリや久保田万寿は言わずと知れた銘米、銘酒ですが店舗に直接赴いて家族や友人、同僚にも味わって貰いたいと思えるものを是非見つけてほしいですね。

田中屋本店

出典:nttbj.itp.ne.jp

〒950-0086
新潟県新潟市中央区花園1-1-1新潟駅構内
TEL 025-243-7253
OPEN 9:00~20:30
ACCESS ココロ新潟F2

笹団子 つぶあん入り 10個入り 1,728円

出典:www.dangoya.com

茶豆笹団子 新潟黒崎茶豆使用 10個入り 1,944円

出典:www.dangoya.com

1931年創業の田中屋本店は新潟産の米とヨモギ、北海道産の小豆を用いた伝統製法の笹団子の名店です。田中屋本店の笹団子は今年、魅力ある観光地作りや外国人観光客誘致に貢献した団体に送られる観光庁長官賞を受賞しており、茶豆笹団子は新潟市土産品コンクール金賞の受賞歴があります。こちらは枝豆界の魚沼産コシヒカリと呼ばれる黒崎茶豆が使われており、香りと甘味が一般的な枝豆よりも強く、ヨモギとの相性は抜群です。ちなみに笹団子の由来は、戦国武将上杉謙信が考案した説や彼の家臣が考案した説、郷土料理のように庶民が考案した説など様々。お土産を渡す際にそういった逸話で会話が弾めば尚良しです。

亀田製菓

出典:ja.wikipedia.org

〒950-0086
新潟県新潟市中央区花園1-1-1新潟駅構内
TEL 025-243-7306
OPEN 9:00~20:30
ACCESS ココロ新潟本館

亀田の柿の種 ミルク&いちごチョコミックス 358円

出典:www.kamedaseika.co.jp

サラダホープ 205円

出典:www.kameda-netshop.jp

亀田製菓は新潟市江南区に本社を置く企業で、主に米菓の製造行なっており、米菓部門では国内最大手です。「亀田の柿の種」はあまりに有名なのでここでは省略し、2品を紹介します。1つ目は「亀田の柿の種 ミルク&いちごチョコミックス」。おつまみとして親しまれる柿の種ですが、ミルクチョコといちごチョコでコーティングすることでコーヒーと相性の良い味わいを実現しました。オフィスでのコーヒーブレイクや女性へのお土産におすすめです。2つ目は「サラダホープ」。新潟人であれば知らない人は居ないほど有名ですが残念ながら販売は県内でのみ。絶妙な塩加減と軽い食感がクセになる米菓です。子供からお年寄りまで、誰でも美味しくいただけるお菓子ですのでこちらもおすすめ。

豆撰

出典:topics.mamesen.jp

〒950-0086
新潟県新潟市中央区花園1-1-1新潟駅構内
TEL 025-243-7253
OPEN 9:00~21:00
ACCESS ココロ万代

栃尾の油揚げ 280円〜

出典:ng-life.jp

豆撰は300年以上の歴史を持つ油揚げ屋の老舗です。伝統的な製法により新潟県産大豆「エンレイ」と純度の高い水から作られる油揚げは、大豆の香りが引き立つ、ふっくらとした食感を楽しむことができます。また、県外の人が驚くのはその大きさ。20cmほどの長さ、3〜4cmの厚さの油揚げは初めて見る人を驚かせます。食卓の脇役になりがちな油揚げですが、新潟では主役になることもしばしば。一例ですが、納豆やツナマヨ、チーズなどをサンドし、きざみねぎをトッピングする食べ方は新潟ではポピュラーです。

小嶋屋総本店

小嶋屋初代の布乃利生そば 3人前 2,268円

出典:shop.ng-life.jp

小嶋屋二代目の布乃利小嶋屋そば 200g×5袋 2,268円

出典:shop.ng-life.jp

小嶋屋三代目の魚沼手繰りそば 180g×5袋 3,348円

出典:shop.ng-life.jp

へぎそばは魚沼地方発祥の、つなぎに布海苔を使った、一般的なそばよりも「つるつるしこしこ」感が味わうことのできるそばです。「へぎ」は「片木」に由来し、片木は盛り付けの際に使用する剥ぎ木のことです。今回紹介する小嶋屋総本店は新潟のへぎそばの代名詞的な存在であり、県内に8店舗を構えています。生産効率を高めるために機械挽きが主流となった今、良質なそば粉を得るためだけに石臼挽きを採用するほどに、そばへこだわりは並ではありません。お土産には干麺、生そばになってしまいますが、新潟駅付近に直営店がありますので、「挽きたて、打ちたて、茹でたて」も是非味わってください。また、駅ナカの「越後長岡 小嶋屋」は初代当主である小林重太郎氏の五男、信雄氏が独立したものです。こちらでも美味しいへぎそばを頂くことができます。

【小嶋屋総本店 小針店】
〒950-2022
新潟県新潟市西区小針3-1-1
TEL 025-233-0033
ACCESS 新潟駅から車で約20分

【越後長岡小嶋屋】
〒950-0086
新潟県新潟市中央区花園1-1-1新潟駅構内
TEL 025-423-7707
OPEN 9:00〜22:00
ACCESS ココロ東館内

新潟加島屋

出典:c-l-n.jugem.jp

〒950-0086
新潟県新潟市中央区花園1-1-1新潟駅構内
TEL 025-243-7253
OPEN 9:00~20:30
ACCESS ココロ新潟本館

鮭茶漬け 200g 2,484円

出典:www.otoriyose.net

新潟加島屋は1855年に創業した惣菜の老舗で、当時は信濃川や阿賀野川で獲れる鮭や鱒を扱っていました。看板商品である「さけ茶漬け」は昭和30年代の即席食ブームと、忙しい母親の料理の手助けを願って発売されて以来、ベストセラーとして根強い人気を誇っています。商品名こそお茶漬けですがその用途は幅広く、おにぎり、炊き込みご飯、ちらし寿司など様々な場面で活躍するでしょう。一般的な鮭フレークと比べるとその値段に驚きますが、期待を裏切らない味であることをお約束します。

新潟大阪屋

出典:jptower-kitte.jp

〒950-0086
新潟県新潟市中央区花園1-1-1新潟駅構内
TEL 025-243-7251
OPEN 9:00~20:30
ACCESS ココロ新潟本館

万代太鼓 12個入り 2,450円

出典:shop.ng-life.jp

万代太鼓 ル・レクチェ味 12個入り 2,900円

出典:shop.ng-life.jp

万代太鼓は幕末から続く老舗菓子屋、大阪屋の看板メニューです。新潟の郷土芸能である和太鼓と同じように、長く人々に親しんでもらえるようなお菓子でありたい、という思いからこの名がつけられたそうです。サクッと焼き上げたバウムクーヘン状のソフトクッキーと、甘さ控えめでなめらかなクリームが絶妙。太鼓と聞くとハードな印象を受けますが、実際は繊細で優しい口当たりです。2つ目に紹介した新潟産ル・レクチェのクリームを使った万代太鼓は、プレーンに若干の酸味が加わっており上品な味わいです。ミルクといちごチョコでコーティングされた柿の種同様、オフィスでのコーヒーブレイクに重宝されるのではないでしょうか。

三幸

出典:shop.ponits.jp

〒950-0086
新潟県新潟市中央区花園1-1-1新潟駅構内
TEL 025-243-7253
OPEN 9:00~20:30
ACCESS ココロ新潟本館

サーモン塩辛 200g 1,080円

出典:www.amazon.co.jp

密かに話題になりつつある三幸の「サーモン塩辛」を紹介します。アトランティックサーモンのハラスと新潟産の塩糀を低温で熟成させ、北海道産深紅の塩いくらを混ぜたものです。ねっとりと舌に絡む濃厚な麹の旨味がクセになること間違いありません。アツアツのごはんに乗せて頂くもよし、軍艦寿司に乗せて醤油を数滴垂らして頂くもよし、日本酒やビールと一緒に頂くもよし、いろいろな食べ方ができるのがまたいいところです。袋詰め(100g)ではまず足りないので瓶詰め(200g)を選ぶことをおすすめします。

ガトウ専科

出典:item.rakuten.co.jp

〒950-0086
新潟県新潟市中央区花園1-1-1新潟駅構内
TEL 025-240-5192
OPEN 9:00~20:00
ACCESS ココロ新潟本館

白銀サンタ 12個入り 1,350円

出典:nkpoyatsu.blog.so-net.ne.jp

キャラメル ル・レクチェ 10個入り 1,760円

出典:4yuuu.com

1960年に長岡市で創業した株式会社美松のチェーン店の1つであるガトウ専科は、地域の人々が親しみやすいお菓子を作り続ける洋菓子屋です。マカロンやガトーショコラなど定番のスイーツに加え、地元の雪にインスパイアされた白銀サンタ、新潟産ル・レクチェを使ったキャラメル ル・レクチェがおすすめです。前者は米粉を使った生地でフランボワーズソースを包み、2つ繋げて雪だるまをイメージしています。ほんのり甘い生地の中に広がるフランボワーズの酸味がマッチ。味もさることながらパッケージがすごく可愛いのでお子様にうってつけです。後者はル・レクチェの果肉とキャラメル、カスタードクリームをふわふわの生地で包んで焼いたもので、万代太鼓のル・レクチェ味とはまた違った味わいを楽しむことができます。

いかがでしたか?

出典:skyticket.jp

いかがでしたか?全19品の中で魅力的なものはあったでしょうか。日本酒から米菓、茶菓子、蕎麦、ご飯のお供まで、様々なグルメが新潟にはあります。それも多くの人に親しまれるものばかりで、どれを選んでも間違いはないはずです。この記事を読んだ皆さんが、旅行や出張帰りにお土産ショップで迷うことなく最善のチョイスが可能になれば幸いです。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

こばこ5

こばこ

女子大生。

コウ6

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

>>ライター紹介