日本酒好きにはたまらない!観光列車「越乃Shu*Kura」に乗ろう

新潟県といえば「日本酒」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。日本酒を飲みながら列車の旅が楽しめる、そのような贅沢な観光列車が「越乃Shu*Kura」です。それでは早速、見ていくことにしましょう。

hirothirot
  • 1,575views
  • B!

「越乃Shu*Kura」の概略

「越乃Shu*Kura」のコースは3パターンになります。一つ目は上越妙高から小千谷を通って十日町まで至るコースです。二つ目は上越妙高から越後湯沢までのコースとなっています。三つ目は新潟から上越妙高まで走ります。
車内はまるで居酒屋のようなレイアウト。地酒を飲みながら列車の旅が楽しめることはもちろん、旅行者同士の語らいも楽しめることでしょう。
また、地酒を「飲む」だけでなく地元の素材を使ったお弁当を「食べる」楽しみもあります。従来の列車では考えられなかった楽しみが「越乃Shu*Kura」には隠されているのです。

「越乃Shu*Kura」のダイヤ

先ほども紹介した通り「越乃Shu*Kura」は3つのコースを走ります。運行日によって走るコースが異なりますのでご注意ください。
一つ目の「越乃Shu*Kura」は上越妙高~十日町間を結んでいます。上越妙高~十日町までの所要時間は約2時間30分です。二つ目の「ゆざわShu*Kura」は上越妙高~越後湯沢の区間。所要時間は3時間になります。三つ目の「柳都Shu*Kura」は上越妙高~新潟まで、所要時間は約3時間です。三つとも同じ車両を使いますが、列車名は異なりますので注意が必要です。
なお、「越乃Shu*Kura」は旅行商品とセットにしての販売なので、一般の列車のように乗車することはできません。

気になる「越乃Shu*Kura」の車内

「越乃Shu*Kura」は3両で構成されており、それぞれの車両によってレイアウトが全く異なります。1号車はグループ客に最適なボックスシート「らくらくボックスシート」と眺望が楽しめる「展望ペアシート」で構成されます。様々な使い方ができるのが1号車の特徴と言えるでしょう。
2号車はまるで立ち飲みバーのようなレイアウト「イベントスペース」です。ここでは地酒が楽しめることはもちろん、音楽などの様々なイベントが行われます。3号車はシートピッチの広いリクライニングシートがズラッと並んでいます。車内全体に落ち着いた雰囲気が漂います。また、車端部にはフリースペースがあり、ゆっくりとくつろげるのも嬉しいポイントです。

魅力的なお食事 

それぞれのコースには地酒はもちろんのこと、食事のサービスが付いてきます。基本コースはウエルカムドリンク、おちょこ、「越乃Shu*Kura」オリジナルの大吟醸、和らぎ水、そしてお弁当になります。お弁当は新潟の素材を活かしたものとなっており、地酒ともマッチするでしょう。また、往路と復路で内容が異なりますので、気になる方は両方乗られるといいでしょう。もちろん、アルコールが苦手な方向けにソフトドリンクのコースもありますのでご安心を。
また、「越乃Shu*Kura」のロゴが入ったオリジナル商品も見逃せませんよ。これらのオリジナル商品もセットに付いてきます。

様々な観光列車やローカル線と組み合わせるのも一考

いかがでしたか。「越乃Shu*Kura」だけを楽しむのもいいですが、他の観光列車やローカル線とセットにして楽しむにはいかがでしょうか。例えば、十日町からは飯山線を走る観光列車「おいこっと」が運行されています。また、十日町から高規格路線で知られる北越急行の旅を楽しむのもいいでしょう。ぜひ、様々なスタイルで新潟の旅をお楽しみください。

この記事のキーワード

この記事のライター

hirot

神戸市出身。東ヨーロッパと鉄道はライフワーク。歴史(現代史)と政治(国際政治)は興味分野。さすらいの鉄道旅を趣味としています。

関連する記事

あわせて読みたい

hirot
hirot

神戸市出身。東ヨーロッパと鉄道はライフワーク。歴史(現代史)と政治(国際政治)は興味分野。さすらいの鉄道旅を趣味としています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yannma4

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介