【茨城】日帰りにもおすすめのツーリングスポット10選

太平洋に面した海岸線を持ち、偕楽園や鹿島神宮をはじめとした名所・旧跡も揃う茨城県。ツーリングに好適なスポットもあり、観光・グルメと組み合わせて多彩な楽しみ方があります。茨城県で日帰りにもおすすめするツーリングスポットをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 72,445views
  • B!

アイキャッチ画像出典:global.yamaha-motor.com

常陸国を走る爽快なツーリング

出典:global.yamaha-motor.com

出典:global.yamaha-motor.com

太平洋に面した長い海岸線には豊かな漁場があり、工業都市としても発展している茨城県。偕楽園や鹿島神宮をはじめとする名所・旧跡もあり、日本三大名瀑の一つに数えられる袋田の滝など自然の名勝も人気の観光スポットです。

温暖な気候でツーリングやドライブに好適な道路もあり、首都圏からのアクセスも良いことから日帰りで訪れるのもOK。観光やご当地グルメと組み合わせた日帰りツーリングなら、休日のライディングを満喫できるでしょう。

茨城県で日帰りにもおすすめするツーリングスポットを、10ヵ所ご紹介します。

1.国道6号~「五浦温泉」

出典:www.izura.net

名称:五浦観光ホテル別館 大観荘
住所:北茨城市大津町722
電話:0293-46-1111
駐車場:有り
入浴料:800円~
営業時間:11:00~15:00

出典:www.izura.net

レストラン椿

水戸市のエリアから走り出し国道6号を北へ。国道6号は日立駅の近くで旭高架橋に入ると海の上を走る絶景ツーリングが楽しめます。

大北川を渡りシーサイドを進むと目的地「五浦温泉」があるエリア。景勝地の五浦海岸や岡倉天心の六角堂など風光明媚な見所が揃っており、絶好のロケーションに位置する「五浦観光ホテル別館 大観荘」では日帰りで温泉を楽しむことができます。温泉の湯殿は大浴場・露天風呂とも太平洋を望むオーシャンビューで、開放感と趣のある設え。のんびりと海を眺めながら、源泉掛け流しの湯を堪能できます。

日帰りプランの食事は「レストラン 椿」がおすすめ。豪華な御膳や魚介をふんだんに使った各種の定食や海鮮丼など、バラエティ豊かなメニューを揃えています。

webサイト:五浦観光ホテル別館 大観荘

2.国道118号~「袋田の滝」

出典:www.daigo-kanko.jp

名称:袋田の滝
住所:久慈郡大子町袋田3-19
電話:0295-72-0285
駐車場:有り
利用料:300円(袋田の滝トンネル)
営業時間:8:00~18:00
     9:00~17:00(11~4月)

水戸市の中心部から国道118号を走り出し、久慈川のリバーサイドをツーリングして北へ。水群線の袋田駅を過ぎたら国道461号に入り「袋田の滝」を目指します。

「袋田の滝」は栃木県の華厳滝や和歌山県の那智滝と共に、日本三大名瀑に数えられる雄大な滝。岸壁を四段にわたって落下することや、四季折々に表情を変えることから四度の滝とも呼ばれています。「袋田の滝」にはエレベーターが設置された新観瀑台が整備されており、第1~第3デッキそれぞれから絶景の滝姿を鑑賞できる設えです。

「袋田の滝トンネル」の入り口近くには「多喜乃屋 菊池みやげ店」があり、名物「鮎の塩焼き」や「山菜定食」などを揃えていますのでランチにいかがでしょう。

webサイト:大子町観光協会・袋田の滝

3.国道6号~「国営ひたち海浜公園」

出典:hitachikaihin.jp

名称:国営ひたち海浜公園
住所:ひたちなか市馬渡字大沼605-4
電話:029-265-9001
駐車場:有り
入園料:450円
営業時間:季節により変動
定休日:12/31、1/1
    2月の第1火曜日から金曜日

出典:hitachikaihin.jp

名称:ガーデンレストラン
場所:プレジャーガーデン
営業時間:11:00~閉園1時間前

県の北部から国道6号を南へ。国道6号は日立バイパス入り口の交差点からシーサイドに出るルートとなり、「浜の宮ロードパーク」を過ぎると海の上を走る絶景ツーリングができます。

旭高架橋を渡ったら国道245号を南へ向かい、常陸那珂港区のエリアへ。目的地の「国営ひたち海浜公園」はテーマごとにエリアが分かれており、四季折々に咲き誇る花々と共に多彩なアクティビティが楽しめる都市公園です。里山の風景が広がる「みはらしエリア」をはじめ、広々とした草原やフラワーガーデンがある「草原エリア」など様々。「プレジャーガーデンエリア」には、ショップやレストランがオープンしています。

ランチのおすすめはリゾートテイストの「ガーデンレストラン」。茨城の特産品であるローズポークを使った「ローズポークカレー南蛮」や、常陸牛を使った「常陸牛のビーフシチューランチ」など、多彩なメニューを用意しています。

webサイト:国営ひたち海浜公園

4.国道6号~「偕楽園」

出典:www.koen.pref.ibaraki.jp

名称:偕楽園
住所:水戸市常磐町1丁目
電話:029-244-5454
駐車場:有り
営業時間:6:00~19:00(2/20~9/30)
     7:00~18:00(10/1~2/19)

出典:www.koen.pref.ibaraki.jp

名称:好文亭
開館時間:9:00~17:00(2/20~9/30)
     9:00~16:30(10/1~2/19)
入館料:200円

県の南部から走り出し、牛久沼を眺めながら国道6号をツーリングして水戸市方面へ。八塚稲荷神社の近くで県道50号に入り、水戸市の中心部にある「偕楽園」を目指します。

「偕楽園」は石川県の兼六園や岡山県の後楽園と並び、日本三名園の一つに数えられる日本庭園。水戸藩主・徳川斉昭の命によって造園された回遊式庭園で、千波湖周辺の拡張部を含めた「偕楽園公園」は世界でもトップクラスの規模を誇る都市公園です。本園部だけでも3000本の梅が植樹されており、シンボルである好文亭は館内を見学できます。

「偕楽園」の近くでランチにおすすめするのは、駅の北側にある「黄門そば」。ご当地グルメ「けんちんそば」を用意しており、つけ麺スタイルで味わえるボリュームたっぷりの逸品が供されます。

webサイト:偕楽園

5.大洗海岸通り~「めんたいパーク大洗」

出典:mentai-park.com

名称:めんたいパーク大洗
住所:東茨城郡大洗町磯浜町8255-3
電話:029-219-4101
駐車場:有り
営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休

出典:mentai-park.com

県の北部から国道6号を南へ走り、常陸那珂港区のエリアに来たら県道62号を経由して県道6号へ。県道6号で磯崎海岸や清浄石を眺めながらツーリングして海門橋で那珂川を渡ります。

大洗海岸通りを走り、大洗岬を過ぎると目的地の「めんたいパーク大洗」へ到着。「めんたいパーク」は明太子メーカー「かねふく」が運営する明太子のテーマパークで、大洗は全国で最初にオープンしたスポットです。パークでは明太子工場で製造工程を見学することができ、原料となるスケトウダラの生態や明太子の歴史など様々な資料を展示。直売店もあり出来立ての新鮮な明太子をはじめ、「明太子あらびきソーセージ」や「明太しゅうまい」など多彩な製品が販売されています。

フードコーナーでは出来立ての明太子を使ったメニューを用意。定番の「明太子おにぎり」をはじめ、やみつきになるという「明太ソフトクリーム」などを味わうことができます。

webサイト:めんたいパーク大洗

6.国道51号~「大洗マリンタワー」

出典:www.oarai-mt.jp

名称:大洗マリンタワー
住所:東茨城郡大洗町港中央10
電話:029-266-3366
駐車場:有り
入館料:330円(展望室)
営業時間:季節により変動
定休日:12/28~30

出典:oarai-seaside.com

名称:大洗シーサイドステーション
住所:東茨城郡大洗町港中央11-2
電話:029-264-9123
駐車場:有り
営業時間:10:00~19:00

鹿島灘に面した県の南側から国道51号をツーリングして北へ。大洗港区が近づいたら県道2号に入り、港の中心部へ向かいます。

目的地は大洗のランドマークといえる「大洗マリンタワー」。地上55mの高さにある展望室からは大洗周辺を一望することができ、天候が良ければ富士山や日光・那須の山々まで遠望できます。タワーからの眺めを楽しんだ後は、隣接する「大洗シーサイドステーション」へ。こちらは2018年4月にグランドオープンしたばかりで、リゾーテイスト溢れるアウトレットモールです。

ブランドショップはもちろん「大洗まいわい市場」では、海産物など大洗の特産品を扱っているのでお土産にも好適です。ランチのおすすめは「大洗 浜っこ食堂 お魚天国」で、一押しはかき揚げを積み上げた「タワーかき揚げ丼」。「さざえつぼ焼き」や「焼きはまぐり」など浜焼きも用意しますので、あわせていかがでしょう。

webサイト:大洗マリンタワー
webサイト:大洗シーサイドステーション

7.筑波スカイライン~「筑波山」

出典:www.mt-tsukuba.com

名称:筑波山ロープウェイ つつじヶ丘駅
住所:つくば市筑波1
電話:029-866-0945
駐車場:有り
往復運賃:1,100円

出典:www.mt-tsukuba.com

女体山駅

県の南部から国道125号を北へ向かい、県道14号を経由して県道42号へ。県道42号と続く筑波スカイラインでワインディングのツーリングを楽しみながら「筑波山」を目指します。

筑波スカイラインの終点から「筑波山ロープウェイ」に乗り、標高840mにある「女体山駅」まで眼下に広がる絶景を眺めながら約6分間の空の旅。駅に設置された展望台からはスカイツリーをはじめとした東京の景色や、富士山や浅間山の眺望を楽しむことができ、5分ほど歩けば女体山の山頂まで到達できます。

山麓の「つつじヶ丘駅」には隣接して「つつじヶ丘レストハウス」がありますのでランチにおすすめ。名物の「つくばうどん」や「つくば鶏親子丼膳」など、地元食材を活かしたメニューが並びます。

webサイト:筑波山ケーブルカー&ロープウェイ

8.県道18号~「茨城空港」

出典:www.ibaraki-airport.net

名称:茨城空港
住所:小美玉市与沢1601-55
電話:0299-37-2800
駐車場:有り

出典:www.ibaraki-airport.net

名称:すぎのや本陣
場所:ターミナルビル2F
電話:0299-37-2205
営業時間:9:00~20:30

県の北部から国道6号を南へ向かい、八塚稲荷神社を過ぎたら県道18号へ。県道18道は市街地を抜けると長閑な田園風景が広がる中をゆったりとツーリングできます。

東関東自動車道を越えたら紅葉北の交差点から県道144号に入り、県道359号に接続して目的地「茨城空港」へ。2Fにある送迎デッキからは飛行機が離発着する迫力ある風景を間近に望むことができ、ショップやレストラン・カフェなども揃っています。こちらには茨城の銘菓を扱う「亀じるし」がありますので、お土産選びにも好適です。

そして2Fにある和風レストラン「すぎのや本陣」では、地元食材を使ったメニューを用意。ご当地グルメの「けんちんそば」はもちろん、奥久慈ポークを使った「ソースカツ丼」など多彩に取り揃えています。

webサイト:茨城空港

9.国道354号~「霞ヶ浦」

出典:www.city.namegata.ibaraki.jp

名称:霞ヶ浦ふれあいランド
住所:行方市玉造甲1234
電話:0299-55-3927
駐車場:有り
入館料:600円
営業時間:9:30~16:30
定休日:月曜日、年末

出典:www.ibarakiken.or.jp

名称:道の駅「たまつくり」
住所:行方市玉造甲1963-5
電話:0299-36-2781
営業時間:9:00~18:00
定休日:年末年始

県の西部から国道125号を東へ向かい、土浦市で国道354号に接続。霞ヶ浦大橋などの景色を楽しみながらツーリングして霞ヶ浦の東岸を目指します。

霞ヶ浦大橋を渡ると目的地の「霞ヶ浦ふれあいランド」へ到着。こちらは水をテーマにしたテーマパークで、「水の科学館」や「玉のミュージアム」などがあります。おすすめは「虹の塔」で、高さ60mの展望タワー。霞ヶ浦周辺や筑波山をはじめ、天候が良ければ富士山を遠望することもできる絶好のビュースポットです。

「虹の塔」で絶景を眺めた後は隣接する道の駅「たまつくり」へ。畑から直送される新鮮な野菜をはじめ、行方の特産品を豊富に取り揃え。ナマズ・鯉・豚・鴨などを使ったご当地グルメの「行方バーガー」をいかがでしょう。

webサイト:ふれあいランドトップ
webサイト:行方市観光物産館こいこい・道の駅「たまつくり」

10.国道51号~「鹿島神宮」

出典:kashimajingu.jp

名称:鹿島神宮
住所:鹿嶋市宮中2306-1
電話:0299-82-1209
駐車場:有り

出典:www.ibarakiguide.jp

名称:道の駅「いたこ」
住所:潮来市前川1326‐1
電話:0299-67-1161

水戸市の中心部から国道51号を走り出し、鹿島灘に沿って南へツーリング。鹿島線を越えて厨台の交差点から県道18号に入ると目的地「鹿島神宮」のエリアです。

「鹿島神宮」は全国にある鹿島神社の総本社であり、千葉県の香取神宮や茨城県の息栖神社とあわせて東国三社と呼ばれる社。武甕槌大神を御祭神として祀り、宮中の四方拝でも遥拝される格式高い神宮です。広い境内には「要石」や「鹿園」「宝物殿」など見所が点在。参拝の後は散策をいかがでしょう。

「鹿島神宮」を後にしたら、国道51号で水上鳥居としては日本最大といわれる「一之鳥居」を眺めながら北浦を渡り道の駅「いたこ」へ。レストランやショップはもちろんグラウンドゴルフを楽しむこともでき、クラブハウスでは地元名産の米を使った米粉麺「フォー」を用意します。

webサイト:鹿島神宮
webサイト:道の駅「いたこ」

温暖な茨城で日帰りツーリング

観光名所やご当地グルメが多彩に揃い、温暖でツーリング向きの茨城県。東京など首都圏からのアクセスも良い茨城県で日帰りツーリングを楽しんでみませんか。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 高速道路や一部の有料道路は125cc以下のバイクが通行できません。
※ 季節によって閉鎖される道路や休業するスポットもあります。
※ 道路工事や交通規制により通行できない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介