「線」の魔術師ハリー・ベルトイアが生んだワイヤーチェアの名品4選

おしゃれな家具を揃えることで、生活はより一層輝くものです。ワイヤーを使ったチェアというのもなかなかおしゃれではないでしょうか。今回はハリー・ベルトイアの家具をご紹介します。

mighkmmighkm
  • 12,495views
  • B!

金属を使った現代アーティスト

イタリアに生まれ、少年時代にアメリカに移ったハリー・ベルトイアは、アメリカ本国ではデザイナーというより金属を使った現代アーティストとして知られています。若い時代にジュエリーの制作に没頭し、1950年代半ばにはワイヤーフレームによる椅子の名作を生み出しますが、その後は「音響彫刻」など金属を素材にしたオブジェ作品に没頭するようになります。わずかな期間にデザインされた数少ないベルトイアの椅子ですが、その希少性もあって、現在いっそう人気が高まっています。

ミニマルアートとして見るサイドチェア

出典:www.e-comfort.info

ベルトイアがワイヤーフレームの椅子をデザインしたのは、ペンシルベニア州にスタジオを構え、ハンス&フローレンス・ノールと仕事を共にした時期でした。金属造形に長け、溶接技術に天才的な腕前をもっていたベルトイアは、いわば空間上の「線」というべき存在のワイヤーをたくみに組み合わせ、立体物としての椅子を造形したのです。ワイヤーシェル構造じたいはベルトイアの発明ではないにせよ、重量をもたないようなか細いワイヤーそのものをあえて前面に押し出したミニマルアートともいうべき優雅なフォルムは、家具デザインの分野のみならずコンテンポラルアートの分野でも大きな注目を集めることとなったのです。

ベルトイア サイドチェア | デザイナーズ家具のE-comfort

ベルトイアの彫刻人生を支えた大ヒット作、ベルトイア サイドチェア/ジェネリック製品・デザイナーズ家具のE-comfort

やさしく優雅なダイヤモンドチェアの曲線美

出典:www.e-comfort.info

ベルトイアがデザインした椅子のバリエーションは多くはありませんが、その中で最も有名な作品といえば、間違いなく「ダイヤモンドチェア」でしょう。ダイヤモンドのようなワイヤーの輝きと、鳥のように左右に広げたその両翼は、やさしく優雅な曲線を描いて座る人を招きいれてくれます。一本一本異なる長さのスチールロッドが繊細に曲げられて造形されており、ワイヤーの隙間のかたちが心地よいリズムを形成しているのです。単に座るための家具というだけでも、ディスプレーの装飾品というだけでもない、椅子の形を借りた現代彫刻作品といえるでしょう。

ダイヤモンドチェア | デザイナーズ家具のE-comfort

ベルトイアの彫刻人生を支えた大ヒット作、ダイヤモンドチェア/ジェネリック製品・デザイナーズ家具のE-comfort

座る人が宙に浮く!?ハイスツール

出典:www.e-comfort.info

ベルトイアは自身の設計した椅子を「ほとんど空気でできている」と表現したことはよく知られています。ワイヤーの隙間から向こう側の景色が透けて見えるというこの究極の通気性によって、椅子という物体を限りなく透明な存在にしているのです。この透明感が一層強調されるのは、座面が高い位置にある「ハイスツール」です。足がフロアから浮いた状態で座ることになるため、遠目でみると、まるで人間が宙に浮いて見えるからです。実際の生活で使う場合にも、個性的で強い存在感をもっていながら、圧迫感がほとんどないため、日本の家屋のように狭い空間に置いて楽しむことができます。

ベルトイア ハイスツール シートパッド | デザイナーズ家具のE-comfort

ベルトイアの彫刻人生を支えた大ヒット作、ベルトイア ハイスツール シートパッド/ジェネリック製品・デザイナーズ家具のE-comfort

エロティックな表情に変貌するファブリック版

出典:www.e-comfort.info

ベルトイアのワイヤーチェアは、その作品の本質にふれる上ではむき出しのワイヤーのままである方が適していますが、実際に椅子として使うにはすわり心地を快適にする工夫も必要でしょう。そのためクッション付きの製品も販売されていますが、中には座面全体をファブリックで覆ったバリエーションもあります。全面が覆われた作品は、ベルトイア特有の透明感が失われることになりますが、逆に、むき出しでは気づかない全体のフォルムの強烈さが現れてきます。特にダイヤモンドチェアにファブリックをかぶせたバージョンは、そのエロティックな表情にどきどきするのではないでしょうか。

ラージダイヤモンドチェア | デザイナーズ家具のE-comfort

ベルトイアの彫刻人生を支えた大ヒット作、ラージダイヤモンドチェア/ジェネリック製品・デザイナーズ家具のE-comfort

チェアのデザインから彫刻制作へ

ベルトイアがワイヤーチェアをデザインした期間は短く、残された作品数も多くありませんが、ダイヤモンドチェアを中心にアメリカで高い人気を集め、今もなお世界中でリプロダクト製品が販売されています。しかし当のベルトイアは、その後家具デザインから手を引き、本業である彫刻制作に集中しました。彼の彫刻作品は、アメリカ国内の多くの公共施設に収蔵されていますが、金属という素材を用いながら、その金属の実体を感じさせないようなコンセプチュアルな方法論を模索したことは興味深いことです。

この記事のキーワード

この記事のライター

mighkm

藝術文化系のコラム、論評の執筆を多くこなしてきました。VOKKAではインテリアなど、アートに関わる記事を中心に執筆しています。

関連する記事

あわせて読みたい

mighkm
mighkm

藝術文化系のコラム、論評の執筆を多くこなしてきました。VOKKAではインテリアなど、アートに関わる記事を中心に執筆しています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

VOKKA編集部グルメ班3

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

05micco5

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kumakumaillust6

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

>>ライター紹介