古きよき19世紀ウィーンの香りをとどめるホフマンの椅子4選

世界遺産を手掛けた建築家のデザインした家具を手にしたいという方もいるのではないでしょうか。今回は世界遺産を手掛けた建築家ヨーゼフ・ホフマンの家具をご紹介します。

mighkmmighkm
  • 2,305views
  • B!

世界遺産も手掛けた建築家

チェコのボヘミアで生まれ、おもにウィーンで活躍した建築家のヨーゼフ・ホフマンは、クリムトやオルブリッヒといった芸術家とともにウィーン分離派をおこした人です。世界遺産となっているブリュッセルのストックレー邸は特に有名な代表作で、幾何学的な直線を使った装飾的な意匠に特徴がありました。手仕事による有機的なフォルムの造形から、量産を目的とした合理的な工業製品のデザインへと世界の潮流が変わってきたその過渡期にいた建築家。彼の設計した独創的な家具をご紹介します。

19世紀末ウィーンの香りを今日に伝える『クーブス・ソファ』

出典:www.e-comfort.info

ホフマンがデザインした家具は少なくありませんが、ジェネリック家具やリプロダクト製品として現在入手できる製品はわずかです。それがこの『クーブス・ソファ』のバリエーションです。『クーブス・ソファ』は1910年にデザインされ、ブエノスアイレスの展覧会で出品されたものでした。見た目にはル・コルビュジェのソファにも通ずるモダンデザインのテイストですが、工業デザインを前提としたル・コルビュジェの理念とは実は大きく異なっています。ホフマンにとっての家具デザインは、あくまでも手仕事の見事さによって支えられるものだったのです。19世紀末のウィーンの芸術の香りを残した古きよき時代の椅子です。

クーブス ソファ 1p | デザイナーズ家具のE-comfort

重厚なデザインが特徴のクーブス ソファ 1p。ヨーゼフ・ホフマン屈指のデザインです/ジェネリック製品・デザイナーズ家具のE-comfort

強烈な「直線美」で造形されたアームチェア『アルムレッフェル・チェア』

出典:shop.tate.org.uk

ホフマンのデザイン家具の中でもっとも端的にその特徴を示している作品のひとつが、幾何学的なひじ掛け椅子『アルムレッフェル・チェア』でしょう。水平と垂直、強い直線のイメージだけで構成された幾何学的なデザインですが、ひじ掛けの部分に例外的に半円状のかたちが現れていて、重要なアクセントになっています。生産効率のためではなく、あくまでも美しさの要素として水平垂直が扱われているのです。どこか現代の工業製品のものとは違った手工芸的な品格。現代販売されているのはヴィンテージ品のみですが、廉価なリプロダクト製品があったら人気が高まりそうですね。

Armloffel Chair by Josef Hoffmann | Homewares | Tate Shop

Tate Online Shop

ウィンナー・キャバレーの雰囲気を伝える『こうもりチェア』

出典:static1.bonluxat.com

かつてウィーンにあった「キャバレーこうもり」のインテリアとしてホフマンがデザインした家具のひとつです。建築内装のデザインの一環として設計されました。ウィーン工房の仕事として行われたこのデザインは、ホフマンの初期の仕事をよく特徴づけていて、幾何学的なフォルムを前面に押し出した前衛的なデザインが、キャバレーという非日常的な気分の充満する空間を演出しました。この「キャバレーこうもり」は現在はクラブハウスになっていますが、当時の雰囲気を再現した「ノイエ・ギャラリー・カフェこうもり」がニューヨークにあり、ホフマンの家具を楽しむことができます。

Josef Hoffmann Fledermaus Collection

Josef Hoffmann Fledermaus Collection - Specially designed in Vienna in 1907 for the Fledermaus cabaret in Vienna, this suite was later produced by the Kohn bentwood furniture company.

サナトリウムのために設計された珍しい前衛家具

出典:static1.bonluxat.com

建築家としてのホフマンの仕事ではストックレー邸が特に有名ですが、これに比肩する優れた最初期の作品に「プルカースドルフのサナトリウム」があります。この作品は「白」を基調として水平と垂直を強調したデザインで、ストックレー邸よりむしろモダニズム建築に近い合理性を感じさせる建物です。このサナトリウムのために設計された家具のひとつが、このアームチェア。静けさをもつ建物の外観とはうってかわり、強烈な個性を発揮する作品です。このヴィンテージ作品は豊田市美術館に収蔵されていますが、現代のインテリアと合わせたら面白い空間になりそうですね。リプロダクト製品がつくられることが待たれます。

Josef Hoffmann Purkersdorf Armchair and Table

Josef Hoffmann Purkersdorf Armchair and Table - The black and white colour scheme and quadratic motifs of this chair and table were a continuum throughout the foyer of Hoffmann’s Purkersdorf sanatorium, built from 1904–1905.

古き良き時代に作られた家具

19世紀のウィーンは、エゴン・シーレやクリムトといった画家や、マーラーやシェーンベルクといった音楽家など、不安定な大衆気分を反映した独特のテイストをもった芸術が花開いた都市です。この時代に生み出されたホフマンの家具は、モダンデザインの系譜としてみればややレトロな雰囲気の装飾性を感じさせるものですが、そのフォルムの冒険主義は現代のインテリアの中にあっても強い個性を発揮するはず。古きよき時代のウィーンを彷彿させるホフマンの家具。そのバリエーションが増えるといいですね。

Amazonで詳細を見る

この記事のキーワード

この記事のライター

mighkm

藝術文化系のコラム、論評の執筆を多くこなしてきました。VOKKAではインテリアなど、アートに関わる記事を中心に執筆しています。

関連する記事

あわせて読みたい

mighkm
mighkm

藝術文化系のコラム、論評の執筆を多くこなしてきました。VOKKAではインテリアなど、アートに関わる記事を中心に執筆しています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

05micco1

05micco

神奈川在住の女子大生。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。最近は喫茶店に夢中!オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ3

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ5

こばこ

女子大生。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介