質実剛健!ボーエ・モーエンセンのおすすめ家具4選

家具にもこだわりをもち、普段の生活をおしゃれにしていきたいものです。今回はデンマークのモダン家具の巨匠ボーエ・モーエンセンのおすすめ家具をご紹介します。

mighkmmighkm
  • 6,697views
  • B!

デンマークのモダン家具 巨匠の一人

ボーエ・モーエンセンは、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共に、デンマークのモダン家具を語る上で欠かせない巨匠のひとりです。モーエンセンは、18-19世紀のシェーカー教徒に起源をもつ質素で実用的な家具「シェーカー家具」を、モダンデザインの分野で引用したことでひろく知られています。しかしいっぽうで、大使館などで使われる重厚で気品のあるソファーも手掛けており、その幅広いセンスは今日もなお高く評価されています。

質実剛健の「シェーカーチェア J39」

Amazonで詳細を見る

モーエンセンの仕事を代表する作品は、何といってもこの「シェーカーチェア J39」です。これは第二次世界大戦時にデザインされた椅子で、一般市民むけの安くて質のよい家具という方針で生まれた作品でした。装飾性を排した質素なつくりであるため、原材料の不足していた当時の社会で広く支持され、歴史的な名品として語り継がれることとなりました。モーエンセンは、シェーカー様式の椅子の特徴であった細い背板を一枚板に変更し、基本的な構造はそのままですわり心地を向上させたのでした。現在の復刻モデルは当時からさらに改良されていますが、モーエンセンの「質実剛健」のデザインは今日も失われずファンを魅了し続けています。

戦後の都市生活を象徴する「ダイニングテーブル C18」

出典:www.ozone.co.jp

名作椅子「J39」には、セットとしてデザインされたダイニングテーブルもありました。それがこの「C18」です。J39とC18は、戦後のデンマークで、特に都市部に住む人たちの、限られた空間の中で効率よく生活したいという要望にこたえ、普及していったのです。簡素で無駄のないフォルム、狭い空間を活かす空間の工夫が凝縮された一般市民むけのデザインの極致ともいえる歴史的な作品です。とかくおしゃれなイメージがある北欧の家具ですが、その歴史は、生活空間を無駄なく質素に活用する彼らの素朴な生活感覚によってつくられてきたといえるでしょう。

C18 ダイニングテーブル| テーブル/デスク , ノルディックフォルム |インテリアカタログ ::: Living Design Center OZONE

自ら座るために作った「スパニッシュチェア」

出典:gigaplus.makeshop.jp

スペイン好みで知られたモーエンセンは、スペインに足しげく旅行に出かける中で、貴族階級の邸で使われていた一枚革の木製アームチェアに強い衝撃を受けたといわれます。アームチェアのアーム部分は、本来は肘を置くためにありますが、このアーム部分の幅が広いと、新聞やコーヒーなどちょっとしたものを置くスペースにもなります。こうして、アンダルシア地方に伝わる伝統的な椅子の様式をモーエンセンが独自に改良してリ・デザインした「スパニッシュチェア」。彼が自分の邸宅で使うためにデザインしたというそのどっしりしたフォルムも、今日はリプロダクト製品も含めて入手できるようになりました。

ボーエ・モーエンセン/スパニッシュチェア|designshop

designshop取扱の「ボーエ・モーエンセン/スパニッシュチェア」の商品購入ページ。シンプルモダンで永く使える商品の販売。オリジナルラッピング・熨斗・メッセージカードで、こだわりの引き出物、内祝いなどのギフト・贈り物に最適。

「スポークバックソファ」で巨匠の才能を満喫

出典:www.hokuou-kagu.com

ハンス・J・ウェグナーとの共作として知られる有名な「スポークバックソファ」です。英国の伝統的な二人掛けの椅子からヒントを得て1945年にデザインされたものです。片側のフレームが開閉式になっていて、6段階に角度を変えることができるようになっています。ここに使われている革ひもが独特な編み方になっていて、さりげない存在感を主張しています。モーエンセンとJ・ウェグナーは、ライバル同士と思われがちですが、実際はふたりは互いに影響し合い、尊敬しあいながら交流し続けた間柄でした。このスポークバックソファは、そんなデンマークを代表する二人の巨頭の才能をたっぷり味わうことができる作品ともいえます。

スポークバックソファ (1789) ビーチ材 ソープ仕上げ 各色 ファブリック FREDERICIA FURNITURE ソファ Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン) | 北欧家具の通販 - 北欧家具.com

スポークバックソファをお探しの方へ。ボーエ・モーエンセンによってデザインされたFREDERICIA社の正規品を特別価格・送料無料で販売致します。北欧家具.comはスポークバックソファ(FREDERICIA FURNITURE)を始めとする北欧家具の通販サイトです。

機能に重点を置いたモーエンセンの家具

ボーエ・モーエンセンは、同じデンマークの家具デザイナーで同じ時代に活躍したハンス・J・ウェグナーと、とかく比較されがちです。しかも、初期の作品などは両者の作品にはかなり似たフォルムのものが多いのですが、J・ウェグナーの作品にくらべ、モーエンセンの作品は実直で機能重視ということがいえるでしょう。武骨で硬派のイメージが強いモーエンセン。インテリアとして揃えるよりも、実際に使いながら自分の肌でデザインのすごみを楽しむ、そんな贅沢を味わいたい家具です。

この記事のキーワード

この記事のライター

mighkm

藝術文化系のコラム、論評の執筆を多くこなしてきました。VOKKAではインテリアなど、アートに関わる記事を中心に執筆しています。

関連する記事

あわせて読みたい

mighkm
mighkm

藝術文化系のコラム、論評の執筆を多くこなしてきました。VOKKAではインテリアなど、アートに関わる記事を中心に執筆しています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

斉藤情報事務3

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

VOKKA編集部グルメ班5

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

kumakumaillust6

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

>>ライター紹介