茨城県民が選ぶ本場のおすすめ納豆10選

4年連続で都道府県魅力度ランキング47位を維持し続けている茨城県。不名誉極まりない話です。だけど、そんな茨城県にも意外と誇れるところはあるんです。その一つが、美味しい食べ物。今回は、その代表格ともいえる「納豆」を、茨城出身の筆者が紹介します。皆さんも、本場の納豆を試してみませんか?

nknoseリンコ
  • 30,651views
  • B!

茨城県民の現実

「茨城出身です!」と自己紹介すると、ほぼ確実に「納豆好きなんだ」と言われます。しかし私は、全茨城県民を代表して、皆さんにお伝えしたい。茨城県民はそんなに納豆を食べない、と。某カミングアウトバラエティ番組の影響もあって、他都道府県の人々には完全に「茨城=納豆」というイメージが植え付けられていますが、実際はそんなことありません。納豆フリークはそんなにいません。皆さんの期待を裏切るような気がして心苦しいですが、この場をお借りして、マジモンの茨城県民納豆事情を暴露しようと思います。あくまでもこれは私の個人的な経験に基づくものなので、「そうなんだ…」程度に受け流してください。

そもそも好きじゃない人がいる

茨城県民は全員納豆大好きなんでしょ、なんて思っていませんか?ソレ、大噓です。むしろ納豆が苦手な人もいます。給食で納豆が出ると、必ずクラスに何人かは「いらないから食べて」と納豆を手放す人、いました。きっと彼らは幼いながらに「茨城県民であるにもかかわらず納豆を食べられないなんて…自分は非県民だ…」と、葛藤を抱えていたことでしょう。彼らのような茨城県民を苦しみから救ってあげるためにも、「納豆は茨城県民のソウルフード!」などという幻想は捨てましょうね。

給食の納豆はごくごく普通

給食つながりでもう1つ。なんとなく、茨城県民は納豆をパックではなく藁で食べるイメージを持ってませんか?残念ながら、そんな習慣はありません。むしろ、藁納豆を食べたことがある本格派の茨城県民は本当に少数だと思います。筆者も例に違わず、藁納豆は食べたことがありません。生まれてこの方納豆パック育ちです。小学校の給食で出される納豆は、普通に、ごくごく普通に、カップに入っているものでした。ふたをぺろっと剥がすだけのやつです。がっかりしましたか?

別に常備してない

筆者の家では、納豆がごはんのおともになることがほとんどありません。そもそも、冷蔵庫に納豆が入っていることがほとんどありません。茨城県民全員が納豆を常備していると思ったら大間違いです。筆者のように、納豆をほとんど食べない茨城県民も存在するということを、覚えておいてください。だって、好きなものを好きなときに食べるのが一番じゃないか。肩書きに縛られる必要はないんだぜ。

納豆についてお勉強しよう!

こんな感じで赤裸々に納豆事情を暴露してきたわけですが、勘の良い方は既にお気づきでしょう。そう、私、茨城県民であるにもかかわらず、納豆についてほとんど知識がありません。そこで今回は、皆さんと一緒に納豆について勉強しようと思います。なんだか学びの多い記事になりそうです。

なぜ茨城といえば納豆なの?

納豆が茨城の名産品になった理由には、その地形が関係しています。茨城県の中央部に流れる那珂川は、治水技術が未発達だったころ、台風シーズンになると度々水害を起こし、納豆の原料である大豆の収穫に甚大な被害を与えていました。そのため江戸時代、水戸藩は台風が来る前に収穫できる早生大豆づくりを奨励します。しかし、早生大豆は普通の大豆に比べて粒が小さいので豆腐などの加工には不向きでした。そこで、小粒の大豆でもそのまま加工できる納豆が注目されたのです。

全国に広まる水戸納豆

茨城の納豆の中でも特に有名なのが「水戸納豆」。一度くらいは名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。その名を全国に知らしめるのに一役買ったのが、笹沼清左衛門という人物です。江戸で納豆が好まれていることを耳にした笹沼は、「納豆を水戸の名物にしよう!」と思い立ち、マーケティング戦略を練りました。当時、納豆は水戸駅前の広場で販売されていましたが、鉄道開通を機に駅のホームでも売るようにしたところ、観光客の好評を博し、口コミでその評判が広まったといいます。

おすすめ納豆10選

散々無知を晒してしまいお恥ずかしい限りですが、それでもやはり私は生粋の茨城県民。茨城の納豆には少なからずプライドをもっています。さあ、ここからがいよいよ本題。そんな私が、茨城県民の威信をかけて、おすすめの納豆をご紹介したいと思います。皆さん、白米のご準備を!

極小粒わら納豆【天狗納豆】237円(70g)

出典:www.tengunatto.com

創業100年以上の歴史と伝統を誇る天狗納豆。そんな天狗納豆の「極小粒わら納豆」は、小粒大豆にこだわり、強い粘り気があるのが特長です。ご飯との相性も抜群。口の中で納豆とご飯がよく絡まるんです。王道の納豆ご飯を楽しみたい方におすすめですよ。普段と違う食べ方を試したいときは、塩をかけるのもよしです。

そぼろ納豆【天狗納豆】324円(150g)

出典:www.tengunatto.com

「そぼろ納豆」は、醤油などの調味料に納豆と切り干し大根を漬けこんだ、水戸の伝統的なお惣菜です。納豆と切り干し大根、二つの異なる食感を一度に楽しめます。味がついているのでそのままでも食べられますし、お酒のおつまみにもぴったりです。食卓にもう一品ほしいとき、ごまやネギを加えればおかずにもなりますよ。

ほし納豆【天狗納豆】216円(60g)

出典:www.tengunatto.com

味付けされた納豆を干して旨みを凝縮した一品。素朴な塩気が旨みを引き立て、噛めば噛むほどに納豆の風味がお口いっぱいに広がります。お酒のおつまみや、小腹がすいたときにぴったりです。コリコリとした食感なので、「納豆にも噛みごたえがほしい!」という方は、試してみてはいかがですか。

大粒納豆【だるま納豆】540円(3個入り)

出典:www.darumanatto.jp

茨城県産大豆にこだわった納豆作りをしているだるま納豆。今回ご紹介するこの大粒納豆にも、茨城県産大豆「タチナガハ」が使用されており、大豆本来の味をしっかりと感じることができます。大粒の納豆は珍しいので、豆の食べごたえが欲しい方におすすめです。

味ぐるめ【だるま納豆】165円(80g)

出典:www.darumanatto.jp

こちらも茨城県産大豆「納豆小粒」を使用した一品、「味ぐるめ」。これ、実は入れ物が松の木の皮でできているんです。松の木の香りが納豆の風味を引き立ててくれます。たれとからしの他に、ちょっと変わったしそのりたれもついています。

粢 納豆小粒【金砂郷食品】1296円(6個入り)

出典:sitogi.jp

金砂郷食品は、「納豆だけでなく、納豆を食べる幸せな時間も届ける」ことをコンセプトにした納豆メーカーです。そんな金砂郷食品からご紹介するのはこの「粢 納豆小粒」。納豆小粒ならではの滑らかさが特長です。発酵に長い時間をかけることで、大豆のえぐみが抑えられています。薬味に風味豊かな乾燥ネギがついているので、ネギの香りを楽しみながら納豆を食べるもよし、薬味を使わず納豆本来の味を楽しむもよしです。

粢薬膳【金砂郷食品】3240円(6個入り)

出典:sitogi.jp

こちらも金砂郷食品から。この「粢薬膳」、一番のポイントは、なんといっても国産金ごま油がついていることです。金ごまには、抗酸化作用や老化防止作用、肝機能改善作用などがあると言われています。納豆にも実は血栓発生予防の効果があるので、こちらの粢薬膳は体にいい納豆ナンバーワンといえるでしょう。健康志向の方におすすめです。

舟納豆【丸真食品】140円(90g)

出典:www.funanatto.co.jp

ごちそう納豆として名高い、丸真食品の「舟納豆」。銀座に店を構えるアンテナショップ、茨城マルシェでは売り切れることもあるとか。松を薄く切った経木というものが納豆とパッケージの間に挟まれていて、爽やかな香りがします。お土産に喜ばれること間違いなしです。

黒船【丸真食品】216円(80g)

出典:www.funanatto.co.jp

小粒黒大豆「くろこじろう」を使用した一品。納豆臭さが少ないので、納豆が苦手な方にもおすすめです。すっきりとした味わいで、黒豆らしい香りの良さもあり、食べやすくなっています。サラダに添えてもおいしいですよ。

茶々丸【丸真食品】388円(80g)

出典:www.funanatto.co.jp

最後を飾るのは、同じく丸真食品の「茶々丸」。ポリフェノールを多く含む山形県産紅大豆が使用されています。大粒でふっくらとしているのが特長です。もちもちとした食感や、豆自体の甘みも楽しめます。

本場の納豆をぜひ!

今回は数ある納豆の中から厳選した10個をご紹介させていただきました。どうですか?ほかほかのご飯に納豆をのせて、かきこみたくなってきましたか?こちらに挙げた商品はいずれもネットで購入できますので、食べたくなってきた方はぜひポチってしまいましょう。本場の納豆を食べたら、もう他の納豆は考えられなくなるかもしれませんよ。

天狗納豆株式会社

茨城県水戸市柳町1-13-13
TEL:0120-109-083
HP:http://www.tengunatto.com/

だるま食品株式会社

茨城県水戸市柳町1−7−8
TEL:0120−21−7068
HP:http://www.darumanatto.jp/

金砂郷食品

茨城県常陸太田市大里町4137
TEL:0120−41−7101
HP:http://sitogi.jp/

丸真食品

茨城県常陸大宮市山方477−1
TEL:0120−04−2770
HP:https://www.funanatto.co.jp/

この記事のキーワード

この記事のライター

リンコ

地元をこよなく愛する大学3年生。友人曰く「帰省頻度の高さがオマエのアイデンティティ」だそうです。満員電車と睡魔に苦しめられながら日々を生き抜いています。音楽を聴くことが好きです。

関連する記事

あわせて読みたい

nknose
リンコ

地元をこよなく愛する大学3年生。友人曰く「帰省頻度の高さがオマエのアイデンティティ」だそうです。満員電車と睡魔に苦しめられながら日々を生き抜いています。音楽を聴くことが好きです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介