海外おしゃれメンズの人気ヘアスタイルおすすめ30選

海外メンズのヘアスタイルと日本のメンズのヘアスタイルではトレンドや定番ヘアが大きく異なります。海外のヘアスタイルは刈り上げや強めのパーマといったエッジの効いたヘアスタイルが多いのが特徴で、セット方法もかなり異なります。この記事では海外のトレンドからそれらのセット方法まで解説するのでスタイリングの参考にしてください。

123hunglyハングリィ
  • 54,965views
  • B!

アイキャッチ画像出典:nextluxury.com

この記事は2019年7月に更新しました

最先端のヘアスタイルは海外から学ぶ

出典:nextluxury.com

髪型に悩んでいるのであれば海外メンズのスタイルを参考にしてみるのはいかがでしょうか。海外のヘアスタイルには日本の美容室のヘアカタログでは見ることの出来ないスタイルも豊富にあって人と被ることもありませんし、なにより洗練されていてオシャレなものが多いです。
この記事では海外オシャレメンズのヘアスタイルを徹底的に解説します。現在の海外トレンドからおすすめヘアスタイルを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

まず海外メンズのトレンドヘアを押さえる

海外のメンズに流行している代表的なヘアスタイルはショートスタイルとテクスチャーカットです。
ショートスタイルは日本でも人気なヘアスタイルなのでなじみがあると思います、2つ目のテクスチャーカットというのはもともと持っている自らの髪質を活かしたヘアスタイルのことで、髪の毛のクセや太さなどが日本人よりも強い海外では一般的です。ここでは、この2つのヘアスタイルを初めとした海外の人気ヘアを紹介するのでぜひ参考にしてください。

ショートスタイル

出典:www.menshairstyletrends.com

日本でも人気の高いショートスタイルは海外のメンズからの人気の高いヘアスタイルです。好感度が高く、基本的に人を選ばない似合わせのしやすさはもちろん、ツーブロックやパーマなどの様々なヘアスタイルと合わせやすいのでアレンジの幅が広いのも特徴です。
日本のショートスタイルと異なる点を挙げると、海外の方がアレンジが大胆で個性が強いです。海外の方は彫りが深くハッキリとしているので、髪型もそれに合わせて個性が強くなっていく傾向にあります。

テクスチャースタイル

出典:www.menshairstyletrends.com

テクスチャーカットは日本ではあまりなじみのないヘアスタイルかもしれません。テクスチャーカットというのは自分の髪の毛がもともと持っている性質をより強調するようにカットされたヘアスタイルのことです。なぜ日本で一般的ではないかと言うと、それは日本人は髪の毛がほとんどの場合直毛であるからです。
このテクスチャーカットを参考にカットする場合はパーマなどを行い、髪質を近づけていくことがポイントで、画像を見ながらしっかりとヘアスタイルを把握し美容師に的確にオーダーすることが再現性を高める秘訣です。

テーパースタイル

出典:www.menshairstyletrends.com

テーパーというのは下になっていくにつれて細くなっていくような作りになっていることを意味する言葉です。テーパースタイルはヘアスタイルのトップの部分が長くサイドや襟足の部分になっていくにつれて髪の毛が短くなっていきます。日本では多くがツーブロックとして分類されているヘアスタイルです。
海外では爽やかなヘアスタイルとして人気があり、アレンジの幅が広いのも魅力的です。日本人にも似合わせが効きやすいおすすめのヘアスタイルです。

クロップスタイル(ツーブロックスタイル)

出典:www.pinterest.jp

クロップスタイルもまた日本ではツーブロックに分類されるヘアスタイルです。特徴としてはトップ部分の髪の毛を量を多めにして残してあるのが特徴で、清潔感と爽やかさを演出しています。海外ではくせ毛の強いメンズが髪質を生かすために行うテクスチャーカットの1つとしても人気のあるヘアスタイルです。
日本人の方にも適応が効くヘアスタイルであり、取り入れやすさも魅力的です。量を多めに残したトップの部分に軽くパーマをあてると動きがでてこなれた雰囲気になるのでオススメです。

スリックバックスタイル(オールバックスタイル)

出典:www.menshairstylestoday.com

海外ではオールバックのことをスリックバックと呼びます。スリックバックスタイルは言うまでもなくメンズの定番の髪型です。その歴史も長く、一説には1番最初に生まれたおしゃれなヘアスタイルとも言われています。ビジネスシーンはもちろんのこと、カジュアル目なファッションと合わせても相性が良いです。日本人にも相性が良いということは言うまでもないヘアスタイルでしょう。

カーリースタイル(パーマスタイル)

出典:www.menshairstyletrends.com

パーマスタイルの呼び方は海外ではカーリースタイルといます。日本のパーマスタイルは海外のものと比べるとナチュラルなスタイルのモノが多く、あまり強めのパーマはかけないことが一般的です。海外メンズのパーマスタイルとはそれらとは異なり、かなり強めにパーマをかけるのが特徴です。そのような違いが出てくるのは顔のつくりの違いが影響しているからで、日本人が強いパーマをかけると薄めの顔と相性が悪いためあまりに合いません。もしも外国人風のパーマを当てたい場合は顔がもともと濃い人におすすめです。

海外メンズヘアスタイル30選

1. ラフオールバック

出典:www.menshairstyletrends.com

スリックバックスタイルとフェイドスタイルを組み合わせたカットで、簡単に言うと襟足からサイドを刈り上げトップの髪の毛をかなりラフなオールバックにスタイリングをしたヘアスタイルです。後ろに流した髪の毛の大胆な動きと刈り上げ部分のメリハリが特徴的なスタイルでモードな雰囲気があります。スタイリングの際に重要なことは太めの毛束感を出すことです。美容室でオーダーする際はトップ部分を残すこと、刈り上げ部分はトップになるにしたがって長くなることを伝えましょう。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしてタオルで水気をとります。
2. トップの髪を後ろにかき上げるようにして乾かしていきましょう。
3. ハードワックスを適量手に取り全体になじませます。
4. 太めの毛束を作りシルエットを整えスタイリング完了です。

2. フリンジ

出典:www.menshairstyletrends.com

フリンジスタイルとはサイドを刈り上げトップの髪の毛を前方にかけてボリュームを増してくスタイルです。前髪をあげておでこを出すスタイルが一般的な海外のスタイルでは珍しいスタイルで、若々しい印象を与えます。ナチュラルな仕上がりになるという点で日本人でも取り入れやすいのも特徴です。スタイリングの時短にもなり、トップの髪の毛をうごかしすぎなければビジネスにおいても対応可能なのもポイントです。美容室ではサイドをグラデーションで刈り上げることを伝え、前髪にボリュームを残すことを伝えましょう。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. トップから前髪かけてボリュームを出していくように髪の毛を乾かしていきましょう。
3. 9割ほど乾かしたらワックスを適量手に取り髪の毛になじませます。
4. コームなどで毛流れを整えスタイリング完了です。

3. スリックバック

出典:www.menshairstyletrends.com

髪の毛を全体的に後ろにかき上げたスタイルを日本ではオールバック、海外ではスリックバックと言います。画像のスリックバックスタイルはサイドをグラデーションに刈り上げ、トップをかき上げたメリハリのあるスタイルでビジネスはもちろんカジュアルも活躍するヘアスタイルです。整然と整えられた前髪からトップにかけての髪の毛が大人の魅力を演出するでしょう。スタイリングの際にはコームやブラシを使用したいところです。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. トップの髪の毛を後ろにかき上げるようにして乾かします。
3. 7割ほど乾いたらグリースを手に取り髪の毛になじませます。
4. コームやブラシを使いスタイルを整えましょう。

4. フェイドパーマ

出典:www.menshairstyletrends.com

サイドを刈り上げたフェイドスタイルとパーマを組み合わせたスタイルです。トップの髪の毛の強い動きとサイドの刈り上げはスタイルにメリハリを生み出し、スタイリッシュな印象を与えます。しかし、刈り上げ部分がとても広くサイド部分からバック全体にわたるので、日本のビジネスシーンでは受け入れがたいヘアスタイルであるということも考慮したうえでスタイリングを行いましょう。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしたタオルで水気をとります。
2. 前髪は根元から立上げ、トップのカールしている部分は握りこむように乾かしましょう。
3. 8割ほど乾いたらハードワックスを手に取りなじませます。
4. 前髪を横に流しトップに毛束を作ったらスタイリング完了です。

5. スパイキーソフトモヒカン

出典:www.menshairstyletrends.com

サイドを刈り上げたフェイドスタイルとトップから前髪にかけてボリュームのあるフリンジスタイルを組み合わせスパイキーに仕上げたヘアスタイルです。日本ではソフトモヒカンに分類される髪型で、トップにとがりのあるスタイルはワイルドな印象を与えます。無造作に髪の毛をうごかすのは難しくスタイリングには練習が必要です。以下にセット方法を解説するので参考にしてください。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. 前髪を根元から立上げ他の部分は無造作に動かします。
3. 乾かしたらハードワックスを手にとり全体になじませます。
4. 手のひらでなでるように髪の毛を動かします。
5. 無造作に動かした髪の毛に毛束をつくりスタイリング完了です。

6. フェイドサイドパート

出典:www.menshairstyletrends.com

サイドの刈り上げに段をいれ、前髪を9:1に分けたヘアスタイルです。毛先をそろえたサイドの髪の毛がスタイルにモードな雰囲気をプラスしています。こちらのヘアスタイルも他の海外のスタイルと比べると日本人の方に取り入れやすいのが特徴で、特に40代~50代の年齢的にも熟したメンズがこのスタイルにすることで自らの魅力を更に引き出すことが出来るでしょう。ビジネスの場においても適応するのでビジネスマンの方にもおすすめです。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. 9:1の分け目をつくりそれにそって全体を乾かしていきます。
3. 7割ほど全体を乾かしたらグリースを髪の毛になじませます。
4. ブラシやコームで毛流れを整えスタイリング完了です。

7. ロングスリックバック

出典:www.menshairstyletrends.com

バックの襟足部分を長めにとったスリックバックスタイルで、髪の毛を後ろにかき上げた流れに合わせて襟足につながるようなカットになっています。他のフェイドスタイルとは異なり、後ろにも髪の毛を残しているため、伸びた襟足がセクシーな印象を演出します。スリックバックのフォーマルな雰囲気も持ちつつも、程よいカジュアルさもあるため幅広いメンズにオススメのヘアスタイルです。美容室では画像を参考にしながらオールバックと伝え、襟足は残すことを伝えましょう。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. 根元からかき上げるようにして髪の毛を乾かしていきます。
3. 7割ほど髪の毛を乾かしたらグリースやジェルを全体になじませスタイリング完了です。

8. フリンジパーマ

出典:www.menshairstyletrends.com

前方に行くにつれて前髪のボリュームが増すフリンジスタイルにパーマをかけることで、より強く動きを出したヘアスタイルです。サイドとバックは刈り上げているため、トップから前髪にかけての髪にボリュームがあるにも関わらず、全体的にはシャープな印象があります。フリンジスタイルの中でも前髪が長く、パーマで動きを出しているのでビジネスシーンにおいてのヘアスタイルではありませんが、スタイル全体のエッジの効いた雰囲気はプライベートで他のメンズと差を付けることが出来るのは間違いないでしょう。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとる。
2. 全体的にカールを意識しながら乾かします。
3. 7割ほど乾いたらワックスを全体的になじませます。
4. 軽く握りこむようにして動きをだし、毛束を作りながら全体を整えてスタイリング完了です。

9. ナチュラルスリックバック

出典:www.menshairstyletrends.com

後ろにかき上げた髪の毛を後ろで固めずに無造作にちりばめることでカッチリとした感じではなく、カジュアルな雰囲気に仕上げたヘアスタイルです。プライベートシーンで活躍することは間違いありませんが、スリックバックスタイルをベースとしているためジェルやグリースなどの整髪料を使って髪の毛をまとめることでフォーマルな雰囲気が必要とされるビジネスシーンにも対応します。スリックバックのカットに加えて軽いパーマをあてることでセットがしやすくなるのでおすすめです。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. なるべく動きを出すようにしながら髪の毛をかき上げるようにして乾かします。
3. 8割ほど乾かしハードワックスを全体になじませましょう。
4. 手クシで髪の毛をうごかし軽く毛束を作ったらスタイリング完了です。

10. ミディアムパーマ

出典:www.menshairstyletrends.com

ミディアムほど伸びた髪の毛にパーマで動きをだし、そこにサイドの刈り上げを組み合わせることで髪の毛の長さがありながら全体にスッキリとした印象のあるヘアスタイルです。片方の髪の毛を耳にかけることで、セクシーな印象も演出しています。それなりの長さがあるのでジェルなどの固めることの出来るスタイリング剤を使用することでオールバックにすることも可能です。意外にもヘアスタイルとしては万能という点も魅力的なヘアスタイルです。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. 鉢周りなどを押さえボリュームが出すぎない様に意識しながら髪の毛を乾かしていきます。
3. 8割ほど乾かしたらワックスを全体になじませます。
4. パーマをうごかし片耳に髪の毛をかけたらスタイリング完了です。

11. ミディアムパート

出典:www.menshairstyletrends.com

ミディアムヘアを無造作にかき上げた抜け感のあるヘアスタイルです。かき上げた髪の毛の抜け感がオフモードとのギャップを演出します。カジュアルなシーンに特におすすめのヘアスタイルですが、ビジネスの場においてもジェルやグリースなどで髪の毛を後ろにまとめてオールバックにすれば対応可能な使い勝手の良さも併せ持っています。オンとオフどちらも決まるのでカジュアルなスタイルですが、ビジネスマンの方にもおすすめです。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. 無造作に前髪をかき上げ、他の部分をうごかしていきながら髪の毛を乾かしていきます。
3. 9割ほど乾かしたらソフトワックスを全体になじませます。
4. 全体を手クシで整えたらスタイリング完了です。

12. フェイドクロップ

出典:www.menshairstyletrends.com

サイドからバックにかけて刈り上げトップに髪の毛を残したヘアスタイルです。日本でもツーブロックスタイルとしてなじみのあるヘアスタイルではないでしょうか。ビジネスとカジュアルのどちらにも対応することが出来る使い勝手の良さに加えて、スタイリングにあまり時間が掛からないという点も魅力です。トップの部分に動きを出すために軽いパーマを当てるとスタイルの再現性が高くなるのでおすすめです。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしてタオルで水気をとります。
2. トップの部分に動きをだすことを意識しながら乾かしていきます。
3. 全体を7割ほど乾かしたらハードワックスを全体になじませます。
4. トップを立ち上げたり毛束を作り全体を整えたらスタイリング完了です。

13. ベーシックショート

出典:www.menshairstyletrends.com

ここまで紹介してきたヘアスタイルは基本的にサイドを刈り上げたスタイルですが、刈り上げることなくナチュラルに仕上げたヘアスタイルは海外でも定番の1つです。前髪を立ち上げトップを立ち上げ、パーマで動きをつけるといった王道のスタイルは似合わせ力が高く、どんなメンズにもおすすめすることができます。ビジネスとカジュアル、両方の場面で活躍するのでヘアスタイルに迷ったらベーシックショートスタイルが無難です。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. 鉢周りを押さえ、トップと前髪を立ち上げ7割ほど乾かします。
3. ハードワックスを手に取りなじませます。
4. 全体のシルエットを整えたらスタイリング完了です。

14. クロップバング

出典:www.menshairstyletrends.com

サイドをグラデーションで刈り上げるフェイドカットとトップのパーマを組み合わせたヘアスタイルです。先に紹介したクロップスタイルと異なる点は前髪の毛先を切りそろえている点です。トップの強い動きとは逆に整えられた前髪がスタイル全体のモードな雰囲気を演出しています。シーンを選ばないのも特徴で、セットの方法を変えればプライベートとビジネスどちらにも対応することが出来ます。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしてタオルで水気をとります。
2. トップの髪の毛を全体的に立ち上げまえがみをそろえることを意識しながら髪の毛を乾かしていきます。
3. 8割ほど乾かしたらハードワックスを全体になじませます。
4. 手クシでなるべく無造作にすることを意識しながら全体を整えたらスタイリング完了です。

15. オシャレボウズ

出典:www.menshairstyletrends.com

オシャレとは無縁と思われているボウズスタイルも刈り上げや髪の毛の長さにミリ単位でこだわることでファッショナブルなスタイルになります。画像のスタイルは刈り上げ部分にメリハリをつけることでストリートにいる若者のようなやんちゃな雰囲気のスタイルに仕上がっています。そのようなスタイルであるので基本的には20代前半の若者や、揺るぎない貫禄が出てき40代~50代のメンズにおすすめです。

16. フリンジパーマ

出典:www.menshairstylesnow.com

トップから前髪にかけてボリュームの多くなるフリンジスタイルとパーマスタイルを組み合わせたスタイルです。カーリースタイルの部分で述べた通り外国人のパーマスタイルはとてもカールが強いのが特徴です。このフリンジパーマスタイルは前髪にボリュームがあるのが特徴で、それらがトレンディな雰囲気を演出しています。ヘアスタイルの個性が強い分、合わせるファッションには気をつけたいところです、あまり派手なファッションと合わせるとチャラい印象になってしまうので注意してください。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしてタオルで水気をとります。
2. カールを意識しながら髪の毛を乾かします。
3. 7割ほど全体が乾いたらワックスを全体になじませましょう。
4. 手クシで全体のシルエットを整えスタイリング完了です。

17. クロップサイドパート

出典:www.menshairstylesnow.com

トップに残した髪の毛をサイドに流すことで通常のクロップスタイルよりもフォーマルな印象のあるヘアスタイルになっています。このスタイルはクロップスタイルのアレンジの一例であるので、後ろにかき上げてスリックバックにしても、トップにパーマをかけてカジュアルにするなどのアレンジの幅が広いのが特徴です。サイドの刈り上げと横に流されたトップの髪が男らしい印象を与えるはずです。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. トップの髪の毛をサイドに流すようにして乾かしましょう。
3. 8割ほど乾かした髪の毛にワックスをなじませたらスタイリング完了です。

18. ポンパドール

出典:www.menshairstylesnow.com

ポンパドールとは簡単に言うとオールバックスタイルのトップの部分が盛り上がったヘアスタイルです。日本ではあまり見かけることはありませんが海外では一般的なヘアスタイルであり、オシャレヘアとして定番のスタイルです。オールバックと異なる点は髪の毛が盛り上がっているという点だけではなく、トップからバックにいくにつれて盛り上がりが低くなっていくという点にあります。そのためスタイリングは難しく、それなりに練習が必要なヘアスタイルです。

■セット方法
1. 髪の毛を濡らしタオルで水気をとります。
2. ブラシやクシを使用して画像のような盛り上がりをイメージして乾かします。
3. 全体を乾かしたらジェルを手に取り髪の毛になじませましょう。
4. 再度ブラシやコームを使用し形を整えたらスタイリング完了です。

19. モヒカン

この記事のキーワード

この記事のライター

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

関連する記事

あわせて読みたい

123hungly
ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

こばこ5

こばこ

女子大生。

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介