【福島】日帰りでも行ける!貸切風呂のある温泉10選

奥州三名湯に数えられる飯坂温泉をはじめ、東山温泉や磐梯熱海温泉などの名湯が揃う福島県。プライベートな湯を楽しめる貸切風呂を備えた温泉宿があり、手軽に利用できる日帰り温泉も人気となっています。福島県で日帰りでも行ける貸切風呂のある温泉をご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 63,604views
  • B!

アイキャッチ画像出典:shousuke.com

福島でおすすめする日帰り&貸切風呂のある温泉

出典:shousuke.com

出典:www.jhpds.net

奥州三名湯に数えられる飯坂温泉や郡山の奥座敷と呼ばれた磐梯熱海温泉など、多くの名湯が揃う福島県です。磐梯高原や猪苗代湖などのリゾートエリアは観光スポットとして人気が高く、喜多方ラーメンなどご当地グルメも魅力的です。

各地の温泉には気兼ねなく湯を楽しめる貸切風呂を備えた温泉宿もあり、カップルやファミリーに人気。そして日帰り温泉なら観光やグルメと組み合わせて手軽に癒しの湯を楽しむことができます。今回は名湯ひしめく福島県で、貸切風呂を用意し日帰り入浴もできる温泉スポットを厳選して10ヵ所ご紹介しましょう。

1.飯坂温泉「松島屋旅舘」※2023年03月現在館内リニューアル工事に伴い休業中

日本武尊伝説に登場するほどの古い歴史を持ち、宮城の鳴子温泉や秋保温泉と共に奥州三名湯に数えられる飯坂温泉です。摺上川に沿って温泉宿が軒を連ねており、名所・十綱橋の近くにご紹介する「松島屋旅舘」が宿を構えています。

温泉は湯量豊富な源泉掛け流しで、広々とした大浴場の底にはマイナスイオン効果のある十和田石を敷いてあり、ゆったり寛げる湯上り処も用意しています。貸切風呂は畳敷きの「お座敷風呂」で檜風呂を設え、贅沢な空間で気兼ねなく湯を楽しめます。

「松島屋旅舘」の食事は地元食材を活かした季節のおもてなし料理で、ゆったりとした部屋食で用意。日帰りプランもあり入浴+部屋休憩や、入浴+部屋休憩+松花堂弁当などのプランを用意します。

【基本情報】
住所   :福島市飯坂町湯野字切湯ノ上14
電話   :024-542-3155
日帰り入浴:600円
貸切風呂 :2,000円(40分、要予約)
宿泊料金 :5,400円~

松島屋旅舘

2.高湯温泉「花月ハイランドホテル」

出典:www.kagetsu.net

出典:www.kagetsu.net

出典:www.jhpds.net

天文年間(1532~1555年)に開湯したと伝わり、後に湯治場として知られるようになった高湯温泉。吾妻山連峰の中腹に温泉街があり、磐梯吾妻スカイライン沿いに「花月ハイランドホテル」が立地しています。

温泉は湯量豊富な源泉掛け流しで、24時間利用することができます。温泉街の中で最も高い位置にある大浴場「山の湯」は山々の絶景を望む設えで、空中露天風呂「杜の湯」は吾妻連峰を眺めながら湯を楽しめる造り。そして貸切露天風呂「ひめさ湯り」は趣の異なる2種類の風呂があり、絶景とプライベートな湯を満喫できます。

「花月ハイランドホテル」の料理は”花鳥風月を唄う郷の味”を掲げて供される季節の味わいで、「会津産馬刺」など別注料理も取り揃え。日帰りも部屋休憩やランチとセットになったプランを用意しています。

【基本情報】
住所   :福島市町庭坂字神の森1-20
電話   :024-591-1115
日帰り入浴:800円
貸切風呂 :1,650円(50分)

花月ハイランドホテル

3.中ノ沢温泉「磐梯西村屋」

出典:www.bandai-nishimuraya.jp

安達太良山の西麓にあり文禄年間(1593~1596年)に開湯したと伝わる中ノ沢温泉です。山間に温泉宿が軒を連ねる閑静な温泉街で、母成グリーンライン沿いに「磐梯西村屋」があります。

温泉は強い殺菌力がある強酸性の硫黄泉で、約9000L/分の豊富な湯量を誇る100%源泉掛け流しの湯。露天風呂から眺める明媚な景色と濃い乳白色の湯が描き出すコントラストが風雅、檜風呂や岩風呂なども設えています。そして家族風呂は24時間自由に利用できることも魅力です。

「磐梯西村屋」の食事は地の食材を活かした滋味あふれる郷土の優しい味わい。会津牛や名物の鯉料理をはじめ、山菜や鮎など土地ならではの食材を活かした料理を供しています。

【基本情報】
住所   :耶麻郡猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-144
電話   :0242-64-3311
日帰り入浴:700円
貸切風呂 :有り

磐梯西村屋

4.岳温泉「光雲閣」

出典:www.jhpds.net

出典:www.jhpds.net

出典:www.jhpds.net

安達太良山の山麓に位置し坂上田村麻呂による開湯伝説が残る岳温泉。国道459号沿いに温泉街が広がっており、岳泉寺の近くにながめの館「光雲閣」が立地しています。

温泉は珍しい酸性泉で豊富な湯量を誇り100%源泉掛け流し。絶景を眺めながら湯に入れる展望露天風呂・大浴場をはじめ、季節限定でオープンする木立に囲まれた露天風呂「山の湯」で幻想的な雰囲気を味わえます。そしてカップルやファミリーに嬉しい貸切風呂は、日帰りでも利用できる貸切パックを用意しました。

「光雲閣」の料理は自家製米した福島県産コシヒカリや味噌をはじめ、季節の旬菜など地元食材をふんだんに使った創作和食膳。四季折々の味わいを楽しむことができ、別注料理も揃えています。

【基本情報】
住所   :二本松市岳温泉1-85
電話   :0243-24-2101
日帰り入浴:750円
貸切風呂 :3,000円(50分、宿泊者は2,000円)

光雲閣

5.東山温泉「庄助の宿 瀧の湯」

出典:shousuke.com

出典:shousuke.com

出典:shousuke.com

天平年間(729年~749年)に行基によって開湯されたと伝わり、江戸時代には会津藩の湯治場として繁栄した東山温泉です。鶴ヶ城からも近い湯川沿いに温泉街を形成しており、入口エリアにじゃらんや楽天のアワードを受賞した「庄助の宿 瀧の湯」があります。

温泉は大浴場・露天風呂とも多彩に揃えており、湯川沿いにある大浴場「伏見の湯」は対岸の竹林や能舞台「花心殿」を眺めながら湯に浸かれる設えています。露天風呂「瀧美の湯」は名所・伏見ヶ滝を望む幻想的な造りで、貸切風呂は信楽焼の「十六夜の湯」や日本酒の麹釜を使う「庄助の湯」など6種類を用意します。

「庄助の宿 瀧の湯」では、会津の地物や季節の旬にこだわった食材を駆使して会津郷土会席料理を用意しています。会津馬肉や会津地鶏を使った料理が並び、日帰りでも美食とセットになったプランを利用できます。

【基本情報】
住所   :会津若松市東山温泉108
電話   :0242-29-1000
日帰り入浴:1,200円(小タオル1枚付)
貸切風呂 :3,240円(50分)

庄助の宿 瀧の湯
一休での予約はこちらから

6.東山温泉「くつろぎ宿 新滝」

出典:www.shintaki.kutsurogijuku.jp

出典:www.shintaki.kutsurogijuku.jp

出典:www.shintaki.kutsurogijuku.jp

会津若松の奥座敷と呼ばれ土方歳三が傷を癒した湯など逸話も残る東山温泉で、中心部に宿を構えるのが「くつろぎ宿 新滝」です。

湯殿は趣の異なる4種類を揃えており全て源泉掛け流しの湯。桧造りでモダンな「わたり湯」や土方歳三に縁のある「猿の湯」をはじめ、湯川に面した露天風呂を備える「千年の湯」などを設えました。そして「千年の湯」は貸切もOK、「自噴岩盤の岩風呂」でゆったりと寛げます。

「くつろぎ宿 新滝」では会津の旬と食材にこだわって、郷土料理をコンテンポラリーにアレンジした料理を用意しています。「創作会津郷土料理膳」などがあり、会津の滋味を堪能できます。

【基本情報】
住所   :会津若松市東山町湯本川向222
電話   :0242-26-0001
日帰り入浴:1,000円~ ※2023年03月にて日帰り入浴終了、日帰りプランのみで提供
貸切風呂 :1,500円(25分~、要予約)※宿泊者専用

くつろぎ宿 新滝

7.芦ノ牧温泉「大川荘」

出典:www.ookawaso.co.jp

出典:www.ookawaso.co.jp

平安時代に行基によって開湯されたと伝わり、大川とも呼ばれる阿賀川と国道121号の間に温泉街が広がる芦ノ牧温泉です。温泉街の中で芦ノ牧橋からも近いリバーフロントに「大川荘」が宿を構えています。

温泉は源泉掛け流しの湯で絶景露天風呂「四季舞台たな田」は、棚田のように湯船を配して渓谷のパノラマを望む設えています。清水の舞台を模して造られた空中露天風呂では春夏秋冬に移ろう景色を眺めながら湯に入ることができ、1日4組限定で貸切利用ができます。

「大川荘」の食事は会津が育んだ旬の味わいを、和食会席とビュッフェのスタイルで用意しています。日帰りプランも「彩り会席」などの豪華な食事とセットになったプランを多彩に取り揃えています。

【基本情報】
住所   :会津若松市大戸町大字芦ノ牧字下平984
電話   :0242-92-2111
日帰り入浴:1,500円(フェイスタオル付)
貸切風呂 :3,300円(45分)

大川荘
一休での予約はこちらから

8.磐梯熱海温泉「紅葉館 きらくや」

出典:www.kirakuya.jp

出典:www.kirakuya.jp

きらくセット夕食

鎌倉時代に開湯したと伝わり、新潟の月岡温泉や福島のいわき湯本温泉とあわせて磐越三美人湯と呼ばれる磐梯熱海温泉です。五百川に沿って温泉宿が軒を連ねており、磐梯熱海駅の近くに「紅葉館 きらくや」が立地します。

温泉は単純硫化水素泉で掛け流しの美人の湯で、モダンな大浴場や庭園の景色を望む露天風呂がありサウナも用意しています。宿自慢の貸切風呂は最上階に檜風呂と石風呂の2ヵ所を設けており、宿泊者と日帰りの個室利用者は無料で利用できることも嬉しいポイントです。

和風B&B(ベッド&ブレックファスト)を掲げる「紅葉館 きらくや」では、手軽な食事も用意しており朝食は和食バイキングです。日帰り入浴+個室利用+昼食弁当がセットになったプランも用意します。

【基本情報】
住所   :郡山市熱海町熱海4-39
電話   :024-984-2130
日帰り入浴:700円~
貸切風呂 :1,100円(40分、宿泊者と個室利用者は無料)※2023年03月現在停止中

紅葉館 きらくや

9.源田温泉「forest バン源田」

出典:bangenda.com

出典:bangenda.com

源氏の兵士が戦いで傷付いた体を癒したことに由来する源田温泉です。猪苗代湖南東の豊かな自然に囲まれたエリアに、一軒宿の「forest バン源田」があります。

温泉は季節にあわせて加温された100%天然温泉で、サラリとした肌触りの美肌の湯です。開放的でモダンな男性用風呂と露天風呂&ジャグジーを備えた女性用風呂があり、宿泊者は19:00~23:00の間にどちらの風呂も貸切で利用できます。

「forest バン源田」で供されるのは郷土の味わいと創作料理をマリアージュし、和洋のテイストを併せ持つ料理です。自家農園で栽培した野菜を使う「季節のアントレ」や「会津地鶏の香草焼き」をはじめ、「鯉のあらいのカルパッチョ」など独創的な料理が供されます。

【基本情報】
住所   :郡山市逢瀬町多田野字源田5
電話   :024-957-2320
日帰り入浴:600円(60分、第1・第3火曜日定休)
貸切風呂 :宿泊者用、19:00~23:00まで

forest バン源田

10.新甲子温泉「五峰荘」

出典:gohousou.com

出典:gohousou.com

松花堂弁当

室町時代に開湯したと伝わる甲子温泉から引き湯をし、昭和36年に温泉街が開かれた新甲子温泉です。日光国立公園の高原エリアに温泉宿が点在しており、国道289号沿いに「五峰荘」が立地しています。

温泉は自家源泉を擁しており100%掛け流しで肌あたりの良い美肌の湯です。緑溢れる景色に囲まれた露天風呂「鰍の湯」や「福寿の湯」をはじめ、開放的な窓を設えた大浴場など多彩な風呂を揃えています。そして貸切露天「月見の湯」は遠赤外線効果のあるトルマリンを使う風呂、湯上りには寛ぎの和室「一休」で一服をどうぞ。

「五峰荘」の食事は季節と旬にこだわり板前が自ら仕入れる厳選素材で造られる料理です。目も舌も楽しませてくれる会席料理が並び、日帰り入浴と和食膳がセットになったプランなども用意します。

【基本情報】
住所   :西白河郡西郷村真船馬立1
電話   :0248-36-2002
日帰り入浴:800円
貸切風呂 :1,000円(50分)

五峰荘

福島の風情ある温泉宿で寛ぎの湯を

県内各地に名湯が揃う福島県で、寛ぎの湯を楽しめる温泉宿やリゾートホテルです。貸切風呂でゆったり気兼ねなく、そして日帰りで手軽に福島の名湯を楽しんでみませんか。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 料金や利用時間などはプランや日程により変動する場合があります。
※ 掲載画像と実際のプラン等は一致しない場合があります。
※ 日帰り入浴は混雑時に利用できない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

VOKKA編集部グルメ班2

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

ハングリィ3

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

>>ライター紹介