札幌で本当に美味しい寿司屋名店おすすめ10選【ミシュラン星獲得店】

「食の街」とも呼ばれる札幌。その札幌で有名な食べ物として外せないのがお寿司です。本州の寿司とは決定的に異なると言われているからこそ、本当に美味しい寿司を食べて欲しい。今回は新鮮で豊富な種類の魚が集まる札幌でも、本当に美味しい寿司屋の名店を10店紹介します。全店ミシュランで星を獲得しているのでハズレなしですよ。

unterlilieyuriko
  • 126,193views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.photo-ac.com

一流のお寿司

出典:www.photo-ac.com

料理について語る際、「一流の〇〇」とよくいうものですが、一流とはなんでしょうか。たとえば、今回ご紹介するお寿司。一流のお寿司とはどういうお寿司でしょうか。
一流のお寿司とはまず、新鮮な魚がネタになっていることが1つですね。その次に、そのネタをどう仕込むかということ。どう熟成させ、どう香り付け、どう身を切り取るか。それぞれ、熟練の技と目利きの良さが必要になってきます。
また、ネタだけでなくシャリも重要な要素です。シャリに使われる米や酢はどこ産を使っているか、どういうネタにはどういうシャリがマッチするのか。そのバランスをはかるのも職人技なのです。
ただシャリの上にネタを乗せているのではない。寿司はシンプルに見えて奥が深い料理なのです。

今回ご紹介するお店は全てミシュランで星を獲得していますので、ミシュランで獲得した星の数を以下のように店名の前に表記してあります。参考にしてみてください。
【☆☆☆:ミシュラン3つ星獲得  ☆☆:ミシュラン2つ星獲得  ☆:ミシュラン1つ星獲得】

札幌の主要駅(停留所は除く)

出典:www.city.sapporo.jp

上の図は札幌の地下鉄の路線図です。今回ご紹介するお店は全て、上の路線図の範囲内で行くことができます。
ご紹介するお店の最寄駅は以下の通りです。

・円山公園駅
  ☆☆☆「すし 宮川」
  ☆☆「鮨菜 和喜智」
  ☆「すし善 本店」
・大通駅
  ☆☆「鮨 一幸」
・すすきの駅
  ☆「田久鮓」
  ☆「寿し ひでたか」
  ☆「薄野 鮨金」
  ☆「鮨処 有馬」
  ☆「まる鮨」
・豊水すすきの駅
  ☆「すし善 すすきの店」

☆☆☆「すし 宮川」【円山公園】

出典:www.tableall.com

円山公園駅から徒歩3分、「すし 宮川」は香港のミシュラン三ツ星店「すし志魂」や「鮨よしたけ」等の数々の有名店の板長を経た宮川政明氏のお店です。
このお店では、北海道で仕入れられた魚介類のみならず、ニセコで仕入れられたもの、東京の築地で仕入れられたものなど日本各地から仕入れられる最高級の食材を用いた寿司がいただけます。
また、宮川氏の料理や店の設えにそのあたたかい人柄がでているのも魅力の1つです。狭さを感じさせないL字型のヒノキの板のカウンターと優しい印象の土壁、宮川氏の息子が小学生の頃に書いたとされる店の看板。あたたかさを感じる店内と宮川氏の接客にゆっくりとくつろぐことができるはずです。

出典:www.tableall.com

「すし 宮川」はおまかせのコース料理のみのご用意となりますが、コースのあとに別で追加注文をすることも可能です。
そして、宮川氏の料理の特徴といえば繊細さです。もともと日本料理のお店で修行していたということもあり、その繊細さは茶碗蒸しや藁焼きなどのつまみで表現されています。
寿司に関してはマグロは最初に切りつけ、煮切り醤油がネタにきちんとしみこむようにし、サク(刺身用に大きく切り分けられた身)で漬けます。こうして漬けられたマグロは余計な水分が飛んでほどよいネットリ加減を楽しむことができます。そしてネタに合わせるシャリは2種類の赤酢で調味されており、柔らかく口どけのいい状態に仕上げられています。そのシャリとネタのバランスは絶妙です。
また、寿司を日本酒とあわせていただきたい場合、店主がネタに合うおすすめの日本酒を教えてくれますので是非伺ってみてはいかがでしょうか。
お値段はコースで17,280円ほどにサービス料が10%加わります。2万円以内でこの満足度は東京では無理といわれるほどの人気店です。ぜひ1度訪ねてみてはいかがですか。


■すし 宮川
住所:札幌市中央区南1条西24丁目 1-30
TEL:011-613-2221
営業時間:17:00〜19:15/19:30〜23:00
定休日:火曜日・祝日の月曜日・8月中旬・年末年始

すし 宮川

☆☆「鮨菜 和喜智」【円山公園】

出典:h872800.gorp.jp

円山公園駅から徒歩5分、「鮨菜 和喜智」は今札幌の寿司を引っ張っていると言っても過言ではない寿司職人田村光明氏のお店です。お店の名前は、カサゴ類の魚である喜知次をもじって付けられたそうです。この魚は北海道ではキンキと呼ばれ、高級魚とされています。赤ものの魚の中でもっとも美味とされるほどの美味しい魚なので、同様に「鮨菜 和喜智」は札幌でもっとも美味しいお店なのかもしれません。
田村氏が修行を重ねたのは東京「寿司久」ですが、地元が札幌であるため札幌にて独立を果たしました。
寿司にも流行があり、流行というものを人は追いがちですが、田村氏は流行に惑わされません。本当に美味しいお寿司について自分なりに考え、程よく流行の良いところを摘んだものとなっています。

この投稿をInstagramで見る

@ coccinella0806がシェアした投稿 -

もともとはいわゆる普通の寿司屋のように注文を受けて作るような形であった「鮨菜 和喜智」ですが、2007年の改装を機におまかせ1本のコースに変わりました。
このお店でいちばん美味しいとされるのが、ネタよりシャリです。ご飯を炊く際は固めに炊き上げているそうなのですが、そこから赤酢と塩で絶妙な食感に変えていきます。口に入れるとほろりとくだけ、一粒一粒に米の旨味を感じるさっぱりとした味わいとなっています。
一方ネタの方のおすすめはバフンウニと毛蟹です。バフンウニは北海道の積丹産のものを、毛蟹は北海道虎杖浜産のものを使用しています。そして、それらを同時に食べることができるものもネタとしてあるそうです。また、中トロは人によっては脂っぽいと思う方もいるのですが、このお店の中トロは酸味と脂っぽさのバランスがちょうどいいので、苦手な方も食べることができそうです。
お値段はコースで18,360円ほどにサービス料が5%加わります。何度食べても感動してしまうと言われる「鮨菜 和喜智」の寿司。人気店で予約が埋まりやすいと言われますが、札幌に行くのであれば行っておきたいお店です。


■鮨菜 和喜智
住所:札幌市中央区南2条西25丁目 1-22
TEL:011-640-3768
営業時間:【火〜土】18:00〜22:00
【日】12:00〜14:00/18:00〜22:00
定休日:月曜日・年末年始

鮨菜 和喜智

円山公園・西18丁目・宮の森エリアの寿司、鮨菜 和喜智のオフィシャルページです。お店の基本情報やメニュー情報などをご紹介しています。

☆☆「鮨 一幸」【大通】

出典:www.tableall.com

大通駅から徒歩5分、「鮨 一幸」は若き感性が目を引く工藤順也氏のお店です。といっても、開業したのは工藤順也氏の父、工藤勇氏です。このお店は国内のみならず、国外でも食通たちまでもがこぞって足を運ぶと言われるほどの名店です。父の代の頃はそこまでの人気を博してはいなかったそうなのですが、2代目である順也氏がわずか5年でぐっと成長させました。5年で店をたて直し、さらにはミシュランで星を獲得するほどの人気店にしたというのは努力はもちろんの事、才能型とも言えるでしょう。
そんな「鮨 一幸」で使用される魚は全国から取り寄せた超一級の魚のみです。一級の魚を用いるからこそ、それを用いて作る寿司には手間を惜しまない。自分の舌を信じて丁寧に、繊細な感性で作っています。

この投稿をInstagramで見る

Ayumi Nagayama 永山 歩(@nailsalon_enfini)がシェアした投稿 -

このお店のオススメは松茸トロ。北海道産の松茸をトロの上に乗せていただく一品なのですが、松茸の香りが口いっぱいに広がった後に、トロの旨味と脂が後追いでやってきます。なかなかいただけないこちらの一品はおまかせのコースではあるものの絶対に食べておきたいですね。
また、イワシにおいては幅広く切り付け、2枚重ねて握ることで、口に入れたときに旨味が広がりやすくしています。そして、コースの流れとして面白いのがマグロの後の酢締めのアジです。これは冬のマグロの餌がアジであることからマグロの後にいただくことで味わいに余韻が残ります。
シャリにおいてはネタに応じて温度を変え、握る時間から逆算して仕込むことで、後味の香りを楽しめるようにしています。
お値段はコースで20,000円ほどです。才能と努力がかけ合わさった寿司を札幌で味わってみませんか。


■鮨 一幸
住所:札幌市中央区南2条西5丁目 31-4 Scaletta 2F
TEL:011-200-1144
営業時間:18:00〜20:20/20:30〜23:00
定休日:水曜日・年末年始

Sushi Ikko | Restaurant Reservation Service in Japan - TABLEALL

Make a reservation at Sushi Ikko. Michelin starred. Ikko promises to take guests on a journey through a sushi story, with a young genius chef obsessive not only about his ingredients but about the progression of the meal that incorporates the best of

☆「すし善 本店」【円山公園】

この投稿をInstagramで見る

Younggi LEE(@i__am__yg)がシェアした投稿 -

円山公園駅から徒歩3分、「すし善」は北海道の食材を生かした江戸前鮨を道外の人だけでなく、道内の人にも楽しんでもらいたいとすすきのに開業された鳴宮勤氏のお店です。
こちらの鳴宮勤氏は厚生労働省の卓越した技能者に与えられる「現代の名工」に認定された優秀な方で、ただ握りや仕込みの技能が素晴らしいだけでなく、海外にまで目を向けて若手の育成にも力を注いでいるそうです。この他にも、すし善がちょうど40周年を迎えた際に「黄綬褒章」をも受賞しました。これは鮨という道一筋に励んできたものに与えられるものです。
つまり、「すし善」は鮨の道一筋に励み続け、熟練の技を身につけた鳴宮氏の一流の鮨をいただくことができる老舗の名店なのです。

この投稿をInstagramで見る

yukataokari(@yukataokari)がシェアした投稿 -

このお店の人気はつまみでは蒸し鮑、鮨ではとろたく巻です。つまみの蒸し鮑ですが、アワビといえばコリッとした食感が美味しいですね。しかし、この蒸し鮑はコリッとではなくふわっとした食感です。柔らかい身に、嫌にならないほどの磯臭さ、甘すぎない煮切り醤油がお互いをうまく引き立てあっています。
とろたく巻が人気とはどういうことかと思われるかもしれませんが、このお店では40年以上も前からとろたく巻が提供されており、元祖とろたく巻なのではないかと言われているからなのです。沢庵は細かく切られているため、食感として楽しむことができ、トロの味を邪魔しません。また、その他にもシソとゴマが入っておりいいアクセントになっています。
昼はコースで3,564〜21,600円、夜はコースで8,640〜21,600円、アラカルトだと10,000〜20,000円ほどになり、サービス料は10%加わります。また、個室を利用する場合、夜の離れのみ5%別途で加わります。やはりどんなお店も老舗の名店にはかないません。地元の人も愛する「すし善」、都内にも店舗はありますがぜひ札幌で味わっていただきたいです。


■すし善 本店
住所:札幌市中央区北1条西27丁目
TEL:011-612-0068
営業時間:11:00〜15:00/17:00〜22:00
定休日:月曜日(祝日除く)・年末年始

すし善

☆「すし善 すすきの店」【豊水すすきの】

出典:www.sushizen.co.jp

豊水すすきの駅から徒歩5分、「すし善 すすきの店」は「すし善」の創業の地です。「すし善」に関する概要は1つ前の「すし善 本店」の方を参考にしてみてください。本店はもちろんのこと、すすきの店も敷居が高そうな店構えということもあり、接待で使われることが多いお店となっています。
外観は敷居がたかそうに見えますが、サービスは親しみやすく丁寧な対応になっているので、一見でも入りやすいお店です。「すし善」が地元の人に愛されるのには味だけでなくサービス面も込みで一流だからなのでしょう。

この投稿をInstagramで見る

n♥trip♥0202(@n_trip_0202)がシェアした投稿 -

お店の人気は1日1枚限定の厚焼き玉子と、上の写真のうに小鉢、そして自家製の唐墨です。
「寿司屋で人気なのが玉子?」と思うかもしれませんが、この店の玉子はただの厚焼き玉子ではありません。玉子の他に山芋や魚介類が少し入っており味わい深く、カステラのようなフワフワ感です。厚焼き玉子でさえも手を抜いていないのだから、それ以外の鮨も手を抜いていないのは明白です。
一度はうにを軍艦ではなく、うに丼でもなく、うにだけで楽しみたいという願いを叶えたのがうに小鉢。しかもうに小鉢はうにの味わいを損なわないようにと、醤油ではなく、ボリビア産の岩塩でいただきます。本当にうにが好きな人は外せない一品です。
自家製の唐墨は甘く、旨味が深い一品です。お酒とあうといわれている唐墨ですが、お酒に合うことはもちろんペアリングせずともそれ自体で美味しい一品となっていますよ。
お値段はコースだと、8,640〜16,200円ほど、アラカルトだと8,000〜15,000円ほどにサービス料が10%加わります。接待や大切なひと時に利用してみてはいかがでしょうか。


■すし善 すすきの店
住所:札幌市中央区南7条西4丁目
TEL:011-531-0069
営業時間:【5~10月】17:00〜1:00
     【11~4月】17:00〜24:00
定休日:日曜日・年末年始

すし善

☆「田久鮓」【すすきの】

出典:www.facebook.com

鮨とワインを楽しみたいならこのお店。すすきの駅から徒歩3分、「田久鮓」です。「田久鮓」を開業したのは今パリにある「JIN」で世界中の人の舌を唸らせている渡邉卓也氏です。そして、渡邉氏がパリに行ってしまった後、その意志を継いだのが今の店主宮下政也氏です。
宮下氏の「本当に良いものだけを仕入れ、一番美味しい最高の状態でお客に料理を提供する」という精神は渡邉氏から継いだものです。そんな彼がパリに行ったことも関係しているのでしょうか、鮨とともに楽しむお酒は日本酒だけでなくパリから直送されたワインやシャンパンの用意もあります。
また、店内は寿司屋とは思えないモダンでスタイリッシュな内装となっています。この空間なら普段はなかなか味わうことのできないワインと鮨のマリアージュも贅沢に楽しむことができますね。

この投稿をInstagramで見る

kixtorep(@kixtorep)がシェアした投稿 -

素材にこだわっているということもあり、鮨の前にいただくことのできるつまみもシンプルだが滋味深いものばかりです。つまみにも一切の手を抜いておらず、シンプルだからこそわかる丁寧な仕事です。また、つまみも日本酒だけでなくワインやシャンパンにも合うように作られています。
握りは季節のおまかせが一番のオススメです。また、コースの一部には比較の握りというものもあり、たとえば穴子の塩とツメの2種類を食べ比べることができます。穴子本来の美味しさを引き立てる2種類の味付けを堪能できるのがいいですね。
宮下氏はシャリの大きさやシャリとネタとわさびと醤油のバランスに注目して欲しいとのこと。綺麗な扇型を成して小さな櫃に盛られた鮨は人肌を感じ心温まるものとなっています。
お値段はコースで5,940〜16,200円ほどにサービス料が5%加わります。握りが10貫であれば5,500円ほどでも楽しめるそうなので気軽に行くことのできるお店です。札幌でちょっと寿司が食べたいならこのお店で決まりですね。


■田久鮓
住所:札幌市中央区南3条西3丁目 3 G Dining 6F
TEL:011-211-1206
営業時間:17:30〜1:30
定休日:日曜日(6〜8月は日曜でも営業)

田久鮓

☆「寿し ひでたか」【すすきの】

この投稿をInstagramで見る

美藤 浩士(@bito4h4)がシェアした投稿 -

すすきの駅から徒歩5分、「寿し ひでたか」は店主山田英貴氏のお店です。山田氏は先に述べた「すし善」にて修行を積んだ方です。
「寿し ひでたか」の握りはいろいろな考えが覆ると言われるほどの美味しさです。たとえば、イワシ。イワシは安ものと思われがちですが、このお店で食べればイワシって高級魚なのかと思ってしまうほど、何が本当のイワシなのかとわからなくなってしまうほど美味しいそうです。
また、このお店は道外ではなかなか見かけることのないような日本酒を取り扱っています。たとえばニセコの特別純米などです。そういう意味では道外で日本酒が好きな方にオススメの店と言えますね。

この投稿をInstagramで見る

美藤 浩士(@bito4h4)がシェアした投稿 -

このお店の人気はチップの漬けと車海老の握りです。チップとはヒメマスのことで、北海道産のヒメマスは美味しいと有名ですね。支笏湖産のヒメマスを湯に通したあと、漬けたものとのなっています。一緒に添えられるいくらと食べることでその美味しさは格別になるそうです。
車海老は茹でたてを使用していますが、中はレアになっています。茹でることで甘みが増しており、生の車海老の鮨より旨味が出てきます。また、女性には食べやすいようにと半分に切って出されているところにお店の親切さを感じます。
シャリに関しては北海道産ゆめぴりかを使用しており、米酢と2種類の赤酢で調味してあります。米酢で甘く仕上げていますが、そこに赤酢が入ることでコクのある味わいとなっています。ネタとの相性や、温度、かたさ全てがちょうどいい具合です。
お値段はコースで17,280〜19,440円ほどです。他の店に比べると値段に対して量もそれなりにあるそうなので、不満を感じることはないと思います。先ほども述べましたが、日本酒が好きな方は道外ではなかなかいただくことのないニセコの特別純米とともに味わって欲しいお店です。


■寿し ひでたか
住所:札幌市中央区南7条西4丁目 1-2
TEL:011-200-0677
営業時間:18:00〜22:00
定休日:日曜日・祝日・8月中旬・年末年始

☆「薄野 鮨金」【すすきの】

この投稿をInstagramで見る

신현구(@tlsduriana)がシェアした投稿 -

すすきの駅から徒歩2分、「薄野 鮨金」は1972年創業の老舗のお店です。現在の店主は松橋保明氏ですが、開業したのは松橋氏の祖母だそうです。そのため、鮨は独学で学んだそうです。
お店自体が40年以上の歴史を持つため、味にも伝統などを求めてしまう方には物足りないと思われるかもしれませんが、逆をとれば親しみやすいお店です。そのため、接待などで使われるというよりかはデートなどで気軽に利用できる少しお高めのお店となっています。
また、日本酒のラインナップがいいため、日本酒目的で来られる方も多いようです。日本酒目的で来られる方は北斗随想で鮨をいただく方がほどんどです。

この投稿をInstagramで見る

Lisa Nguyen(@nlisa726)がシェアした投稿 -

このお店の人気は穴子の握りとツブ貝の握りです。穴子はふっくらとしており、ツメは甘いにもかかわらずしつこくなく、穴子の旨味を堪能できます。ツブ貝は襟衣岬のものを使用しており、肝のソースといただくのですが、コクと旨味があります。これらの他にも、噴火湾産の毛蟹を蟹味噌で和えた一品は北海道ならではでおすすめです。
良質な魚を仕入れており、米酢と赤酢を合わせたシャリとの一体感がある鮨となっています。しかし、独学で学んだということもあって握りに関しては統一感がないと意見する方もいるようです。シャリ自体はいいのですが、それをどう握るかはやはり熟練の技が必要になってしまうようですね。そうはいってもミシュランで星を獲得していますから味は本当に美味しいです。これからが楽しみなお店といえるでしょう。
お値段はコースで16,200円ほどです。他のミシュラン獲得店は少し入りづらいという方に一番オススメできるお店です。気軽な気持ちで利用してみてはいかがでしょうか。


■薄野 鮨金
住所:札幌市中央区南4条西4丁目
TEL:011-251-9521
営業時間:18:00〜22:00
定休日:水曜日・年末年始

☆「鮨処 有馬」【すすきの】

この投稿をInstagramで見る

Kazuyoshi Tsuchimoto(@kohtapapa)がシェアした投稿 -

すすきの駅より徒歩7分、「鮨処 有馬」は店主有馬正隆氏が開業したお店です。あのダルビッシュ選手も訪れていたというほどの名店です。
用いる魚は北海道産のものを中心に使用しており、それを握る手さばきは匠技です。そんな有馬氏の作る鮨を食べに北海道に足しげく通う美食家も多いようです。また、有馬氏自身が北海道出身であり、北海道のものをメインに使用するため、北海道の良さがよくわかるお店となっているのも特徴の1つです。
そして、このお店の魅力はコスパの良さにもあります。東京では20,000円いってもおかしくないような量と美味しさをこのお店では10,000円ちょっとでいただくことができます。
店内はカウンター席だけでなく、テーブル席の用意があるためリラックスしていただくことができるのも良いですね。

この投稿をInstagramで見る

love.love.sushi(@love.love.sushi)がシェアした投稿 -

このお店のメニューは花と雪のコースの2択です。花はつまみ6種に握りが7貫、雪はつまみ7種に握りが9貫です。
つまみは有馬氏がかつて和食の店で修行をしていたということもあり、毛蟹のイバラ蟹内子かけや、噴火湾の松川鰈のウニ巻きなど凝ったものばかりです。毛蟹のイバラ蟹内子かけは身をほぐした毛蟹にイバラ蟹内子をかけたもので混ぜて食べると美味しいそうです。松川鰈のウニ巻きは薄く切られた松川鰈をウニでつつみ、昆布と鰹の出汁のジュレをかけていただく逸品です。
握りの方ではシャリは数種類の酢で甘さ控えめに、塩をきかせています。また、そのお米はあきたこまちを使用しており、一粒一粒に存在感を感じます。積丹産のヒラメの昆布締めや紫ウニ、古平産の本マグロ、苫小牧・鵡川産のホッキ貝、羅臼産のキンキ炙りなど握りではかなり北海道を満喫できそうです。締めにいただく味噌汁も車海老で出汁を取っており、濃厚な仕上がりです。
お値段はコースで10,800〜12,400ほどです。北海道を楽しみたい、北海道を味わいたい、美味しい店でコスパ良く食べたいならこのお店です。


■鮨処 有馬
住所:札幌市中央区南3条西4丁目 南3西4ビル 4F
TEL:011-215-0998
営業時間:18:00〜24:00
定休日:日曜日・年末年始

☆「まる鮨」【すすきの】

この投稿をInstagramで見る

Futoshi Horibe Architects(@futoshi_horibe_architects)がシェアした投稿 -

すすきの駅から徒歩5分、「まる鮨」は現在の店主川崎順之亮氏の父が平成元年に開業したお店です。川崎氏が子供の頃から鮨が大好きであったため、高校の卒業後札幌の調理師専門学校にいき、その後東京の「小笹寿し」にて修行を重ねました。「まる鮨」を開業した父はハワイに新しい店舗を構えたので、すすきの店を引き継ぐことになったのでした。
店主は父から子へと変わってしまったものの、父の代から足を運んでいた客は子に変わってもその味は守られており、クオリティは下がるどころか磨きがかかったと口を揃えます。
国内と国外で離れてはいるものの親子で同じお店を経営し、鮨を握っているというだけでいかに「まる鮨」があたたかいお店なのかがわかりますね。美味しいだけではなく、客が心地よいと感じるような雰囲気を作ることも一流のお店には必要です。

この投稿をInstagramで見る

Takuto Takeda(@f4f15f2)がシェアした投稿 -

お店のおすすめは握りのこはだ、はまぐりとつまみの煮鮑、数の子です。川崎氏の修業先であったお店がこはだの締め方で有名であったこともあり、皮を柔らかくするために立て塩に漬けて締め、水分が程よく抜いてあります。はまぐりはダシに漬け込み、旨味がぎゅっとつまったものに仕上げています。煮鮑は日本酒で3時間ほど炊いてあり、柔らかく旨味が凝縮されています。数の子は昔はあった干し数の子というものを塩と米のとぎ汁で何日もの時間をかけて戻したものです。かなり希少なものですので食べておきたい一品です。
シャリで使っている酢は、白酢となっており他のミシュラン星獲得店とは異なりますね。固さも程よく、どちらかというと甘みが強く穏やかな味わいとなっています。
お値段はコースで16,200円ほど、アラカルトだと10,000〜15,000円ほどです。回転ずしが大好きな店主は話すとその愛を語ってくれるほどの面白い方だそうです。変に構えることなく入りやすいお店になっているので、父の代を知っている方はもちろん、知らない方も気軽にいってほしいお店の1つです。


■まる鮨
住所:札幌市中央区南6条西4丁目西向
TEL:011-552-6266
営業時間:17:00〜22:30(L.O.21:00)
定休日:日曜日・祝日・年末年始

○鮨

札幌すすきのエリアの寿司、○鮨のオフィシャルページです。お店の基本情報やメニュー情報などをご紹介しています。

どうせ食べるなら美味しい寿司を!

いかがでしたか。「食の街」、「食の宝庫」と呼ばれる札幌で食べる寿司は普通の回転寿司でさえもレベルが異なると言われています。ましてやミシュランで星を獲得したとなると、それはもう絶品でしょう。
よく「本州では苦手だった寿司ネタが、北海道でなら食べることができた」という声を耳にしますが、人の苦手意識をなくすほどの美味しさ、新鮮さということなんですね。
せっかく札幌まできたのだから、一流の寿司を食べておきませんか。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と単車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介