メンズ香水決定版!人気フレグランスおすすめ厳選10ブランド

人気のメンズ香水を徹底解説します。ブルガリを代表とするブランド香水から爽やかな香りの香水、甘くバニラのような匂いの香水まで幅広く紹介します。20代、30代、40代、50代とそれぞれ香水が似合う年代も合わせて紹介するので、自分の年齢に合わせたお気に入りの香りを見つける参考にしてください。

mocalatteMOCA
  • 8,451views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.esquire.com

香水の種類

Scent main 1508865248

出典:www.menshealth.com

一般的に、香水にはパルファム、オーデパルファム、オードトワレ、オーデコロンの四つの種類があるとされています。日本語では「香水」のという一つの呼び名しかない香水ですが、フランスでは、パルファムやオードトワレ、オーデコロンなどと呼び分けられています。ブランドによって持続時間や濃度の数値はかなり異なりますが、目安としては以下を参考にしてください。

Parfum(P)パルファン(パルファム)

Parfum(P)パルファン(パルファム)はエタノール濃度(賦香率)が15~30%、持続時間は5~12時間で、濃度が高いため少量で効き、値段が高いことが特徴です。

Eau de Parfum(EDP) オーデパルファン(オードパルファン)

Eau de Parfum(EDP)オーデパルファン(オードパルファン)はエタノール濃度(賦香率)が10~15%、持続時間は5~12時間で、パルファンに近い濃度ながら価格を押さえている商品が多いことが特徴です。

Eau de Toilette(EDT)オーデトワレ(オードトワレ)

Eau de Toilette(EDT)オーデトワレ(オードトワレ)はエタノール濃度(賦香率)が5~10%、持続時間は2~5時間で、数時間でほんのり香りが残るイメージで、日常的に使いやすいのが特徴です。

Eau de Cologne(EDC)オーデコロン

Eau de Cologne(EDC)オーデコロンはエタノール濃度(賦香率)が1~5%、持続時間は1~2時間で、薄く香るのが特徴です。

香料の違い

Depositphotos 5966614 s 2015

出典:www.creatingperfume.com

香水は、100種類以上ある原料や香料をブレンドすることによってつくられています。ブレンドや組み合わせにより作り出される香水は350種類以上あるといわれており、それらの香料の種類は天然香料(植物性香料・動物性香料)と合成香料(化学的に合成された香料)の二つに分けられます。

植物性香料

植物性香料は植物から抽出した香料のことで、主に芳香のあるバラ・ラベンダー・ジャスミン・ハッカなどの植物や、つぼみ・果実・葉・枝・幹・根・樹脂などから抽出して作られています。またそれらはエッセンシャルオイル(精油)と呼ばれており、種類はおよそ1500にもなるといわれています。抽出量がかなり限られているので、価格は高価なものが多く、さらに天然素材のために、環境に左右されやすいので供給が不安定なことも特徴の一つです。しかし化学成分でつくられたものと比較すると身体に害が少なく、メンズ香水を中心に人気が高まってきています。

動物性香料

植物性香料よりは少ない動物性香料は、生殖腺分泌物から抽出されます。種類はムスク、シベット、アンバーグリス、カストリウム、ジャコウネズミの5種類のみで、非常に珍しい香料です。動物保護による問題もあるので最近では抽出がほとんどされておらず、合成香料へ代替していることが多いです。動物性香料の特徴はクセの強い香りで、クセがあるために植物性香料とブレンドすることが多く、大人っぽい印象の香水となります。

合成香料

今現在生産されている香水の90%はこの合成香料に当てはまり、4000~5000種類あると言われています。これは化学的に合成された香料のことで、石油化学工業や石炭化学、パルプ工業で取れる化合物をベースに香りを得ています。人の手で0から作り上げる人工的な香りで、価格が植物性や動物性に比べ安く手に入れられるのが特徴です。動物性香料の天然採取はとても難しいので、いまはムスクをはじめとする香料は人工的に作られています。

香りの系統

Hot actor black and white games favim.com 655103

出典:favim.com

香水には種類や香料の違いとは別に、「○○系」という”香りの系統”が存在します。これを理解しておくことで、香水の雰囲気やニュアンスがつかみやすくなると思うので、ぜひ参考にしてみてください。ここでは主に「男性香水」の系統について紹介します。女性の物とは多少異なるので、「男性用」として理解してください。

シトラス系

シトラス系の香水は、レモン・オレンジ・グレープフルーツなどの爽やかでフレッシュな柑橘系の香りを使用し、 爽やかに香り、世代を問わずに好かれることが特徴です。普段から香水を愛用している方にはもちろんのこと、香水初心者の方にも場所を選ばずに使用できることもポイントです。

シプレー系

シプレ系の香水は、オークモスやベルガモットをベースに、柑橘系の香りをブレンドしてある香水のことをさし、フォーマルな傾向が強く、名前の由来となったのは老舗香水ブランドコティ社の『シプレ』といわれています。紳士な香りのイメージです。

オリエンタル系

オリエンタル系は甘さやスパイスを使用し、エキゾチックなセクシーさを演出する系統の香水を指します。かつての男性香水ではあまり重視されていなかったエッセンスですが、現在は男性用として開発された商品も多々ある。

オゾン・マリン系

オゾン・マリン系の香水は草木の緑、海や空気などの爽快な香りを指し、1990年代からリリースされている比較的新しいタイプの香水です。海や水をイメージした透明感が特徴的で、苦手な人もすくなく、その男性らしさが人気な香水です。

アーシー系

アーシー(Earthy)系の香水は、森林などの自然な香りをイメージし作られたものを意味し、根に強い香りがあるイネ科の草ベチバーや、シソ科の植物であるパチュリなどのような香りはこうした呼ばれ方をすることが多いです。アーシー(Earthy)系の香水の中には、サッパリとした自然な香りが多く、人気な系統の一つです。

タバコ・ノート系

タバコ・ノート系の香水は、文字の通りタバコのような香りをイメージしているものが多く、男性用香水で多く用いられているのが特徴的です。バニラのような甘さからスパイシーで深みのある香りへと変化するものが多く、ダンディーな雰囲気を演出したいときにオススメです。

フローラル系

フローラル系の香水はローズ・スミレ・ジャスミンなど花の香りを配合したタイプの香水で、優しくふんわりと香るので、シチュエーションを選ばずオールマイティに使うとこができます。しかし場合によっては女性っぽい印象を与えることもあるので、使いかたには注意が必要です。いままで女性といたのかと勘違いされないように、デートの時には避けましょう。

フゼア系

フゼア系はオークモスやラベンダー、クマリンなどをベースとした、男性香水ならではのエネルギッシュさと落ち着きがある香りで、クマリンを使った世界初の香水、ウビガン社の『フゼア・ロワイヤル』がその名前の由来です。

その他・・・

その他、アニマリック系、パウダリー系、モッシー系、ヘイライク系など、まだまだ種類はありますが、細かくしていけば永遠に追及できてしまうので、代表的なものを紹介しました。是非参考にしてみてください。

香り立ちとは?

Preview

出典:videohive.net

香水・フレグランスは、最初につけたときから常に香りを変化させています。フレグランス業界ではその香りの変化具合をトップノート、ミドルノート、ラストノートの3種類に分類しています。

トップノート : ~10分程度。香水・フレグランスの第一印象
ミドルノート : ~3時間程度。香水・フレグランスのボディ
ベースノート : ~12時間程度。香水・フレグランスの余韻。

香水のつけ方やマナー

1

出典:www.shutterstock.com

香水は自分で香りを楽しむのはもちろん、メインは人に香りを感じさせて自分の印象をアップさせるためにつけるお洒落のアイテムです。自分では香りをあまり感じなくても、相手には香るという事を意識しましょう。また、つける箇所によって香り方や人に与える印象が異なります。つけ方にも気を付けましょう。

肌に直接つける場合

肌に直接つける場合は、胸元やわき腹や、首元やくるぶしなどの血管に近い場所がおすすめです。肌に直接つけると、ご自身のもつ体臭と香りが混ざり、香水を唯一無二の香りとしてまとうことができます。一方で、香水に配合される香料やアルコールは敏感肌の人にとって強い刺激になることもあるため、香水をつけた際、その箇所が赤くなったりかゆみが出たりするようなことがあれば、肌に直接つけるのはやめましょう。

服に着ける場合

持ち物や洋服に香水をつける場合、肌に着けたときよりも直接的に香りが感じられることがあります。そのため、物や洋服には少なめにつけることを意識することが大切です。衣類でつけるおすすめの場所はネクタイやワイシャツ・Tシャツ、またハンカチやバンダナに着けることもおすすめです。

香水の付け方やマナーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

大人のマナー!香水の正しい付け方・使い方徹底解説

大人のマナー!香水の正しい付け方・使い方徹底解説

しろくまやしろくまや

初心者向け:シーンごとに選ぶ香水

Fragrance glossary 03

出典:www.sephora.com

香水選びの参考に、シーン別のおすすめの香調をいくつかご紹介します。

ビジネスシーン向けの香水

D3abf71687cb21b2571f9ab149efe2a7  mens suits  mens suits black

出典:www.pinterest.com

ビジネスシーンでの香水は、つけすぎは注意、近寄ったときに香るほのかな香りが人気です。ほのかな香りを演出するため、下半身に香水をつけるのがポイントです。また、ビジネス用とはいえ、20代、30代、40代、50代でも香水を使い分ける必要があります。20代のビジネスパーソンは万人受けする正統派の香り、30代のビジネスパーソンは20代の香水よりも落ち着いた香りで、且つ自己主張よりも調和をテーマにしたものがおすすめです。40代からは自分らしい香りを追求するのもおしゃれで素敵な年代ですし、若いころには手が出せなかったような高級なブランドの香りや、世界的に有名な香りも気負うことなく身にまとうことができるためおすすめです。

デート向けの香水

Smell2

出典:www.artofmanliness.com

デート向けの香水はビジネスものとは打って変わって、ルールやマナーなどはありません。しかしやはり、香害になることは厳禁。女性は香水が香ル男性を魅力的に思いますが、強い香りを身にまとう男性を好む人は少なく、ほんのり香るその柔らかさに色気を感じます。オリジナリティーや個性を出すことは大事ですが、ふんわり軽やかにつけることをおすすめします。自分分析ができているかたは自分を主張できるご自身の好きな香りをまとうのが一番ですが、何をつけたらいいのかわからない、という方はシトラス系やグリーン系の癖の少ないものを選ぶようにしましょう。

プライベート用の香水

E7e61e0cec0771c68d75e2a29b05ef23

出典:www.pinterest.com

プライベート用の香水はご自身がすきな香りをまとうことに限ります。気分によってつけるものを変えるもよし。気温によって変えるもよし。ご自身の好きな香りをあつめて、楽しんでみてください。香水は見えないおしゃれ。服の系統によって変えることもおすすめです!

中上級者向け:季節ごとのおすすめの香り

41zxlj33 ql

出典:www.amazon.co.uk

季節が変わるとファッションも変わるように、香水のイメージにも季節感が存在します。そこで、シーズンごとに注意すべきポイントを紹介します。

春・夏におすすめの香り

シトラス系やシプレー系など爽やかで軽いものがオススメ。周りにいる人への配慮も込めて、ウッディ―系やオリエンタル系の香りを身に着けるのは避けましょう。また、湿度の高い時は香りが重くなるので、つける際は自分の汗をしっかりと拭き取り清潔にしたうえで、フレッシュで軽やかな香水を使用するのがオススメです。

【関連記事】春におすすめの香水についてもっと詳しく知りたい方はこちら

【厳選】春におすすめのメンズ香水ブランド10選【高級】

【厳選】春におすすめのメンズ香水ブランド10選【高級】

MOCAMOCA

秋・冬におすすめの香り

秋冬は空気が乾燥しているため、香りが周りに伝わりやすいため、ウッディ系やムスク系の香水をオススメします。やわらかい香りで春夏とはひと味違う演出をすることができます。また、柑橘系の香りは少しさっぱりしすぎているので、つける際にはほかの落ち着いた香りと一緒にほのかに香らせる程度が無難でしょう。

【関連記事】冬におすすめの香水についてもっと詳しく知りたい方はこちら

【厳選】冬におすすめのメンズ香水10選【高級】

【厳選】冬におすすめのメンズ香水10選【高級】

MOCAMOCA

BVLGARI(ブルガリ)

ブルガリの香水は爽やかな香りが多く、ビジネスシーンにもつけやすい香水がそろっています。男性香水の王道であるブルガリは万人受けし、周囲の人に害を与える香りは少ないので、香水初心者の方にもおすすめです。

ブルガリ プールオム

41ikdzpnz l

出典:www.amazon.co.jp

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco2

05micco

神奈川在住の女子大生。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。最近は喫茶店に夢中!オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

ミト3

ミト

よく寝てよく食べる都内の女子大生。元セレクトショップ店員。メンズアパレル業界で得た知識を生かしてトレンドに敏感な記事を書いていきます!珈琲と日本酒とおいしいごはんがすき。休日は漫画を読んだり、ご...

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い飯と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

ハングリィ6

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

>>ライター紹介インターン募集

wanted

ライター募集

wanted