燃費もよい!ハイブリッドSUV人気おすすめランキングTOP10

実用性に富んだユーティリティーと、高い走破性で人気のSUV。各メーカーともより燃費の良いハイブリッドタイプをラインナップしています。燃費も良いハイブリッドSUVをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 12,788views
  • B!

SUVのユーティリティーにハイブリッドの低燃費をプラス

出典:www.volvocars.com

出典:www.bmw.co.jp

多彩なアクティビティを楽しむために広いラゲッジスペースを持ち、高い走破性で様々な路面に対応することができるSUV。従来のSUVは大きく重量のある車体を持ち、パワフルなエンジンを搭載することもあり燃費面がネックとなる場合がありました。

昨今では各メーカーともSUVにハイブリッドモデルを設定。使い勝手の良いユーティリティーはそのままに燃費を向上させています。さらにアウトドアや家庭での利用はもちろん、災害時などにも電源として使えるプラグインハイブリッドタイプも。燃費の良いSUVなら楽しみもさらに広がるでしょう。

各メーカーがラインナップするハイブリッドSUV、おすすめするモデルを厳選してランキング形式でご紹介します。

第10位 ボルボ「XC60 T8」

出典:www.volvocars.com

出典:www.volvocars.com

北欧の厳しい自然環境に対応し、安全で安心な車を造り出すボルボ。2モデルのSUVをリリースしており、両方にハイブリッドモデルを用意しています。

ご紹介するのは2017年10月にモデルチェンジしたばかりの「XC60」で、「T8 Twin Engine AWD Inscription」。コンパクトでハイパワーなツインチャージドエンジンと、モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドモデルです。2つのパワーソースを組み合わせて最適なドライブモードをセレクトすることができ、モーターオンリーの静音走行も可能。ボルボの理念といえるインテリセーフは、16種類もの先進安全技術を全モデルに搭載するこだわりです。

エクステリアは、フラッグシップである「XC90」と共通する上質なスカンジナビアンデザイン。そして細部までこだわり抜いたスウェーデンテイストのインテリアは、他に類を見ない秩序と開放性がある斬新な空間となっています。新世代ボルボのインパクトあるオーラを身に纏った1台です。

【スペック例】
グレード:T8 Twin Engine AWD Inscription
ボディサイズ:全長4690×全幅1900×全高1660(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 318PS
モーター:46PS+88PS
トランスミッション:電子制御8速AT
駆動方式:4輪駆動
参考燃費:15.7km/L(JC08モード)
車両本体価格:8,840,000円~

webサイト:ボルボ

第9位 ポルシェ「カイエン SE ハイブリッド」

出典:www.porsche.com

最新のポルシェが最良のポルシェであるといわれ、常に進化し続けるポルシェ。ポルシェ初のSUVである「カイエン」にハイブリッドモデルを用意しています。

ご紹介するのは「カイエン SE ハイブリッド」で、リチウムイオンテクノロジーが実現した高電圧バッテリーを搭載するプラグインハイブリッドモデル。専用電源であれば約2時間40分で充電が完了、電気のみで走行することができ、最大航続は距離36km・最高速度は125kmに達します。システムのトータル出力は400PSを超えており、圧倒的な加速力や走行性能も確保。ドライバーのために8ウェイのコンフォートパワーシートを備え、アレンジの多彩なリヤシートは4:2:4分割可倒式です。

ハイパワーなスポーツモデルでありながら、環境性能を手に入れたのが「カイエン SE ハイブリッド」です。

【スペック例】
グレード:SE ハイブリッド
ボディサイズ:全長4855×全幅1940×全高1710(mm)
エンジン:3.0L-F型6気筒 333PS
モーター:95PS
トランスミッション:8速ティプトロニックS
駆動方式:4輪駆動
参考燃費:14km/L
車両本体価格:12,110,000円~

webサイト:ポルシェ

第8位 メルセデスベンツ「GLC 350 e 4MATIC Sports」

出典:www.mercedes-benz.co.jp

出典:www.mercedes-benz.co.jp

コンパクトカーからハイエンドまで、多彩なSUVをラインナップするメルセデスベンツ。コンパクトな4気筒ターボエンジンと、高出力モーターを組み合わせたハイブリッドSUVを用意します。

ご紹介するのは「GLC 350 e 4MATIC Sports」で、「GLC」ベースのプラグインハイブリッドモデル。モーター駆動のみで最大約30.1km走行することができ、最高速度は135kmに達します。約4時間の普通充電で充電が完了し、走行中も充電がOK。バッテリーをリヤアクスル上にマウントすることで低重心化を図り、ラゲッジ容量も確保しています。

航続距離を気にすることなくドライブができ、走行状態に合わせてエコやスポーツなどモードを切り替えることができるラグジュアリーなハイブリッドSUVです。

【スペック例】
グレード:350 e 4MATIC Sports
ボディサイズ:全長4670×全幅1900×全高1640(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 211PS
モーター:116PS
トランスミッション:電子制御7速AT
駆動方式:4輪駆動
参考燃費:13.9km/L(JC08モード)
車両本体価格:8,780,000円~

webサイト:メルセデスベンツ

第7位 BMW「X5 xDrive40e iPerformance」

出典:www.bmw.co.jp

出典:www.bmw.co.jp

Mモデルやクーペのようなクロスオーバータイプなど、魅力的な走りのSUVを揃えるBMW。新たにBMW eDriveテクノロジーを搭載したSUVを5シリーズに用意しています。

ご紹介するのは「X5 xDrive40e iPerformance」。モーターだけでも走行できるプラグインハイブリッドタイプで、最大で約30.8kmの距離を走行することができます。先進のインテリジェント・エネルギー・マネジメント・システムを搭載し、通常モードやモーターのみでの走行モードなど最適な制御が可能。独自の4輪駆動システム・xDriveと、ハイブリッド技術のeDriveテクノロジーが快適な走行性能を生み出します。

大容量バッテリーを搭載しながらもラゲッジスペースはフラットに、多彩なシートアレンジも魅力的な1台です。

【スペック例】
グレード:xDrive40e iPerformance
ボディサイズ:全長4910×全幅1940×全高1760(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 245PS
システム:313PS
トランスミッション:電子油圧制御式8速AT
駆動方式:4輪駆動
参考燃費:13.8km/L(JC08モード)
車両本体価格:9,710,000円~

webサイト:BMW

第6位 ミツビシ「アウトランダー PHEV」

出典:www.mitsubishi-motors.co.jp

出典:www.mitsubishi-motors.co.jp

長くジープを製造し、パジェロをはじめとしたSUVに定評のあるミツビシ。アウトランダーをベースに高性能なプラグインハイブリッドシステムを搭載したモデルを用意しています。

ご紹介するのは「アウトランダー PHEV」で、おすすめは「S Edition」。プラグインハイブリッドモデルならではの低燃費を実現しており、モーターのみで最大約60.2kmを走行できます。高出力1500WのAC100V電源を備えており、アウトドアでのキャンプや家庭での利用をはじめ、災害時などにも電力を供給することが可能。しかもこのバッテリーは満充電の状態で、一般家庭が通常消費する約1日分の電力量を確保するとのことです。

ツインモーターを搭載し緻密な制御で4輪をコントロール、S-AWCの統合制御でオンロードからオフロードまで安定した走行性を実現したモデルです。

【スペック例】
グレード:S Edition
ボディサイズ:全長4695×全幅1800×全高1710(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 118PS
モーター:82PS×2
駆動方式:4輪駆動
参考燃費:19.2km/L
車両本体価格:4,789,260円~

webサイト:ミツビシ

第5位 トヨタ「ハリアー」

出典:toyota.jp

出典:toyota.jp

他社に先駆けて高級なクロスオーバースタイルのSUVをリリースしたのがトヨタ。「ハリアー」は高級セダンの上質な乗り心地と、SUVのユーティリティーを兼ね備えたモデルでハイブリッドモデルを用意します。

おすすめは上質な装備と機能が充実した「PROGRESS」で、プレミアム感のある「Metal and Leather Package」。スーパークロームメタリックのアルミホイールやプレミアムナッパレザーのシートを装備し、アルミヘアラインのシフトパネルなど上質な加飾を施しています。適切にエネルギーを制御できるハイブリッドトランスアクスルや、状況を表示するハイブリッドシステムインジケーターも装備。マニュアル感覚でシフトチェンジができるシーケンシャルシフトマチックも搭載します。

インフォメーションは、高機能なT-Connect SDナビゲーションシステムを標準装備。パノラミックビューモニターなど各所にプレミアムアイテムが備わっており、高機能なパワーバックドアも装備した高級クロスオーバーSUVです。

【スペック例】
グレード:PROGRESS(ハイブリッド車)
ボディサイズ:全長4725×全幅1830×全高1635(mm)
エンジン:2.5L-L型4気筒 152PS
モーター:143PS+68PS
トランスミッション:Super CVT-i
駆動方式:4輪駆動
参考燃費:21.4km/L
車両本体価格:4,604,040円~

webサイト:トヨタ

第4位 ニッサン「エクストレイル」

出典:www3.nissan.co.jp

出典:www3.nissan.co.jp

モードプレミアやニスモ仕様をはじめ、多彩なバージョンを揃える「エクストレイル」。2WDや4WD、2列シートや3列シートなど幅広いセレクトができる人気のモデルです。

ご紹介するのは「20X HYBRID エクストリーマーX」で、2列シートの4輪駆動モデル。定評のある走破性やユーティリティーはそのままに、ブラック基調の専用パーツを装備したグレードです。エクストリーマーX専用のグロスブラック18incアルミホイールや、ダークメタリックでペイントされたパーツをセット。エクストリームスポーツのアスリートの様な独特の存在感を放ちます。

先進の自動運転テクノロジー・プロパイロットや、NissanConnectナビゲーションシステムもオプション設定。ハイブリッドの低燃費と先進技術が融合した人気のSUVです。

【スペック例】
グレード:20X HYBRID エクストリーマーX(2列、4WD)
ボディサイズ:全長4715×全幅1820×全高1730(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 147PS
モーター:41PS
トランスミッション:エクストロニックCVT
駆動方式:4輪駆動
参考燃費:20.0km/L(20X HYBRID・JC08モード)
車両本体価格:3,283,200円~

webサイト:日産

第3位 スズキ「イグニス」

出典:www.suzuki.co.jp

出典:www.suzuki.co.jp

ロングセラーSUVのジムニーをはじめ軽クロスオーバーのハスラーなど、コンパクトなSUVを多彩にラインナップするスズキ。「イグニス」にハイブリッドモデルを設定しています。

全長4000mm・全幅1700mm以下というコンパクトなボディサイズがポイントの「イグニス」。スズキらしいオリジナリティあるエクステリアで、高めのアイポイントが取り回しの良さも発揮します。おすすめグレードは「HYBRID MZ」で、減速エネルギーを回生できるマイルドハイブリッドタイプ。ヒルディセントコントロールやグリップコントロールなどの駆動制御システムも搭載します。

2トーンのお洒落なインテリア、十分なラゲッジスペ―スなど多彩ユーティリティーを持つコンパクトSUVです。

【スペック例】
グレード:HYBRID MZ
ボディサイズ:全長3700×全幅1660×全高1595(mm)
エンジン:1.3L-L型4気筒 91PS
モーター:3.1PS
トランスミッション:CVT
駆動方式:4輪駆動
参考燃費:25.4km/L(JC08モード)
車両本体価格:1,778,760円~

webサイト:スズキ

第2位 ホンダ「ヴェゼル」

出典:www.honda.co.jp

出典:www.honda.co.jp

ハイブリッドスーパースポーツのNSXなど、革新的なモデルをラインナップするホンダ。コンパクトSUV「ヴェゼル」にハイブリッドモデルを設定しています。

リヤドアノブをコンシールした2ドアライクなスタイリングで、リヤに向かって跳ね上がる躍動感のあるラインがポイントです。おすすめグレードは「HYBRID X・Honda SENSING」で、予防安全性能評価の高い先進の安全装備・ホンダセンシングを搭載。対車や対歩行者など、様々な運転サポートが魅力的です。

パワフルで俊敏なパワートレインを搭載し、4輪駆動モデルでも23.2Kmの低燃費。スポーティーでドライバーズライクなインテリアと、クラスオーバーの収納力を持つプレミアムなSUVです。

【スペック例】
グレード:HYBRID X・Honda SENSING
ボディサイズ:全長4295×全幅1770×全高1605(mm)
エンジン:1.5L-L型4気筒 132PS
モーター:29.5PS
トランスミッション:7速AT
駆動方式:4輪駆動
参考燃費:23.2km/L(JC08モード)
車両本体価格:2,716,000円~

webサイト:ホンダ

第1位 トヨタ「C-HR」

出典:toyota.jp

出典:toyota.jp

他社に先駆けてハイブリッドカーを世に送り出したトヨタ。現在ではコンパクト・セダン・ミニバンなど多彩なラインナップが揃っており、コンパクトSUVにもハイブリッドモデルを用意しています。

ご紹介するのはコンパクトなクロスオーバーモデルの「C-HR」で、おすすめグレードは「G」。トヨタのグローバルアーキテクチャ・TNGAで造られるプラットフォームを採用したハイブリッドSUVで、リッター30km以上の低燃費を実現しています。彫刻的で複雑な面構成のエクステリアは、躍動感があり開放的。存在感のあるデザインはインテリアも同様で、ダッシュボード中央にはアイコンでもある大型ディスプレイを装備します。

ダウンサイジングターボエンジンによる爽快さと、先進のハイブリッドモジュールによって実現した低燃費。トヨタがリリースする新世代のハイブリッドSUVです。

【スペック例】
グレード:G
ボディサイズ:全長4360×全幅1795×全高1550(mm)
エンジン:1.8L-L型4気筒 98PS
モーター:72PS
トランスミッション:CVT
駆動方式:前輪駆動
参考燃費:30.2km/L
車両本体価格:2,905,200円~

webサイト:トヨタ

ハイブリッドSUVが生み出すのは今までにないシームレスな走り

普段の街乗りからアウトドアのアクティビティまで使い勝手の良いSUV。ハイブリッドモデルならでは低燃費や乗り心地が、実用的なユーティリティーと融合しています。ハイブリッドSUVをセレクトする参考にいかがでしょう。

※ 掲載内容は執筆時点、スペック・価格等は参考で変更になる場合があります。
※ 燃費・航続距離・最高速度などはテスト値等も含む参考値です。
※ 数値は本国モデルの参考値を記載している場合があります。
※ 一部日本仕様と異なる場合があります。

外車・輸入車SUV人気おすすめランキングTOP20

外車・輸入車SUV人気おすすめランキングTOP20

斉藤情報事務斉藤情報事務
燃費良く操作性に優れるSUV軽自動車・コンパクトSUV人気おすすめ10選

燃費良く操作性に優れるSUV軽自動車・コンパクトSUV人気おすすめ10選

VOKKA編集部ライフスタイル班VOKKA編集部ライフスタイル班

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

AEC_Enterprise5

AEC_Enterprise

半導体関係のエンジニア経験が長く、現在は日本企業の海外展開あるいは海外企業の日本進出を支援するコンサルを行っています。またスキルを活かしてiPhoneアプリの開発および開発者を養成するトレーニン...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介