『LOGAN/ローガン』を観る前に!『X-MEN』シリーズを公開順・時系列順に徹底解説

大人気マーベルコミックの実写映画『X-MEN』シリーズ。そのシリーズの最後にして最新作『LOGAN/ローガン』が、2017年6月1日に日本でも公開を控えています。今回は『LOGAN/ローガン』を観る前に、今までの『X-MEN』シリーズを順番に詳しく振り返っていきたいと思います!

mrmk1104Moeka Kotaki
  • 6,452views
  • B!

大人気『X-MEN』シリーズ

Amazonで詳細を見る

1963年にアメコミ作品の巨匠、スタン・リーによって発表されたマーべルコミック『X-MEN』シリーズ。超人能力を持ったミュータント集団“X-MEN”による活躍を描いたコミックは、マーベル作品の中でもとりわけ高い人気を誇っています。
そんな“X-MEN”のメンバー、両手に鋭いアダマンチウム製の爪を携えた身体能力も抜群のミュータント“ウルヴァリン”を主役に描いた映画『X-MEN』が制作されたのは2000年のこと。それから現在まで、『X-MEN』を扱った映画は9作品公開されています。

作品数が多い上に登場キャラクターも豊富、おまけに時系列もバラバラ。どれから観ていいのか分からない!時系列がこんがらがってしまう!そう感じている人も多いのではないでしょうか。今回は各作品のあらすじ、見どころと共に、『X-MEN』シリーズの観方もご紹介していきたいと思います。

『X-MEN』シリーズを分けると?

Amazonで詳細を見る

『X-MEN』シリーズは、全ての作品が繋がっているわけではありません。シリーズを大きく分けると、次のようになっています。

・『X-MEN』シリーズ
『X-MEN』
『X-MEN2』
『X-MEN : ファイナル ディシジョン』

・『X-MEN』新三部作シリーズ
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』
『X-MEN:フューチャー&パスト』
『X-MEN : アポカリプス』

・『ウルヴァリン』スピンオフシリーズ
『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』
『ウルヴァリン: SAMURAI』
『LOGAN/ローガン』

他にも“X-MEN”メンバー、デッドプールのスピンオフ作品『デッドプール』も公開されています。このように3作品ずつ独立してシリーズになっているため、忙しい時に『X-MEN:フューチャー&パスト』を観たい!と思ったらその前作の『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を観ればストーリーを理解することができるのです。
続いて、全ての作品の時系列について見ていきましょう。

『X-MEN』シリーズ 時系列は?

Amazonで詳細を見る

それぞれの三部作は舞台となっている時代もバラバラ。公開順と映画の中の時系列は一致していないので、混乱してしまいますよね。そこで、全ての作品を時系列順に並べてみました。

『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(1845年〜1980年ごろ)
『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(1944年・1962年)
『X-メン』(2003年頃)
『X-MEN2』(2003年頃)
『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006年)
『ウルヴァリン: SAMURAI』(2013年)
『X-MEN: フューチャー&パスト』(2023年だが、映画内で1973年にタイムスリップ)
『デッドプール』(『X-MEN』シリーズに直接的な関わりは無し)
『X-MEN: アポカリプス』 (『フューチャー&パスト』で歴史が変わった後の1983年)
『ローガン』(2029年)

これが主な『X-MEN』シリーズの時間の流れです。1800年代から始まり、今より未来の世界まで。幅広い時代を舞台にミュータントたちは活躍を見せているんです。
そんな時系列がバラバラの『X-MEN』シリーズですが、時系列順に映画を観なくても大丈夫!作品を観るごとにだんだん物語が繋がっていくので、ひととおり観終わったあとに時間の流れを把握すれば問題ありません。公開順に観れば先に起こることのネタバレもなく、楽しむことができます。

ではさっそく『X-MEN』シリーズを公開順に、各作品のあらすじや見どころについて迫っていきたいと思います!

X-MEN (2000年)

Amazonで詳細を見る

作品概要・あらすじ

突然変異により、特殊能力をもっているミュータントたち。彼らは人類から疎まれる日々を送っていました。不死のミュータント、ウルヴァリンも自身を見世物として小銭を稼ぎ、放浪する生活を送っていました。そんな彼の前に触れたものの力を奪う能力を持った少女ミュータント、ローグが現れて行動を共にすることに・・・ウルヴァリン、ミュータント集団“X-MEN”が初登場を飾る記念すべき1作目です。

映画の冒頭でヴィラン、マグニートーが目覚めるのですが、その時の時代は1944年。そのあとの作品全体の舞台は2003頃です。

次々と登場するミュータントたち

ウルヴァリンがミュータント集団“X-MEN”に初加入することになるシリーズ第1作。魅力的なミュータントたちが次々と登場します!
“X-MEN”を率いるのは、マインドコントロールやテレパス能力、他人の記憶を操作することにできるプロフェッサーX。目から破壊光線を出すサイクロップス。天候を自由に操ることのできる女性、ストーム。プロフェッサーXが運営するミュータントの子供達のための学校“恵まれし子らの学園”の生徒として、テレパシー能力を持つジーン・グレイも登場します。

今回ウルヴァリンやX-MENと戦うことになるのは、磁力を操る最強のミュータント、マグニートー率いるテロ集団“ブラザーフッド”。人類との共存を目指すプロフェッサーXたちとは反対の考え方をもっている集団です。メンバーはウルヴァリンと同じアダマンチウム製の牙をもったセイバートゥース、カエルのような身体能力の持ち主トード、そして自在に姿形を変えられる青い肌の女性ミスティーク。
X-MENとブラザーフッドの戦いはいかに・・・今観ても色あせることのない迫力や臨場感。ぜひ今一度シリーズ第1作目『X-MEN』観返してみてはいかがですか?

公開 : 2000年10月7日
監督 : ブライアン・シンガー
出演 : ヒュー・ジャックマン(ウルヴァリン) 、パトリック・スチュワート(プロフェッサーX) 、ジェームズ・マースデン(サイクロップス) 、ハル・ベリー(ストーム) 、イアン・マッケラン (マグニートー) 、レベッカ・ローミン(ミスティーク)

X-MEN 2 (2003年)

Amazonで詳細を見る

作品概要・あらすじ

前作でマグニートーを倒し、監獄に幽閉したX-MEN。ウルヴァリンは失われている自身の記憶を取り戻すため、X-MENのもとを離れ旅に出ています。しかしそこに謎のミュータントが大統領を暗殺しようとする、という事件が。そのミュータントとはナイトクローラー。プロフェッサーXはジーン・グレイとストームに、ナイトクローラーの捜索を命じます。

ミュータントの脅威に怯えるアメリカ政府は、“恵まれし子らの学園”のミュータントたちすべてを摘発しようとしていました。また幽閉されていたマグニートーも、ミスティークたちの助けを借りて脱出に成功して・・・X-MEN、ミュータントを滅ぼそうと考える人間、そして人類を滅ぼそうと考えるミュータントたちによる戦いが繰り広げられるのが『X-MEN 2』です。前作の『X-MEN』から、まもない世界が描かれています。

新ミュータントも続々登場!

引き続き、ウルヴァリンやプロフェッサーX、サイクロップス、ストームなどのミュータントたちが大活躍。また前作では大きな活躍が見られなかったジーン・グレイの奮闘も見ることができます。
新しく登場するミュータントは、瞬間移動能力を持つナイトクローラー、強力な振動波を送ることができるサイリーン、氷を操るアイスマンなど。ミュータント対策顧問の者として、ウィリアム・ストライカーやレディ・デスストライクも登場します。マグニートーやミスティークも悪役っぷりを見せつけてくれています。

戦うために再びプロフェッサーXのところに戻ってきたウルヴァリン、ミュータントを一掃しようとする人間たち、そして人間との共存を望まないミュータント・・・激しい三つ巴の戦いはいったいどうなるのでしょうか?さらにパワーアップした世界観を楽しむことができるのがこの『X-MEN2』です!

公開 : 2003年5月3日
監督 : ブライアン・シンガー
出演 : ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート 、ブライアン・コックス (ウィリアム・ストライカー) 、アラン・カミング (ナイトクローラー) 、ファムケ・ヤンセン (ジーン・グレイ)

X-MEN : ファイナル ディシジョン (2006年)

Amazonで詳細を見る

作品概要・あらすじ

この物語の舞台は20年前、1990年頃。ジーン・グレイがプロフェッサーXに能力を見出され、“恵まれし子らの学園”にやってくるところから始まります。

その10年後。人類はミュータントを普通の人間に変えてしまう薬、“キュア”を作り上げていました。ミュータントであることは果たして病気なのか?“キュア”の開発の元となった少年とは?人間の行動に憤り反撃を開始するマグニートー。壮絶な戦いが幕をあけるのが『X-MEN : ファイナル ディシジョン』です。この作品で『X-MEN』3部作は、一旦完結を迎えています。

最強のミュータント、“フェニックス”登場

今回キーとなるのは、“エンジェル”というミュータント。彼はもともと人間で、大企業ワージントン家の息子でしたが、思春期を迎えると共に背中に翼が生えてきてしまったのです。息子を人間に戻したいと考えたワージントン卿がミュータント治療薬“キュア”を開発させるのです。他にも獣の姿をした科学者のビースト、壁をすりぬける能力を持つキティ・プライドなどが新たなミュータントとして登場します。

そして最強のミュータント、フェニックスがついに覚醒。誰にも手がつけられないほどのフェニックスのパワーにより、世界はどうなってしまうのか・・・フェニックスとはいったい誰なのか、作品を観て確かめてみてくださいね。ヴィランはやはりマグニートー。クライマックスの決戦は圧巻です!
この『X-MEN : ファイナル ディシジョン』には『X-MEN』シリーズの生みの親、スタン・リーもカメオ出演しています。密かな楽しみもあるウルヴァリン3部作最終章。最後まで目が離せない戦いをお楽しみください!

公開 : 2006年9月9日
監督 : ブレット・ラトナー
出演 : ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート 、ケルシー・グラマー (ビースト) 、ベン・フォスター (エンジェル) 、エレン・ペイジ(キティ・プライド)

ウルヴァリン : X-MEN ZERO (2009年)

Amazonで詳細を見る

作品概要・あらすじ

『X-MEN : ファイナル ディシジョン』の次に公開されたのが『ウルヴァリン』スピンオフシリーズ第1作にして、『X-MEN』3部作の前日譚となる作品『ウルヴァリン : X-MEN ZERO』です。
物語は1845年、少年ジェームズが父親が殺されるところを目撃し、特殊能力を目覚めさせるところから始まります。このジェームズが後々のウルヴァリンとなるのです。

それからジェームズは兄のビクターと共に南北戦争や世界大戦に参加し、戦い方を学ぶことに。自己治癒能力という特殊能力を使って、ジェームズとビクターは戦場を生き延びていきます。ベトナム戦争の後、2人は“チームX”というミュータントを含む特殊部隊へスカウトされるのですが・・・
『X-MEN』シリーズ全体の世界観、謎について詳しく知ることのできる作品となっています。

ウルヴァリンの謎が次々と明らかに!

なぜウルヴァリンは『X-MEN』に登場した時、記憶喪失になっていたのか?なぜ彼の体にはアダマンチウムが入っているのか?そんなウルヴァリンに関する謎が明らかになっていきます。また『X-MEN2』で登場した人間サイドの悪役、ウィリアム・ストライカーの過去についても知ることができます。
今回のヴィランは“セイバートゥース”というミュータント。本作のもう1人の主人公でもあります。彼がいかにしてヴィランになったか、その過程もしっかりと目撃してみてくださいね。

不死のウルヴァリンの誕生から描かれているこの作品は、まだのちの“X-MEN”メンバーは生まれていません。しかし、若いころのプロフェッサーXやストームも少しだけ出てくるのでお楽しみに!
それまでの作品の謎、ウルヴァリンの生い立ちについて詳しく描かれている『ウルヴァリン : X-MEN ZERO』。孤独なヒーローの戦いのはじまりをぜひ目に焼き付けてください。

公開 : 2009年9月11日
監督 : ギャヴィン・フッド
出演 : ヒュー・ジャックマン 、リーヴ・シュレイバー (ビクター) 、ダニー・ヒューストン (ウィリアム・ストライカー)

X-MEN : ファースト・ジェネレーション (2011年)

Amazonで詳細を見る

作品概要・あらすじ

次に公開されたのがこちら。プロフェッサーXやマグニートー、ミスティークの若き頃を描いた『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』です。

裕福な家に生まれた少年、チャールズ・エグゼビア。彼は自分が強力なテレパス能力を持っていることに気づいていました。そんなある時、彼の家に青い肌をした少女レイヴンが入り込んできます。チャールズは自分と同じような特殊能力を持った人間がいることに驚きます。
やがて成長したチャールズは金属を操る能力を持った青年、エリックと運命的な出会いを果たすのですが・・・プロフェッサーXことチャールズ・エグゼビア。マグニートーことエリック・レーンシャーの出会いと決別、そしていかにしてチャールズがX-MENのリーダーとなったのかを知ることができる物語です。

初代X-MEN 誕生の瞬間!

『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』で描かれるのは、初代X-MENの誕生と“恵まれし子らの学園”創設の流れです。初代X-MENのメンバーにはのちのマグニートー率いるブラザーフッドのメンバーとなるミスティークも。科学者のビーストも初代メンバーです。またマグニートーの生い立ちや、なぜ彼が人間に深い恨みを抱いているのか、なぜ復讐しようとしているかも知ることができます。

若い時は友人だったプロフェッサーXとマグニートー。2人の友情と決別を丁寧に描いていることにより、『X-MEN』シリーズを厚い人間ドラマとして昇華させている作品なんです。
この『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』の主役はチャールズ・エグゼビアなので、ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンはほんの少ししか登場しません!若きミュータントたちを演じる豪華キャストにも注目したい新『X-MEN』3部作の幕開けです。

公開 : 2011年6月11日
監督 : マシュー・ヴォーン
出演 : ジェームズ・マカヴォイ(プロフェッサーX) 、マイケル・ファスペンダー (マグニートー) 、ジェニファー・ローレンス (ミスティーク) 、ニコラス・ホルト (ビースト)

ウルヴァリン: SAMURAI (2013年)

Amazonで詳細を見る

作品概要・あらすじ

『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』のあとに公開されたのは、『X-MEN : ファイナル ディシジョン』に続く時代を描いた作品『ウルヴァリン: SAMURAI』です。ウルヴァリンスピンオフシリーズの第2作目にあたります。

カナダでひっそりと暮らしていたウルヴァリンは、彼が以前命を救った日本人実業家矢失田の頼みで、暗殺者ユキオと共に日本を訪れることになります。亡くなる直前にウルヴァリンに謎のメッセージを残す矢失田。葬儀の途中でギャングからの襲撃にあい、ウルヴァリンは矢失田の娘マリコを守るために次々と現れる敵たちと戦うことになるのです・・・
『X-MEN : ファイナル ディシジョン』での戦いに疲れたウルヴァリンの苦悩や、ミュータントとしての力が弱くなった彼の葛藤をも見ることができる作品です。

必見!忍者との壮絶バトル

日本が舞台というだけあって、ヴィランたちも日本要素満載。シルバーサムライや弓矢使い、剣術使いなど・・・東京の街をはじめ新感線やお寺など、日本独自のところで繰り広げられる壮絶なアクションも必見です。
スピンオフ作品なのでプロフェッサーXやマグニートーなど、おなじみのミュータントたちはほとんど登場しません。しかし最後のほうに、次の作品につながる重要なシーンが入っています。ぜひしっかりと見逃さずにご覧ください!

公開 : 2013年9月13日
監督 : ジェームズ・マンゴールド
出演 : ヒュー・ジャックマン 、TAO (マリコ) 、福島リラ(ユキオ) 、真田広之 (シンゲン)

X-MEN : フューチャー&パスト (2014年)

Amazonで詳細を見る

作品概要・あらすじ

『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』に続く、『X-MEN』新3部作の第2作目がこの『X-MEN : フューチャー&パスト』です。
舞台は2023年、近未来。人間が作り出した対ミュータントロボット“センチネル”によって、ミュータントはおろか人間も討伐されている荒廃した世界になっています。地球の危機を救うために、プロフェッサーXは宿敵であるマグニートーと協力し、センチネルを作るきっかけとなった事件が起こる1973年にウルヴァリンの精神を送ることに決めます。しかし、1973年でその計画を進める間も、2023年では世界荒廃がどんどん起こっていて・・・

ウルヴァリンが精神だけを過去にタイムスリップさせ、センチネル創造を食い止める戦いを描いたこの物語。若年期を演じるキャストと老年期を演じるキャストがどちらも登場する、ファンにとっては嬉しい豪華な作品でもあります。

『X-MEN』の集大成?ミュータントたちが大活躍!

この『X-MEN : フューチャー&パスト』には、今までのシリーズに登場したミュータントがほぼ全員と言っていいくらい大集合。マグニートー、ミスティーク、ストーム、キティ・プライド、アイスマン、また超高速移動能力の持ち主で実はマグニートーの息子でもあるクイックシルバーも活躍します。ミュータントたちが各々の能力を最大限に発揮する戦いの場面は圧巻です。
過去と現在2つの世界で、最恐のロボット集団センチネルと戦うプロフェッサーX率いるX-MEN。今までの物語を思い出しながら観るとよりおもしろく、感慨深い作品です。

公開 : 2014年5月30日
監督 : ブライアン・シンガー
出演 : ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスペンダー、ジェニファー・ローレンス

X-MEN : アポカリプス (2016年)

Amazonで詳細を見る

作品概要・あらすじ

『X-MEN』新3部作の最終章にあたるのが、昨年公開された『X-MEN: アポカリプス』です。
紀元前、エジプト。そこではミュータントの始祖であるアポカリプスが、自分の力によって世の中を支配していました。しかし彼に反感を抱く者たちからの攻撃にあい、アポカリプスが深い眠りにつくところから物語は始まります。

そして舞台は前作で歴史が改変されたあとの、1983年。深い眠りについていたアポカリプスがついに目覚めてしまいます。人間と文明が間違った方向に進んでいると感じたアポカリプスは、自分の騎士団を再結成して世界を支配しようと目論むことに、プロフェッサーXはミスティークやビーストたちと、アポカリプスを食い止めようとするのですが・・・
今までの物語とは歴史が変わった世界を描いている『X-MEN : アポカリプス』。ウルヴァリンは前作で1973年から2023年までの記憶を失くしてしまっているため、今回はカメオ出演のみとなっています。

最強のミュータント、アポカリプスに立ち向かえ!

今回のヴィランは古代から存在する最強のミュータント、アポカリプス。プロフェッサーXやビースト、ミスティークに加えサイクロップスやナイトクローラー、ジーン・グレイもキャストを入れ替えて登場します。またマグニートーの今までに見られなかった家族のエピソードも描かれており、彼の深い孤独や苦悩を観ることができます。

魅力的なキャラクターたちも新キャストで登場、そして歴史が変わった世界で新に結成されるX-MENのメンバーとは?シリーズ最大スケールで描かれる『X-MEN : アポカリプス』、最新作を観る前にぜひチェックしてみてください!

公開 : 2016年8月11日
監督 : ブライアン・シンガー
出演 : ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスペンダー 、オスカー・アイザック(アポカリプス) 、ピーター・マキシモフ(クイックシルバー)

LOGAN/ローガン (2017年)

Amazonで詳細を見る

そして6月1日に公開される『LOGAN/ローガン』。ウルヴァリンのスピンオフにして、そして最後の作品と主演のヒュー・ジャックマンが語っています。
長年の戦いに疲弊し、もはや不死身とはいえなくなってしまったウルヴァリン(ローガン)。ミュータントも絶滅の危機にさらされていました。しかしそんなウルヴァリンの前に現れたのは自分と同じ能力を持つ少女・・・彼はミュータントの未来を守るため、この少女に希望をたくして最後の戦いに挑むことになるのです。
もはや超人とはいえなくなったウルヴァリンの、1人の男としての姿が描かれている人間ドラマにしあがっています。

全世界を熱狂させ続けてきた『X-MEN』シリーズ。最後の作品となる『LOGAN/ローガン』を観る前に、ぜひ今までの作品を振り返ってみてはいかがでしょうか?そして6月はヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンの勇姿を、ぜひ劇場で確かめてみてくださいね!

この記事のキーワード

この記事のライター

Moeka Kotaki

フリーライター。主に映画のことについて執筆中。

関連する記事

あわせて読みたい

mrmk1104
Moeka Kotaki

フリーライター。主に映画のことについて執筆中。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

上岡岳6

上岡岳

アームレスリング元日本代表/ジムトレーナー/生物学博物館学芸員/一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟常任理事

>>ライター紹介