アートで心も豊かに。余韻に浸って食事を楽しむ「ミュージアムカフェ」8選

日本ではまだまだ敷居が高く感じられてしまう「アート」ですが、カフェ巡りも兼ねてみると、とってもリラックスした休日が過ごせます。アートの余韻に浸る「ミュージアムカフェ」のご紹介です。

obara_mitsufumiKeita-Okazima
  • 2,151views
  • B!

アートで心を豊かに

アートは気分を落ち着かせ、心を豊かにしてくれます。
余裕のある男性は、女性の目にも素敵に移りますし、忙しさに追われていても、週末くらいは心に余裕を持ちたいものですよね。

そんな時は、美術館に行くのがオススメ。
それに、ただ絵を見るだけではもったいありません。美術館でアートを楽しんだ後に、その余韻に浸りながら食事を楽しむなんていかがでしょうか?
そんな「デートにもってこい」のミュージアムカフェをご紹介いたします。

Cafe 1894

出典:ganref.jp

住所:東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館
電話番号:03-3212-7156
営業時間:11:00~23:00
定休日:1月1日(不定休)

1894年に三菱一号館が創建された当時、銀行営業室であった場所をカフェとして復元しました。重厚な雰囲気の中、昼はカフェとして夜はビストロバーとして多様な楽しみ方を味わえます。

cafe 椿

出典:bluediary2.jugem.jp

住所:東京都渋谷区広尾3-12-36 山種美術館内
電話番号:03-5777-8600
営業時間:11:00~17:00
定休日:美術館閉館日

毎年近代〜現代の日本画を中心に展覧会を開催する山種美術館内のカフェです。まるでオープンカフェのような空間で、季節の移ろいを眺めながら、アートがもたらす感動の余韻に浸りましょう。

a Piece of Cake

出典:www.worldwidecafe.net

住所:東京都港区南青山6-1-19 岡本太郎記念館
電話番号:03-5466-0686
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日

「芸術は爆発だ」でおなじみの日本アート界の巨匠、岡本太郎の作品を楽しんだ後は、緑あふれる庭でほっこりした時間を過ごしましょう。季節感たっぷりの優しいデザートを堪能する至福のひと時を。

NEZUCAFE

出典:bluediary2.jugem.jp

住所:東京都港区南青山6-5-1 根津美術館内
電話番号:03-3400-2536
営業時間:10:00〜17:00
休業日:月曜日・展示替期間・年末年始

ガラス越しに見る緑は、都心であることを忘れさせてくれます。くつろぎと贅沢が同居する空間で味わうコーヒーとスイーツが、どこまでも心を癒やします。

カフェ ダール

出典:bluediary2.jugem.jp

住所:東京都品川区北品川4-7-25 原美術館内
電話番号:03-5423-1609
営業時間:[火・木〜日]11:00〜17:00
     [水] 11:00~20:00
定休日:月曜日

外光が差し込むほのぼのとした空間で楽しむ豊富なメニューが魅力的。展覧会のイメージに合わせて提供される「イメージケーキ」が特に人気で、お子さんや、アート観賞ビギナーであっても満喫できます。

CAFE すいれん

出典:www.tripadvisor.jp

住所:東京都台東区上野公園7-7 国立西洋美術館 1F
電話番号:03-5814-2891
営業時間:[月〜木・土日]10:00~17:15
     [金]10:00~19:45
定休日:不定休

昼は雰囲気の明るいカフェとして、夜はムーディーなレストランとして多様な楽しみ方ができる国立西洋美術館内のカフェです。店名はモネの名作『睡蓮』に由来しています。ハヤシソースがたっぷりかかった人気の「オムライス」は食べるべき逸品です。

shop x cafe

出典:twitter.com

住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンサイド サントリー美術館
電話番号:03-3479-8600
営業時間:11:00~20:00
定休日:元日

和洋双方の魅力を詰め込んだサントリー美術館内のカフェです。プロデュースをしているのは慶応元年創業の老舗「不室屋」です。企画展による特別メニューもお見逃しなく。

SeTaBi Cafe

出典:www.timesclub.jp

住所:東京都世田谷区砧公園1-2 世田谷美術館 B1F
電話番号:03-3416-2250
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日

ピクニックに大人気の砧公園の一角に位置する、世田谷美術館の地下にあるカフェです。テラス席で食事をすれば、まるでピクニックを楽しんでいるかのような気分にも浸れます。お散歩の途中に立ち寄って、看板メニューのガレットを味わってみて。

最高の休日はミュージアムカフェで

行ってみたいカフェは見つかりましたか?
アート観賞のついででもいいですし、カフェを目的にアート観賞をしてみるのもアリだと思います。
アートで心を豊かに育んだ後は、リラックスできるカフェでこれ以上ない癒しを得てみてはいかがでしょうか。

【人気店から穴場まで】都内最旬おすすめ「BOOKCAFE(ブックカフェ)」2016保存版【10選】

【人気店から穴場まで】都内最旬おすすめ「BOOKCAFE(ブックカフェ)」2016保存版【10選】

VOKKA編集部グルメ班VOKKA編集部グルメ班

この記事のキーワード

この記事のライター

Keita-Okazima

初めまして岡島です。結構雑食な自称ライターです。普段はアルバイター。ウェブ制作とかデザインも興味あります。運動は苦手。家にこもっていたいインドア派ですがアウトドアな人に憧れています。

関連する記事

あわせて読みたい

obara_mitsufumi
Keita-Okazima

初めまして岡島です。結構雑食な自称ライターです。普段はアルバイター。ウェブ制作とかデザインも興味あります。運動は苦手。家にこもっていたいインドア派ですがアウトドアな人に憧れています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介