メンズ香水・永遠の定番。ブルガリの夏に身にまといたいおすすめ香水4選

いい大人ならその身に付けるものには全て気を遣いたいもの。着る服だけでなく、身にまとう香りにもセンスのいいものを選ぶのがスマートな大人と言えるでしょう。自分の印象を決定づけるのに重要な要素を持つ香り。中でもブルガリはメンズ香水の永遠の定番。今回は夏に身にまといたい香水を紹介します。

henomochinヨウスケ@外資系経営コンサル
  • 20,989views
  • B!

ブルガリの香水の歴史は20年と意外にも浅い

ブルガリの発祥は1884年にギリシャの銀細工師の家に生まれたソティリオ・ブルガリが、ローマで銀細工の店を構えたことと言われています。
当時の情勢に合わせてた古典主義、イタリアのルネサンス美術を採り入れた宝飾品は、上流階級の人間を中心に高く評価され、高級宝飾店としての地位を欲しいままにしました。
ブルガリが宝飾品以外に時計、革製品、香水など多角的な商品展開を魅せるようになったのは1900年代後半と、意外にも最近のことです。
日本で最初に発売されたのは1992年のこと。「オ・パフメ オーテヴェール」という緑茶の香りのするフレグランス。元々はジュエリーショップを訪れた顧客向けの限定販売の予定が、想定以上の販売数となったため、これを契機に本格的にフレグランスの販売を開始することになったと言われています。
その後ダージリンティーのプールオム、ジャスミンティーのプールファムなどのティーシリーズで香水界を席巻するようになりました。

「オ・パフメ」はユニセックスのオーデコロンなので使いやすい一本

オ・パフメ コレクションは、緑茶をベースにした「オ・パフメ オーテヴェール」とネパールの奥地で採れ珍重されている白茶をベースにした「オ・パフメ オーテブラン」が2015年6月にデザインをリニューアルしています。
こちらはオーデコロンなので、香りも香水ほど強くなく、瞬間的に楽しめるのが魅力。爽やかなお茶の香りはユニセックスに作られているので、老若男女を問わず万人受けすること間違いなし。一本持っておいて損はないでしょう。
9月30日には中国・福建省のウーロン茶の魅力に注目した「オーテブルー」も登場する予定です。

Amazonで詳細を見る

「ブルガリ マン」シリーズは力強さと優しさのバランスが絶妙

男性向けの「ブルガリ マン」シリーズからは2本。
調香師はどちらともスペインのセビリヤで生まれたアルベルト・モリヤスで、ブルガリのOmnia、BLVのメンズや女性用も手掛けており、ブルガリブランドのフレグランスは何たるかを熟知しているクリエーターとして評されています。

「ブルガリ マン イン ブラック オードパルファム」はスパイシーさと甘さのバランスが絶妙な一本になっています。
スパイシーなトップノートから幕を開け、次第に魅惑的なアンバーラム続いて妖艶ともいえるエキゾチックなチュベローズの香りが始まります。そして地中海を思わせるセンシュアルで温かみのあるベンゾインやトンカビーンのタバコのような香りへと移行し、時間経過による表情の変化を最後まで楽しむことができます。
大人の魅力を感じさせる香りだけに、身にまとう服にも相応の気遣いをする必要があるでしょう。

Amazonで詳細を見る

もう一本は「ブルガリ マン エクストレーム オードトワレ」。先ほどの「ブルガリ マン イン ブラック オードパルファム」のような力強さとセクシーさはないものの、知的さと上品さを感じさせるホワイト・ウッディ・フレッシュの香りが特徴的です。
ピンクグレープフルーツやベルガモットで構成するフレッシュなトップノートから、透明感が際立ったホワイトフリージアやアンバーのフローラルのミドルへ変化。ラストノートはオリエンタルなバルサウッドやベチバーが落ち着きのある上品なアクセントを添えていきます。
品のある香りは周囲にも安心を与えることでしょう。

Amazonで詳細を見る

「プールオム」は定番中の定番

「プールオム」シリーズはブルガリを代表するフレグランスとして名高く、それぞれ人気を博しています。その中でも「ブルガリ ブループールオム オードトワレ」はウッディスパイシーの香りで没個性的にならない魅力があります。
トップノートはカルダモン、サンダルウッドの氷のようなクールさから始まり、次第にジンジャーやガランガルの暖かみのあるスパイシーな香りへ変化して行きます。ラストはイチョウ葉、タバコフラワーのウッディノートへと移行し、どことなくセクシーな余韻を残します。
「プールオム」は定番中の定番だからこそ、個性的な一本が手元にあってもいいでしょう。

Amazonで詳細を見る

スキンケア、デオドラントと合わせて身にまとう空気もスマートに

ブルガリの香水は永遠の定番。とは言え個性的なものと万人受けするもの、それぞれをシーンに合わせて使い分けて行くことが肝要です。
またこうした香水を使う際には、汗の匂いと混じらないようにするのが原則です。特に夏から秋にかけては何かと汗をかく季節。日頃のスキンケア、デオドラントの対策も合わせて行いましょう。香水の香りが悪目立ちするようでは却って悪印象になりかねません。
きちんとしたスキンケア、デオドラントと合わせて香水をプラスし、身にまとう空気もスマートにしていきましょう。

2015年のサマーフレグランスはこれだ!夏の接近戦に打ち勝つメンズ香水4選

2015年のサマーフレグランスはこれだ!夏の接近戦に打ち勝つメンズ香水4選

VOKKA編集部ファッション班VOKKA編集部ファッション班
エルメスのメンズ香水おすすめ【新作から定番まで】

エルメスのメンズ香水おすすめ【新作から定番まで】

yannmayannma

この記事のキーワード

この記事のライター

ヨウスケ@外資系経営コンサル

慶應大学卒業→大手証券会社→外資系コンサルティングファーム。表参道に在住し「日常をドラマに」することに腐心し人生の上質化を目指す日々。酒を飲むこと、酒を飲むように本を読むことが好き。目を離せばすぐに眠りこもうとする遊び心をジャズとビールで蹴飛ばしながら、今日も都心で生きてます。

関連する記事

あわせて読みたい

henomochin
ヨウスケ@外資系経営コンサル

慶應大学卒業→大手証券会社→外資系コンサルティングファーム。表参道に在住し「日常をドラマに」することに腐心し人生の上質化を目指す日々。酒を飲むこと、酒を飲むように本を読むことが好き。目を...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介