【2021年春】ヘアカラーの人気トレンド15選

春は進学や就職など、新たな節目の季節。そんな春はこれまでと少し違った、あか抜けた自分で迎えたいですよね。季節感やトレンドを取り入れたヘアカラーで、よりおしゃれな印象にチェンジしてみてはいかがでしょうか。ここでは2021年春のヘアカラーのトレンドをご紹介していきたいと思います。

yu-miyu-mi
  • 10,829views
  • B!

アイキャッチ画像出典:beauty.biglobe.ne.jp

春のヘアカラーのポイントは?

暖かい春は寒い冬に好まれる温かみのあるヘアカラーから変化し、明るさの感じられるカラーや、花の色を連想させる可愛らしいピンク系カラーなど、清涼感のあるカラーが人気です。
また、進学や就職など、環境の変わる季節でもあるので、グレージュなどの落ち着きの中にもおしゃれ感の感じられるカラーを選ぶ人も多いようです。
春のヘアカラーのポイントは、明るすぎない透明感と軽やかさのあるカラーであるかどうかが重要なので、その点を意識してヘアカラーを選ぶようにしましょう。

春の定番ヘアカラー

グレージュ

定番人気のグレージュは暗髪のなかでも軽さや透明感がしっかり出せる色なので、まさに春にぴったりのカラーです。暗くても透けるようなカラーなので、仕事であまり髪を明るく出来ない人や、就活生にも取り入れやすいカラーです。

ピンクベージュ

ピンクベージュは、暗めでも春らしさ満開の存在感のあるヘアカラーです。暗めなのにどこか儚さも感じるカラーで女性らしい印象にしてくれます。かわいくなりすぎず、意外と挑戦しやすいカラーなので、ピンクが気になる人は是非試してみてはいかがでしょうか。

ラベンダー

透明感の出るラベンダーは、ベージュやアッシュなどと混ぜると綺麗な髪色になります。また、ブリーチの有り無しでも印象を変えることができ、ブリーチありのラベンダーカラーは、透明感のある華やかな印象になり、ブリーチなしのラベンダーカラーは落ち着いた雰囲気の色っぽい印象になります。

2021年トレンドのヘアカラーは?

2021年のトレンドは寒色×ベージュカラーです。不動の人気をキープしているベージュは、2021年も引き続きトレンドになりそうです。そこに地毛の赤みを抑えてくれ、透明感や軽やかさが出る寒色系の色を加えたカラーが2021年のトレンドとなりそうです。

また、年代にもよりますが、韓流アイドルなどの影響からピンクを中心としたハイトーンカラーや赤みを消すシルバーカラーもトレンドとなっていますし、ポイントカラーとしてはインナーカラーや裾カラーも引き続き人気を継続しそうです。

・寒色×ベージュカラー
・シルバーやピンクなどのハイトーンカラー
・インナーカラーや裾カラー

この3点が2021年春に人気のカラーとなりそうです。


2021年春のおすすめカラー15選

春の定番人気カラーやトレンドのベージュカラー、ハイトーンカラーなどを中心に、2021年春におすすめのヘアカラーを紹介していきます。

グレージュ

ここ数年ずっと人気のグレージュカラーは、グレーとベージュを合わせたカラーです。 外国人風の自然なくすみを表現しながらも、アッシュ感が出すぎず、ベージュのあたたかみも出る色合いです。特に日本人特有の赤味、オレンジを綺麗に消してくれるので、赤味やオレンジを消したい人に特におすすめです。
通常のグレージュより少しアッシュ寄りのアッシュグレージュなど、比較的幅広いバリエーションがある色でもあります。

ラベンダーグレージュ

パープル系&グレー&ベージュのいいとこどりをした、ラベンダーグレージュカラー。グレージュはピンク系の色とも相性抜群なので、ラベンダーピンクというやや紫がかったピンクを選ぶと、あたたかみのあるヘアになります。血色感がプラスされた色っぽいグレージュに。暗めのラベンダーグレージュにすると、透明感がありながらも落ち着いた大人の女性の雰囲気になりますよ。

ミルクティーグレージュ

ミルクティーグレージュは、明るめだけど落ち着いた茶系アッシュのミルクティーと、抜け感が特徴的なこなれ感のあるヘアカラー、グレージュを組み合わせた髪色のことを指します。職場や仕事で派手なカラーができない人は自然に透き通るような抜け感と女性らしさを出せる、ブリーチ無しのミルクティーグレージュがおすすめです。
逆にブリーチ有りにすると、外国人のような透明感と明るさのあるヘアカラーになり、ロマンチックな雰囲気を作ることができます。

ピンクアッシュ

派手すぎず落ち着きすぎない絶妙な雰囲気の漂うピンクアッシュは、初心者でも挑戦しやすいカラーです。アッシュの色味が強いと、アンニュイで印象的な雰囲気に、ピンクの色味が強いと、ガーリーでフェミニンな印象に仕上がります。
ブリーチの有り無しでも印象が変わり、ブリーチ有りだとピンクがはっきり出るので個性的で可愛い雰囲気に、ブリーチ無しだと落ち着いた中にも可愛さのある、女性らしい雰囲気になります。ピンクカラー初挑戦の人は、ブリーチ無しでピンクアッシュを試してみるのも良いかもしれませんね。

ピンクベージュ

春らしいピンク系カラーの中でも落ち着いたベージュにピンクを加えたカラーは、女性らしいナチュラルな印象になります。
ベージュは2020年から人気のカラーなので、さりげなくトレンド感を出すこともできますよ。髪の色素を抜くブリーチ無しでもおしゃれに染まるので、ほんのりとしたピンクカラーを楽しみたい人やピンクカラーに初挑戦する人はブリーチ無しのピンクベージュを試してみてもいいかもしれません。

ラベンダーベージュ

透明感のあるカラーが魅力のラベンダーベージュは、薄いブルー寄りの紫が髪の赤みを抑えてくれるので、色落ちしてきたときに髪の赤みが気になるという人にもおすすめのカラーです。
また、ラベンダーは肌を白く見せてくれるので、顔色を明るく見せたい人にもおすすめですよ。暗めにトーンダウンしても重く見えないから、暗髪派やロングの人も取り入れやすいカラーです。

ブルージュ

ブルージュとはブルーとベージュを合わせた色のことを指します。
ベージュにブルーを加えることで髪の毛の赤みをカバーしてくれるので、ツヤ感のある透き通ったヘアカラーになります。また、色の幅も広く、海外セレブ風のヌケ感のあるヘアカラーを手に入れられるのもブルージュの魅力の1つです。
ブルージュは、暗めにカラー入れるとツヤ感がよく出て、黒髪のような重たさもなくヌケ感ある印象に、明るめにカラーを入れるとさらに透け感がアップします。ブルージュを入れることで肌に透明感があるように見せてくれるのも嬉しいですね。

シルバーアッシュ

若い世代を中心に人気がぐんぐん出てきているシルバー系カラーの中でも、人気のシルバーアッシュです。ハイトーンが流行する中、子供っぽい印象になるのを避けたいなら、クールなシルバーがおすすめ。赤みを抜いたアッシュでよりおしゃれな印象になり、肌の透明感を際立たせます。

アッシュグレージュ

比較的誰にでも似合いやすいので、カラー初心者の人も取り入れやすいアッシュグレージュ。日本人の髪によく見られるオレンジがかった色をカバーしてくれるカラーで、艶を出しながらも、少しくすんだ色味であか抜けた雰囲気になるのがポイントです。色の落ち方もきれいなので、退色しやすい髪質にもおすすめですよ。

ブラウンベージュ

ナチュラルで大人可愛い髪色にするならブラウンベージュがおすすめです。少しベージュがかったブラウンベージュは日本人の肌色になじみやすく、魅力的に見せてくれる髪色です。
ブラウンの優しい色味とベージュの柔らかい質感が合わさり、少しくすんだおしゃれな大人の髪色を叶えられます。肌色に馴染んで顔色も明るく見せてくれるカラーです。

ナチュラルベージュ

大人の女性に特におすすめしたいのがナチュラルベージュです。気になる赤みをきっちり消して寒色に寄せつつ、ほんのりと温かみを残した絶妙なさじ加減で派手にならず自然な色合いになります。アッシュまで振り切らないことで、艶感や柔らかさをキープしているので落ち着いているけれども少しあか抜けた雰囲気にしたい人は是非試してみて下さい。

ミルクティーベージュ

昨年からずっと人気のミルクティーベージュは、その名の通りまるでミルクティのようなあたたかくてやさしい髪色のこと。赤みのない柔らかなベージュ系のヘアカラー全般のことを指し、ブラウンよりもほんのりやわらかさがあり、一般的なベージュよりも透明感やくすみ感のある優しい色みが特徴です。
光が当たると透明感を感じさせる髪色になり、ふわふわとしたやわらかい雰囲気にもなるので、モテカラーとして人気のカラーです。若者世代ではブリーチしてカラーを入れる人が多いですが、暗めにミルクティカラーを入れると落ち着いた女性らしい雰囲気になるので、年代問わず取り入れやすいヘアカラーになります。

裾カラー×ピンクベージュ

暗めのヘアカラーにピンクベージュを裾カラーとして取り入れたヘアカラーです。暗めのカラーなら裾カラーも派手になりすぎないので、挑戦しやすいですね。
毛先だけカラーを変えることで、髪色に表情の変化が出ておしゃれな印象になります。

インナーカラー×ゴールド

人気のインナーカラーは、ボブなどの伸ばしかけの髪に飽きた時など、インナーカラーを入れることで雰囲気を変えて、おしゃれに見せることができます。また、定番のゴールドカラーを入れるならベースは暗めのカラーがおすすめ。 暗い髪色とゴールドの相性が良いので、インナーカラーがより引き立ちます。

インナーカラー×グレー

可愛らしい雰囲気を崩さずインナーカラーを楽しみたいなら、グレーの柔らかくさりげないインナーカラーがおすすめです。ベースのカラーもそこまで暗くないので、自然でさりげなくインナーカラーを楽しむことができます。

最旬のヘアカラーで春を先取りしよう

2021年も2020年に引き続き、ベージュベースのカラーや裾カラー、インナーカラーがトレンドになりますが、どのカラーを選ぶかによって印象も大きく変わります。
ここで紹介したトレンドのヘアカラーを上手に取り入れて、季節感のあるヘアカラーを楽しんでくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

yu-mi

食べることと読書が趣味。静岡出身です。

関連する記事

あわせて読みたい

yu-mi
yu-mi

食べることと読書が趣味。静岡出身です。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介