【海外】冬ファッションレディースコーデ

海外のファッションは日本よりも大胆でスタイリッシュなコーデが多いです。いつもの冬コーデにマンネリ化してきた方や、ワンランク上の冬ファッションを楽しみたい方は、この記事から海外のファッションを参考にしてみてください。この記事では、2020年冬のトレンドから冬コーデのポイント、さらに海外流の着こなし方まで解説していきます。

keyyyeエドナ
  • 1,339views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.pinterest.jp

冬ファッションもおしゃれに決めよう

どんどん気温も下がっていき、冬の季節はあっという間にやってきます。クリスマスやお正月などイベントも多い冬なので、おしゃれには気を使いたいものです。冬らしい着こなしにはレイヤードコーデや色使い、シルエット作りなどいろいろと気になるポイントがありますが、こちらの記事ではそんな冬ファッションのポイントを解説しつつ、海外流のおしゃれな着こなしを紹介していきます。きっと役に立つおしゃれテクや着こなしのコツが見つかると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

2020年のトレンド

ナチュラルカラーコーデ

ナチュラルカラーというのは淡いベージュやオフホワイト、ライトブラウンなどの自然素材の色ことを指し、アースカラーよりも薄い色味です。そんなナチュラルカラーを全身に纏ったナチュラルカラーコーデが海外でトレンドになっています。ワンカラーコーデはなかなかハードルが高いイメージもありますが、ナチュラルカラーであれば風景ともなじみやすく、主張が激しいこともないのでトライしやすいのではないでしょうか。

ビビッドカラーアイテム

イエローやブルーなどのビビッドカラーを用いたスーツやロングコート、クラッチバッグがセレブの間で流行していますが、ビビッドカラーアイテムを小物やワンポイントの差し色に落とし込むことでカジュアルにトレンドを取り入れることができます。いつもの何変わらないコーデにも、遊びで色物を取り込むだけで一気にコーデに今っぽさが加わるでしょう。

パンツ×ショートブーツ

海外で今流行しているのは広めの口のショートブーツにパンツをインさせるスタイルです。よく目にするのは無骨なレザーブーツにスウェットをインさせたり、綺麗目なセットアップにキュートなブーツを合わせてインさせたスパイスの効いたコーデなどです。
また、目新しい着こなしに、挑戦しづらいという人は八部丈パンツにショートブーツを合わせたスタイルもおすすめです。ショートブーツの履き口とパンツの裾が重なるくらいで揃えるとトレンディーなスタイルがカジュアルな形で再現できます。

冬コーデのポイント

着膨れ注意

冬は厚手のアイテムが多かったり、重ね着が多くなったりとコーデが着膨れしてしまいがちです。せっかく一つ一つのアイテムがおしゃれでも、着膨れしてしまっては野暮ったく見えてもったいないです。そこで冬コーデのポイントの一つ目は、しっかり着込んだとしてもシルエットが大きくなりすぎないよう調節することだと言えます。薄すぎずタイトなアイテムを用いたり、ベルトを使ってウエストを絞ったりすることで、形に緩急を与えていきましょう。

防寒もしっかり

おしゃれに気を使いつつ、冬は防寒も忘れてはいけません。服選びをする時には、ただビジュアルが好きというだけでなく、素材は何を使っているのか、裏起毛などの防寒対策はしっかりしているかなど、冬特有の判断基準も必要になってきます。おしゃれを意識しつつ、防寒も両立できるアイテムを増やしていくことがおしゃれな着こなしの第一歩です。

地味すぎないカラーコーディネート

春夏はカラフルなコーディネートを楽しみ、秋冬はシックで落ち着いたカラーでまとめるという大きな流れはありますが、秋冬でも地味である必要はありません。基本的にはベーシックカラーを用いつつ、アクセントカラーを用いたり、トーン低めのカラーや渋みカラーを用いたりして冬でも地味にまとまらないように気をつけましょう。

<海外流>冬ファッションのおしゃれな着こなし方

ワンポイントアクセントでスパイスを効かせる

おしゃれな着こなしというと、それっぽい着こなしや統一感のあるコーデをしがちですが、海外スナップでは遊び心のある挑戦的なコーデをよく目にします。ベーシックアイテムばかりを使っていても、着こなし方にアレンジが加わっていたり、ワンポイントアクセントを取り入れていたりと、簡単かつおしゃれな工夫が施されています。
いつもの冬コーデに飽きてきた方は、同じアイテムを使うとしても少しアレンジしてみたり、コーデを足し算・引き算してみたりして新鮮なおしゃれを楽しみましょう。

上手なシルエット作り

冬コーデのポイントでも書きましたが、冬にありがちな着膨れ防止策として、海外スナップからは上手なシルエット作りが参考になります。厚手の素材が多い冬のアイテムはシルエットの強弱をつけるのが難しくなりますが、ベルトなどでウエストマークしたり、ボリューミーなアウターやマフラーを使って強調ポイントを作ったりすることでうまくいきます。

抜け感を活かす

海外のスナップを見ていると、キメすぎないスタイルが抜け感としておしゃれに見えてきます。トレンチコートにパーカーを合わせたり、トップスインせずにラフに着こなしたりと、飾りすぎずにまとめるのが海外流のようです。毎日のコーデで完璧に固めるのも大変なので、たまには抜け感を意識したコーデでおしゃれを楽しむのもありでしょう。

海外スナップから選んだ冬のおすすめコーディネート

ダウンジャケット×ハイネックニット×デニムパンツ

カジュアルでおしゃれなダウンジャケットは冬こそ沢山用いたいアイテムですが、シルエットがどうしても膨らんでしまうのが難しいポイントです。しかしホワイトであれば、軽やかな印象でスッキリ見せてくれ、冬でも使いやすくなっています。インナーも白で統一するとまとまりが生まれるので、ボトムスは違う色味のデニムを合わせて上下のコントラストを楽しみましょう。パンツの裾は少し巻き上げるとカジュアルにこなれ感を演出できるのでおすすめです。

ボアジャケット×デザイントップス×ストライプパンツ

可愛らしいビジュアルと優しい素材感のボアは、近年多くの女性の人気を集めていて、ボアジャケットは今年も注目間違いなしのアイテムです。少しオーバーサイズのボアジャケットにタイトなインナーを合わせて強弱をつけていきましょう。ボトムスはトップスの柔らかいイメージを相殺するようなタイトなストライプパンツを合わせることで、トップスとのバランスを整えていきます。
足元は、カジュアルでありつつもおしゃれ見えするホワイトのスニーカーを合わせてスポーティーなテイストもさりげなくプラスすると面白いかもしれません。

チェックチェスターコート×ハイネックニット×デニムパンツ

トラッドなチェックのチェスターコートは冬こそ使える定番アイテムです。カチッとしたスタイルのコートですが、綺麗目のハイネックニットを合わせたらストレートのデニムパンツで抜け感を出していきましょう。固めすぎないコーディネートでカジュアルなシーンでも使える着こなしを叶えられます。
上品なファッションにはパンプスがぴったりですが、冬ですと寒さも厳しいので、露出の少なめなデザインのものをチョイスしたり、タイツを合わせたりするのがコツです。

ビッグコート×ボーダーシャツ×デニムパンツ

ジェンダーレスなビッグコートをおしゃれに着こなすには、抜け感を意識したラフな着こなしが重要です。ボーダーシャツとデニムパンツというベーシックアイテムはカジュアル味が強いので、このようなビッグコートとも相性が良いです。コートは襟を無造作に立てゆるっと着ながらカジュアルにまとめるのがGOOD。
足元はいつものスニーカーで歩きやすく、リラクシーにお出かけしましょう。

ピーコート×チェックパンツ×マフラー

ピーコートをデイリーに着こなすならこちらのトラッドファッションはいかがですか。イギリス発祥のピーコートはトラッドなチェックと相性がいいのです。首元はボリューミーなマフラーを無造作に巻きつけて視点を上に持っていきましょう。また、パンツは短めの丈でキュートな味付けをしてレザーシューズを活かしていきましょう。

ニット×サテンスカート

ニュアンシーなデザインのニットは上品なサテン素材のスカートを合わせれば意外なドッキングを楽しめます。綺麗めなアイテムを合わせているのでトップスインはあえてしないことでこなれ感と抜け感を出していきましょう。全体的にブラウンベースで揃えることで異素材コーデにもお手軽にまとまりを与えられるので統一感を意識しましょう。

ライダースジャケット×ハイネックニット×デニムパンツ

ハードなライダースジャケットも裏起毛であれば柔らかさも加わる上に、暖かさも増すので真冬にもおすすめのアウターです。ボリューム感満点なハイネックニットはゆるっと着てパンツにフロントだけインさせましょう。フロントのみのトップスインはスタイルをよく見せてくれるのでスタイルカバーしたい人には特に有効です。
かっこよさが際立つカットオフデニムはライダースジャケットとテイストが似て相性も抜群です。足元は黒のショートブーツを合わせてクールにまとめましょう。

ダウンジャケット×パーカー×黒パンツ

アウトドアアイテムをシティになじませたファッションは近年人気が高まっていて、こちらも本格的なダウンジャケットをシティユースしたコーデです。
ごつめのダウンジャケットは首元を開けてパーカーのフードをのぞかせましょう。こなれた装いは上級者っぽく見せてくれます。ボトムスはパーカーの色味と合わせてベーシックな黒パンツを履くことで安定感抜群のコーディネートが出来上がります。

MA-1×編みニット×ベーシックスカート

もともと軍が使用していたミリタリージャケットであるMA-1はメンズライクなテイストで、女性が着こなすには多少のポイントが必要です。長めの編みニットの下にはネイビーのチェックシャツをレイヤードで重ねてコーデに深みを出していきましょう。ボトムスもネイビーのスカートを合わせて統一感を出すと、ホワイトのトップスと組み合わさって冬でもすっきりした軽やかな装いに仕上げられます。

チェスターコート×ハイネックニット×白パンツ

こっくりとしたカラーと素材感が可愛らしいチェスターコートはクールにもキュートにも仕上げられるので一着持っているととても便利です。コートの雰囲気に合わせてトップスは落ち着いたダークブラウンのハイネックニットを合わせて大人っぽくまとめるのがおすすめです。全体的にトーン低めのカラーコーデなので、ボトムスは明るいホワイトのパンツをカジュアルに合わせるとデイリーコーデとしてもバランスがよいでしょう。短めの丈にはショートブーツを合わせるのが今っぽい着こなしです。

赤コート×花柄ワンピース

女性らしい赤コートは存在感が強いだけになかなか使いにくいと感じている人も多いのではないでしょうか。確かにアウターに大胆なカラーが使われているとインナーで何を合わせるか難しくも感じますが、そんな時には潔く花柄のワンピースを合わせてシンプルにガールに決めてみてもいいでしょう。黒タイツを合わせて美脚効果を狙いつつ、ワンピースのベースカラーと合わせて縦長効果も期待できます。

ダウンコート×ニット×デニムパンツ

非常にボリューミーなダウンコートは防寒という観点では最強ですが、おしゃれに着こなすのに苦手意識があるかもしれません。しかしこのようなコートはカジュアルなコーデに馴染ませつつ、おしゃれなアクセや小物を合わせてコーデを昇華させるのがおすすめです。
こちらはカジュアルなローゲージニットとデニムパンツを合わせたのち、品のあるネックレスとベロア素材のショートブーツを合わせてミックステイストをうまく馴染ませています。

ファーコート×タイトトップス×スラックス

海外スナップではよく見かけるファーコートも、日本ではあまり見かけません。派手なビジュアルに圧倒されてなかなか手が出ないのかもしれませんが、使い方のコツさえ抑えれば着こなすのも難しくありません。
このようなゴージャスなファーコートは飾り気のないタイトなトップスとスラックスを合わせるくらいがちょうどいいでしょう。ファーコートの主張が強いのでそれぞれのアイテムは無地がぴったりです。カラーはトップスでシンプルな白を使ったらボトムスでくすみカラーを使って遊んでみるのもありです。

チェックコート×黒トップス×デニムパンツ

ポップなチェックコートはコーデは大胆に着こなしたいものです。カラーを多めに使ったコートなのでトップスとボトムスは色を抑えてベーシックアイテムで固めるくらいがバランスが取れていいです。しかしよく見える足元は帽子はパンチを効かせて厚底ブーツを合わせたりビビッドなカラーを用いたりしてキュートに仕上げましょう。冬のお出かけにぴったりなカラーコーデです。

チェックコート×パーカー×黒パンツ

こちらもチェックコートを使っていますが、カラーは控えめなグリーンやイエローを使っているのでクールにまとめられます。トップスはパーカーとストレートパンツを合わせてカジュアルにメンズライクなテイストを組み合わせましょう。足元はスポーティーなスニーカーを合わせてシティにもストリートにも溶け込む万能コーデの完成です。

冬コーデは海外ファッションを参考にしてみましょう

ここまで海外流の冬コーデを紹介してきましたが、日本のスナップとは違ったファッションで学べることも多かったと思います。お気に入りのコーデをマークしておいて、冬本番に備えておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

エドナ

多分おしゃれが好きな大学生です。切りっぱなしボブにオン眉バングの黒髪はエドナと言われます。

関連する記事

あわせて読みたい

keyyye
エドナ

多分おしゃれが好きな大学生です。切りっぱなしボブにオン眉バングの黒髪はエドナと言われます。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

こばこ5

こばこ

女子大生。

コウ6

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

>>ライター紹介