冬のスカートコーデ【2020−2021最新】ロング丈からブーツの合わせ方まで

女性のデートコーデの定番であるスカートコーデを解説します。冬ならではのスカートコーデのポイントや冬スカートの種類を解説し、おすすめの冬スカートコーデを紹介するのでぜひ参考にしてください。これを読めば、どんなテイストであっても女性らしく履きこなすコツが掴めると思います。

keyyyeEDNA
  • 6,854views
  • B!

アイキャッチ画像出典:withonline.jp

冬のスカートコーデとは

一言にスカートと言えば特定の季節に限られたアイテムではないですが、冬は冬らしいスカートの着こなし方があります。素材や丈感、デザインの季節感を意識したスカートコーデを目指しましょう。
この記事では冬スカートコーデのポイントから冬のスカートの種類、そしておすすめのスカートコーデ を紹介するので、冬スカートを使ったおしゃれなスタイリングの参考にしてください。

冬のスカートコーデのポイント

防寒対策

いくらおしゃれに気を使っても、冬は防寒を忘れてはいけません。おしゃれな防寒対策は季節感のある着こなしにも繋がっていくので、しっかり対策しましょう。
素材は温かいカシミヤやウールなどの天然素材にこだわると寒い日の外出も安心です。丈は好みでミニ丈を履いてももちろんいいですが、ミディ丈やロング丈は防寒がしやすいだけでなく、落ち着いた印象に仕上がげられるので大人のデートコーデにおすすめです。
また、スカートは下から冷たい風が入りやすいので、タイツやロングブーツなどで寒さをブロックする工夫が必要でしょう。

野暮ったく見せないバランス感覚

温かくしようとして色々と着込みすぎるとボリュームが大きくなりすぎてしまったり、ごちゃごちゃとして野暮ったくなってしまいます。特に冬にはロングスカートを履きがちですが、トップスまでボリューミーなアイテムを合わせるときには、おしゃれなバランス感覚が必要です。
何でもかんでも重ねておきたい気持ちもわかりますが、全体のカラーを三色に抑えたり、シルエットに緩急をつかるなど野暮ったく見せないような工夫が必須で、バランスが崩れてしまうようなアイテムは思い切って外していくのも大事です。

靴と合わせたコーディネート

ボトムスであるスカートは、靴選びが重要です。靴との相性がコーデの良し悪しを左右してしまうと言っても過言ではありません。靴選びで特に注目すべきは素材と丈です。素材は基本的にはスカートと靴のテイストを統一させること、丈は緩急のついたバランスを意識することがおしゃれな着こなしのコツになってきます。例えば、温もりのある素材のスカートにはスエードのブーツを合わせたり、ロングスカートにはショート丈の靴でバランスを取ったりしてみましょう。

冬に着るスカートの種類

チェックスカート

チェック柄は一年中使えると言えど、一番相性がいい季節は冬でしょう。最近ではプリントされたチェック柄もありますが、やはりもともとは織物でチェック柄が編み込まれたと考えると、編みアイテムの多い冬の季節がぴったりなのも納得です。
「冬は無地ばかりになってしまう」「なかなか色物を取り入れにくい」という方も、チェックであればさりげなく柄や色を取り入れられるので、そういう方こそ気軽に合わせていきましょう。

コーデュロイスカート

近年注目を集めるコーデュロイ素材ですが、スカートに取り入れるとさらにもう一段階上のおしゃれな着こなしを期待できます。無地であっても存在感のあるアイテムですので、トップスはシンプルなものを合わせるのが基本です。今年トレンドのミントグリーンをコーデュロイスカートに取り入れた最旬スカートには、写真のようにシックな黒アイテムを合わせて冬らしい落ち着いた着こなしにまとめるのが賢いです。

ニットスカート

見た目も温かいニットスカートは冬こそ使いたいアイテムです。少女らしい可愛さが魅力の編みニットスカートや、大人っぽく色気のあるタイトニットスカートなど様々なデザインがあるので、欲しいテイストをデザインで取り込んでいきましょう。

おすすめの冬のスカートコーデ

ハイネックニット×デニムスカート

Iラインが綺麗に作れるペンシルスカートは女性らしいシルエットを生みますが、カジュアルなデニム素材であることでスポーティーなスニーカーと合わせやすくしています。異なるテイストのアイテムも、上手に組み合わせることができればスパイスの効いたファッションを楽しむことができます。
トップスのニットとボトムスのスカートをネイビーで統一したら、他の小物には明るい色を使っていきましょう。重くなりがちな冬コーデにも、バッグに白を使うとコーデがパッと明るくなるので、トレンドのフリンジバッグで出かけたいです。

ニット×フレアスカート

体のラインを出さないようなゆとりのあるニットには、フレアスカートでボトムに広がりを与えると女性っぽさが増します。また、ずっしりとしたニットは軽い素材のボトムスでバランスを取りたいので、このような軽めのスカートを合わせるのがぴったりです。
また、シルエットに緩急をつけるならトップスインするのが基本ルールですが、あえてトップスは入れずにストンと着こなすのが大人のこなれ感を演出します。
仕上げに全体的に布感の強いコーデには、レザーブーツで強めのアクセントを加えるのが良いでしょう。

ニット×レザースカート

Aラインスカートはシルエットを活かすのが着こなしの正解なので、トップスをボトムスにインするのが鉄則です。フロントだけ無造作に入れるおしゃれテクで、ワンランク上のスタイリングを叶えましょう。
レザー素材のボトムスに合わせる靴はレザーのショートブーツで素材を統一しつつ、カラーを外して深みを出していきます。カジュアルなニットでも、レザー素材を合わせていけばエッジの効いたコーデを楽しめます。

ハイネックニット×ニットスカート

ニット×ニットコーデってどうなの?と思われるかもしれませんが、結論からいうとニット×ニットコーデはありです。特に、最近では編み目の細かさが異なるローゲージニットとハイゲージニットを組み合わせる着こなしが流行っています。そんなニット×ニットコーデは、ゆるさを活かしてダボっと着こなしつつおしゃれスニーカーを合わせればカジュアルで女の子らしいビジュアルを作り出せます。温かく可愛い冬コーデはニット×ニットで間違いなしです。

ハイネックニット×チェックスカート

ニット素材やチェック柄は冬の代名詞ですので、冬のきちんとコーデならこちらのコーデはいかがでしょうか。ミニ丈のスカートでも、深みカラーの編みニットと合わせたチェックスカートであれば品のある印象を与えます。また、タイツを履けば防寒になりますし、引き締め効果もあるので一石二鳥です。足元はバッグに合わせてレザーブーツを合わせてまとまりのあるコーデを目指しましょう。

ニットカーディガン×コーデュロイスカート

出典:wear.jp

冬らしいニット素材とコーデュロイ素材は柔らかいテイストが似ているため、合わせやすい組み合わせです。ロングニットカーディガンにはロングコーデュロイスカートを合わせて縦長効果を期待しましょう。また、温かい見た目のボア素材も相性が良いので、バッグなんかに取り入れると良いです。
ブラウンベースのカラーリングやカジュアルで固めたコーデは可愛らしい印象なので、靴でヒールを用いるときには飾りすぎないチャンキーヒールがちょうど良いでしょう。

ボアジャケット×チェックスカート

機能性抜群でハイセンスなボアジャケットは冬に重宝するアイテムです。そんなボアジャケットには、トーンを合わせたミディ丈チェックスカートを合わせて綺麗目にまとめましょう。ベージュトーンコーデは大人っぽさ抜群ですが、さらにアクセントを加えるならボルドーのヒールブーツを合わせて、遊び心も兼ね備えた大人のデートコーデに昇華させましょう。

ダウンジャケット×チュールスカート

カジュアルコーデに落ち着きがちなダウンジャケットも、チュールスカートを合わせればこなれた大人のお出かけコーデが出来上がります。ダークカラーでまとめつつ、遊び心にカラーバッグを合わせてハイセンスな一工夫を加えましょう。
フワッと広がるチュールスカートには、ポイントトゥの黒ブーツを合わせて甘辛ミックスなニュアンスを出すのも良いです。

ノーカラーコート×チェックスカート

襟の付いていないコートをノーカラーコートと言いますが、掴みどころのないノーカラーコートは取り入れるのが難しそうなイメージでしょうか。しかし、そんなノーカラーコートはさらっと羽織ってこなれ感を出してきましょう。また、無地なアイテムにはロング丈チェックスカートが相性抜群です。ハイウエストに履きこなして今っぽく仕上げたら、ヒール低めの靴を合わせて大人っぽいスカートコーデを完成させましょう。

ジャケット×レーススカート

メンズテイストなジャケットも花柄レーススカートを合わせれば、女らしく仕上げることができます。大きなアイテムは白、他は黒ベースにすることでコーデを引き締めていくのがこのコーデのポイントです。
花柄のレーススカートにはエレガントなヒールパンプスがぴったりなので、さりげなくワインレッドを取り入れながらレディに仕上げましょう。

チェックコート×コクーンスカート

クラシックなチェックコートには、モダンなカラースカートを合わせて今っぽく着こなしましょう。また、かっちりとしたコートにはシルエットのついたコクーンスカートがちょうど良いです。それぞれの特徴を活かしつつ、バランスの取れたコーディネートを目指しましょう。
きちんとコーデにはパンプスなどの綺麗目な靴を合わせがちですが、カジュアルなシーンではスニーカーを合わせてみても案外合うので、ぜひ試してみてください。

ダウンジャケット×ニットスカート

アウトドアなアイテムは防寒や機能性に優れているので、デイリーにも使えたら便利です。しかし、ダウンジャケットはトップスのボリュームをアップさせてしまうので、タイトなニットスカートでシルエットを絞っていくのがおしゃれな着こなしのテクニックです。最後に小洒落たスニーカーを合わせれば、動きやすく温かい、冬のスカートコーデの完成です。

チェスターコート×ティアードスカート

しっとりしたチェスターコートは大人っぽさ全開のアイテムで、デートにも使っていきたいアイテムです。コートを羽織っただけの大きめシルエットも、縦ラインを意識したスタイリングでスッキリ見えを狙えるので、ボトムスには軽い素材感のロングスカートを合わせてみてください。また、靴にはロングブーツを取り入れるのも良いです。
ある程度縦ラインがはっきりしてきたら、膨張しがちなボーダーラインがあっても太く見えないので、ベルトやティアードスカートを合わせることも可能です。

ダウンコート×プリーツスカート

黒ダウンコートをおしゃれに着こなすには、ボトムス選びと小物使いが重要です。トップスはカジュアルに振り切って、ボトムスからエレガントなアイテムを使っていきましょう。
深みカラーのスカートと黒ブーツでシックなスタイリングを確立したら、バッグにはアクセントカラーを差し色に使って遊んでみるのも良いでしょう。

ノーカラーコート×プリーツスカート

ロングスカートには同じくロング丈のノーカラーコートを合わせてすらっと魅せましょう。コートのV字カットからはパーカーを覗かせてカジュアルテイストを加えつつ、ボリュームを出していきます。フェミニンなプリーツスカートにカジュアルなパーカーを合わせるのはチャレンジングですが、ロングコートが仲介してくれれば合わせやすさも格段に上がると思います。
足元はパーカーに合わせてカジュアルなスニーカーを合わせると全体的にテイストのバランスが取れるのでおすすめです。

冬もスカートを存分に楽しみましょう

冬に使えるスカートコーデを紹介してきましたが、好みのコーデは見つかりましたか。
コーデごとに冬ならではの着こなしのコツが解説されているので、この記事を参考に、冬も暖かく可愛くスカートを楽しんでください。

この記事のキーワード

この記事のライター

EDNA

ファッション大好きエドナです。

関連する記事

あわせて読みたい

keyyye
EDNA

ファッション大好きエドナです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介