マレーシアの観光スポットおすすめ15選【人気・定番コースから穴場まで】

マレーシアは、ボルネオ島やランカウイなどビーチリゾートとして人気が高いですよね。多民族国家なので様々な文化が入り混じっており、グルメもインド、中華、マレーと幅広いものを楽しめます。マレーシアに訪れて、ビーチリゾートだけに留まるなんて勿体無い!今回は、マレーシアでおすすめの観光スポットを15選ご紹介します。

aimusむる
  • 2,753views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.flickr.com

多民族国家のビーチリゾート・マレーシアってどんなところ?

マレーシアは、一年を通して常夏で気候にあまり差はありません。ただ、雨季と乾季があり、雨季には短時間ですがスコールが降ることがあります。マレー半島の東海岸や東マレーシアは11月~3月、西海岸は5月~9月が雨季です。

マレーシアの公用語はマレー語ですが、英語も準公用語として広く利用されています。また、マレー系の他に中華系やインド系の方も多いため、中華系言語やタミル語を母国語とする人も多くいます。

日本の主要空港からクアラルンプールまでは直行便で約7時間15分かかります。

【1】ペトロナスツインタワー/クアラルンプール

出典:www.flickr.com

高さ452m、88階建てのペトロナスツインタワーは、日本と韓国の会社によってわずか29ヶ月で完成した超高層ビルです。イスラム国家を象徴するように先端がモスクの尖塔のような形をしています。

ショッピングや食事を楽しむことができ、伊勢丹や紀伊国屋も入っているそうです。高層階まで行くにはチケットを購入しなければなりません。クアラルンプールの街を見渡したい方はぜひどうぞ。

【詳細情報】
ペトロナスツインタワー
住所:Concourse Level, Lower Ground, Kuala Lumpur City Centre, 50088 Kuala Lumpur, Malaysia
TEL:+60 3-2331 8080
アクセス:ラピドKLクラナ・ジャヤ線「KLCC」駅直結

PETRONAS Twin Towers

Petronas Twin Towers

【2】国立モスク/クアラルンプール

出典:www.flickr.com

国立モスクは、8,000人を収容できる東南アジア最大級のモスクです。伝統的なイスラム様式と近代建築が融合したユニークな造りになっています。

礼拝室は美しいステンドグラスで飾られ、光が差し込む光景がとても美しいです。また、柱にも精密な幾何学模様の装飾が施されえています。

【詳細情報】
国立モスク
住所:Jalan Perdana, Tasik Perdana, 50480 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia
アクセス:KTMコミューター「Kuala Lumpur」駅より徒歩約10分

【3】スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク/クアラルンプール

出典:www.flickr.com

「ブルーモスク」とも呼ばれるこのモスクは、マレーシア最大、世界4番目の大きさを誇ります。青と白のコントラストが美しいと評判です。

他のモスクにも共通しますが、肌を露出しすぎた格好は控えるのがマナーです。ただ、拝観の際には一応ローブを貸してくれます。バスでのアクセスは、アナウンスもないので少し難易度が高いです。

【詳細情報】
スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク
住所:Persiaran Masjid St., Sekysen 14, 40000 Shah Alam, Selangor, Malaysia
TEL:+60 3-5519 9988
アクセス:クアラルンプール市内から車で約40分程

【4】プトラモスク/クアラルンプール

出典:www.flickr.com

世界に3つしかないピンク色のモスクのうち一つがこちらのプトラモスクです。水上に浮かぶピンク色の姿がとても可愛く美しいですね。

外観も内部もすべてピンク色で、貸してもらえる被り物までピンク色だそうです。クアラルンプール市内から少し離れているので、ブルーモスクとともにツアーに参加するのもおすすめです。

【詳細情報】
プトラモスク
住所:Persiaran Persekutuan, Presint 1, 62502 Putrajaya, Wilayah Persekutuan Putrajaya, Malaysia
TEL:+60 3-8888 5678
アクセス:クアラルンプール市内から車で約40分程

【5】スリマハ・マリアマン寺院/クアラルンプール

出典:www.flickr.com

チャイナタウンのすぐそばにあるスリ・マリアマン寺院は、1873年に建てられたクアラルンプールで最古かつ最大のヒンドゥ教寺院です。「マリアマン」と呼ばれる女神が祭られているそうです。

「ゴプラム」と呼ばれる入口の屋根に塔のように取り付けられた装飾は、その派手さで観光客に大人気です。厳かであるはずの寺院にもかかわらず、カラフルで目立つのがなんともユニークです。

【詳細情報】
スリマハ・マリアマン寺院
住所:Jalan Tun H S Lee, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia
TEL:+60 3-2078 5323
アクセス:LRT、またはKTMコミューター「Pasar Seni」駅から徒歩3分

【6】バトゥ洞窟/クアラルンプール

出典:www.flickr.com

ヒンドゥー教の聖地であるバトゥ洞窟では、鍾乳洞の中にヒンドゥーの神々が祀られています。ただし、洞窟までは272段の階段を登らなくてはならないので歩きやすい靴で行ってくださいね。

階段の横には大きな金色のスカンダ神が神々しく佇んでいます。階段を登るとヒンドゥー神話に基づいて作られた展示物もが飾られています。色あざやかな展示物たちはどれも表情豊かで面白いですよ。

【詳細情報】
バトゥ洞窟
アクセス:KTMコミューター「Batu Cave」駅下車(クアラルンプールから約30分)

【7】ジョホーバル

出典:www.flickr.com

マレーシア最南端に位置するジョホーバルは、クアラルンプールに次ぐマレーシア第二の都市です。ジョホールバルは、ジョホール海峡を横断する土手道でシンガポールと繋がっています。

ジョホーバルでは、ジョホール・プレミアムアウトレットやレゴランドが人気ですが、歴史的建造物も外せません。また、マレー民俗村では、マレーの伝統音楽や舞踏のパフォーマンス、バティック(ろうけつ染め)などが体験できます。

【詳細情報】
ジョホーバル
アクセス:クアラルンプールからジョホールバルまでの鉄道で約6時間

【8】マラッカ

出典:www.flickr.com

過去にポルトガル・オランダ・イギリスに支配されていた背景がある古都マラッカには、ヨーロッパの植民地時代の面影が色濃く残るオランダ広場の赤い教会などの欧風建築物が多く残されています。

また、チャイナタウンでは中華系男性とマレー系女性の子孫が発展させた独特のババ・ニョニャ文化を体験することができます。彼らの料理を味見してみてはいかがでしょうか?

【詳細情報】
マラッカ
アクセス:クアラルンプールから高速バスで約2時間

【9】ペナン島

出典:www.flickr.com

「東洋の真珠」とも称されるペナン島は、マレーシア屈指のリゾート地として多くの観光客に注目されています。ジョージタウンは、マラッカとともに世界遺産に登録されています。

各地から多くの商人が訪れているので、マレー、中華、インドなど多民族の文化が融合しているのも特徴です。ヒンドゥー教、仏教、キリスト教の寺院や教会が乱立しているのも面白いですよ。

【詳細情報】
ペナン島
アクセス:クアラルンプール国際空港から国内線で約1時間

【10】ランカウイ

出典:www.flickr.com

マレー半島西海岸に浮かぶ99の島々からなるランカウイ諸島は、ユネスコの世界ジオパークにも登録されているほど、多様な生態系を形成しています。

3つのジオパークのうち「マチンチャン・カンブリアン・ジオフォレストパーク」には、東南アジア最古と言われる熱帯雨林が生い茂っています。また、マングローブを散策するカヌーツアーもおすすめです。

【詳細情報】
ランカウイ
アクセス:クアラルンプールから飛行機で約1時間

【11】コタキナバル/ボルネオ島

出典:www.flickr.com

マレーシアは西側のマレー半島と東側のボルネオ島の二つに大きく分かれ、世界で3番目に大きな島であるボルネオ島には、マレーシア・インドネシア・ブルネイという3つの国が存在しています。

ボルネオ島内で唯一日本からの直行便が飛んでいるのがコタキナバルで、ボルネオ島の自然を楽しむツアーの出発地にもなっています。また、伝統的な暮らしを続けている民族が住むロングハウスでの体験ホームステイというツアーも遂行されています。

【詳細情報】
コタキナバル
アクセス:クアラルンプールから飛行機で約2時間半

【12】キナバル自然公園/ボルネオ島

出典:www.flickr.com

キナバル自然公園は、キナバル山などの3つの山を中心とした山域を保護する自然公園です。世界最大の花「ラフレシア」や食虫植物「ウツボカズラ」など珍しい動植物を観察できます。初心者には自然公園内に設けられた1時間程度のトレッキングコースがおすすめです。半日や1日かかるコースもありますが、その際はガイドをつけることが推奨されています。

また、東南アジア最高峰を誇る標高4095mのキナバル山に登るのもいいですね。富士山よりも少し高いのですが、整備されているので初心者でも挑戦しやすいです。

【詳細情報】
キナバル自然公園
アクセス:コタキナバルから車で2時間弱

【13】トゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園(TAR海洋公園)/ボルネオ島

出典:www.flickr.com

ボルネオ島といえば美しい海!ボルネオ島の透き通る海と綺麗な珊瑚礁を楽しむには、TAR海洋公園がおすすめです。TAR海洋公園は、サピ島・マヌカン島・ガヤ島・マムティック島・スルグ島の5つの島から形成されています。シュノーケリングはもちろん、パラセーリングやバナナボートなどのマリンスポーツも楽しむことができます。

【詳細情報】
トゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園(TAR海洋公園)
アクセス:コタキナバルからボートで約20分

【14】タートル・アイランド/ボルネオ島

出典:www.flickr.com

セリンガン島・バックンガンクチル島・グリサン島の3島からなるタートル・アイランドでは、ほぼ一年中ウミガメの産卵を見ることができます。中でも5〜10月がベストシーズンです。

現在ウミガメはすべての種が絶滅危惧種となっていて、ウミガメの産卵数が世界一と言われるタートル・アイランドはとても貴重な場所です。貴重な瞬間を目の当たりにしようと多くのエコツアリストが訪れています。

【詳細情報】
タートル・アイランド
アクセス:サンダカンからスピードボートで約50分

【15】サラワク・カルチュラル・ビレッジ/ボルネオ島

出典:www.flickr.com

ボルネオ島のサワラク州には古くからたくさんの少数民族が暮らしていて、サラワク・カルチュラル・ビレッジでは、その中でも7つの少数民族の文化や暮らしを紹介しています。

村内には少数民族の住居が移築・再現されていて、伝統ダンスや歌のショーも1日に数回行われています。ちなみに、紹介されているイバン族は敵対する村の人間を討ち、勇者の証としてその頭部を持ち帰る風習があったことから最強の首狩り族として恐れられていたそうです。

【詳細情報】
サラワク・カルチュラル・ビレッジ
住所:Damai Beach Resort, 93762, Kampung Budaya Sarawak, 93010 Kuching, Sarawak, Malaysia
TEL:+60 82-846 108
アクセス:クチンタウンからバスで45分

Sarawak Cultural Village (SCV) | Sarawak only Living Museum

Sarawak Cultural Village - Experience in Sarawak in Half-a-day at Sarawak Cultural Village and learn about the local culture and lifestyles of the various ethnic groups in Sarawak | Operating Hours: 9AM - 5PM

おわりに

マレーシアは豊かな自然と多様な文化が溢れているとても魅力的な国です。マレーシアに訪れる際は定番のリゾート地以外にも多民族国家を感じる観光をしてみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

むる

デンマークのオーフス大学で修士課程に所属しています。旅行が大好きで、卒業後には世界一周をする予定です。旅のテーマは、海・グルメ・文化!今まで訪れた国は、ヨーロッパと、アジアやオセアニアの海が綺麗な国が中心です。世界中の美味しいものを食べつくし、綺麗な海で遊んで、各地の面白い文化に浸る。そんな旅がしたいです。

関連する記事

あわせて読みたい

aimus
むる

デンマークのオーフス大学で修士課程に所属しています。旅行が大好きで、卒業後には世界一周をする予定です。 旅のテーマは、海・グルメ・文化!今まで訪れた国は、ヨーロッパと、アジアやオセアニアの...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

ハングリィ3

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

yannma4

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介