山形県のご当地グルメ・B級グルメおすすめ12選

東京から新幹線1本で行けて、最近はノスタルジックな雰囲気の「銀山温泉」も人気を集めている山形県のおすすめのご当地グルメ・B級グルメを12選に絞って紹介します。

heewook516heewook516
  • 6,434views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.nihon-kankou.or.jp

山形の食文化

出典:www.konnyakuya.net

こんにゃくとラーメンの消費量が日本一の山形には、こんにゃくを使った料理や風変わりなラーメンがあります。そんな山形の地元から愛されている郷土料理から、B級グルメまで幅広く紹介していきますので、山形に行く際の参考にしてください。

米沢牛

出典:www.takahashi-chikusan.co.jp

松坂・神戸と並ぶ日本三大和牛の一つに数えられる「米沢牛」。米沢市を含む3市5町で育てられた黒毛和牛で一定基準を満たしたもののみ認められるブランド牛です。きめ細かく香りの良い脂が特徴的で、低温でもすぐ溶けるため、とろける食感が味わえます。ステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶでの食べ方が主流です。

登起波

出典:www.yonezawabeef.co.jp

米沢駅より徒歩10分のところにあります。明治27年創業の老舗でお店の1階では精肉店も営んでいるため、店主の牛肉の目利きには定評があります。名物は米沢牛の旨味を十分に堪能できるすき焼きです。お味噌を使ったこだわりの割り下が米沢牛の美味しさを引き立ててくれます。すき焼きのコースは3900円からです。他にもサーロインステーキが人気があります。

住所 米沢市中央7-2-3 登起波牛肉店 2F
TEL 0238-23-5400
営業時間 11:00~21:00 ※火曜定休日

米沢牛お食事処 登起波 公式HP

米沢牛の案山子

出典:deskgram.org

山形駅から徒歩1分のところにあります。米沢まで行かなくても美味しいよ米沢牛が頂けるということで観光客でにぎわっています。定番のすき焼きやサーロインステーキなど幅広くメニューを用意しています。ステーキ丼(3485円)は米沢牛を贅沢に丼ぶりで食べられるということで人気があります。ランチは1780円からありますので、お得に米沢牛を楽しむことも出来ます。

住所 山形市香澄町一丁目16-34 東口交通センター 2F
TEL 023-687-0291
営業時間 11:00~22:00

山形牛ステーキ&焼肉かかし

玉こんにゃく

出典:www.mrsn.co.jp

山形のソウルフードで「玉こん」の名で親しまれています。各家庭でも食べられていますが、お祭りなどの屋台の定番メニューでもあります。串に刺した玉こんにゃくを水を使わず醤油で煮て、カラシを付けて食べます。ダシはスルメを使うことが多いですが豚肉を使う地域もあります。

千歳山こんにゃく店

出典:sumally.com

山形駅から車で7分ほどのところにあります。創業80年余りの老舗で日本家屋でこんにゃくを使った様々な料理は勿論のこと、お土産も買うことが出来ます。「玉こん」は一串150円で味がよく染みています。他にも柚子の風味の効いた「みそでんがく」も一皿150円で頂けます。

住所 山形市松山3-14-1
TEL 023-623-6669
営業時間 11:00~18:00 ※月・火曜定休日

山形名物 千歳山こんにゃく店 公式HP

冷やしラーメン

出典:gurutabi.gnavi.co.jp

山形の郷土料理であり、日本の最高気温記録を持っていたこともある山形の土地柄が生み出したご当地ラーメンです。冷やし中華とは違い、スープも麺も一般的な醤油ラーメンと変わらず、違うのは冷たいというだけです。お店によっては氷が入っているところもあり、味は醤油が多いです。夏季限定のお店も多いので注意が必要です。

栄屋本店

出典:ramenblog.info

山形駅から車で5分ほどのところにあります。昭和7年創業の老舗で元祖「冷やしラーメン」のお店でもあります。ラーメンの脂が冷やしても固まらないように改良を重ねて完成させたそうです。スープはあっさりとしていて、ほのかに酸味がありますが、コクもあります。「冷やしらーめん」750円です。お土産用も販売しています。

住所 山形市本町2-3-21
TEL 023-623-0766
営業時間 11:30~20:00(10月から3月は19:30まで)※水曜定休日(祝日の場合は翌日休み)

栄屋本店 公式HP

鬼がらし本店

出典:www.travel.co.jp

山形駅から車で7分ほどのところにあります。味噌ラーメンの名店で「みそラーメン」は辛さを5段階から選ぶことが出来ます。冷やしラーメンは一般的に醤油ベースが多いですが、こちらでは夏季限定でありますが「冷やしみそラーメン」750円を頂けます。魚介出汁の効いた、コクのあるスープは地元からも愛されています。

住所 山形市南原町3-9-38
TEL 023-631-0202
営業時間 11:00~16:00 17:30~21:00 ※水曜定休日

鬼がらし 本店 [食べログ]

寒鱈汁(どんがらじる)

出典:www.zyr.co.jp

庄内地方を中心とした郷土料理で、冬の風物詩でもあります。冬に獲れる「寒ダラ」を余すことなく使用したお汁が「どんがら汁」です。「どんがら」とは、この地方で魚をさばいた後に残ったもののことを指さします。骨のダシまで十分に出たスープとプリプリの白子や脂ののったアブラワタは格別です。

味の店 スズラン

出典:www.arukinet.com

山形駅から徒歩5分のところにあります。日本海で獲れた新鮮な海鮮と豊富な地酒を用意しています。芋煮などの郷土料理も幅広く取り揃えていて、お値段もお手頃だと定評があります。「どんがら汁」は500円で頂けます。

住所 山形市香澄町2-10-5
TEL 023-642-2911
営業時間 11:00~23:00

味の店 スズラン 公式HP

どんどん焼き

出典:eatravel.blog.shinobi.jp

山形のソウルフードである「どんどん焼き」は小麦粉を水で溶いた生地を伸ばして焼き、魚肉ソーセージや海苔をのせて、割りばしに巻きつけて、ソースをかけたものです。日本各地に「どんどん焼き」という名の近いものはありますが、山形の「どんどん焼き」は昭和初期に東京で修業した大場亀吉が山形に持ち帰り、リアカーで販売していたのが始まりと言われています。今でもイベントの屋台などの定番メニュー
であります。

どんどん焼きの店 どんべい

出典:retty.me

北山形駅から徒歩20分ほどのところにあります。どんどん焼き専門店でテレビで紹介されたこともあるお店です。「どんどん焼き」は200円ですがボリューム満点です。チーズ入りでマヨネーズとかつお節がたっぷりかかった「どんべい焼き」350円も人気です。平日は地元の学生で賑わっています。

住所 山形市六日町7-23
TEL 023-633-1613
営業時間 11:00~20:00 ※水曜定休日

どんべい  [食べログ]

おやつ屋さん

出典:dondonyaki.net

山形駅から徒歩5分のところにあります。「笑神様は突然に」で紹介されたこともあるお店で、土日は行列が出来ることもあります。どんどん焼き(200円)はあっさり醤油と定番のソースから選べます。他にもチーズやカレーなどとバリエーション豊富なのも魅力の一つです。

住所 山形市城南町2-6-16  
TEL  023-646-1344
営業時間 9:30~19:00 ※第一月曜休み

山形どんどん焼き 「おやつ屋さん」 公式HP

芋煮

出典:ssl.yamagatakanko.jp

山形を代表する郷土料理で、主に秋に食べられています。お醤油ベースが主流で里芋やお肉、コンニャク、ねぎと一緒に煮込んだものが多いです。味付け、具材は県内でも地域によって異なるのでお気に入りの芋煮を見つけてください。また秋には芋煮を振舞う「芋煮会」が公園や河川敷などの各地で行われ、県民にとっての大イベントでもあります。

山形長屋酒場

出典:www.convention.or.jp

山形駅から徒歩1分のところにあります。古民家風の落ち着いた雰囲気の居酒屋です。山形の郷土料理や地酒を楽しめます。芋煮鍋は4種類から選べて、それぞれ2~3人前で2480円です。

住所 山形市香澄町1-8-8 山形第1ビル 1F
TEL 023-633-9005
営業時間 17:00~0:00

山形長屋酒場 公式HP

いのこ家 山形家

出典:www.jalan.net

山形駅より徒歩2分のところにあります。米沢牛と美味しい豚しゃぶしゃぶが名物の郷土料理を中心とした居酒屋です。小さめのいろり鍋で頂く芋煮は850円です。ランチメニューも豊富な品揃えです。

住所 山形市城南町1-1-1 霞城セントラル1F
TEL 023-647-0655
営業時間 平日  17:00~23:00
     土日祝 11:30~14:30 17:00~23:00

いのこ家 山形田 公式HP

赤湯ラーメン

出典:media.takumen.com

南陽市の「龍上海」で提供され始めたご当地ラーメンです。山形では醤油ベースのラーメンが多い中、こちらでは味噌ラーメンに辛味噌がトッピングされているスタイルで、辛味噌を徐々に溶かしながら、自分の好みでの味で食べることが出来ます。「幅広い年齢層に支持される味」がコンセプトで煮干し、鶏ガラ、豚骨を使ったあっさり系のスープと多加水麺がよく合います。

龍上海 赤湯本店

出典:okitamaok.com

赤湯駅から徒歩20分ほどのところにあります。県内外に9店舗あるうちの本店です。開店30分前から並ぶほどの人気があります。「赤湯からみそラーメン」は780円です。山形に行く際には是非食べて頂きたい一品です。

住所 南陽市二色根6-18
TEL 0238-43-2952  
営業時間 11:30~19:00 ※水曜定休日

赤湯ラーメン「龍上海」 公式HP

ジンギスカン

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

05micco1

05micco

神奈川在住の女子大生。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。最近は喫茶店に夢中!オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ3

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

yannma4

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介