【大阪】日帰りにもおすすめのツーリングスポット9選

関西・近畿地方の中心的都市である大阪府。大阪城をはじめとした観光名所が揃い、湾岸の新しいレジャースポットは多くの観光客で賑わいます。天下の台所とも呼ばれた大阪で日帰りにもおすすめするツーリングスポットをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 29,469views
  • B!

アイキャッチ画像出典:global.yamaha-motor.com

天下の台所を走る大阪のツーリング

出典:global.yamaha-motor.com

出典:global.yamaha-motor.com

関西・近畿地方の中心で、東京に次ぐ第二の都市である大阪府。江戸時代には商業や物流の中心地であったことから天下の台所とも呼ばれており、大阪城をはじめ多くの文化財や名所・旧跡には多くの観光客が訪れます。

大阪湾に面したシーサイドや山間のワインディングなどツーリングに好適なスポットもあり、グルメ・温泉とも多彩。日帰りで出掛けられるツーリングと組み合わせて、休日のライディングを満喫できるでしょう。

大阪府で日帰りにもおすすめするツーリングスポット、今回は大阪市街地から離れたエリアをメインに10ヵ所をご紹介します。

1.能勢街道~「能勢温泉」

出典:noseonsen.jp

名称:能勢温泉
住所:豊能郡能勢町山辺409-81
電話:072-734-0041
駐車場:有り
入浴料:700円~
営業時間:10:30~21:00

池田市のエリアから国道173号・能勢街道を北へ。能勢街道は兵庫県を経由して大阪府の北部につながる道路で、知明湖などの眺めを楽しみながらツーリングができます。

目的地は行者山の麓にある「能勢温泉」で、自然に囲まれた温泉宿。自家源泉100%の天然ラジウム温泉で大浴場や露天風呂などを用意しており、日帰り入浴ができます。カルシウムイオンやナトリウムイオンを豊富に含有する湯で、四季折々の里山の風景と共に癒しの一時を過ごせる温泉です。

食事とセットになったプランもあり、おすすめはランチバイキング+温泉のプラン。焼肉&鮪フェアを開催しており、地元野菜を使ったメニューなどバラエティ豊かに取り揃えています。

webサイト:能勢温泉

2.竹ノ内街道~「太子温泉」

出典:taishi-onsen.com

名称:太子温泉
住所:南河内郡太子町山田1131
電話:0721-98-4126
駐車場:有り
入場料:620円~
営業時間:8:00~21:30
休業日:第3水曜日

出典:taishi-onsen.com

国道170号を南へ走り、白鳥の交差点から国道166号・竹ノ内街道へ。石川を渡り昔ながらの風情ある街並みをツーリングしたら、道の駅「近つ飛鳥の里・太子」に立ち寄ってから「太子温泉」へ向かいます。

目的地の「太子温泉」はアルカリ性単純泉で、100%源泉を使用する天然温泉施設。大浴場の岩風呂や露天風呂を備えており、檜の香り漂う露天風呂からは四季折々に移り変わる万葉の里の景色を望めます。館内にはレストランがあり、和食を中心に多彩なメニューを揃えていますので、ランチはこちらでいかがでしょう。

webサイト:太子温泉
webサイト:道の駅「近つ飛鳥の里・太子」

3.府道202号~「瀧谷不動明王寺」

出典:www.takidanifudouson.or.jp

名称:瀧谷不動明王寺
住所:富田林市彼方1762
電話:0721-34-0028
駐車場:有り
受付時間:8:30~16:30

出典:www.takidanifudouson.or.jp

出典:www.osaka-michinoeki-kanan.jp

名称:道の駅「かなん」
住所:南河内郡河南町神山523-1
電話:0721-90-3911
営業時間:9:00~17:00(平日)
     8:30~17:00(土日祝日)
休業日:12/31~1/4

国道170号を南へ向かい錦織の交差点から府道202号へ。府道202号で滝谷公園の近くを走り「瀧谷不動明王寺」へ向かいます。「瀧谷不動明王寺」は日本三大不動の一つともいわれ、弘法大師に縁のある寺院。大師一刀三礼の霊像と伝わる「不動明王・矜羯羅童子・制吒迦童子」が祀られており、交通安全や厄除けなどの御祈祷が行われています。

「瀧谷不動明王寺」で参拝した後は再び府道202号を走り、国道309号沿いにある道の駅「かなん」へ。地元で採れる新鮮な野菜をはじめ特産品やオリジナルグッズなど多彩に取り揃えていますので、お土産にいかがでしょう。

webサイト:瀧谷不動明王寺
webサイト:道の駅「かなん」

4.府道29号~「岸和田カンカンベイサイドモール」

出典:k-cancan.jp

名称:岸和田カンカンベイサイドモール
住所:岸和田市港緑町2-1
電話:072-436-9955
駐車場:有り
営業時間:09:00~20:00(1F)
     10:00~20:00(2F・3F)

出典:k-cancan.jp

カンカンウォール

NORTHSHORE 岸和田カンカンベイサイドさん(@northshore.kishiwada)がシェアした投稿 -

大阪市から府道29号を南へ。府道29号は湾岸エリアを走ることができますので、随所で大阪湾の眺めを望むツーリングができるルートです。

岸和田のエリアに入ったら目的地の「岸和田カンカンベイサイドモール」へ。こちらは各種のスポーツが楽しめるアクティビティゾーンのウェストと、スーパーやショップなどが充実したイーストの2ゾーンで構成されるアウトレットモールです。ウェストには国際基準のクライミングウォール「カンカンウォール」があり、人気上昇中のクライミング体験ができることもポイント。「オーシャンサーカス」では様々なイベントやパフォーマンスが開催されており、新しいスタイルを感じられるモールです。

グルメスペースも和・洋・中・イタリアン・オリエンタルなど多彩な取り揃え。おすすめはカフェ&ダイニングの「ノース ショア」で、野菜や果物たっぷりのヘルシー&フォトジェニックなサンドイッチなどを用意します。

webサイト:岸和田カンカンベイサイドモール

5.国道170号~「花の文化園」

出典:gfc-osaka.com

名称:花の文化園
住所:河内長野市高向2292-1
電話:0721-63-8739
入園料:540円(2~11月)
営業時間:9:30~17:00(変動有り)
休業日:月曜日(祝日の場合は翌日)

出典:gfc-osaka.com

出典:kuromaro.com

名称:ビュッフェレストラン奥河内
住所:河内長野市高向1218-1
電話:0721-53-3030
営業時間:10:30~14:00

国道170号で「白鳥陵古墳」や「清寧天皇陵」「錦織公園」などを眺めながら南へツーリング。河内長野市の中心部に入ったら文化園口の交差点を左折して「花の文化園」へ向かいます。

「花の文化園」はクレマチス園やバラ園など、エリア毎に四季折々の花々を鑑賞できる公園。園内にはシンボル的なピラミッド型の大温室があり、熱帯の花木やサボテン・洋ランなど貴重な植物も育てられています。こちらは遊歩道も整備されており、森林浴をしながら散策できることも魅力的です。

「花の文化園」で花々を観賞した後はすぐ近くにある道の駅「奥河内くろまろの郷」へ。こちらにある「ビュッフェレストラン奥河内」では、地産地消を掲げ地元の新鮮野菜をたっぷり使った料理をビュッフェスタイルで用意。タイミングが良ければ、スーパーなどで見かけない希少な野菜も味わえるかもしれません。

webサイト:花の文化園
webサイト:道の駅「奥河内くろまろの郷」

6.府道705号~「金剛山」

出典:www.konanso.com

名称:金剛山ロープウェイ(駐車場)
住所:南河内郡千早赤阪村大字千早1330−2
電話:0721-74-0210
駐車場:有り
運賃:1,420円(往復)

出典:www.konanso.com

大阪金剛山 Diamond terrace

出典:www.konanso.com

名称:香楠荘・ひとやすみ くすのき
住所:南河内郡千早赤阪村大字千早1313-2
電話:0721-74-0321
営業時間:11:00~15:00(平日)
     11:00~16:00(土日曜日)

国道309号を南へ向かって走り、森屋の交差点から府道705号へ。府道705号で渓谷沿いや山間のワインディングをツーリングして奥部のエリアを目指します。

目的地は「金剛山」で、麓に駐輪してから「金剛山ロープウェイ」に乗って向かいます。標高975mの山頂駅までは、眼下に広がる絶景を眺めながらしばし空の旅。山頂駅には隣接して「大阪金剛山 Diamond terrace」があり、高野山をはじめ360°に広がる大パノラマを望めます。

山頂駅の南側には食事や宿泊ができる「香楠荘」があり、ランチにおすすめ。金剛山の湧水を使って打たれるコシの強い蕎麦が一押しで「葉わさびそば定食」や「冷やし山菜とろろそば定食」などを用意します。

webサイト:香楠荘

7.阪神高速4号湾岸線~「関西国際空港」

出典:ja.wikipedia.org

名称:関西国際空港
住所:泉佐野市泉州空港北1
電話:072-455-2500
駐車場:有り

阪神高速4号湾岸線で大阪湾の湾岸をツーリングして、りんくうJCTから関西空港自動車道へ入ります。目的地は大阪湾に浮かぶ人工島の上に建設された国際空港の「関西国際空港」。レストランやショップが多彩に出店しており、5Fにあるスカイデッキからは迫力ある飛行機の離発着や360°のパノラマを楽しめます。

そして3Fにあるスカイミュージアムでは全長約30mのターミナルビルと旅客エプロン模型をはじめ、各種シミュレーターなどを展示。エントランスホールのスカイショップタウンは、バラエティ豊かなエアライングッズを販売しています。合せて楽しみたいのが空港グルメで、レストランは和・洋・中・イタリアンから大阪名物のコナモンまで多彩な取り揃え。展望ホールにある「レジェンドオブコンコルド」では、予約すれば機内食を味わえます。

webサイト:関西国際空港

8.府道40号~「奥水間温泉」

出典:www.okumizuma.jp

名称:奥水間温泉
住所:貝塚市木積3159
電話:072-478-8511
駐車場:有り

出典:www.okumizuma.jp

名称:日帰り入浴
入浴料:1,000円
    (平日のみ、休前日・繁忙期は不可)
営業時間:11:00~20:00

出典:www.okumizuma.jp

国道26号を南へ向かい畠中2丁目の交差点から府道40号へ。府道40号は阪和自動車道をくぐった付近から山間に入り、緑の囲まれた中で渓谷沿いのツーリングができます。

目的地は妙楽寺を過ぎた先にある「奥水間温泉」で、奇跡の湯とも呼ばれる天然ナトリウム泉の温泉宿。眼下に渓流を見下ろす露天風呂は、四季折々に表情を変える自然の中で森のマイナスイオンを感じながら楽しめる温泉です。こちらは平日であれば日帰り入浴のみで利用することもでき、食事や個室休憩とセットになったプランなども用意しています。

おすすめは広間での昼食と温泉がセットになった平日限定のランチプランで、食事は「松花堂弁当」や「天重」などのメニューから選ぶことができます。利用できない日もありますので、事前に電話確認をしてからどうぞ。

webサイト:奥水間温泉

9.府道63号~「淡輪ときめきビーチ」

出典:www.tannowa.or.jp

名称:淡輪ときめきビーチ
住所:泉南郡岬町淡輪4582
電話:072-494-2141
駐車場:有り

出典:www.tannowa.or.jp

りんくうタウンのエリアから府道63号に入り、大阪湾や関西国際空港を眺めながらシーサイドをツーリング。なみはやグランドを過ぎたら府道204号を経由して府道752号を南へ走ります。

目的地は「淡輪ときめきビーチ」で、BBQ場が整備されておりシーズンには潮干狩りや海水浴が楽しめるスポット。周辺には「淡輪ヨットハーバー」や「里海公園」などもあり、様々なアクティビティが用意されています。BBQは無料で利用できる持ち込み用のスペースの他に、予約して利用するテント・テーブル・ベンチなどが揃った手ぶらで楽しめるスペースも用意。食材は「海鮮BBQ」や「焼肉BBQ」などのセットを予約することができ、手軽に味わえる「アサリ鍋」も人気です。

webサイト:淡輪ときめきビーチ

バラエティに富んだ大阪のツーリングスポット

各地の温泉や観光名所をはじめ、アウトレットモールや空港などバラエティ豊かなスポットが揃う大阪。日帰りのツーリングと組み合わせることで様々な楽しみ方があり、休日のライディングが充実するでしょう。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 高速道路や一部の有料道路は125cc以下のバイクが通行できません。
※ 季節によって閉鎖される道路や休業するスポットもあります。
※ 道路工事や交通規制により通行できない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介