現地取材!中米コスタリカのおすすめお土産10選【食べ物・お菓子/雑貨別】

自然のゆたかな中米コスタリカは、北南米の結節点、多彩な動植物に囲まれ、日本とは一風違うお菓子や雑貨類が豊富にあります。定番から斬新なものまで幅広く紹介していきます。

na_bird_hal19名取 道治
  • 9,122views
  • B!

What country is Costa Rica?

出典:matadornetwork.com

中米の先進国たるコスタリカ。
環境×観光×地域=エコツーリズムの発祥地であり、自然を観光資源に発展しました。
「郵便番号のない国」「軍隊のない国」風変わりな体制も興味をひくところです。
中米では政情の安定した治安のいい国です。生物多様性・固有性は抜群にゆたかです。
自然と人の共存を垣間見れる、今おすすめしたい不思議な国です。

〈基本情報〉
□公用語:スペイン語 / 英語も少し通じます
□通貨: コロン / 観光地ではドルも可
□時差: -15時間
□交通: バス / タクシー
□航空: アメリカorカナダorメキシコ経由

「食べ物・お菓子」 +「雑貨」

情報を円滑に伝えるため、「食べ物・お菓子」+「雑貨」という2分類にわけて記載。現地取材を踏まえ、5つずつ珠玉のお土産を紹介していきます!

お土産・食べ物お菓子 / FOOD & SNACK

出典:matadornetwork.com

コスタリカは森林の恵まれたゆたかな風土ゆえ、熱帯植物の果実、カカオやコーヒー豆、パッションフルーツ、ココナッツなど、幅広い恵みを享受しています。近年観光地化に伴って、お土産としての商品開発も進み、自然にひたれる多様な食品を堪能できます。

RANK 5: Salsa Lizano / サルサ・リサーノ

出典:chillychiles.com

第5位は、コスタリカの国民的調味料、サルサ・リサーノ! コスタリカの家庭には必ずある、肉や魚やごはん、なんでもいける万能調味料。国民料理である「ガジョ・ピント」(黒インゲン豆の入ったご飯に、玉葱、ピーマン、コリアンダーリーフ等を添え、豆の煮汁で炒めたもの)にも、サルサ・リサーノは使われます。コスタリカの国民的な味、日本の家庭でも楽しく味わいましょう。

RANK 4: Sweet Jelly / ゼリージャム

出典:www.pinterest.jp

第4位は、コスタリカの天然の果物をもちいた、素朴な味のジャム! ジャムは保存もきく上、すきとおった水で生長した果実のジャムは豊潤な味わい。熱帯性の果実をいかしたココナッツペーストジャム、マンゴージャムは首都の市場で販売。山間部のParaiso Quetzal Lodge(野鳥のケツァールをみれるロッジ)にいったところ、木苺ジャム、ブルーベリージャムなど、寒冷な山間部ならではのジャムもありました。コスタリカの大自然の生んだゼリージャム、ぜひ味わいましょう。

RANK 3: Britt Chocolate / ブリット・チョコレート

出典:www.amazon.com

出典:www.cafebritt.com

第3位は、パッションフルーツ、コーヒー豆、ココナッツをチョコでまるくつつんだ、Britt Chocolate! 目をひくのは豊富な味の種類。その上、チョコと妙絶にマッチ。まるい粒で数もたくさん。4粒入りから販売されており、お土産として、数・味ともに多様なニーズに応えています。空港に試食スペースとともに大量に販売されており、帰国時に買えます。迷ったらBrittが安泰です。

RANK 2: Sibú Chocolate / シブ・チョコレート

出典:sibuchocolate.com

出典:sanjose-kikou.blogspot.jp

第2位は、100%オーガニック手作り、口どけのやわらかなシブ・チョコレート! Sibúとはコスタリカ先住民Bribri・Cabecarの崇める、生命の創造主の名前。環境に配慮したカカオ栽培、自然崇拝の理念など、コスタリカの国民性を凝縮した商品です。人目のひくかわいいパッケージ。高品質のチョコを買いたいなら、BrittよりSibúのチョコがおすすめ。コスタリカの「六本木」と個人的に呼んでいる洒落た街"Escazú"に店舗を構えています。

Sibú Chocolate 店舗位置 (Google Map)
Sibú Chocolate 公式サイト

RANK 1: Coffee Beans / コーヒー豆

出典:www.amazon.com

第1位は、コスタリカ屈指の名産品、香り高いコーヒー豆! コスタリカの山奥でたくましく育ったコーヒーは、新鮮な水と空気のなかに育ち、世界に通用する上品さ。コクのある香ばしさは、まろやかに口に広がります。気分転換にも最適。町のスーパーやセントラル市場でよく販売されています。Brittの商品が力をもっていますが、現地取材したこともあって隠れ名店を紹介いたします。

Cafeoteca

出典:kalu.co.cr

コーヒー豆で1番おすすめのお店。サンホセにある"Cafeoteca"! このお店のコーヒー豆は、コスタリカでも最高級の品質。「Geisha」というコーヒー豆を購入して、飲んでみたところ、雑味がほとんどありません。コーヒーの上質なエキスのみをひきだしたような力のある味でした。酸味と苦みの適度なバランス。焙煎の腕も一流。とろけるような味を堪能するなら、"Cafeoteca"一択です。

Cafeoteca 店舗位置 (Google Map)
Cafeoteca 公式サイト

お土産・雑貨別 / GOODS

出典:matadornetwork.com

コスタリカ人はみんな芸術家気質。レストランの壁に落書きされた絵さえ、熱帯ならではの色彩感覚と情熱性があります。ゆたかな自然が生かされています。例えばチョウ、ナマケモノ、カエル、トゥカン、ケツァールといったコスタリカ固有の生物がよく描かれます。特色あるお土産がたくさん! 木彫りの器、羽に描かれた鳥の絵など、自然由来! 部屋に飾るだけでインテリアになる雑貨類、必見です!

お土産ストリート

出典:puravidaguide.com

サンホセ市内に外れのないお土産ストリートがあります。Mercado Nacional de Artesanías(ナシオナル・デ・アルテサニアス市場)という市場でコスタリカ国立博物館に隣接する位置にあります。観光地に比べ価格帯も抑えられ、品揃えも豊富にあるので、この市場で選んでみるのがおすすめです。値切り交渉もできる上、心の広い商人に頼めば、扇子等の商品に文字を掘ってもらえます。

Mercado Nacional de Artesanías (Google Map)

RANK 5: Hammock / ハンモック

出典:kellymarielane.com

第5位は、そよ風に吹かれながら、外で安らかに眠れる、ハンモック! コスタリカ人はハンモック好きで、コスタリカ大学のキャンパス内にもハンモックがあるほど。眠る人、読書にふける人、自然の景色をみる人、となり同士で会話する人、和やかな空気でいっぱいです。ハンモックは自分の体の形に沈みこみ、少しゆれることもあって、ばつぐんの寝心地。自分の家の庭、リビングにスペースがあるならば、1つハンモックを買ってみるのもおすすめしたいです!

RANK 4: Carved Wooden Masks / 木彫りの仮面

出典:www.delapuravida.com

第4位は、独特の色彩をもち、躍動性のゆたかな、木彫りの仮面! コスタリカは工芸と色彩のセンスのよさを活かして、みたことのない固有の仮面がずらりとあります。胸の奥のほうがむずがゆくあるような、だがそれでいてほれぼれと視線を奪われるような、情熱的な造形美があります。スーツケースにいれて持ち帰るのがたいへんゆえに第4位としましたが、空輸等も可能です。一生の財産になりそうです。

RANK 3: Folding fans / 扇子

出典:www.amazon.com

第3位は、熱帯の猛暑もへっちゃら、好きな文字を掘ってくれる扇子! コスタリカ特有の色彩はここでも光ります。布地にはコスタリカの生物たちが描かれ、サッとひらくばかりで旅の景色がよみがえるようです。特筆すべきは、店の人によっては頼むと、扇子の親骨に文字を掘ってくれます。私は母の名前を掘り、プレゼントしました。相手の胸に訴えかけるサプライズもできます。お土産ストリートによく販売されています。

RANK 2: Carved wooden dishes / 木彫りの器

第2位は、ハミングバードとカエルの描かれた、色彩ゆたかな木彫りの食器! コスタリカは熱帯雲霧林の茂る風土ゆえ、木材の生産が多く、木をつかった器がよくみられます。木製の食器はとりわけ必見です。木肌のやわらかい香りを嗅ぎつつ、たのしく料理を食べられること間違いなし。絵の色彩は鮮烈で、インテリアとしても映えます。

RANK 1: An oil painting of birds on a feather / 羽根に描かれた鳥の絵

第1位は、本物の羽根に絵の具で描かれた、ハミングバード、トゥカン、ケツァールの絵! 羽根に絵を描くという斬新な構図に、釘付けになります。羽根の色も背景として、妙絶なうつくしさを演出。額縁に入れてあり、そのまま壁にかけられます。ものによっては1000円以下で購入できます。コスタリカの観光では、バードウォッチングが盛ん。葉に隠れた鳥をみつけた喜びを、胸によみがえらせるように、羽根に描かれた絵をぜひみてみることをおすすめしたいです!

コスタリカの魅力をお土産から

出典:matadornetwork.com

コスタリカは北南米の結節点として、独自の食文化、芸術性、風習が魅力的です。人と接したり、物に触れたりするなかで、清新な気持ちにひたれる機会がいくつもあると思います。コスタリカの斬新なお土産をみるとき、そのお土産に隠されたルーツや文化を知る助けとなったら、幸いに想います。

自然を愛する国!中米コスタリカの文化的魅力を秘めるおすすめの街特集7選

自然を愛する国!中米コスタリカの文化的魅力を秘めるおすすめの街特集7選

名取 道治名取 道治

この記事のキーワード

この記事のライター

名取 道治

旅をするのが好き。都内の大学に通う3年生。15カ国渡航、コスタリカが1番よかったです。多趣味に生きる。街めぐり、森林浴、映画鑑賞、デザイン制作、テニス、国際法。

関連する記事

あわせて読みたい

na_bird_hal19
名取 道治

旅をするのが好き。都内の大学に通う3年生。15カ国渡航、コスタリカが1番よかったです。 多趣味に生きる。街めぐり、森林浴、映画鑑賞、デザイン制作、テニス、国際法。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介