ディズニーワールドだけじゃない!フロリダをとことん楽しむためのおすすめスポット10選

「フロリダ」と聞いて、どんなイメージを浮かべますか? 常夏の抜けるような青い空。どこまでも広がるエメラルドグリーンの海と白い砂浜。ディズニーワールド、ユニバーサルスタジオなどの有名テーマパーク。オレンジとグレープフルーツ──。ここでは、北米屈指のリゾート地フロリダを遊び尽くす、おすすめスポット10ヶ所を紹介します。

kiyomilarakiyomilara
  • 10,368views
  • B!

“サンシャイン・ステート(陽射しの州)”と呼ばれるフロリダ

北米最南東端に位置するフロリダ州は、合衆国50州の中で、敷地面積は第22位、人口は第4位。亜熱帯、もしくは熱帯の気候なので、一年を通じて温暖です。北部はジョージア州とアラバマ州に接していますが、西はメキシコ湾、東に大西洋を臨むフロリダ半島として海に突き出す地形であり、大陸48州のうち最も長い海岸線を誇ります。海に囲まれ、内陸部にも湖や湿地を多く抱えるため、多彩な野生動物が生息する大変豊かな自然が特徴です。

スター・ウォーズ・ランドなど、人気のテーマパークは新設アトラクションも話題!

フロリダはテーマパークも豊富ですが、中でも、ウォルト・ディズニー・ワールドとユニバーサル・スタジオ・フロリダの人気の高さは双璧を成しています。特に、ディズニー・ワールドでは、2017年5月27日に、映画『アバター』をテーマとした「パンドラ - ザ・ワールド・オブ・アバター」が、2019年には、映画『スター・ウォーズ』をテーマとした新エリアが開設されることになっており、世界中から注目を集めています。一方のユニバーサル・スタジオ・フロリダも負けていません。2016年夏には、キング・コングのアトラクションを新設しましたが、今度は2017年5月25日に、「ボルケーノ・ベイ・ウォーターパーク」という園内3つ目のパークがオープン予定! エリアの中央にそびえる火山は、大迫力の大型ウォータースライダーで、かなり本格的なウォーターパークのようです。
ディズニー・ワールドとユニバーサル・スタジオは、確かにフロリダ観光の定番ですが、フロリダには、ぜひとも立ち寄ってほしいスポットが他にもあります。今回は、フロリダを満喫するために外せない10ヶ所を紹介します。

新感覚のインドアスポーツで宙を舞え!

屋内スカイダイビング iFLY

スカイダイビング? そんなの絶対無理!と、激しく首を横に振っているあなた、4歳から利用できる、安全で楽しい屋内スカイダインビングはいかがですか。フロリダ州オーランド、あるいはタンパにある「iFLY」では、そんな新感覚のインドアスポーツが人気です。屋内に設置された“ウィンドトンネル”で巨大なファンが作り出す気流に乗り、手軽に無重力フリーフォールが体験可能! インストラクターが付き添い、“風の乗り方”を教えてくれるので、時速200キロのフリーフォールも安心して楽しめるのです。ヘルメットやスーツといった必要なギアは当日借りられ、空中遊泳の料金は日本円で約7000円から。「iFLY」のホームページから事前に予約ができます。

空飛ぶ快感に、みんな笑顔!

iFLY Orlando

住所:6805 Visitors Cir, Orlando, FL 32819 USA/電話:+1 403-903-1150

iFLY Tampa

住所:10654 Palm River Rd, Tampa, FL 33619 USA/電話:+1 813-773-4359

ウォルト・ディズニーの“理想郷”で1940年代にタイムスリップ!?

夢のような高級住宅地セレブレーション

ウォルト・ディズニー本人が生前、建設したいと夢みていた未来の理想の都市がありました。歩行者優先で交通事故や犯罪が少なく、隣人とコミュニケーションしやすい安全な街。豊かな自然と買い物の楽しさの両方が楽しめる場所。そんな夢のような街が、ウォルト・ディズニー社によって実現しました。それが、ディズニー・ワールドの南側、車で10分ほどに位置するエリア“セレブレーション”です。建物は、1940年代の古き良きアメリカのノスタルジーあふれる外観で統一され、ここに一歩足を踏み入れ、辺りを散策してみると、あたかもタイムスリップしたかのような感覚に陥ります。しかし、これはテーマパークの一画ではなく、れっきとした住宅地。水際に並んだ商業エリアでは、食事もショッピングも満喫できますが、街には、病院、学校、郵便局、映画館など、生活に必要な施設が揃っています。そして、不動産を購入してセレブレーションの住人になることも可能なのです。まずは、この地区のホテルに滞在し、セレブレーションの美しい街並みと快適さを経験してみてください。

出典:en.wikipedia.org

セレブレーションの建物は、建築様式や色などが統一されており、美しい街並みを見て歩くだけでも楽しい。

Google マップ

ディズニー・ワールドの南に位置するセレブレーション

気分は宇宙兄弟!! “宇宙に一番近い場所”で1日観光

ケネディ宇宙センター

フロリダ州の東海岸、ディズニー・ワールド、ユニバーサル・スタジオから東に車で1時間、フロリダ州の東海岸に位置しているのが、ケネディ宇宙センターです。ここでは、1969年に人類初の月面着陸を成功させたアポロ11号、1981年、初のスペースシャトルが打ち上げられました。現在もNASAの有人宇宙飛行では、メインの打ち上げ施設として利用されています。広大な敷地内では、様々な展示物やアトラクション、IMAX映画館、ギフトショップ、レストランがあり、スペースシャトルやロケットの見学、スペースシャトルの打ち上げ体験やフライトシミュレーション体験をはじめ、丸1日たっぷりと知的好奇心を満たすことができます。日程が合えば、実際のロケット打ち上げを見ることも可能。バスツアーや日本語ツアーも存在します。

出典:www.kennedyspacecenter.com

現在も無人宇宙船の発射が行われている

ロケットの発射予定はHPで確認することができる

Visit Kennedy Space Center Visitor Complex at Cape Canaveral

住所:Kennedy Space Center, State Road 405, Kennedy 32899 USA/電話:+1 321-867-5000

赤ちゃんワニから巨大な白いワニまで!ここはワニのテーマパーク

ゲーターランド

ディズニー・ワールド、ユニバーサル・スタジオをお膝元、フロリダ州オーランドで、最初にできたテーマパークが、ゲーターランドです。どこかレトロでB級感あふれるパーク内では、4000匹を超える様々なワニだけでなく、フロリダの珍しい鳥や動物もあなたをお出迎え! 約1メートルの至近距離に近づいたり、餌づけ体験やナイトツアー、レスリングショーを通じたりして、ワニの生態をいろいろな形で観察できます。自然豊かな状態で迫力のワニを観察できるのは、ゲイターランドならでは!

出典:www.gatorland.com

間近で見るワニは大迫力!

夜行性のワニを観察できるナイトツアーも人気

Gatorland | Orlando Family Attraction | Adventure Theme Park | Orlando, Florida

住所: 14501 S Orange Blossom Trl, U.S. 441, Orlando, FL USA/電話:+1 407-855-5496

レースファン、カーファン、バイクファンなら訪れたいモータースポーツの街

デイトナ・ビーチ

車で走れる砂浜は、世界にもたった3ヶ所しかないと言われています。ひとつは、石川県にある千里浜。もうひとつは、ニュージーランドのワイタレレ・ビーチ。そして、フロリダのデイトナ・ビーチです。大西洋に面した約18キロの白いビーチを車でドライブするのは、もちろん格別です(ビーチ乗り入れ料金は1日10ドル。満潮時乗り入れ不可。速度制限時速およそ16キロ。歩行者優先)が、デイトナ・ビーチが“モータースポーツの街”と呼ばれるのには、他にも理由があります。
ここには、世界的に有名なレースコース、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイがあり、ストックカーレースの最高峰「デイトナ500」が2月に、ナイトレース「Coke Zero 400」が独立記念日近くに開催されています。さらにレース観戦だけでなく、レースコースやピットロードといった舞台裏の見学ツアーにも参加が可能です。
3月の“デイトナ・バイクウィーク”では、全米のバイカー集団がデイトナ・ビーチに集結! 連日各種レースが行われ、モーターサイクルファンを沸かせます。ここのハーレーダビッドソンの店舗は世界一大きいことで有名なので、興味のある方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

出典:en.wikipedia.org

砂浜でのドライブから本格カーレースまで、遊び方はいろいろ

デイトナ・ビーチでのドライブ・ガイドライン
デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ

住所:1801 W International Speedway Blvd, Daytona Beach, FL 32114 USA/電話:+1 800-748-7467

第76回デイトナ・バイクウィーク

2017年は3月10日〜19日に開催予定

騎士たちの本格バトルを観戦しながら、王族気分でディナータイム

メディバル・タイムズ

食事は旅の楽しみのひとつですが、旅先では、どこで何を食べるか、迷ってしまいますね。フロリダでもおススメのレストランはたくさんありますが、ここでは、思い出深いディナータイムを提供する“メディバル・タイムズ”を紹介します。メディバル・タイムズでは、中世の騎士のバトルトーナメントを再現。格闘場を模したディナー会場で食事をしながら、馬に乗った騎士たちの戦いを観戦できます。気分は、まるで王族。乗りのいいアメリカの観客で、場内は活気と興奮にあふれます。料金は7000円ほどから。食事は、当時のマナーに倣い、手づかみで豪快にいただきます。『ゲーム・オブ・スローンズ』や中世の騎士ものの映画の世界を彷彿とさせる、リアルな雰囲気を味わってください。

リアルな騎士たちの格闘パフォーマスに思わず興奮!

Medieval Times Dinner & Live Shows in Buena Park, Orlando, Chicago, Dallas & More | Medieval Times Dinner & Tournament

メディバル・タイムズ・オーランド 住所:4510 W. Vine Street, Kissimmee, FL 34747 USA

シュールレアリズムの巨匠サルバドール・ダリの名作にフロリダで出会う

サルバドール・ダリ美術館

サルバドール・ダリはスペイン出身で、シュールレアリズムを代表する芸術家。しかし、なぜフロリダでダリ美術館に行くべきなのか?と、首をかしげる方もいるかもしれません。ダリ自身が手がけた美術館が、出身地フィゲラスにもあるのですが、このセントピーターズバーグにあるダリ美術館は、本家に負けず劣らず、コレクションが充実しているのです。96点の油彩画をはじめ、イラスト、彫刻、オブジェ、写真など、ダリの作品を2000点以上所蔵! しかも、大型の作品が多く、見応えは十分です。
もともとダリ美術館は1982年から存在していたのですが、2011年、地元の建築家ヤン・ウェイマスがデザインした建物で新たに開館しました。たくさんの三角ガラスを組み合わせた曲線を描く壁、館内の白い螺旋階段など、建物自体の雰囲気も独特。フロリダの強い陽射しに疲れたら、涼を取りがてら、ダリのシュールな世界に圧倒されてみてはどうでしょうか。入場料は大人24ドルです。

出典:en.wikipedia.org

高さ約4メートルの『幻覚剤的闘牛士』など、ダリの有名な大型絵画も所蔵

サルバドール・ダリ美術館

住所:One Dali Blvd, St. Petersburg, FL 33701 USA/電話:+1 727-823-3767

ダリ美術館バーチャルツアー

クリスタル・リバーでマナティと泳ぐ、癒しのひととき

マナティ・シュノーケリング

人魚のモデルと言われるマナティは、最大体長4メートル、最大体重1500キロにもなる大型の哺乳類。そのごつい巨体とは裏腹に、温厚な性格の草食動物で大変人懐こいので、オーランドから車でおよそ1時間のクリスタル・リバーでは、マナティと一緒にシュノーケリングを楽しむことができます。冬場、水温が22度ほどになるクリスタル・リバーに、寒がりのマナティが戻ってくる時期(11〜3月)限定の体験ツアーですが、どこか愛嬌のあるマナティと触れ合いながら、透明度の高い水中で泳ぐひとときは、他にはない特別な経験となるはず。美しい大自然の懐に抱かれて、マナティにたっぷりと癒されてください。

出典:www.riverventures.com

マナティとの水中遊泳はきっと格別な思い出に!

River Ventures | Swim with Manatees | Crystal River | Homosassa

River Ventures: swim with manatees, paddle tour, kayak rental, airboat tour, scallopping tour, eco boat tour. Crystal River, Three Sisters Springs, Florida.

スイム・ウィズ・マナティ

文豪が愛した“幸福を呼ぶ猫”たちに会いに行く

ヘミングウェイの家と博物館

文豪の“猫の家”といえば、『吾輩は猫である』を執筆した夏目漱石の旧居跡(東京都文京区)も有名ですが、『老人と海』で知られるアメリカの文豪アーネスト・ヘミングウェイの家も、猫と大きく関係があります。ヘミングウェイが執筆活動を行っていたキーウェストは、フロリダ州はもとより、アメリカ本土最南端の島。そこに佇むヘミングウェイ・ハウスは、彼が住んでいた自宅を一般に公開し、小説の執筆に使っていたタイプライターをはじめ、数多くの資料を展示している博物館です。
それだけでも文学好きにはとても興味深い場所ですが、実は、たくさんの猫好きの観光客もここを訪れています。ヘミングウェイが飼っていた猫の子孫が繁殖し、50匹ほど敷地内でお客さんたちを出迎えてくれるのですが、ここの猫は、ちょっと特別な存在。足の指が6本ある多指症の猫なのです。通常の猫よりも指が多く器用だったせいもあり、ヘミングウェイは彼らを“幸福を呼ぶ猫”として大変可愛がりました。今もここでは、猫たちにその遺伝子が受け継がれており、地元の人々から重宝されているそうです。あなたもヘミングウェイ・キャットに会って、幸福を分けてもらってきませんか。

出典:en.wikipedia.org

指が6本ある“幸福を呼ぶ猫”が出迎えてくれる

hemingwayhome.com | Home

住所:907 Whitehead Street, Key West, FL 33040-7473 USA/電話:+1 305-294-1575

サンゴ礁に囲まれた無人島は未完の要塞

ドライ・トートゥガス国立公園

ドライ・トートゥガス国立公園は、フロリダ半島最南端の無人島です。島には、200年前に建てられた六角形の要塞が、未完成のまま残されています。ジェファーソン砦(第3代大統領トーマス・ジェファーソンに因んで名付けられた)と呼ばれるここは、1600万個以上のレンガが使用された、西半球最大の石造建築物。廃墟と化してもなお堅牢で重厚な要塞の佇まいに圧倒されますが、周囲にある美しいビーチでは、シュノーケリングを楽しみ、ウミガメや様々な魚を観察できます。ドライ・トートゥガス国立公園は、キーウェストの西、およそ100キロの沖合にあり、フェリーや水上飛行機を利用して上陸します。史跡探訪だけでなく、紺碧の海を楽しめるビーチリゾートの要素もあり、ぜひとも足を伸ばしていただきたいスポットです。

出典:en.wikipedia.org

エメラルドグリーンの海に浮かぶ六角形の要塞

Dry Tortugas National Park (U.S. National Park Service)National Park Service

住所:FL 33040 USA/電話:+1 305-242-7700

五感で楽しむフロリダの多彩な魅力

海に囲まれ、たくさんの湖や湿地帯を有するフロリダ半島は、豊かな自然に恵まれています。ドライブをするも良し、泳いだり潜ったりするのも良し、飛ぶのも良し。どこを切り取っても美しい景色、おいしいシーフード料理やケイジャン料理──あなたの五感をフル活用し、フロリダを楽しみましょう。そして、今回紹介した以外にも、テーマパーク、博物館、自然公園など、観光名所は数え切れないほど存在しています。一度だけでは到底フロリダの魅力を味わい切れませんから、ぜひ二度、三度と訪れてみてください。来る度に、新しい発見がきっとあるはずです。

【フロリダ在住者が教えるアメリカ】フロリダ州おすすめ5都市と観光スポット

【フロリダ在住者が教えるアメリカ】フロリダ州おすすめ5都市と観光スポット

yukibyukib
Amazonで詳細を見る

この記事のキーワード

この記事のライター

kiyomilara

数々のミステリー、アクション小説、伝記本、映画雑誌のインタビュー記事、人気ゲーム関連の邦訳を手がけるキャリア20年の翻訳家。小学2年で読書の悦びに目覚めた本の虫で、読書と翻訳作業で培った知識は、映画、海外ドラマのショウビズ関係はもとより、生物学、医学から欧米の文化、政治、歴史、犯罪、銃器、ミリタリーなど広範囲に及ぶ。日々の生活で「一日一善、一日一爆笑、一日一感動」を心がけ、読者を笑顔にし、読み手の胸に染み入る文章を目指す。米国フロリダ州オーランド在住で、映画、海外ドラマ、アメリカンカルチャーなどの旬な情報も随時発信。

関連する記事

あわせて読みたい

kiyomilara
kiyomilara

数々のミステリー、アクション小説、伝記本、映画雑誌のインタビュー記事、人気ゲーム関連の邦訳を手がけるキャリア20年の翻訳家。小学2年で読書の悦びに目覚めた本の虫で、読書と翻訳作業で培った知識は、...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

AEC_Enterprise6

AEC_Enterprise

半導体関係のエンジニア経験が長く、現在は日本企業の海外展開あるいは海外企業の日本進出を支援するコンサルを行っています。またスキルを活かしてiPhoneアプリの開発および開発者を養成するトレーニン...

>>ライター紹介