ホームパーティーで喜ばれるおすすめ手土産10選

友人や上司のホームパーティーに招かれて、何を持参するか悩んだ経験はありませんか? 「手ぶらでどうぞ」と言われても、何も持って行かないのはちょっと気が引けますね。ホームパーティーで喜ばれる、センスのよい手土産をご紹介します。

marie102marie102
  • 19,436views
  • B!

手土産は必要?

ホームパーティーに行く際に、「手土産って必要?」と思う人もいるでしょうが、答えはイエスです。
自宅でパーティーを開くために、ホストはそれなりの出費と手間暇をかけています。ゲストが手土産を持参するのは、それに対する感謝の表現なのです。「紳士は決して空手で現れない(A Gentleman Never Arrives Empty-Handed)」という言葉もあります。もらった方に喜ばれる、しゃれたギフトを選びましょう。
ホームパーティーで渡す手土産は、「ホステス・ギフト」とも呼ばれます。実際にパーティーの用意や料理をするのは女性が多いですから、その方へのギフトを持って行ってもかまいません。
予算は気心の知れた友人の場合、2000〜3000円程度、上司や目上の方には3000〜5000円あたりが相場のようです。
さて、では、どんな手土産を選べばいいでしょうか?

ワイン

出典:weheartit.com

ホームパーティーの手土産といえば、まず、ワインですね。その場であけてもらうこともできますが、ホストがすでにワインを選んでいる場合は、後日飲んでもらいましょう。
ワインを選ぶ際の注意点は、お料理との組み合わせ。パーティーでどんなお料理が出るかわからない場合は、合わせやすいワインを選びましょう。
最も無難なのはドライな白ワイン。フランスのシャブリ、イタリアのガヴィ、アメリカ・オレゴン州産のピノ・グリなどがお勧めです。赤を持って行きたい場合は、軽目のピノ・ノワールなら、あまりお料理を選びません。

Amazonで詳細を見る

シャンパン

出典:www.nishuhan.co.jp

ニコラ・フィアットの2015年限定ボトル「ランド・オブ・ワンダーズ」

新年会や企画の打ち上げなど、フェスティブ感のあるパーティーには、ワインの代わりにシャンパンを持って行くこともできます。ブリュットと呼ばれる辛口がいいでしょう。
ワインより値の張るシャンパンですが、ポール・バラの「ブリュット・レゼルブ・グラン・クリュ」、ピエール・パイヤールの「ブリュット・グラン・クリュ」、モントードンの「ブリュット・レゼルブ・プルミエール」などは、比較的リーズナブルな価格で評判のよいものです。ニコラ・フィアットが数量限定で毎年発売する特別なシャンパンも、入手可能な時期ならお勧めです。

Amazonで詳細を見る

チョコレート

出典:itot.jp

手軽につまめるチョコレートは、その場で食べることもできますし、日持ちするので後で食べてもらうこともできます。ちょっと高級なものだと、いただくほうも嬉しいものです。
チョコレートといえば、まずはベルギー。「ゴディバ」をはじめ、「ピエール・マルコリーニ」、「ノイハウス」、「ヴィタメール」など、日本で買える有名どころもたくさんあります。
フランスでは、「ジャン=ポール・エヴァン」、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」、「ピエール・エルメ・パリ」など。小ぶりで職人技を感じさせるものが多いのが特徴です。
日本でも、「アッシュ・ショコラ・サプリメント」や、「ショコラ・ベルアメール」、「ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ」など、個性的なショコラティエが出てきました。

Amazonで詳細を見る

出典:www.yamaribbon.com

お花は、その日のホステスへのギフトですね。なので、ただでさえ忙しいホステスが活け直す必要のないように、花束でなくアレンジされたお花を贈りましょう。自分で花瓶にさして、持っていってもかまいません。
お花はゴージャスなものや可憐なものなどさまざまですが、贈る相手をよく知らない場合は、一般的に女性が喜びそうなお花を選びましょう。ピンク系のバラやチューリップ、ガーベラなどを中心にアレンジしたものだと、あまり失敗がなさそうです。
食事のテーブルに置いてもらうのを想定するなら、背の高くないアレンジメントのほうがいいですね。

Amazonで詳細を見る

鉢植え

出典:www.twohealthykitchens.com

切り花の代わりに、長く楽しめる鉢植えを持って行くこともできます。注意する点は、贈られる側の負担を考慮して、手入れが大変なものは避けること。
鉢花では、シンビジウム、シクラメン、デンドロビューム、セントポーリア、ポインセチアなどが、比較的育てやすいようです。観葉植物では、ポトス、アイビー、モンステラ、オリヅルラン、パキラなど。また、ローズマリーやバジルなどのハーブの鉢植えも、お料理好きな方には喜んでもらえそうです。

Amazonで詳細を見る

コーヒーや紅茶

出典:tegamisha.com

パッケージがユニークな、手紙舎のオリジナルコーヒー豆

ホストがコーヒー党か紅茶派かによって、どちらを贈るか決めましょう。
コーヒー好きでミルをお持ちの方には、鮮度の落ちにくいコーヒー豆のほうがいいですが、そうでない場合は挽き売りのものを。また、この頃は、手軽なドリップバッグを販売しているコーヒー専門店もあります。紅茶もお相手の方に合わせて、リーフかティーバッグを選びましょう。
フレーバーは、相手の好みを知らない場合、よく知られたブランドの一般的なものが無難です。コーヒーは老舗のカフェーパウリスタや、焙煎にこだわる土居珈琲など、日本にもおいしい専門店がありますね。紅茶ではフォートナム・アンド・メイソンやハロッズなど、やはりイギリス製品の人気が高いようです。

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

ナッツやドライフルーツ

出典:www.mountainmamacooks.com

ちょっとしたおつまみにもなるナッツは、チョコレートと同様、その場でつまむこともできますし保存もききます。一般的なアーモンドやカシューナッツ、ピスタチオなどの他に、ハニーローストや、チョコレートでカバーされたものなど種類も多いですね。
ドライフルーツも、従来のアプリコットやパイナップルなどに加えて、この頃は珍しいものも増えてきました。外国産が多いですが、スターフルーツや洋梨、トマト、カシス、スイカ、メロン、ピーチなど、ちょっと前には見かけなかったようなものがあります。
どちらも品質のよいものを選びましょう。

Amazonで詳細を見る

ジャムやコンディメント

出典:www.stonewallkitchen.com

瓶入りのジャムの詰め合わせは、見た目もきれいで、特に女性に喜ばれるものです。甘いものばかりでなく、ペッパー・ジェリーと呼ばれる、唐辛子入りのものもアメリカでは人気があります。ペッパー・ジェリーはクラッカーとチーズに添えたり、お料理に使ったりと用途も広いので、見つけたらギフトにいかがでしょう。
また、コンディメントと呼ばれる、瓶詰めのスパイスやソースも、アメリカではよくギフトに使われます。オリーブオイルやシーソルト、マスタードなどから、ディップやレリッシュ、チャツネ、サルサ、ブルスケッタ用のソースまで、いろいろなものがあります。

Amazonで詳細を見る

小物

出典:www.frontgate.com

食べ物やお花以外に、手土産としてちょっとした小物を贈ることもできます。日常使いの、それでいておしゃれなものがよいでしょう。使うことの多いキッチンアイテムで、いくつかあっても困らないものや、逆にあまり持っていなさそうなものだと喜ばれそうです。例えば、ユニークなデザインのボトルオープナーや、チーズ用のナイフやボード、ワインチャーム、ナプキンホルダーなど、さまざまなものがありますね。アレッシーやフィスラーなどでは、高品質でデザインのよいものが見つかりそうです。

Amazonで詳細を見る

コーヒーテーブル・ブック

出典:www.elledecor.com

ホストの好みを知っていれば、パーソナルなギフトとして、本を贈ることもできます。
お勧めはコーヒーテーブル・ブックと呼ばれるもの。耳慣れない言葉かもしれませんが、大判の、美しい写真や絵がたくさん載っている本や写真集などです。アメリカではリビングルームのコーヒーテーブルによく置かれているので、こう呼ばれるようになりました。パラパラとめくって楽しむだけでなく、インテリアの一部とも考えられています。アート・建築・風景・ファッションをはじめ、いろいろなジャンルがあるので、ホストの趣味に合いそうなものを選べばよいでしょう。

Amazonで詳細を見る

大事なのは気持ち

いかがでしたか? ホームパーティーの手土産を選ぶ際には、ぜひ参考にしてください。
ところで、手土産も大事ですが、それよりも大切なのは、ご招待への感謝の気持ちと、パーティーを楽しむこと。最後に「ありがとう、とても楽しかったです」の言葉を忘れないでくださいね。

【予算1万円以下】パリジェンヌに憧れる20代後半の女友達への誕生日プレゼント20選

【予算1万円以下】パリジェンヌに憧れる20代後半の女友達への誕生日プレゼント20選

NAOKONAOKO
上級者やプレゼントにおすすめのジャパニーズウイスキー6選

上級者やプレゼントにおすすめのジャパニーズウイスキー6選

池田秀一郎池田秀一郎
本当に美味しい焼酎の人気・おすすめ銘柄決定版

本当に美味しい焼酎の人気・おすすめ銘柄決定版

池田秀一郎池田秀一郎

この記事のキーワード

この記事のライター

marie102

元雑誌編集者。現在は、アメリカのパシフィック・ノースウエストに住んでいます。

関連する記事

あわせて読みたい

marie102
marie102

元雑誌編集者。現在は、アメリカのパシフィック・ノースウエストに住んでいます。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

上岡岳6

上岡岳

アームレスリング元日本代表/ジムトレーナー/生物学博物館学芸員/一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟常任理事

>>ライター紹介