永遠の都ローマで訪れるべきおすすめ観光スポット10選

イタリアの首都・ローマ。2500年の歴史を持つこの街はいつの時代も人々を魅了し、永遠の憧れを掻き立てます。街じゅうに散らばる遺跡やモニュメント。古代より続くロマンや誇り高さを感じずにはいられません。そんな永遠の都ローマで訪れるべき、おすすめの観光スポットをご紹介します。

kikkotabi444きっこたび。
  • 1,549views
  • B!

すべての道はローマに通ず

見どころの多いローマは数日かけての滞在がおすすめです。スパゲティ・カルボナーラとアマトリチャーナで腹ごしらえをしたら観光へ。カトリックの総本山であるヴァティカン市国も必ず訪れるべき素晴らしい地です。ゆっくりと街を歩くと次から次へと現れる遺跡に圧倒されて、古代への想いを馳せずにはいられません。ジェラートも忘れずに…。

1. コロッセオ

ローマのシンボルであるコロッセオは紀元80年に完成した円形闘技場。猛獣と剣闘士、また剣闘士同士の凄惨な戦いが見世物にされました。アレーナ部分に見えるのは、当時猛獣の檻などに使われていたところ。そびえ立つ外観があまりにも有名ですが是非内部の見学も忘れずに。

2. フォロ・ロマーノ

ヴェネツィア広場とコロッセオの間に広がるフォロ・ロマーノはローマ時代の市民の生活の中心でした。夕方、西陽の沈む頃のフォロ・ロマーノはなんとも情緒を掻き立てられます。かつての元老院や凱旋門、神殿やバジリカの建ち並ぶ姿は壮観。夏場は日差しを遮るものが無い為水分の調達が必須です。

3. サンタンジェロ城

テヴェレ川にかかるサンタンジェロ橋の先にあるサンタンジェロ城は歌劇「トスカ」の舞台になりました。橋の両側にベルニーニによる天使像が建てられ、その向こうにそびえる城のたたずまいと共に美しい眺めは壮観です。現在内部は国立博物館となっており、武器などが展示されています。このテラスから眺めるローマの景色は絶景。

4. サン・ピエトロ大聖堂

聖ペテロの墓の上に建てられた4世紀のバジリカが始まりで、現在の姿になったのは1626年の事。有名なミケランジェロのピエタがあります。聖人の並ぶ壮観な外観、ゴージャスで荘厳な内部、ミケランジェロの設計した大クーポラからのローマ市街の眺め、どれをとっても素晴らしいものです。ヴァティカンの力の強さを感じるでしょう。

5. ヴァティカン博物館

世界有数の美術・博物館であるこちらは20もの博物館・美術館・絵画館・図書館からなり、そのコレクションは圧巻です。見逃せないのはピオ・クレメンティーノ美術館、絵画館、システィーナ礼拝堂、ラファエロの間。システィーナ礼拝堂は絵画史上の大傑作、描かれた神曲と言われるミケランジェロの「最後の審判」があり、圧巻。写真撮影ができないのが残念なほどです。

6. スペイン広場

正面のスペイン階段は映画「ローマの休日」の舞台としてあまりにも有名です。ここに座ってジェラートを食べるのが「ローマの休日」ファンとしては希望でしょうが、現在飲食禁止となっています。日中訪れる観光客はとても多いので、早朝など人の少ない時に訪れるのがおすすめです。名前はスペイン大使館がこの地に建った事に由来しており、周辺にはバルザックやスタンダール、リスト、ワーグナーなど文豪や芸術家が住みました。

7. ボルケーゼ公園

広大な敷地に森や池、博物館、美術館、動物園などを有するボルケーゼ公園は喧騒のローマでホッと一息つける場所。トスカーナ地方シエナの名門出身の枢機卿ボルケーゼが17世紀に彼の家族の為に造った庭園です。なかでもボルケーゼ美術館は「個人コレクションの女王」と呼ばれるほど豪華で華麗であり、訪れるに値する必見のスポットです。

8. トラステヴェレ

トラステヴェレとは「テヴェレ川の向こう」の意で、川がティベリーナ島を挟んで大きく蛇行する右岸からジャニコロの丘辺りまでを指す地区です。映画館やライブハウス、ピッツェリア、トラットリアなどが軒を連ね、夕方から活気づきます。ローマで美味しく楽しいディナーを楽しみたい時に是非訪れたい場所。芳醇なワインと共にこの地で産まれたカルボナーラやアマトリチャーナ、リコッタチーズなどを召し上がれ。

9. パンテオン

ミケランジェロが「天使の設計」と称賛した万神殿。ローマの全ての神に捧げられ、紀元前27-25年にかけて建てられ、118年に再建されました。内部の丸天井の頂上には直径9メートルの天窓が開き、モザイクの床が差し込む光によって照らされ荘厳な雰囲気。ラファエロやウンベルト1世などの墓があります。

10. トレヴィの泉

肩越しにコインを投げると再びローマを訪れる事ができるというエピソードがあまりにも有名なトレヴィの泉は、いつも再訪を願ってコインを投げる観光客で賑わっています。1762年に完成したこちらは背後の宮殿を巧みに借景として取り入れられ、海神ネプチューンとトリトンがダイナミックに躍動するローマ・バロックの傑作です。

ローマへの再訪を祈って

いかがでしたか。ここに挙げたおすすめスポットの他にも大変見どころの多いローマは、一度訪れたら再び、何度でも訪れたくなる永久のロマンを感じる土地です。それゆえ観光客が多く、街中は喧騒に溢れていますが、そのエネルギーと共にやはり悠久の時・脈々と続いてきた歴史が息づいています。美しく逞しい永遠の都ローマ、ぜひ訪れその魅力を堪能してみてください。

在住者が教えるローマの本当に美味しいおすすめ人気レストラン15選

在住者が教えるローマの本当に美味しいおすすめ人気レストラン15選

lanfilanfi
本場で味わう高級イタリアン!イタリアのミシュラン星付き名店15選

本場で味わう高級イタリアン!イタリアのミシュラン星付き名店15選

政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子
Amazonで詳細を見る

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅を愛する道楽者。酒・肴と温泉も嗜む。

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介