東京都内の本当に美味しいおすすめ焼肉屋名店31選

東京都内の本当に美味しい焼き肉の名店31選をご紹介します。都内の焼肉店はここだけ知っておけば間違いないと言っても過言ではないほど。ランキングというわけではありませんが、全体的におすすめ順にリストアップした永久保存版です。

aoinopapa上杉遼@美食家

東京都内で本当に美味しい焼肉屋31軒

日本を代表する食文化の一つだと言える焼肉。
今回は東京都内で本当に美味しいおすすめの焼肉屋をご紹介します。
焼肉が好きなのであれば、一度は絶対に訪れたいお店ばかりの永久保存版です。
東京都内で焼肉屋を選ぶのであれば、このリストだけで十分と言っても過言ではないかもしれません。
ランキングというわけではありませんが、全体的におすすめ順にリストアップしていきます。

焼肉ジャンボ【篠崎・白金高輪・本郷三丁目】

「焼肉と言えばジャンボ」とまで言われるほど、東京を代表する焼肉屋が「焼肉ジャンボ」です。
使っている肉はA5ランクの和牛のみ。「上」でなくても十分満足できるクオリティで、並のロースでも生で食べられるレベルです。全体的に濃いめの味付けで、脂が多めなのが特徴的です。ホルモン系よりは、赤身と希少部位を中心に食べるのがおすすめです。
本店は都営新宿線篠崎駅から約1kmとアクセスは若干悪いです。篠崎本店の他にも、白金店、本郷店、本郷店の向かいにある「はなれ」があります。

■篠崎本店
住所:東京都江戸川区篠崎町4-13-19 2F
TEL:03-3679-8929
営業時間:17:00~24:00(ラストオーダー23:00)
定休日:火曜日

■白金店
住所:東京都港区白金3-1-1第一麻布ビル1F
TEL:03-5795-4129
営業時間:17:00~24:00
定休日:なし

■本郷店
住所:東京都文京区本郷3-38-1 本郷信徳ビル1F
TEL:03-5689-8929
営業時間:17:00~24:00(ラストオーダー23:00)
定休日:不定休

■はなれ
住所:東京都文京区本郷3-27-9 アンリツビル1F
TEL:03-5689-8705
営業時間:17:00~24:00(ラストオーダー23:00)
定休日:不定休

生でも食べられるという質の並ロース。

金竜山(きんりゅうさん)【白金高輪】

image83313

出典:tabelog.com

伝説の焼肉屋とも言えるのが白金高輪にある金竜山(きんりゅうさん)。「東京一予約が取れない焼肉屋」「最高の肉が食べられる焼肉屋」など数々の異名を持つ、東京最高峰の焼肉屋のひとつです。予約は半年以上先になることも。大判の極薄切りの肉が特徴的です。3,500円の特上ロースは極上の逸品。最近特に予約が取りずらくなっていて、まさに伝説的になりつつある焼肉屋です。接客は賛否両論あり、どちらかというと純粋に極上の肉を楽しむためのお店と言えます。

住所:東京都港区白金3-14-1 第1マンション1F
TEL:03-3446-8156
営業時間:18:00~22:00
定休日:月曜日

運良く予約が取れれば、特上ロースは頼みましょう。

焼肉くにもと【浜松町】

「焼肉くにもと」は浜松町駅から徒歩5分ほど、「本店」と「新館」の二店舗があります。本店と新館は徒歩30秒ほど、兄弟でそれぞれ営業しています。
くにもとの特徴は、最初に出てくる肉が「おまかせ」で決まっていること。一人6,000円の「上等」、9,000円の「飛び切り」、12,000円の「別格」の三種類があります。お店も「上等」をおすすめするほど、どのおまかせも絶対のクオリティを保っています。
また、時間制をとっており、2人であれば90分、3人以上であれば2時間までと決まっていて、純粋に肉を食べるお店です。遅刻厳禁であったり、人数が揃っていなければ入店できないなど、最初はいろいろルールがあって面倒だと感じるかもしれませんが、店主は人柄も良く接客も丁寧。お店の中も綺麗で、デートでも複数でも使い勝手の良い焼肉屋です。こちらも焼肉ジャンボ同様、赤身肉の旨さを感じたいお店です。

■本店
住所:東京都港区浜松町2-12-2
TEL:03-3578-1129
営業時間:17:00~23:00(火~金)※ラストオーダー22:30
     17:00~22:00(土・日)※ラストオーダー21:30
定休日:月曜日

■新館
住所:東京都港区浜松町2-8-9 カノウビル1F
TEL:03-3435-7605
営業時間:17:00~22:30(火~金 ※ラストオーダー22:00
     17:00~22:00(土・日・祝)※ラストオーダー21:30
定休日:月曜日

最初の肉は決まっているのがくにもとです。

よろにく【表参道】

image83378

出典:tabelog.com

image83379

出典:tabelog.com

表参道B1出口から徒歩10分ほど、南青山にある高級焼肉店が「よろにく」です。
「焼肉ジャンボ」系列でもあり、高級和牛専門の老舗「日山」で仕入れた肉を、その日のコンディションでカットや焼き方まで変えるというこだわりっぷりです。コースは7,500円と9,000円の二種類で、初めていくのであればコースにするのがおすすめです。
どちらかというと、デート向きな焼肉屋です。デザートのかき氷も人気メニューのひとつ。

住所:東京都港区南青山6-6-22 ルナロッサ B1F
TEL:03-3498-4629
営業時間:
 平日:18:00~24:00(L.O.23:00) 
 土曜日:17:00~24:00(L.O.23:00) 
 日曜・祝日:17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:無休

image83380

出典:tabelog.com

看板メニューの「シルクロース」

みすじ【赤坂】

image83396

出典:retty.me

赤坂駅と赤坂見附駅の間、どちらからも徒歩2,3分のところにあるのが「みすじ」です。
よろにく2号店として、2010年にオープンしました。「よろにく系列」だけあって、赤身の肉が自慢。「並じゃないみすじ」や「並じゃない赤身」などの他、よろにく同様シルクロースが人気です。
お店の雰囲気もよろにく同様デート向きです。

住所:東京都港区赤坂3-16-3 伊勢幸ビル2F
TEL:03-5573-8929
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:無休

赤身中心で食べるのがおすすめ。

ゆうじ【渋谷】

image83404

出典:tabelog.com

渋谷駅から徒歩15分ほど、東急ハンズの先の坂を登り、路地を一本入ったところにあるのが「ゆうじ」です。美味しい焼肉屋が少ない渋谷駅周辺で圧倒的な存在感を放つ、ホルモンがウリの有名店。東京でホルモンと言ったらまず名前があがるのがこの「ゆうじ」です。ホルモン系はどれもハズレがなく、塩ならホルモン・ミノサンド、タレならコプチャンが特におすすめです。尚、脂たっぷりのホルモンを焼くためか、店内は煙がものすごく、注意が必要です。狭くて煙モクモク、お世辞にも綺麗とは言えない店内ですので、デートでの利用には注意が必要です。

住所:東京都渋谷区宇田川町11-1 松沼ビル1F
TEL:03-3464-6448
営業時間:[月~金]19:00~23:30(L.O)、[土]18:30~23:30(L.O)
定休日:日曜日、祝日

image83407

出典:tabelog.com

ゆうじと言えばホルモンですが、もちろん赤身も絶品です。

鶯谷園【鶯谷】

image83871

出典:retty.me

image83872

出典:retty.me

鶯谷駅北口から徒歩5,6分のところにある都内屈指のコスパ抜群の焼肉屋が鶯谷園です。
庶民的な雰囲気のこのお店が出す肉は、値段も庶民的ながら驚異の肉質。並でも十分満足できますが、特上がおすすめです。味付けは全体的に濃いめです。
ラブホテル街という特殊な環境に囲まれているのと、庶民的な雰囲気のため、デートというよりは純粋に美味しい肉を楽しむという使い方が良いでしょう。

住所:東京都台東区根岸1-5-15
TEL:03-3874-8717
営業時間:17:00~翌2:00
定休日:無休

image83887

出典:tabelog.com

特上カルビは1,600円。特上攻めで行きたいところです。

きらく亭【広尾・白金高輪】

image83905

出典:tabelog.com

image83908

出典:tabelog.com

広尾駅と白金高輪駅の間くらいに位置するのがきらく亭です。それぞれの駅から徒歩10分程度、明治通り沿いの地下にお店はあります。麻布という土地柄と隠れ家的な立地からか、大人の焼肉屋という雰囲気を醸し出しています。当然肉はどれも高水準ですが、特上は絶品。特上厚切りタン塩と特上塩ハラミは特におすすめです。内臓・ホルモン系や豚トロなどの牛以外の肉、チヂミや冷麺、ビビンバなどの料理ものも豊富に揃っていて、どれもハイクオリティです。デートはもちろん、友人とでも接待などでも使い勝手の良い焼肉屋です。

住所:東京都港区南麻布4-11-26 南麻布ビル B1F
TEL:03-3442-0729
営業時間:11:30~14:00(土日のみ)、17:00~23:30(L.O.23:00)
定休日:無休

image83918

出典:tabelog.com

特上タン塩厚切り

牛蔵(ぎゅうぞう)【富士見台】

image85175

出典:tabelog.com

西武池袋線富士見台駅北口から徒歩30秒。富士見台というローカルな場所にある都内屈指の人気焼肉店が「牛蔵」です。
圧倒的な安さと肉質の良さから毎日大行列ができる有名店です。特に、希少部位の安さには驚きです。ざぶとん、マキ、芯々、みすじ、ハラミなどなど、どれも一人前で1,000円を切ります。
予約の仕方には注意が必要で、「電話予約」で予約できる席と、「当日予約」と言って当日に店で並ぶ予約の仕方があります。電話予約の場合は、毎日14時から1か月先までの予約が可能です。土・日・祝日の予約は5名以上からでないといけない、など色々と決まりもあります。当日予約は11:30(平日は12時)からお店で受付開始です。当日予約の場合、何時間も待つことも。
圧倒的なコストパフォーマンスの良さを感じたいならおすすめのお店のひとつです。

住所:東京都練馬区貫井3-10-2 コイケビル2F
TEL:03-3970-2257
営業時間:[月~金] 17:00~24:00(L.O.23:30) [土・日・祝] 16:15~24:00(L.O.23:30)
定休日:なし

image85176

出典:tabelog.com

マキ。希少部位のオンパレード。

スタミナ苑【西新井大師西】

足立区鹿浜にある「スタミナ苑」は焼肉の横綱とも言われるほどの人気店。ミシュランと並ぶレストランガイドであるザガットサーベイにて、東京一美味しいお店として紹介され、外国人や有名人、財界人なども常連の名店です。
最寄駅は日暮里・舎人ライナーの西新井大師西駅ですが、歩くと30分ほどかかります。赤羽駅・王子駅・西新井駅からバスに乗るか、王子駅からタクシーで行くのがおすすめです。
並ハラミに並切り落とし、そして名物のミックスホルモンは是非とも食べたいところ。
予約はできませんが、焼肉好きを自負するなら一度は並ぶべきお店です。

住所:東京都足立区鹿浜3-13-4
TEL:03-3897-0416(予約不可)
営業時間:[月・水~金] 17:00~23:00 [土・日・祝] 16:30~23:00
定休日:火曜日・第3水曜日

一番人気のミックスホルモン。塩がおすすめです。

生粋(なまいき)【末広町】

image85214

出典:macaro-ni.jp

東京メトロ銀座線末広町駅から歩いてすぐのところにあるのが「生粋」です。生粋と書いて「なまいき」と読み、店名の通り「生肉を粋に食べさせてくれる」お店として、2014年2月にオープンしました。肉寿司やユッケ、「チマキ」の刺身など、「生」好きにはたまりません。6,000円のおまかせコースや5,000円の盛り合わせなどがおすすめです。
すでにご紹介した表参道のよろにくの姉妹店だけあって、デート向きの焼肉屋です。値段はよろにくよりも若干安く、コスパも良いお店です。

住所:東京都千代田区外神田6-14-7 2F
TEL:03-5817-8929
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:月曜日

image85218

出典:r.gnavi.co.jp

人気のユッケ三種盛。

韓灯(はんどぅん)【月島】

image92530

出典:tabelog.com

東京メトロ有楽町線および都営大江戸線月島駅9番出口から徒歩1分のところにあるのが、焼肉・韓国料理「韓灯(はんどぅん)」です。月島区民館の隣、コンクリート打ちっ放しのマンションの地下にあります。
日本ではなかなか食べられないという韓国農家直送の厳選素材と、店主が厳選した肉が自慢です。肉のレベルの高さはもちろんですが、韓国料理屋というだけあってナムルやキムチ、コチュジャンもかなりのクオリティです。なかでも圧倒的な一番人気はスンドゥブチゲ。テレビ朝日の「食彩の王国」でも取り上げられました。鶏は仕入れたその日に使うため、予約分しか仕入れません。そのため鍋ものは予約必須。スンドゥブチゲと並んで人気の看板メニュー「タッカンマリ」は前日までに予約しておきましょう。

住所:東京都中央区月島2-8-12-B1F
TEL:03-3536-6635
営業時間:17:30~23:30(L.O.23:00)
定休日:月曜日

image92541

出典:tabelog.com

自慢のスンドゥブチゲ

焼肉うしごろ【西麻布・銀座】

西麻布(乃木坂駅・六本木駅・広尾駅からそれぞれ徒歩10分ほど)と銀座に店を構えるのが「焼肉うしごろ」。最高級のA5ランク国産黒毛和牛のみを使い、圧倒的な"肉力"を提供するというのがコンセプトの高級焼肉店です。デート向きの雰囲気に加え、西麻布・銀座店ともに個室もあり、接待や子連れでも使えます。
自慢のタンや、希少部位を中心とした霜降り、「極選」のザブトンやハラミ、サーロイン、赤身に刺しにホルモンとどれも圧倒的なパフォーマンスを堪能できます。コースは6,500円のたべごろコース、8,500円のうしごろコース、10,000円の極み赤身コースと極みコースの4種類あります。
カジュアルに楽しめる同じくうしごろグループの「うしごろバンビーナ」は筆者は個人的には嫌いなのですが、高級路線のこの二店舗はまったく違います。

■西麻布本店
住所:東京都港区西麻布2-24-14 バルビゾン73 1F
TEL:03-3406-4129
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:年中無休

■銀座店
住所:東京都中央区銀座1-6-6
TEL:03-3538-1129
営業時間:17:00~24:00(LO23:00)
定休日:年中無休

3,000円の厚切りサーロイン

銀座コバウ【銀座】

銀座駅B5出口より徒歩3分、アルマーニとディオールの間の西五番街通りを進んですぐのところにあるのが「銀座コバウ」です。産地、牧場、月齢にこだわった黒毛和牛雌牛のみを使う高級焼肉店です。肉は牧場・牛飼い人ごとに食べ比べもできるほど、仕入れ先にはこだわりがあります。店内は、個室、カウンター、テーブル席とあり、接待にもデートにも使えます。
コースは6,500円の特選コースと8,500円のコバウコース、12,000円の銀座コースの3種類。タン元、タンゲタ、タン先が1枚ずつの数量限定の黒毛和牛タン三種は前日までの予約制です。銀座で焼肉を食べるのであれば絶対的に安心のクオリティで、コストパフォーマンスも抜群だと感じられるでしょう。

住所:東京都中央区銀座6-7-6 ラペビル5F
TEL:03-5568-5510
営業時間:月~金 17:00~23:45(LO23:00)
     土・祝 16:00~23:00(LO22:20)
定休日:日曜日(月曜祝日の場合は日曜営業、月曜店休)

image92581

出典:tabelog.com

カイノミ。希少部位も豊富。

SATOブリアン【阿佐ヶ谷】

image93939

出典:tabelog.com

image93940

出典:tabelog.com

中央線阿佐ヶ谷駅南口から線路沿いに荻窪方面へ2,3分程歩いた路地にある「SATOブリアン」。特徴的な店名は、ヒレの最高級部位の「シャトーブリアン」と店主の佐藤さんの名前をかけたという単純なもの。店名の一部になっているだけあって、自慢は「九州和牛シャトーブリアン」です。A4ランクのシャトーブリアンは90グラム2,138円、A5ランクは130グラム6,264円で食べられます。コースは6,500円の店長おまかせコースから、12,000円のSATO厳選和牛スペシャルまでの3種類。他にも宴会コースなどもあります。
予約は早めにしておきたい人気店です。同じく阿佐ヶ谷に「にごう」店もあります。にごう店の予約も本店で受け付けています。

■SATOブリアン
住所:東京都杉並区阿佐谷南3-44-2 新井ビル 1F
TEL:03-6915-1638
営業時間:[日~木]17:00~23:30(23:00L.O.)[金・土]17:00~24時 ( 23 : 30L.O.)
定休日:不定休

■SATOブリアン にごう
住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷南2-17-2
営業時間:17:00~23:30(L.O.)
定休日:不定休

image93953

出典:tabelog.com

A4の九州和牛シャトーブリアン

正泰苑【町屋・芝大門・銀座・新橋】

image93960

出典:tabelog.com

町屋総本店、町屋駅前、芝大門(浜松町)、銀座、新橋にお店を構える正泰苑(しょうたいえん)。もともとは町屋駅から徒歩15分ほどのなんともいえないロケーションの1店舗から始まった正泰苑ですが、あっという間に4つも支店を構えることになった焼肉界のシンデレラ焼肉屋です。
町屋の総本店は庶民的な地元の焼肉屋といった雰囲気で、コストパフォーマンスの良さを感じられるクオリティの高い肉が楽しめます。口コミサイトなどでは人気の高い芝大門店や、銀座店はおしゃれでデート向きです。2015年10月にはららぽーと豊洲店もオープンします。
上品な焼肉屋でもよく出されるような「正泰苑流 焼きスキ」は一度は食べておきたい名物です。

■正泰苑総本店
住所:東京都荒川区町屋8-7-6
TEL:03-3895-2423
営業時間:17:00~翌0:30
定休日:月曜日

■正泰苑 町屋駅前店
住所:東京都荒川区町屋1-20-9 AN町屋ハイツ 102
TEL:03-5901-2929
営業時間:[月~木]17:00~翌2:00(L.O.翌1:30)[金・土]17:00~翌3:30(L.O.翌3:00)[日]17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)

■正泰苑 芝大門店
住所:東京都港区芝大門1-7-4 パークサイド芝大門 1F
TEL:03-5733-5025
営業時間:ランチ 11:30~14:00/ディナー 17:00~24:00
定休日:無休

■正泰苑 銀座店
住所:東京都中央区銀座5-9-5 チアーズ銀座 9F
TEL:03-6274-5003
営業時間:平日17:00~翌4:00/土日祝17:00~24:00
定休日:無休

■正泰苑 新橋店
住所:東京都港区新橋2-3-4 新橋パークビル2階
TEL:03-6908-4529
営業時間:17:00 〜 24:00
定休日:無休

生でも食べられるという上ロースタレ。

静龍苑(せいりゅうえん)【森下】

都営新宿線森下駅から歩いてすぐ、大通り沿いにあるのが静龍苑です。下町感満載の店構えと店内ですが、下町を代表する名店です。中でも絶大な人気を誇るのがタン塩。タンを食べるのであれば静龍苑というファンも多いほど。濃いめの塩ダレと、薄切りの肉が特徴的です。タンに限らず塩ものはどれも絶品。塩ものは最初のオーダーでしか注文できないので、注意してください。価格は店構えと違い、普通(今回紹介しているような名店と同じくらいだと思います)。ただ、クオリティは値段相応かそれ以上と言えるでしょう。
ちなみに、筆者は行ったことがありませんが、斜め向かいにある「平和閣」という焼肉屋も焼肉通の間では有名なようです。

住所:東京都江東区森下2-14-5
TEL:03-3632-2348
営業時間:17:30〜21:00
定休日:水曜日

静龍苑といえば、塩ダレ。

炭火焼あもん【池袋】

image94010

出典:tabelog.com

池袋駅西口および北口から徒歩約10分、池袋二丁目の交差点を過ぎ、一本入った路地にあるのが炭火焼あもんです。池袋を代表する焼肉屋。神戸牛のさまざまな部位を味わえるのが特徴的です。3,500円の並、5,500円の上、8,500円の特上の3種類のおまかせコースがあります。刺し・握りもおすすめです。(コースは日によって内容が変わりますが、基本的には刺し・握りは出てくると思います)
「焼肉屋」とはちょっと違いますが、同じく神戸牛や、焼き鳥などを出す「あもん はなれ」も駅よりにあります。

■炭火焼あもん
住所:東京都豊島区池袋2-69-1 新井ビル 1F
TEL:03-3981-0304
営業時間:【月〜土】11:30〜14:00(L.O) (ランチメニューのみ)/17:00〜0:00(L.O)
     【日、祝】11:30〜23:00(L.O)
定休日:無休

■あもん はなれ
住所:東京都豊島区池袋2-48-2 ザ・バレル池袋 1F
TEL:03-5391-0081
営業時間:17:00〜23:00
定休日:日曜日、祝日

ザブトンの握りは絶品。

ら・ぼうふ【用賀】

image94218

出典:tabelog.com

image94219

出典:tabelog.com

東急田園都市線用賀駅から徒歩約20分(東急大井町線上野毛駅からも同じく徒歩約20分)のところにあるのが「ら・ぼうふ(La,Bouef)」です。喫茶店のような外観のら・ぼうふは、食肉卸問屋直営の黒毛和牛牝牛専門の焼肉屋です。食肉卸問屋が直営しているとだけあって、圧倒的な価格の安さと肉へのこだわりを感じることができます。普通の「カルビ」は690円という安さですが、決して普通ではない極上和牛です。和牛本来の楽しんでほしいというお店の思いから、肉にタレを揉み込まず、付けダレもあっさりしています。お店の前の黒板に書かれている「今日のおすすめ」は必ず注文しましょう。
以前は予約ができないのが難点でしたが、現在は平日であれば予約可能です。予約のできない休日の場合は、お店に行って記帳して待つというスタイルになります。

住所:東京都世田谷区中町5-21-8
TEL:03-5707-0291
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:無休

黒板に書いてある「今日のおすすめ」は必ず頼みたい。

Cossott’e(コソット)【駒沢大学】

image94213

出典:tabelog.com

東急田園都市線駒沢大学駅から徒歩15分弱のところにあるのが「Cossott’e (コソっと)」です。今ご紹介した「ら・ぼうふ」の元店長が独立して、2009年にオープンしたのがこのお店。「こそっと」オープンしたというのが由来だそうです。「ら・ぼうふ」と同じように、喫茶店のような店構え。同じようなのは店構えだけでなく、抜群のコストパフォーマンスの高さも「ら・ぼうふ」譲りです。「ら・ぼうふ」同様、並ロース・カルビでそのクオリティの高さを実感してください。
なお、こそっとオープンしたにもかかわらず、すぐに人気となり、麻布十番にも「Cossott'e SP(コソっとエスピー)」をオープンしています。カジュアルな雰囲気のコソっと本店に比べ、こちらは麻布十番らしい落ち着いた雰囲気です。

■Cossott’e
住所:東京都世田谷区弦巻2-9-11 1F
TEL:03-5426-0350
営業時間:17:00~24:00(L.O 23:00)
定休日:無休

■Cossott'e SP
住所:東京都港区六本木5-13-11 スペーシア麻布十番Ⅰ-2F
TEL:03-6441-2646
営業時間:17:00~25:00(土曜のみ24:00まで)※24:00L.O
定休日:なし

並ロースは790円で圧倒的なコストパフォーマンスを感じられます。

焼肉芝浦【駒沢大学・祐天寺・赤坂】

東急田園都市線駒沢大学駅から徒歩20分ほどの少し離れた高級住宅街に佇むのが焼肉芝浦。焼肉に対する強いこだわりを持った人気店で、駒沢の本店の他、祐天寺から徒歩15分ほどのところにある三宿店、2015年5月には赤坂に赤坂別邸と店舗を構えます。使っている和牛へのこだわりはもちろん、注文を受けてから肉をカットしたり、タレからデザートまで出すものすべて自家製にするなど、細部にまでこだわりを感じることができます。ハラミの他、人気なのは「メガネ」という部位。「メガネ」は股関節の骨についている赤身肉で、肉々しい食感を楽しめます。

■焼肉芝浦 駒沢本店
住所:東京都世田谷区駒沢5-16-9
TEL:03-5706-4129
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:月曜日

■焼肉芝浦 三宿店
住所:東京都世田谷区下馬1-45-6ウィステリアプラザ2F
TEL:03-6805-4129
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:木曜日

■焼肉芝浦 赤坂別邸
住所:東京都港区赤坂3-12-13 RIFA2ビル 2F
TEL:03-6426-5029
営業時間:17:00~24:00
定休日:日曜日

image94282

出典:tabelog.com

珍しい部位「メガネ」。

三宿トラジ(みしゅくとらじ)【祐天寺】

image94318

出典:tabelog.com

東急東横線祐天寺駅から歩いてすぐのところにあるのが「三宿(みしゅく)トラジ」です。以前は三宿にあったため三宿トラジという店名になっています。また、焼肉チェーンの「トラジ」とも関係ありません。三宿トラジのおすすめは店名のついた「トラジ焼」。分厚いハラミですが、このお店に来たのなら必ず頼むべきメニューです。また、肉のクオリティはもちろん高いのですが、サイドメニューも絶品。チヂミと冷麺は一度は食べてみるべきです。

住所:東京都目黒区祐天寺2-14-7 AIビル B1F
TEL:03-3713-0010
営業時間:[火~土]18:00~25:00 [日・祝]18:00~23:00
定休日:月曜日、第2第3火曜日

image94336

出典:tabelog.com

チヂミと冷麺は必ず頼んでほしいサイドメニュー。

本とさや【浅草(田原町)】

東京メトロ銀座線田原町駅から徒歩約7分、つくばエキスプレス浅草駅A2出口から歩いてすぐのところにある「本とさや」。下町・浅草にぴったりの昔ながらの古き良き焼肉屋といった雰囲気です。
厚切りの肉が特徴的で、特上カルビは分厚いステーキのよう。深夜2時(日曜祝日は1時)までやっているのも嬉しいところです。みんなでワイワイと焼肉を楽しんだり、慣れ親しんだ人と一緒に行くのがおすすめのお店です。

住所:東京都台東区西浅草3-1-9
TEL:03-3845-0138
営業時間:平日 PM14:00~AM2:00 (ラストオーダー AM1:30)・土曜 PM12:00~AM2:00 (ラストオーダー AM1:30)・日祝 PM12:00~AM1:00 (ラストオーダー AM0:30)
定休日:無休

image96071

出典:tabelog.com

厚切りの特上カルビは2,500円。このお店で頼みたい一品。

炭火焼肉なかはら【市ヶ谷】

image96079

出典:r.gnavi.co.jp

市ヶ谷駅から徒歩2,3分、交差点の角にある飲食店が多く入ったビルの9階にあるのが炭火焼肉なかはらです。もともとは三ノ輪で15年続いた超有名焼肉店「七厘」が2014年11月13日に移転し、新たにオープンしたのがこの「なかはら」です。店主の中原健太郎さんは肉の美味しさを最大限引き出すことにこだわり、ミリ単位で肉を見、カットの仕方を変えます。もちろんカットも注文を受けてからの手切り。そんななかはらの代名詞とも言えるのが、「七厘」時代からの名物「幻のタン」。事前予約必須です。「おまかせ」はその日の良いところだけを厳選した7枚。他にも和牛握りなど刺し系も絶品です。
店内は焼肉屋とは思えないモダンでポップな雰囲気。デートでも大人数でも使えます。

住所:東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷9F
TEL:03-6261-2987
営業時間:17:00~23:00(L.O 22:30)
定休日:水曜日

和牛握りと巻物。もはや寿司屋のよう。

たん清(たんきよ)【秋葉原】

秋葉原駅からヨドバシカメラ方面へ徒歩約5分、ライオンズマンション秋葉原地下1階にあるたん清(たんきよ)。30年以上続く老舗であり、秋葉原で1,2を争う有名焼肉店です。30年以上続くこのお店も、店名の通り「タン」が名物。上たん塩焼き(2,000円)は必ず頼みたいメニューです。他にも、ハラミ・上ロースがおすすめ。値段もそこまで高くなく、コスパも抜群です。
実はたん清は、月に1,2回だけ木曜日に不定期でランチ営業をしています。たん清のランチの「タンシチュー」目当てに、ランチ営業日には行列ができます。タン好きであれば、このランチも一度は行きたいところです。たん清のツイッターでも「タンシチューのランチ営業」の日を発信しているのでチェックしてみてください。

住所:東京都千代田区神田練塀町45番ライオンズマンション秋葉原B1
TEL:03-3258-8321
営業時間:17:30~23:00 (ラストオーダー 21:45 )
定休日:日曜日・祝日

image96090

出典:hara19.jp

行列必須のタンシチューのランチ営業日。

凛(りん)【月島】

image96221

出典:tabelog.com

東京メトロ有楽町線月島駅8番出口を出てすぐ、徒歩約2分のところにあるのが凛(りん)です。1977年創業の凛は、1999年に現在の場所に移転し、その後も焼鳥や串、凛本館の新館にあたる「辛館」をオープンするなど、月島を代表する有名焼肉店です。
この凛でも、一番の名物は厚切りの上タン塩。とにかく分厚いので、両面じっくり焼いて食べます。他にもハラミやホルモン、ステーキもおすすめ。また、地味かもしれませんがしいたけも絶品なので、野菜を頼むのであれば是非注文してみましょう。
月島という土地柄もあるのか、家庭的な雰囲気で、口うるさい「おばちゃん」も名物のひとつ。遅刻はせずに行きましょう。

■凛
住所:東京都中央区月島1-27-1 第3メガロ 1F
TEL:03-3531-2985
営業時間:火~金 18:00~23:00、土・日・祝 17:30~22:30
定休日:月曜日

■凛 辛館
住所:東京都中央区月島3-10-8
TEL:03-3533-0429
営業時間:18:00~23:00
定休日:日曜日

厚切りのタンは注文マスト。

kintan【恵比寿・赤坂・六本木他】

image96226

出典:carnevale.jp

2013年7月にオープンしたばかりの「恵比寿焼肉Kintan」。お肉とワインをカジュアルに楽しむことをコンセプトにしたオシャレな焼肉店です。20代〜40代女性からの支持も厚く、デートや合コン使いにも最適です。けっして「デート向きのオシャレなだけな焼肉屋」ではなく、肉もクオリティが高いです。A4、A5ランクの肉のみを使用。今流行りの30日間ドライエイジングした「熟成肉」なども名物です。コースも全12品の「恵比寿カジュアルコース」が4,980円、ちょっと贅沢な「恵比寿リッチコース」も7,980円とコスパも良いです。だからこそ、合コンなどでもおすすめです。オープン以来人気を集め、六本木、表参道、赤坂、代官山と次々と店舗をオープン。他にも白金と赤坂には牛割烹を提供する別ブランドの「金舌」、汐留シティセンター41Fからの夜景を売りにした「星遊山(せいゆうざん)」などの店舗も構えます。今流行りの焼肉屋という意味ではこのkintan系列は外せないでしょう。

■恵比寿焼肉Kintan
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-10-3 トラストリンク恵比寿ビル1F/2F
TEL:03-5428-8629
営業時間:【ディナー】月-金 18:00 - 23:30 (LO22:45)、土・日・祝日 17:00 - 23:00 (LO22:15)
     【ランチ】月-金 11:30 - 15:00 (LO14:30)※月曜日が祝日の場合はランチは休業
定休日:無休

デート向きだけでなく、肉のクオリティも高い。

鉢山(はちやま)【渋谷・代官山】

渋谷駅、代官山駅、神泉駅からそれぞれ徒歩10分ほど、「鉢山町交番前」と旧山手通りの間にある、隠れ家的な焼肉店が「鉢山」です。最高級和牛に限定した、本物の韓国家庭料理を提供するというのが鉢山のコンセプト。デートや接待にも使える高級感のある焼肉店です。コースは5,000円、8,000円、10,000円、15,000円(15,000円の厳選コースは2日前までの予約が必要)の4種類。〆に出てくる豆乳冷麺も人気です。

住所:東京都渋谷区鉢山町10-13
TEL:03-6416-9429
営業時間:17:00〜24:00(L.O. 23:00)
定休日:無休

デート・接待向きの高級感漂うオシャレな焼肉屋。筆者の勝手なイメージの「韓国料理屋」という感じはまったくしない。

焼肉名門【四谷三丁目・曙橋】

都営新宿線曙橋駅と東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅のちょうど間くらい、徒歩5分ほどのところにあるのが「焼肉名門(めいもん)」です。多くの芸能人やスポーツ選手が訪れる有名焼肉店で、店長もテレビでも多く取り上げられています。店のコンセプトにもあるように、決して高い肉・希少部位を提供するわけではなく、スタンダードな肉をどのように提供するかにこだわっている焼肉屋です。
噂によると、常連もしくは常連に紹介を受けた人しかオーダーできないという「絶倫コース」があるようです。中にはこの「絶倫コース」でないと、この店に行く意味がないという人もいるほど。
芸能人やスポーツ選手との写真で埋め尽くされているようなお店が好きではないという筆者の個人的な趣向では、正直名店リストに入れるか迷うところではありますが、やはり超人気有名店。リストに入れざるを得ないだろうという焼肉店です。

住所:東京都新宿区舟町11 松川ビル1F
TEL:03-3357-7748
営業時間:平日 17:00-28:00、土曜 17:00-26:00、日祝 17:00-25:00
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日定休日)

店長の技の数々。これは「ナイアガラの滝」と呼ばれる技。

焼肉チャンピオン【恵比寿・中目黒他】

恵比寿駅西口より徒歩4,5分のところにあるのが「焼肉チャンピオン」です。2005年にオープンした、黄色の暖簾にチャンピオンのまっ赤な文字が一際目立つ焼肉店です。「三角」「ざぶとん」「くり」「みすじ」といった希少部位が売りで、総じてクオリティは高いと言えるでしょう。恵比寿本店オープン後、恵比寿西に高級路線コンセプトの「焼肉チャンピオン PENTHOUSE」、中目黒には「焼肉チャンピオン NAKAME+」、中目黒アトラスタワー店、芝の東京プリンスホテル店などなど多くの店舗を立て続けにオープン。それぞれの店舗で違ったコンセプトを打ち出しているのも特徴的です。

■焼肉チャンピオン 恵比寿本店
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-2-8 雨宮ビル 1F
TEL:03-5768-6922
営業時間:月〜木 17:00〜24:30 (LO 24:00)、金・土 17:00〜1:00 (LO 24:30)、日・祝 16:30〜24:00 (LO 23:30)
定休日:無休

まるで寿司屋のネタケースのように並ぶ肉達。

游玄亭【西麻布・新宿・赤坂・銀座他】

誰もが知る焼肉チェーン「叙々苑」グループの中でも、最高峰の店舗が「游玄亭(ゆうげんてい)」です。焼肉屋名店31選の中に入れるかどうかは非常に迷うところですが、そうはいっても焼肉チェーンの中では最高峰・最高級と言える游玄亭。游玄亭は、東京都内では西麻布本館・赤坂・銀座・新宿・有楽町マリオン店の5店舗、大阪にホテルニューオータニ大阪店の計6店舗のみ。(新宿店のビルの中に、ピアノラウンジJJという游玄亭ブランドのバーもあります。)
コースのメニューもとてもチェーン店とは思えません。游玄亭会席〈雪〉22,000円、游玄亭会席〈月〉18,000円、游玄亭会席〈花〉14,000円の3種類。焼肉通を語るのであれば、好き嫌いは別として、一度は行っておかなければならないのが游玄亭でしょう。ちなみに筆者は叙々苑サラダが絶品なのではないかと思うタイプです。

■游玄亭 西麻布本館
住所:東京都港区西麻布3-24-18 叙々苑ビル
TEL:03-3796-8989
営業時間:【月~木】11:30~翌4:00(ラストオーダー)
     【金】11:30~翌4:00(ラストオーダー)
     【土】11:30~翌4:00(ラストオーダー)
     【日・祝日】11:30~翌3:00(ラストオーダー)
※CLOSE(平日のみ)15:00~16:00
※ランチタイム 11:30~14:30
定休日:無休

image96439

出典:tabelog.com

まさに「焼肉会席」といった感じの游玄亭の焼肉。

焼肉通・焼肉好きであればすべてチェックしておきたい

東京都内の本当に美味しい焼肉屋31選をご紹介しました。まだまだ名店はあるかと思いますが、まずはこの31軒を押さえておけば間違いないでしょう。純粋に肉を楽しむお店、デート・接待向きのお店などそれぞれお店によってもタイプがありますので、シーンに合わせて是非全軒制覇してみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

Thumb c079c2f7 bec4 40be a24a fb382646926e

上杉遼@美食家

慶應義塾大学→大手金融機関→会社経営。美味しいお店の予約を取ることに一日の大半を使う自称美食家。グルメに強いこだわりを持っていますが、周りからはグルメぶっている味の分からない男といじられることも。

関連する記事

あわせて読みたい