ワインの種類徹底解説【産地の違いから味・香りの違いまで】

こんなワインを飲みたいと思っても、どんなワインを買えばよいかわからなかったり。レストランやワイン店で、飲みたいワインや買いたいワインを上手く伝えられなかった事、ありませんか。そんな時に手助けになるのが、ワインのブドウの品種やちょっとした知識。ワインの種類について簡単にまとめました。ワイン選びのヒントにして下さいね。

yuzunanoyuzunano
  • 609views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.pakutaso.com

お気に入りのワインを見つけるために

レストランやワインショップで、どのようなワインがお好みですか?と質問されても、どう説明したらよいか困った事ないですか。こんなワインを飲みたいと思っていても、具体的にはなかなか言葉が出なかったり、違うニュアンスになったりして、飲みたいワインを伝えられない事って、ありますよね。そんな時に手助けになる知識が、ブドウの品種や種類や産地です。今回は、ワインの種類やブドウの品種、産地の違いから味や香りの違いまでの簡単な解説をまとめました。よかったらぜひ参考にして下さいね。

ワインの種類って何があるの?

ワインと言ったら、思い浮かぶ種類はほとんどの方は、赤ワインや白ワインやスパークリングワインではないでしょうか。しかし、あまり馴染みがない「シェリー」や「ヴェルモット」も実はワインなんです。ワインにもいくつか種類があり、大きく分類すると4種類に分類されます。「スティルワイン」「スパークリングワイン」「フォーティファイドワイン」「フレーバードワイン」の4つ。それぞれご紹介していきますね。


スティルワイン

出典:www.pakutaso.com

スティルワインは発泡性のないワイン。一般的にワインと言ったら皆さんが思い浮かべる「赤ワイン」「白ワイン」「ロゼワイン」や、いま人気の「オレンジワイン」もこれに当てはまります。アルコール度数が9度~15度くらいが多いです。

スパークリングワイン

聞き馴染みがある「スパークリングワイン」。皆さんが思い浮かぶ通り、あの泡がシュワシュワのワイン、発泡性があるワインの事です。代表的なものには「シャンパン(シャンパーニュ)」「スプマンテ」「クレマン」「プロセッコ」「カヴァ」などがあります。

フォーティファイドワイン

出典:www.enoteca.co.jp

聞いた事がない方も多い「フォーティファイドワイン」。「フォーティファイドワイン」は、ブドウを発酵させる醸造工程の途中で、ブランデーや蒸留酒を加え、全体のアルコール度数を15~22度程度まで高くし、コクや保存性を高めたワインの事。代表的なものに、スペインの「シェリー」、ポルトガルの「ポートワイン」や「マデイラワイン」、ティラミスに用いられるお酒でありイタリアのシチリア島に伝わる「マルサラワイン」があります。アルコール度数が高いワインで「酒精強化ワイン」とも呼ばれています。

フレーバードワイン

出典:www.riedel.co.jp

「フレーバードワイン」は名前の通り、ワインに薬草や果実、甘味料などを加えたワインの事。代表的なものに、フルーツやスパイスを漬け込んだスペイン生まれの「サングリア」。白ワインにハーブやスパイスを入れた「ヴェルモット」。そしてバーで飲んだ方も多いカクテル「キール(白ワインにカシスを加えたもの)」もこの「フレーバードワイン」に当てはまります。

自分好みのワインを見つけよう

ワインの分類もわかったところで、ここからは自分好みのワインを見つけるべく、そのヒントになる為に。ワインの製法の違いとブドウの代表的な品種を、それぞれ種類別にご紹介致しますね。「白ワイン」「赤ワイン」「ロゼワイン」「スパークリングワイン」「オレンジワイン」「日本のワイン」の種類別にまとめています。

白ワインとは(代表的なブドウ品種)

出典:www.enoteca.co.jp

白ワインと赤ワインでは造り方が違います。白ワインは、黄緑色の「白ブドウ」を使い、ブドウの「皮」を使わず「種」をしっかり先に取り除いて、ブドウの中身の実だけを使って、果汁だけを発酵させたものです。主に果皮の色の薄い白ブドウで、皮を使わず果汁のみの為、色は薄く透明なものとなります。

白ワインと一口にいっても、ブドウの品種によって、味わいはまったく違います。白ワインの抗酸化能力は赤ワインよりも高いと言われ、食中毒予防にも良いとされています。白ワインの代表的なブドウの品種と特徴をご紹介します。

シャルドネ

白ワインの代表的なブドウ品種「シャルドネ」。フランス東部のブルゴーニュ地方原産の白ワイン用ブドウ。世界中で「シャルドネ」のワインは造られ、白ワインの女王とも呼ばれています。私も白ワインの中で一番大好きな品種です。シャルドネは産地の気候や土壌によって、味わいがまったく違います。

ブルゴーニュ地方のスッキリとした辛口白ワインで有名な「シャブリ」のブドウ品種もシャルドネ。白ワインの最高峰とも言われている「モンラッシェ」や「コルトン・シャルルマーニュ」や「ムルソー」もブドウ品種はシャルドネです。香りや色も素晴らしくその奥深く味わいには力強く気品も感じられます。

ソーヴィニヨン・ブラン

フランスのボルドー地方を原産地とする、緑色の果皮をもつブドウの品種。グレープフルーツなどの柑橘系にハーブのニュアンスを伴った、爽やかな香りを放つ、フレッシュでシャープな味わい。その爽やかな辛口の味わいはキリっと冷やして、前菜料理とぴったり。暑い夏場にもぐんぐん飲みたくなる味わいです。

リースリング

Amazonで詳細を見る

ドイツを代表する白ワイン用ブドウ品種。フランスのアルザス地方においてもリースリングは主要品種。白い花、蜂蜜など甘美なアロマを備え、ピュアな酸味とバランスがとれた甘み。爽やかな辛口から甘口のワインまで造られています。ドイツでは甘口のリースリングは主体ですが、フランスのアルザス地方では辛口が主体。辛口と甘口では味わいがまったく違うので、飲み比べてみても面白いですよ。

ヴィオニエ

フランス・ローヌ地方北部のコンドリューの村が原産のブドウ品種。1980年代後半に人気が出るまで、ほぼ原産地周辺のわずかな土地でしか栽培されていませんでした。味わいは、果実の華やかな香りとフローラルな香りがあり、比較的穏やかな酸味があるやや辛口。エスニック料理などの少しクセがある料理にも合いますよ。

ミュスカデ

ミュスカデは「ムロン・ド・ブルゴーニュ」とも呼ばれており、ブルゴーニュ原産のブドウ品種。シュール・リー製法(透明なワインが澱の上にある状態で静置しておく方法)が使われ、味わいは強い酸味を持ち、フレッシュでフルーティーな辛口の軽やかな白ワイン。和食や鍋料理にもぴったり合います。

赤ワインとは(代表的なブドウ品種)

出典:www.riedel.co.jp

赤ワインとは、一般的に黒ブドウ品種から造られたワイン。黒ブドウとは、黒い皮で覆われたブドウ品種。赤ワインは、果肉と果汁だけでなくブドウの皮と種も丸ごと発酵させます。黒ブドウのつぶした皮や種も一緒に漬け込んで発酵させる為、赤ワインの色の元とタンニンを生み出します。発酵後、皮や種は取り除かれます。赤ワインには白ワインよりもポリフェノール多く含まれており、健康効果は非常に高いと言われております。赤ワインの代表的なブドウ品種を説明します。

ピノ・ノワール

Amazonで詳細を見る

世界一高価なワイン「ロマネ・コンティ」って、聞いた事ありますよね。なかなか飲みたくても飲めないほど高価なワインのブドウ品種はこの「ピノ・ノワール」。ピノ・ノワールはフランス、ブルゴーニュ地方が原産の赤ワイン用ブドウ品種。ピノ・ノワールは単一品種で造られることが多く、気まぐれといわれるほど繊細で栽培が難しいと言われています。透明感のあるルビー色でエレガントで繊細な味わいと華やかな香り。熟成が進めばジビエなどの官能的なフレーバーを重ねていきます。他の赤ワインの品種に比べて酸味が豊かで渋みが少ない為、ワイン慣れしていない方にもおすすめの赤ワインブドウ品種です。

カベルネ・ソーヴィニヨン

世界で最も広く栽培されているブドウ品種。フランスボルドー地方原産の代表的赤ワイン用ブドウ品種。高級ワインとして有名な「シャトー・マルゴー」などのボルドーの5大シャトーから、安く手に入るデイリーワインまで幅広く造られています。小さな粒と分厚い皮、大きな種を持つブドウ。ワインの味わいは、カシスやブルーベリーなどの黒系果実の濃厚な果実味が特徴で、深みのある色合いとしっかりとした渋みを持ち、重厚な飲みごたえ。牛肉の赤身とのマリアージュは最高です。

メルロー

フランス南西部のボルドー地方原産の赤ワイン用ブドウ品種。ボルドー地方で「カベルネ・ソーヴィニヨン」と人気を二分する高貴品種。味わいはカベルネ・ソーヴィニョンほど酸味やタンニンは強くなく、芳醇でまろやかで繊細な味わいで、プラムのような果実の香りが豊か。口当たりはまろやかでなめらか。焼き鳥やハンバーグ、唐揚げやすき焼きなど、肉料理全般に合います。

シラー

フランスコート・デュ・ローヌ地方原産の赤ワイン用ブドウ品種。オーストラリアではシラーズ(Shiraz)と呼ばれています。色合いは、濃い紫を帯びたガーネット色。味わいは、タンニンが豊かでコクがあり濃厚でスパイシー。ブラックベリーなどの果実味と、黒コショウなどの香辛料が入り混じった野性的な香り。力強くスパイシーな味わいなので、香辛料が効いたスパイシーな料理と相性ぴったり。ジビエなどの少しクセがあるお肉料理にも合いますよ。

サンジョヴェーゼ

この投稿をInstagramで見る

西隆之(@taka_tanqueray)がシェアした投稿 -

イタリアのトスカーナ地方が原産の赤ワイン用ブドウ品種。イタリアを代表するブドウ品種で世界全体の栽培量のほとんどがイタリアで生産されています。飲んだ方も多いイタリアの赤ワイン「キャンティ・クラシコ」もこのブドウ品種「サンジョヴェーゼ」のみで造られています。色合いは非常に濃いルビー色。味わいは、酸味とやや強い渋みがあり、フレッシュな果実の香りと香辛料やハーブなどの香り。ピザやパスタや、トマトソースを使ったイタリア料理にぴったり合います。

スパークリングワインとは

スパークリングワインは、3気圧以上のガス圧を持った発泡性のワイン。二酸化炭素を多く含み、開栓すると二酸化炭素がキラキラと輝く黄金色の立ち昇る泡に。フランスのシャンパーニュ地方特産の「シャンパン」もスパークリングワインの一種です。「シャンパン」以外も代表的なものに「スプマンテ(Spumante)」「カヴァ(CAVA)」「クレマン(Cremant)」「プロセッコ」などがあります。白以外にもロゼや赤のスパークリングワインもあり、甘口から辛口まで様々な味わいがあります。

シャンパン(シャンパーニュ)

フランスのシャンパーニュ地方で造られたもののみ名乗れるワイン。ぶどうの品種や栽培、製造方法もフランスのワインの法律で規定された条件を満たしたもののみ、シャンパンと名乗れます。それ故に、ほかのスパークリングワインに比べ、高品質かつ高価格。泡が非常に細かいのが特徴。「ドンペリ」で知られる「ドンぺリニヨン」も、シャンパーニュ地方で造られた高級シャンパンです。

クレマン(Cremant)

シャンパンと同じ伝統製法(瓶内二次発酵方式)を用いて造られた、フランスの定められた地域で造られるスパークリングワイン。代表的なものに「クレマン・ド・ブルゴーニュ」「クレマン・ド・アルザス」などがあります。「クレマン・ド・ブルゴーニュ」は、シャンパン同様シャルドネとピノ・ノワールを基本品種として造られ、シャンパンに匹敵する味わいです。

「カヴァ(CAVA)」

スペインの特定地域で生産される発泡性ワイン。「シャンパン(シャンパーニュ)」と同じ「瓶内二次発酵」でつくられ、スペインのワイン法に基づく製法で造られています。カヴァ(CAVA)という名前は、カタルーニャ語で「セラー」を意味しワインを熟成させる洞窟(CAVA)に由来しています。辛口が多く、スペインの固有品種は酸味が穏やかで果実味が豊かなので、シャンパーニュと比べると飲みやすいものが多いのが特徴。

スプマンテ(Spumante)

イタリアで造られる発泡性ワイン。スプマンテは、イタリア語で「発泡性の」という意味でイタリア語でスパークリングワインを示す言葉。代表的なものにイタリア・ヴェネト州で造られるスパークリングワイン「プロセッコ」や、赤のスパークリングとしも有名な「ランブルスコ」もあります。

ロゼワインとは

ロゼワインは、ピンク色のワインのこと。ロゼはフランス語で「バラ色」の意味。淡いピンク色から赤に近い濃いピンク色、紫がかった濃いピンクなど、様々な色合いがあります。ロゼワインの造り方はいくつかの方法があります。赤ワインの製造と同じ作り方で、果汁の色合いがピンク色になったところで発酵させる方法。白ワインの製造と同じ作り方で、白ブドウを使わず黒ブドウを破砕し圧搾したあと、果汁のみを発酵させる方法。その他、発酵前の白ブドウ果汁と黒ブドウ果汁を混ぜて醸造する方法なども。

ロゼワインは、白ワインと赤ワインの両方の要素があるため、どんなお料理にも相性バツグン。ロゼワインは辛口から甘口まであり、美しいピンク色はお祝いの席にもぴったりです。

デザートワインとは

出典:www.riedel.co.jp

デザートワインは、びっくりするぐらい甘く、奥深いブドウの旨味とコクがあるワイン。デザートワインは国によってアルコール度数などの定義が異なりますが、甘口~極甘口のワインが「デザートワイン」と呼ばれています。デザートワインは様々な種類があり、代表的なものに「アイスワイン」「貴腐ワイン」「ストローワイン」の3つがあり、種類別にご紹介します。あま~いデザートワインは、甘いスイーツやデザートととっても合います。ギフトにもおすすめです。

貴腐ワイン

Amazonで詳細を見る

貴腐ワインとは貴腐菌ボトリティス・シネレア(Botrytis cinerea)が付いた「腐った」ブドウから作られるワイン。貴腐ワインは「世界最高峰の甘口白ワイン」。貴腐香と呼ばれる独特な香りやはちみつ、ドライフルーツを思わせる芳香が感じられます。
フランスボルドー地方の「ソーテルヌ」、ハンガリートカイ地方の「トカイ・アスー」、ドイツQ.m.P最上級糖度「トロッケンベーレンアウスレーゼ」の3つは、「世界三大貴腐ワイン」と呼ばれています。

アイスワイン

Amazonで詳細を見る

ドイツのフランケン地方で誕生したワイン。通常より収穫を遅らせ寒くなる事により、氷結したブドウから造られる極甘口のワイン。甘みと一緒に爽やかな酸味が少し含まれるのがアイスワインの特長。オーストリア・ドイツ・カナダの3国で造られたものしか、アイスワインと名乗ることはできません。

ストローワイン

この記事のキーワード

この記事のライター

yuzunano

ワインと美味しいものが大好き!穴場のお店を見つけるとテンション高くなります。建築、美術館、本、ドラマ、旅行など、いろんなジャンルに興味があります。

関連する記事

あわせて読みたい

yuzunano
yuzunano

ワインと美味しいものが大好き! 穴場のお店を見つけるとテンション高くなります。 建築、美術館、本、ドラマ、旅行など、 いろんなジャンルに興味があります。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

上岡岳6

上岡岳

アームレスリング元日本代表/ジムトレーナー/生物学博物館学芸員/一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟常任理事

>>ライター紹介