奈良県内のおすすめスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランド厳選10選

東大寺や薬師寺をはじめとした神社・仏閣など多くの名所・旧跡があり、古都の趣が魅力的な奈良県。各地には手軽に利用できる入浴スポットもあり、観光やグルメと組み合わせて癒しの湯を楽しめます。奈良県でおすすめするスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランドをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 3,004views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.hounoya.gr.jp

奈良県でおすすめするスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランド

出典:www.hounoya.gr.jp

かつて都が置かれたこともあり、国宝の名刹・古刹が数多く点在する奈良県。国内外から多くの観光客が訪れる地域で、観光・グルメ・温泉など様々な楽しみがあります。各地には日帰りで利用できる温泉や入浴スポットがあり、プールやサウナをはじめ様々なアクティビティが楽しめることも魅力。観光やグルメと組み合わせて手軽に癒しの湯を楽しむことができます。

奈良県でおすすめするスーパー銭湯・温泉施設・スパ・健康ランド、厳選した10ヵ所をご紹介しましょう。

1.奈良市「梅の郷 月ヶ瀬温泉」

出典:tsukigaseonsen.com

出典:tsukigaseonsen.com

国内で最初に指定された名勝の一つであり、風情ある梅林が広がる月ヶ瀬。こちらで国道25号・名阪国道の治田ICから車で8分ほどの場所に、豊かな自然に囲まれた「梅の郷 月ヶ瀬温泉」があります。

温泉は地下1200mから湧出する重曹泉系の単純泉で、肌あたりの良いサラリとした湯。眼下に月ヶ瀬の風景と伊賀盆地を望む展望露天風呂などがあり、梅模様を配した信楽焼きの壺湯では源泉掛け流しの湯を楽しめます。

館内にある食事処「梅こころ」では、一品料理から定食や丼まで多彩に品揃え。一押しは名物の「梅うどん(そば)」で、月ヶ瀬産の梅干しを使った逸品です。

【基本情報】
住所  :奈良市月ヶ瀬尾山2681
電話  :0743-92-0388
入浴料 :600円
営業時間:10:30~20:30
休業日 :第1・3火曜日(祝日の場合は翌日)
     6・12月の第1水曜日
     12/30~1/1

月ヶ瀬温泉

2.奈良市「ゆららの湯 奈良店」

出典:www.yuraranoyu.jp

出典:www.yuraranoyu.jp

出典:www.yuraranoyu.jp

JR奈良駅から車で10分ほどの場所で、様々な商業施設があるエリアに立地する「ゆららの湯 奈良店」。天然温泉の日帰り入浴施設で、ボディケアやエステをはじめカットサロンなども併設しています。

温泉は源泉・朱雀の湯で巨石を配した野趣ある露天風呂をはじめ、血行が良くなると話題の炭酸泉やジェットバスなど多彩な風呂を用意。ミストサウナの「霧がくれ」や「汗蒸 麦飯石パワーサウナ」もあり、湯上りは「千峰の縁台」や開放的なロビーなどで寛げます。

館内にある食事処「ゆらら亭」では、定食・御膳・麺類などバラエティ豊かに取り揃え。一品料理の「匠の一品」が人気で、湯上りのビールにあう品々が揃っています。

【基本情報】
住所  :奈良市八条5丁目351-1
電話  :0742-30-1126
入浴料金:720円~
営業時間:10:00~25:00(平日)
     07:00~25:00(土日祝日)
定休日 :年中無休

ゆららの湯 奈良店

3.生駒市「音の花温泉」

出典:nenohana.com

出典:nenohana.com

近鉄生駒線の東山駅から徒歩5分ほどの好立地にある「音の花温泉(ネノハナオンセン)」は、天然温泉の日帰り入浴スポットです。

滑らかな肌あたりの温泉は湯上りにサラリとした触感の湯で、露天風呂をはじめ気泡湯なども用意。男性用の露天風呂は奈良県下で最大級の規模を誇り、野趣ある開放的な風呂で湯を楽しめます。

館内には食事処「音の花亭」があり、毎日市場から直送される新鮮な魚介など旬の素材にこだわった料理を用意。仕入れによって品書きが変わり、お造りや握りなど多彩な海鮮料理を味わうことができます。

【基本情報】
住所  :生駒市小平尾町1008-12
電話  :0743-76-3530
入浴料金:800円
営業時間:9:00~22:00
定休日 :年中無休

音の花温泉

4.宇陀郡曽爾村「お亀の湯」

出典:www.soni-kogen.com

出典:www.soni-kogen.com

三重との県境に近い倶留尊山の西麓に広がり、秋にはススキの名所として知られる曽爾高原。キャンプやハイキングなどアウトドアのアクティビティが楽しめるエリアで、日帰り温泉の「お亀の湯」があります。

温泉は肌がしっとりとする美人の湯で、天然温泉シールラリー「ゆらりん」の「湯めぐり番付」で上位に入る名湯。鎧岳や兜岳をはじめ曽爾高原の雄大な自然を望む露天風呂があり、絶景の大パノラマを眺めながら温泉に入ることができます。

食事処は館内にある郷土料理の「お亀庵」と、隣接する自然派キッチン「すすきの館」の2ヵ所。「すすきの館」では曽爾村で採れる新鮮野菜をふんだんに使い見目にもお洒落な料理を供しており、地ビールの「曽爾高原ビール」も用意します。

【基本情報】
住所  :宇陀郡曽爾村大字太良路830
電話  :0745-98-2615
入浴料金:650円~
営業時間:11:00~21:00
     11:00~20:30(冬季)
定休日 :水曜日(祝日の場合は営業)
     年末年始

お亀の湯

5.宇陀郡御杖村「姫石の湯」

出典:isehonkaido-mitsue.amebaownd.com

出典:isehonkaido-mitsue.amebaownd.com

出典:isehonkaido-mitsue.amebaownd.com

三重との県境に近い道の駅「伊勢本街道 御杖」には、地元の特産品を扱う「街道市場みつえ」や食事処「山桜」などがあり、日帰り温泉の「姫石の湯」も利用できます。

温泉は美肌の湯や温もりの湯と呼ばれる湯冷めしにくい温泉で、石張りの大浴場や露天の壺風呂などを設え。座湯や打たせ湯などもあり、サウナでさっぱりとリフレッシュできるでしょう。

食事処の「山桜」は予約のみの営業ですが、「うぐいす」では一品料理から丼や麺類まで多彩に品揃え。「街道市場みつえ」は地元の農産物をはじめ、薪や間伐加工材なども取り扱っています。

【基本情報】
住所  :宇陀郡御杖村神末6330
電話  :0745-95-2641
入浴料金:700円
営業時間:11:00~20:00
定休日 :火曜日(祝日の場合は営業)

道の駅「伊勢本街道御杖」姫石の湯

6.宇陀市「あきののゆ」

出典:akinonoyu.com

出典:akinonoyu.com

出典:akinonoyu.com

道の駅「宇陀路大宇陀」から車で2分ほどの「心の森総合福祉公園」に隣接する「あきののゆ」。手ぶらで楽しめるBBQガーデン「UDASUN」や、農家レストラン「しゃもじ」が併設された温泉&プールのスポットです。

温泉は地下1300mから湧出するpH9.6のアルカリ性泉で、しっとりした肌感の美人の湯。和・洋の露天風呂や奈良桧の風呂をはじめジャグジーやバーデもあり、入浴料のみで温泉プールも利用できます。

館内にある農家レストラン「しゃもじ」は農園直営で、地元の無農薬野菜や旬彩をメインに使って料理を用意。手造りの素材感がある素朴な味わいで、月替わりの「しゃもじ定食」や「あきの御膳」などを供しています。

【基本情報】
住所  :宇陀市大宇陀拾生250-2
電話  :0745-83-4126
入浴料金:700円~
営業時間:10:00~21:00
定休日 :木曜日(祝日の場合は営業、4・8月は無休)

あきののゆ

7.御所市「かもきみの湯」

出典:www.kamokiminoyu.net

出典:www.kamokiminoyu.net

京奈和自動車道の御所南ICから車で10分ほどの距離にある「かもきみの湯」。天然温泉の入浴施設で、ボディケアルームやカラオケルームなどを併設しています。

温泉は地下1605mから湧出するナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉で、趣ある露天の「岩風呂」や「檜舞台風呂」をはじめ「炭風呂」や「ハーブ湯」など様々。カップルやファミリーで気兼ねなく楽しめる「家族風呂」もあり、室内風呂は男女が日替りで利用できます。

湯上りはゆったりと寛げる食事処「かもきみ」がおすすめで、「豚湯豆腐いろどり定食」や「牛陶板焼き定食」などを取り揃え。入浴と食事がセットになったパックメニューを用意します。

【基本情報】
住所  :御所市大字五百家333
電話  :0745-66-2641
入浴料金:600円
営業時間:10:00~23:00
休館日 :年中無休

かもきみの湯

8.吉野郡吉野町「湯元 宝の家」

出典:www.hounoya.gr.jp

出典:www.hounoya.gr.jp

金峯山寺を中心として多くの寺社が点在し、古より桜の名所として知られる吉野山。この吉野山で吉野ロープウェイの吉野山駅から徒歩15分ほどの場所に、日帰り入浴ができる温泉宿「湯元 宝の家」があります。

温泉は吉野山の景色を望む露天風呂「阿の湯」や「吽の湯」があり、シーズンには絶景の桜を眺めながら湯に浸かれる設え。マイクロバブルを放出する「美彩貴宝の湯」もあり、癒しの湯とともに贅沢な一時を過ごせます。

「湯元 宝の家」では吉野の四季を味わえる会席膳を供しており「ご昼食温泉プラン」も用意。4月以外は個室も利用することができ、季節毎に移り変わる吉野の旬を楽しめるでしょう。

【基本情報】
住所  :吉野郡吉野町吉野山937
電話  :0746-32-5121
入浴料金:1,000円
入浴受付:14:30~19:00
     11:30~15:00(4月)
定休日 :不定休

湯元 宝の家

9.吉野郡黒滝村「黒滝の湯」

出典:www.morimonogatari.com

BBQやテニスなどアウトドアのアクティビティをはじめ、コテージやバンガローなどの宿泊施設も揃う「黒滝・森物語村」。こちらにある人工温泉の入浴スポットが「黒滝の湯」です。

湯は効能豊かな人工温泉・光明石温泉で、大きな窓を設えた大浴場は自然の景色を望める開放的な空間。館内は浴場の中まで畳敷きとなっており、やわらかな踏み心地で癒しの湯を楽しめます。

「黒滝・森物語村」では予約すればランチもOKで、定食や御膳を用意。地元の大和牛を味わえる「大和牛スキヤキ膳」や「大和牛しゃぶしゃぶ膳」などがあり、9・10月は黒滝で獲れるアユの「アユ定食」も用意します。

【基本情報】
住所  :吉野郡黒滝村粟飯谷1
電話  :0747-62-2770
入浴料金:600円
営業時間:12:00~20:00(変動有り)
定休日 :通年営業

黒滝の湯

10.吉野郡天川村「天の川温泉」

出典:yamatoonsen.com

出典:yamatoonsen.com

出典:yamatoonsen.com

国道309号から天ノ川沿いに6分ほど進んだ場所に立地する「天の川温泉」。芸能の神様として有名な「天河大弁財天社」からも近く、天ノ川での川遊びも楽しめるエリアです。

温泉は炭酸水素塩泉で、高野槙を使う浴槽をはじめ建物には吉野杉・桧・松・楓を使うなど木にこだわった設え。山々の景色を望む露天風呂は秘湯の趣があり、ゆったりとした寛ぎの湯を満喫できます。

「天の川温泉」では多彩なお土産物を扱っており、アウトドアグッズや雑貨をはじめオリジナルアイテムを取り揃え。湯上りには「オリジナルサイダー」や、昔ながらの製法で造る「天の川アイスバー」などをいかがでしょう。

【基本情報】
住所  :吉野郡天川村坪内232
電話  :0747-63-0333
入浴料金:600円
営業時間:11:00~20:00
定休日 :火曜日(祝日の場合は営業)

天の川温泉

古都の名所を巡り癒しの湯を楽しむ奈良

随所で古都の趣を感じられ歴史情緒溢れる奈良県。各地には手軽に利用できる入浴スポットがありますので、観光やグルメと組み合わせた癒しの湯をいかがでしょうか。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 料金や利用時間などはプランや日程により変動する場合があります。
※ 掲載画像と実際のプラン等は一致しない場合があります。
※ 日帰り入浴は混雑時に利用できない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキーヤ―でホームゲレンデは戸隠or飯綱あたり、ついでに写真もパチリ。時計やオーディオも愛して病んでいる。おすすめドライブスポットはビーナスライン、車や酒など道楽者が愛する物に関連したライティングやコンテンツ作成など色々やっています。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

斉藤情報事務6

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

>>ライター紹介