【2019年秋冬】メンズ最新トレンドファッション・おすすめコーデ徹底解説!

2019AWのトレンドをコレクションを参考にしながら徹底解説!トレンドカラーや柄からバックや小物、注目ブランドまでまとめて解説します。次のシーズンに向けて何を購入しようか迷っている方やどんなコーディネートを組もうか悩んでいる方向けにパリコレやピッティウオモコレクションを交えながらわかりやすく解説します。

koun0716コウ
  • 48,450views
  • B!

アイキャッチ画像出典:styleonthedot.wordpress.com

2019年秋冬メンズファッションを徹底解説

2019SSのアイテムが各ブランドからぞくぞくと発売されていく中でファッションの街イタリア、パリなどでは今年の秋冬のコレクション発表が行われています。これまではスポーツMIXコーデやオーバーシルエットのアイテムがトレンドでしたが、2019AWでは徐々にクラシックなスタイルへと転換を遂げるブランドが増えています。Celineの新デザイナーであるエディ・スリマンが再びメンズファッション界にも戻ってきたことでビッグシルエットの流行にかげりが見え始めています。最新のトレンドに乗り遅れないように是非、この記事を参考にしてみてください。

トレンドスタイル

まず初めにコレクションのスタイルを使用して2019AW注目のトレンドスタイルを紹介します。コレクションの様にコーデを組むことはなかなか難しいですが、シルエットや素材感、アイテムの合わせ方など参考になる部分はたくさんあります。

Denim Suits【デニムセットアップ】

今回のコレクションではデニム素材のアイテムをセットアップで合わせるスタイルが多く見られました。従来までのデニム素材のセットアップは通常のデニムジャケットとデニムパンツを合わせるスタイルが主流でしたが、今回のコレクションではデニムパンツではなくデニムスラックスを合わせたスタイルやシャツジャケットをデニム素材で仕上げたデニムジャケットを使用したスタイルなど多様なデニムセットアップが多く見られました。

出典:www.vogue.co.jp

E.TAUTZ(イートウツ)

イートウツのセットアップは爽やかなアイスブルーのデニムジャケットに同色のデニムスラックスを合わせており、パンツがワイドシルエットのぶんジャケットを普通のサイズ感にすることでメリハリのあるスタイルを作ることができています。これまではゆったりとしたシルエットのコーデが人気でしたが、次なるトレンドはメリハリのあるコーデなのでぜひ、参考にしてみてください。

出典:www.vogue.co.jp

JIL SANDER(ジルサンダー)

ジルサンダーのデニムセットアップは綾織デニムを使ったシャツジャケットにデニムスラックスを合わせたおしゃれなセットアップ。これまでのデニムセットアップとは違い特徴あるデニム素材を使用し、従来のデニムパンツではなくデニムスラックスを使用するなどデニムセットアップが持つ男らしさを上手く無くしつつ、デニム素材の良さを生かせるようなアイテムが人気となりそうです。

Deformation Jacket【変形ジャケットスタイル】

クラシック回帰を目指し、レトロなジャケットスタイルを展開するブランドが多くなった今回のコレクションですが、シンプルなジャケットスタイル以外にも通常のパターンとは大きく異なったジャケットや切り替えしデザインのジャケットを展開するブランドなどブランドによって様々なジャケットスタイルを見ることができました。コーデのアクセントに変形ジャケットはおすすめです。

出典:www.vogue.co.jp

OFF-WHITE(オフホワイト)

ルイ・ヴィトンのデザイナーとしても有名なヴァージル・アブローが手掛けるブランド、オフ・ホワイトからは無地の生地とクラシックなチェック柄の生地を切り返したデザインのダブルジャケットが展開されます。インパクトのあるデザインをクラシックなダブルジャケットに乗せることでそこまで派手すぎず絶妙な仕上がりとなっているので変形パターンのジャケットの着こなしにぜひ、してみてください。

出典:www.vogue.co.jp

KIKO KOSTADINOV(キコ・コスタディノフ)

ロンドンのセントラル・セントマーチンズ芸術大学出身ブルガリア人デザイナーが手掛ける新鋭ブランドキコ・コスタディノフからは変形パターンのシングルジャケットを使用したスタイルが展開されます。従来のジャケットと比べるとポケットの形や丈の短さ、ボタンの位置などが大きく違いますが、そこまで奇抜なデザインというわけでなく、デイリーユースしやすいスタイルなのでぜひ、チェックしてみてください。

Gentleman at ease【リラックス&カジュアル】

パリやニューヨークでコレクションを発表するブランドの間ではクラシック回帰をテーマにタイドアップしたジャケットスタイルが人気となっていますが、同じくクラシック回帰の兆しを見せるイタリアピッティのコレクションではGentleman at easeをテーマにリラックス&カジュアルダウンしたスタイルが人気を集めています。

出典:www.vogue.co.jp

BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)

おしゃれなバーガンディのセットアップが目を引くスタイルですが、インナーにシャツではなくタートルネックニットを合わせてあげることで、タイドアップをしなくても上手く大人のリラックスジャケパンコーデを作ることができています。ジャケットを使ったコーデを作る際にタイドアップするのではなくタートルネックやモックネックなど首周りにボリュームを出すことができるアイテムを合わせてリラックスしたスタイルもおすすめです。

出典:www.vogue.co.jp

BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)

こちらのスタイルはグレーのセットアップにインナーにニットポロシャツを合わせることでリラックスした雰囲気を演出することができています。インナーにあえてシャツではなくポロシャツを合わせてあげることでネクタイをせずともサマになり、またTシャツとは違いきちんと襟がついているぶんカジュアルダウンしすぎず大人っぽさを演出することができています。

トレンドカラー

2019AWに取り入れたいトレンドカラーを紹介します。トレンドカラーのアイテムをウェアだけでなく小物などで取り入れることで、ぐっと今っぽい雰囲気のコーデを作ることができるので、2019AWに流行るトレンドカラーに興味がある方はぜひ、参考にしてみてください。

Indigo【インディゴ】

今年は各ブランドデニム素材を使用したアイテムをリリースしており、デニム素材の定番カラーであるインディゴは取り入れることでコーデに明るさだすことができ、さらにカジュアルにコーデをまとめてくれます。デニムパンツ以外にもウエストポーチやシャツなど様々なアイテムでデニム素材を取り入れることでぐっとトレンド感のあるコーデを作ることができるのでぜひ、参考にしてみてください。

出典:www.vogue.co.jp

OFF-WHITE(オフホワイト)

オフホワイトのコーディネートはクラシックな3つボタンジャケットにワイドパンツを合わせた今っぽい雰囲気のコーデ。ジャケパンスタイルと言えばジャケットにスラックスを合わせることが定番でしたが、コーディネートのカジュアル化が進み、デニムパンツにジャケットを合わせるコーデが今回のコレクションでは多く見られました。コーデにインディゴのパンツを取り入れることでジャケットの持つフォーマルな雰囲気を上手く着崩すことができています。

出典:www.vogue.co.jp

Vetments(ヴェトモン)

BALENCIAGA現デザイナーであるデムナ・ヴァザリアが手掛けるブランド、ヴェトモン。ヴェトモンのコレクションでも引き続きインディゴカラーのデニムパンツが多く見られ、ジャケットに合わせたカジュアルなジャケットスタイルを提案しています。デニムパンツをコーデに取り入れる際はなるべく同系色のアイテムでコーデをまとめることで統一感のある着こなしが出来るのでぜひ、参考にしてみてください。

Purple【パープル】

パープルカラーは今年は多くのブランドが取り入れており、原色に近いパープルではなく少しくすんでカラーのパープルが人気です。パープルカラーはセットアップで取り入れてもおしゃれですし、他のカラーのアイテムと合わせてもさし色として使用することができます。パープルと言えば少し嫌らしい印象を抱く人も、くすみのあるカラーのアイテムを使用することでそのイメージを軽減できるのでぜひ、取り入れてみてください。

出典:www.vogue.co.jp

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

OFF-WHITEのデザイナーであるヴァージル・アブローがデザイナーを務めるラグジュアリーブランド、ルイ・ヴィトン。くすんだパープルのセットアップは派手すぎず地味すぎず絶妙な塩梅の色味が特徴で、セットアップとしてだけでなく単体でも取り入れやすいアイテムです。シャツやパンツなどはパープルを取り入れやすいアイテムなのでぜひ、パープルに挑戦してみてください。

出典:www.vogue.co.jp

dunhill(ダンヒル)

青に近い原色よりのパープルのアウターを使用したダンヒルのコーディネート。原色に近くなるぶん、少しカジュアルさは強くなりますが、その他のアイテムを黒でまとめることで大人っぽくコーデをまとめることができています。原色に近いパープルのアイテムは秋冬だけでなく春夏も活躍するアイテムなので、一着持っておくと着こなしの幅が広がるのでぜひ、参考にしてみてください。

トレンド柄・デザイン

トレンドカラーに引き続き、トレンド柄に注目してコーディネートを紹介していきます。柄やデザインはトレンドカラーに比べてコーディネートに取り入れることが難しいですが、上手くトレンドカラーのアイテムなどと組み合わせたコーディネートを作ることでぐっと今っぽい雰囲気のコーデを作ることができるので、ぜひ、参考にしてみてください。

Repeating Pattern【総柄】

これまでノームコアのブームが続き、シンプルなコーディネートが人気でしたが、ここ数年は総柄やレオパードなど派手なデザインのアイテムが増えています。総柄のアイテムはセットアップで着用しても決まりますし、アクセントとして一点盛り込むこめばおしゃれなコーデが組むことができます。総柄アイテムを使ったおしゃれなコーディネートを紹介します。

出典:www.vogue.co.jp

DRIES VAN NOTEN(ドリスヴァンノッテン)

アントワープ王立美術アカデミー出身のデザイナーであるドリス・ヴァン・ノッテンが手掛けるブランド、ドリス・ヴァン・ノッテン。今期は総柄のセットアップを使用したアイテムを多数リリースしており、総柄セットアップのアイテムをシンプルなアイテムでまとめたコーディネートを多く提案しています。総柄のセットアップはどうしても派手なコーデになってしまいますが、なるべくシンプルなアイテムでまとめてあげることでおしゃれなコーディネートを作ることができます。

出典:www.vogue.co.jp

N.HOLLYWOOD(エヌ・ハリウッド)

日本の人気ブランド、エヌ・ハリウッドからはカモ柄を使った総柄コーディネートが展開されます。ミリタリーのイメージが強いカモ柄ですが、ミリタリーテイストではないアイテムやトレンド感のあるワイドシルエットのアイテムに使用することでそこまでミリタリー感が強くでず、おしゃれにコーデを組むことができます。普段のコーデのイメージを大きく変えたいときにおすすめの着こなしです。

Double Jacket【ダブルジャケット】

今期はこれまで定番アイテムとして人気があったシングルジャケットではなく、クラシックなダブルジャケットが人気を多くのブランドが展開しています。シングルジャケットに比べてダブルジャケットはフォーマルなテイストが強くなり、コーデに落とし込みにくい印象や独特のシルエットから野暮ったさを感じる人も多いと思いますが、着こなし次第では雰囲気のあるコーディネートを作ることができるのでぜひ、チェックしてみてください。

出典:www.vogue.co.jp

MSGM(エムエスジーエム)

マッシモ・ジョルジェッティが手掛けるイタリアのファッションブランド、MSGM。ベースはストリートですが、最近ではクラシックやスポーツなど様々なテイストを組み合わせたアイテムを展開しています。今期展開するダブルジャケットは短すぎず長すぎず絶妙な着丈の長さであり、同色のパンツも展開しているので、セットアップで着用することができるのでぜひ、チェックしてみてください。

出典:www.vogue.co.jp

Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)

日本を代表するブランドの一つ、ヨウジヤマモトからもダブルジャケットが展開されています。かなり多くの飾りボタンがつけられた独特のデザインのジャケットで、ヨウジヤマモトでは少し珍しい細身のすっきりとしたシルエットが特徴です。同素材のパンツと合わせてセットアップで楽しむこともできますし、デニムパンツなどと合わせてカジュアルに着崩したスタイルもおすすめです。

トレンドアイテム

2019AW流行間違いなしのトレンドアイテムを紹介します。トレンドアイテムはコーデに用いるだけで簡単に今っぽい雰囲気のアイテムを作ることができるのでぜひとも取り入れてほしいアイテムです。コレクションで実際に披露されたコーディネートをもとに紹介します。

Middle Coat【ミドルコート】

これまでは極端に丈が長いロングコートや逆に丈が短いショートコートの2つが常にトレンドを繰り返してきましたが、今期は長すぎず短すぎずのミドルコートが流行の兆しを見せています。ミドルコートは着る人の体形を選ばず、どんな方でもおしゃれに着こなすことができるので今年の秋冬はミドルコートを狙ってみてはいかがでしょうか。

出典:www.vogue.co.jp

UNDERCOVER(アンダーカバー)

日本を代表するブランドの一つ、アンダーカバー。鮮やかなブラウンのミドルコートを使用しており、同系色のムートンブーツと合わせて統一感のあるコーデを作っています。ミドルコートは丈がひざにかかるかかからないかくらいの長さであり、中でも裾に向かって広がりを見せるAラインシルエットのアイテムが人気です。体形を気にせずだれでも着こなすことができるアイテムなのでぜひ、チャレンジしてみてください。

出典:www.vogue.co.jp

AMI(アミ)

パリ発のファッションブランド、AMI。デザイナーのAlexandre Mattiussi は、Dior、Givenchyなどでキャリアを積み2011年に自身のブランドを立ち上げました。今期は上質な質感のミドルコートをリリースしており、長すぎず短すぎずの絶妙な丈感と裾に向かって広がるAラインシルエットが特徴です。ミドルコートは合わせるボトムスを選びませんが、なるべく細身のパンツと合わせてメリハリのあるスタイルを作ることがおすすめです。

Long Down Coat【ロングダウンコート】

昨年のトレンドから引き続き今年もロングダウンコートが流行の兆しを見せています。これまでダウン素材のアイテムと言えば、ショート丈のダウンジャケットが定番でしたが、昨年から徐々にロング丈のダウンコートが人気となり、今期で一気に定着するでしょう。今っぽいビッグシルエットのアイテムから細身のスマートなアイテムまで幅広く展開されるので、自分の好みに合わせてアイテムを選んでみてください。

出典:www.vogue.co.jp

Maison Kitsuné(メゾンキツネ)

パリ発のファッションブランド、メゾンキツネから今年はビッグシルエットのダウンコートが展開されます。ビッグシルエットのダウンコートは着こなしが難しく、こちらのコーデの様にワイドスラックスと合わせて雰囲気のあるコーデを作っても良いですが、より簡単におしゃれなコーデを作りたい場合は細身のパンツと合わせてメリハリのあるコーデを作りましょう。

出典:www.vogue.co.jp

JW ANDERSON(ジェイダブリューアンダーソン)

ここ数年、人気を徐々に集め始めているJW ANDERSON。デザイナーであるジョナサン・アンダーソンはロエベのクリエイティブディレクターを務めており、最近ではUNIQLOと定期的にコラボを行うなどかなり知名度が上がっています。タイトなシルエットのロングダウンコートはスタイリッシュなコーディネートが好きな方におすすめのアイテムで、こちらのコーディネートと同じように細身のパンツを合わせてすっきりとまとめましょう。

Color Gloves【カラー手袋】

秋冬のおしゃれアイテムとしてそこまで高い注目度を集めませんが、欠かすことのできないアイテムである手袋。今年は多くのブランドが奇抜なカラーの手袋やプリントが施されたデザインの手袋を展開するなど、コーデのアクセントに欠かすことのできないアイテムになっています。機能性、デザイン共に優れた手袋は重宝するのでぜひ、手に入れてみてはいかがでしょうか。

出典:www.vogue.co.jp

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

ルイ・ヴィトンからは鮮やかな蛍光色の手袋が展開されます。こちらのコーデの様にブラウンのアイテムで統一したコーデに明るい手袋を合わせるだけでコーデのアクセントになり、いつもと少し違った雰囲気のコーデを作ることができます。手袋でさし色を取り入れる最大のメリットは取り外しが可能なので、着用していた時に飽きればいつでも外すことができる点で、気分に合わせてコーデを楽しむことができます。

出典:www.vogue.co.jp

UNDERCOVER(アンダーカバー)

日本を代表するブランド、UNDERCOVERからはレザー製の手袋が展開されており、こちらのアイテムは比較的落ち着いたブラウンのアイテムなので、さし色としてではなく、同系色のアイテムと合わせてまとまりのあるコーディネートを作ることができます。また、ウール素材のトップスと合わせてあげることで同じブラウンのアイテムでもウールとレザーという違った質感をもつアイテム通しならではのコーデを作ることができます。

Retro Sneakers【レトロスニーカー】

昨年はBALENCIAGAがリリースしたダッドスニーカー、Tripl Sの影響によってファッションシーンに空前のダッドスニーカー、ボリュームスニーカーブームが起こりましたが、今期はその反動を受けてローテクスニーカーや革靴などのレトロなシューズが使用されています。特に、レトロなローテクスニーカーは合わせるアイテムを選ばずコーデに落とし込むことができるのでぜひ、取り入れてみてください。

出典:www.vogue.co.jp

Sacai(サカイ)

日本を代表するブランドの一つSacai。もともとはウィメンズに特化したブランドでしたが、2009年春夏シーズンよりメンズラインをスタートさせ、今ではメンズ、ウィメンズ共に世界中で人気を集めています。これまではスポーツテイストのアイテムが人気でしたが、今期はクラシック回帰路線がどのブランドにも共通するテーマであり、スニーカーに関してもハイテクスニーカーからローテクスニーカーへと変化しています。

出典:www.vogue.co.jp

Loewe(ロエベ)

JW ANDERSONのデザイナーであるジョナサン・アンダーソンがクリエイティブディレクターを務めるスペイン発のラグジュアリーブランド、ロエベ。カジュアルなスタイルにローテクスニーカーを合わせたコーディネートはこれまであまり見られなかったですが、今期からロエベだけでなく数々のブランドでみられるようになりました。履き心地などはハイテクスニーカーに勝ってはいませんが、デザイン性、他のアイテムとの合わせやすさではローテクスニーカーに軍配が上がるのでぜひ、取り入れてみてください。

VOKKA一押し注目ブランド

VOKKA編集部一押しのブランドを紹介します。今期も多くのブランドがコレクションを発表しましたが、その中からVOKKA編集部が注目しているブランドをピックアップして紹介するのでぜひ、参考にしてみてください。

CELINE【セリーヌ】

出典:gqjapan.jp

イブ・サン=ローランやDiorでキャリアを積み、一時代を築いたデザイナー、エディ・スリマンをクリエイティブディレクターに招聘し、2シーズン目を迎えたCeline。1stシーズンはこれまでのセリーヌのイメージを大きく変え自身のスタイルを前面に打ち出したコレクションが話題を呼びましたが、今シーズンは自身の持つスタイルとセリーヌのエレガントさを上手く掛け合わしたコレクションを展開しています。

出典:www.vogue.co.jp

エディ・スリマンらしさ全開のスーツスタイル。細身のシルエットにナローラペル、ナロータイなど英国のモッズスタイルを彷彿とさせるようなスタイルで、今年のトレンドアイテムでもあるダブルジャケットをタイトなシルエットに仕上げています。トラッドやクラシックなど様々な要素をデザインソースに使用しているエディですが、セリーヌのディレクターになって以降よりエレガントさを打ち出したスタイルを提案しています。

AURALEE【オーラリー】

出典:www.pen-online.jp

2015年春夏シーズンからスタートした日本のブランド、オーラリー。世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で本当に良いと思える素材を追求をコンセプトに素材からデザインを決めるというほど素材選定にこだわりをもっています。ブランド設立から4年目を迎えて2019AWシーズンついにパリコレデビューを決意し、パリのポンピドゥセンターで初の海外コレクションを行いました。

出典:www.fashionsnap.com

今回のコレクションではブランドの強みである素材の良さをアピールするためにベージュやアイボリーなどのニュートラルなカラーのアイテムを使用しています。オーラリーの良さであるゆったりとしたシルエットは今期も継続しており、どんな人が着ても服よりもその人の個性が出るアイテムを作りたいというデザイナーの思いのもとシンプルなデザイン中心に展開しています。今、ドメスティックブランドの中でもっとも人気があるブランドと言っても過言ではなく、気になった方はぜひ、チェックしてみてください。

THOM BROWN【トム・ブラウン】

出典:mensfashion-brand.com

2001年に創業したアメリカのブランド、トムブラウン。アメリカントラディッショナルスタイルをモダンに時にアバンギャルドに再解釈したアイテムを展開しており、アメトラをベースにしたドレススタイルを得意とするブランドです。今期のトム・ブラウンのコレクションはこれまで男女の服の違いを無くすようなスタイルを展開しており、これまでの服の概念を壊すようなスタイルは話題を呼びました。

出典:www.fashion-press.net

今回のトム・ブラウンのコレクションの中で人々の話題を集めたのが、これまでは女性服に主に見られたくびれたウエストを男性服に落とし込んだアイテムです。これまでウエストのくびれは女性の象徴とされていましたが、あえてメンズ服に落とし込むことでこれまでには無い新たなメンズウェアを生み出しました。アメリカントラディッショナルをデザインソースにしながらこれまでになかったウェアを次々と展開していくトム・ブラウンのコレクションはこれからも大注目です。

Kiko Kostadinov【キコ・コスタディノフ】

出典:www.vogue.co.jp

ロンドンの名門スクール、セント・マーティンズを卒業してすぐに立ち上げたブランド、キコ・コスタディノフ。現在、ファッションシーンで最も注目度の高いブランドの一つであり、16AWのデビューコレクションがすぐにドーバーで取り扱いが行われるなど、コムデギャルソンのデザイナーである川久保玲にもその才能は高く評価されています。デザイナーであるキコはロンドンの老舗ブランド、マッキントッシュとの新プロジェクトである「0001」に招聘されるなど活躍の場を徐々に広げており、今後の成長が楽しみなデザイナーの一人です。

出典:www.fashionsnap.com

19AWコレクションもキコが得意とする築的なディテールと、ミニマルなムード、機能性を兼ね備えたアイテムが特徴的であり、ワークスタイルをモチーフに上手くモードな雰囲気に仕上げています。シンプルでありながらどこか癖のあるデザインのアイテムが好きな人には必ずはまるブランドです。また、デザイナーであるキコは日本が好きで、ここ数年は定番でasicsとのコラボスニーカーを発売しており、気になる方はチェックしてみてください。

2019秋冬のトレンドをマスターしよう!

ここまで記事を見ていただきありがとうございます。少しでも皆様の参考になれば幸いです。2019秋冬のトレンド解説はいかがだったでしょうか。トレンドカラーからトレンドスタイル、そして注目ブランドまで幅広く紹介したので、早く秋冬のトレンドが知りたかったという方はぜひ、参考にしてみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

関連する記事

あわせて読みたい

koun0716
コウ

都内在住の大学生です。 ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車とバイクと酒と旅を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib5

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介