インドの観光スポットおすすめ15選【人気・定番コースから穴場まで】

バックパッカーの間で人気のある国の一つがインドです。インドカレーが日本でも人気のインドは、文化の違いで衝撃続きの旅が刺激的で癖になると有名です。首都デリーやムンバイといった都市は聞いたことがあるものの、観光スポットとなるとあまり詳しくない方が多いのではないでしょうか。今回は、おすすめの観光スポットを15選ご紹介します。

aimusむる
  • 5,553views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.flickr.com

バックパッカーの聖地・インドってどんなところ?

インドは国土が多いので地域によって全く気候が変わりますが、全体的に乾季と暑季と雨季の三つの時期に分かれています。乾季は主に11月~2月頃まで、暑季は3月末~5月頃まで、雨季は6~9月頃までです。乾季が旅行には最も適している時期で、暑季はデリーでも40度を超え、場所によっては50度を超えます。雨季は豪雨が1時間ほど降ったりするようです。

インドでは公的共通語としてヒンディー語と英語が定められていますが、その他に22の指定言語を定めています。少なくとも30の異なる言語があり、全体では2000前後の方言が存在しています。インドの英語は、日本人が慣れ親しんでいるアメリカ英語やイギリス英語とは少し違うのでわかりにくいかもしれません。

日本からインドへは、直行便で成田からデリーまで約9時間30分、ムンバイまで約10時間程度かかります。

【1】タージ・マハル/アグラ

出典:www.flickr.com

インドで一番有名な観光スポットといえば、こちらのタージ・マハルですよね。タージ・マハルは、世界遺産にも登録されている総大理石の霊廟です。

タージ・マハルは、第5代皇帝シャー・ジャハーンが、亡くなった愛妃ムムターズ・マハルのために莫大な金銭と人力をかけて造らせたものです。世界で一番美しいお墓は、インドを代表する観光スポットです。

【詳細情報】
タージ・マハル
住所:Dharmapuri, Forest Colony, Tajganj, Agra, Uttar Pradesh 282001
TEL:0562-2226431
アクセス:デリーから鉄道で約二時間の都市、アグラ

Taj Mahal-Official Website of Taj Mahal, Government of Uttar Pradesh(India)

【2】アグラ城/アグラ

出典:www.flickr.com

アグラでは、タージ・マハルが有名ですがこちらのアグラ城もぜひ見学してください。アグラ城は、1565年に着手され8年間の月日をかけて完成した城塞です。

赤砂岩で建てられた城壁が赤く、威厳ある姿が素晴らしいです。第3代皇帝から第5代皇帝までの3世代が住み続け、敷地内には各皇帝ごとに建てられた宮殿や居室があります。

【詳細情報】
アグラ城
住所:Agra Fort, Rakabganj, Agra, Uttar Pradesh 282003
TEL:+91 562 222 6431
アクセス:デリーから電車で約2時間

Agra Fort

【3】ジャーマー・マスジッド/デリー

出典:www.flickr.com

首都デリーでムガル帝国時代の雰囲気が残る旧市街の中心にあるのが、インド最大のモスクの一つであるジャーマー・マスジッドです。赤砂岩と大理石が組み合わせられた外観は、赤と白のコントラスがとても美しくなっています。

【詳細情報】
ジャーマー・マスジッド
住所:Meena Bazaar, Jama Masjid, Chandni Chowk, New Delhi, Delhi 110006
アクセス:バイオレット・ライン「Jama Masjid」駅から徒歩5分

【4】ラール・キラー/デリー

出典:www.flickr.com

ラール・キラーは、タージ・マハルを築いたムガール帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが建設した城塞です。赤砂岩で造られた城壁と門を持つことから「レッド・フォート(赤い城塞)」ともよばれています。

イギリス統治時代には軍事施設として使われており、現在でも国家施設として一部の建物が使用されています。インドの独立記念日である8月15日に首相が演説を行うのもこの場所です。

【詳細情報】
ラール・キラー
住所:Netaji Subhash Marg, Lal Qila, Chandni Chowk, New Delhi, Delhi 110006
アクセス:メトロ「Chandi Chowk」駅から徒歩15分

【5】クトゥブ・ミナール/デリー

出典:www.flickr.com

世界遺産・クトゥブ・ミナールは、奴隷王朝の初代皇帝・アイバクが初のイスラム王朝成立を記念して1206年に建てた塔です。約72.5mあるクトゥブ・ミナールは、現存する世界一高いミナレットです。

白大理石には幾何学模様や唐草模様が刻まれており、イスラム教特有の美しさを放っています。また、近くにインド最古のイスラム寺院であるクワットアル・イスラム・マスジッドもありますよ。

【詳細情報】
クトゥブ・ミナール
住所:Mehrauli, New Delhi, Delhi 110030
アクセス:地下鉄「Saket」駅/「Qutb Minar」駅から車で5分

【6】フマーユーン廟/デリー

出典:www.flickr.com

世界遺産・フマユーン廟は、9年もの歳月をかけて完成した左右対称の美しい作りが魅力的な霊廟です。フマユーン廟は、タージ・マハールにも影響を与えたものです。

タージ・マハールと同様に、フマユーン廟は妃が愛する王のために建てた霊廟です。有名なタージ・マハールと合わせて訪れてみてくださいね。

【詳細情報】
フマーユーン廟
住所:Mathura Road Opposite Dargah, Nizamuddin, New Delhi, Delhi 110013
アクセス:コンノート・プレイスから車で15分

【7】アクシャルダム寺院/デリー

出典:www.flickr.com

2005年完成のアクシャルダム寺院は、ギネスブックにも記載されている世界最大のヒンドゥー教寺院です。
アクシャルダム寺院は砂岩と大理石を使用して造られた威厳ある石造建築です。

ここでは、ビシュヌ派の聖人・スワミナラヤンが祀られており、なんとスワミナラヤンの生涯をジオラマで紹介するアトラクション施設などもあるそうです。

【詳細情報】
アクシャルダム寺院
住所:Noida Mor, Pandav Nagar, New Delhi, Delhi 110092
TEL:+91 11 4344 2344
アクセス:「Akshardham」駅から徒歩10分

Swaminarayan Akshardham New Delhi

Akshardham' means the divine abode of God. It is hailed as an eternal place of devotion, purity and peace. Swaminarayan Akshardham at New Delhi is a Mandir

【8】ハワー・マハル/ジャイプール

出典:www.flickr.com

ハワー・マハルは、「風の宮殿」を意味するジャイプールのシンボル的観光スポットです。950個以上ある小窓は、イスラム教の影響で外出を制限されていた女性たちが顔を隠しつつ外が眺められるように造られたそうです。

小窓からジャイプールの街を眺めながら当時の宮廷の女性たちに思いを馳せてみましょう。また、一番上からはジャイプールの街を一望することができますよ。

【詳細情報】
ハワー・マハル
住所:Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302002
アクセス:ジャイプール駅から車で10分

【9】ジャンタル・マンタル/ジャイプール

出典:www.flickr.com

世界遺産のジャンタル・マンタルは、ジャイプールにある巨大な展望台です。広大な敷地には、約20もの精密で巨大な天体観測機器が設置されています。なかでも、12星座の観測機では自分の星座を観測できるので盛り上がるかもしれません。

【詳細情報】
ジャンタル・マンタル
住所:Gangori Bazaar, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302002
アクセス:ハワー・マハルから徒歩3分

【10】ケオラデオ国立公園/ジャイプール

出典:www.flickr.com

ケオラデオ国立公園は、絶滅危惧種を含め多くの珍しい鳥を観察できる鳥類保護区です。世界遺産にも登録されていて、鳥たちの楽園となっています。

自然保護の観点から国立公園にはガソリン車で侵入することができませんので、観光にはレンタルサイクルを利用しましょう。

【詳細情報】
ケオラデオ国立公園
住所:Agra-Jaipur Highway, Bharatpur, Rajasthan 302001
TEL:+91 5644 222 777
アクセス:アーグラーよりバスで1時間30分程度

【11】メヘランガール城塞/ジョードプル

出典:www.flickr.com

1459年に建てられたメヘランガール城塞は、荘厳な外観とはうって変わって豪華な内装を有する城塞です。
歴代のマハラジャ王たちが集めた細密画や武具などのコレクションを見学できます。

また、この城塞はジョードプルのシンボルでもあり、城塞からはジョードプルの街を一望できますよ。ジョートプルは、ブルーシティとも呼ばれるだけあって旧市街は青で統一されているのですごく美しいです。

【詳細情報】
メヘランガール城塞
住所:The Jodhpur Fort, Sodagaran Mohalla, Jodhpur, Rajasthan 342006
アクセス:デリーから飛行機で約1時間

【12】マハーボディ寺院/ブッダガヤ

出典:www.flickr.com

世界遺産・マハーボディ寺院は、仏教四大聖の一つに数えられている神聖な場所です。ブッダが悟りを開いた場所として、日本を含め世界中から仏教徒たちが集まります。

寺院裏にある菩提樹の下にある金剛座でブッダが悟りを開いたと言われています。多くの仏教徒がここで瞑想していますよ。騒がしい日常からはなれ一度瞑想にふけってみてはいかがでしょうか?

【詳細情報】
マハーボディ寺院
住所:Bodhgaya, Bihar 824231
アクセス:デリーからガヤー空港までは直行便で1時間30分

【13】インド門/ムンバイ

出典:www.flickr.com

インド門は、1911年にイギリス国王ジョージ5世夫妻の来印を記念して建てられました。ムンバイのフォート地区では、イギリス植民地時代の名残を見ることができます。インド門の前にあるタージマハル・ホテルもインドを代表する高級ホテルなので、合わせて見学してくださいね!

【詳細情報】
インド門
住所:Apollo Bandar, Colaba, Mumbai, Maharashtra 400001
アクセス:「Churchgate」駅から車で10分

【14】バンドラ・ウォーリ・シーリンク/ムンバイ

出典:www.flickr.com

バンドラ・ウォーリ・シーリンクは、ムンバイのワヒム湾にかけられた4km以上もある橋です。夜のライトアップがとても美しく、インドでも有名な夜景スポットです。シバジパークあたりからが、美しい橋の夜景が綺麗に見えるのでおすすめです。

【詳細情報】
シバジパーク
アクセス:「Dadar」駅から徒歩21分

【15】チャトラパティ・シヴァーシー・ターミナス駅/ムンバイ

出典:www.flickr.com

ムンバイの駅「チャトラパティ・シヴァーシー・ターミナス(CST)駅」は、駅自体が世界遺産になっています。改名されるまで元々は、イギリス王妃の名をとって「ヴィクトリア・ターミナス駅」と呼ばれていました。

ヴィクトリア・ゴシック建築とインド伝統様式が融合した美しい構造に、多くの観光客が魅了されています。特に夜のライトアップがおすすめです。

【詳細情報】
チャトラパティ・シヴァーシー・ターミナス駅
住所:Chhatrapati Shivaji Terminus Area, Fort, Mumbai, Maharashtra 400001
アクセス:「Churchgate」駅から車で5分

おわりに

国土の広いインドには他にもたくさんの観光スポットがあります。文化・歴史的な観光スポットであったり、自然スポットであったり、各地にあるヨガ施設に訪れるのもいいかもしれません。自分なりのインドの楽しみ方を模索してくださいね!

この記事のキーワード

この記事のライター

むる

デンマークのオーフス大学で修士課程に所属しています。旅行が大好きで、卒業後には世界一周をする予定です。旅のテーマは、海・グルメ・文化!今まで訪れた国は、ヨーロッパと、アジアやオセアニアの海が綺麗な国が中心です。世界中の美味しいものを食べつくし、綺麗な海で遊んで、各地の面白い文化に浸る。そんな旅がしたいです。

関連する記事

あわせて読みたい

aimus
むる

デンマークのオーフス大学で修士課程に所属しています。旅行が大好きで、卒業後には世界一周をする予定です。 旅のテーマは、海・グルメ・文化!今まで訪れた国は、ヨーロッパと、アジアやオセアニアの...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

VOKKA編集部グルメ班2

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

ハングリィ3

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco4

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介