マドリードの観光スポットおすすめ15選【人気・定番コースから穴場まで】

スペインで人気の観光地といえば、第一の観光都市バルセロナと首都マドリードです。サッカーの「レアル・マドリード」の本拠地でもありサッカー観戦に訪れる方もしばしば。また、ピカソを筆頭に多くの芸術家を輩出した芸術都市で美術館も豊富です。今回はアート好きに人気のマドリードでおすすめの観光スポットを15選ご紹介します。

aimusむる
  • 1,252views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.facebook.com

芸術都市マドリードってどんなところ?

イベリア半島の中央部に位置するマドリードへは成田から直行便が週3便運行しており、約14時間15分かかります。夏は最高気温が30度を超えますが、湿気が少ないので日陰に入れば暑さがしのげ、日本よりも過ごしやすいです。冬は風が冷たく、最低気温は5度前後となります。

【1】Museo del Prado(プラド美術館)

出典:www.esmadrid.com

世界三大美術館がどこの美術館かご存知でしょうか?確実な定義はされていないのですが、フランスのルーブル美術館、ロシアのエルミタージュ美術館、そして三つ目はアメリカのメトロポリタン美術館かスペインのプラド美術館だと言われています。せっかくマドリードにきて、数ある美術館のの中からトップ3に選ばれているプラド美術館を見逃すわけにはいきません。

16〜17世紀の絵画における世界最高レベルの美術館と言われるプラド美術館の館内は非常に大きく、事前にみたい作品を決めていくのが得策です。他にはない豊富なスペイン絵画コレクションを楽しんでくださいね。ちなみに、平日18時以降と日曜17時以降は入場料が無料なので、その時間を狙っていくのがおすすめです。特に平日の夕方は並ぶこともなく入場できることが多いですよ。

【詳細情報】
Museo del Prado(プラド美術館)
住所:Paseo del Prado, s/n, 28014 Madrid
電話:+34 913 30 28 00
アクセス:地下鉄Banco de Espane(バンコ・デ・エスパーニャ)駅から徒歩10分

Museo Nacional del Prado

Página web oficial del Museo Nacional del Prado (Madrid, España)

【2】Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía(国立ソフィア王妃芸術センター)

出典:www.flickr.com

国立ソフィア王妃芸術センターは、ピカソの「ゲルニカ」が展示されていることで有名です。「ゲルニカ」は完成品だけでなく下絵やスケッチも見ることができます。ピカソの他にも、ダリやミロなどの20世紀の現代アートを代表する作品が鑑賞できます。

国立ソフィア王妃芸術センターはプラド美術館の近くにあるのでアクセスにも便利です。しかも、プラド美術館同様に時間や曜日によって無料で入場することができます。平日の夜19時以降と日曜日の13時半以降は無料なようです。ただし、日曜日の午後からは見られるところが限られるようなので平日がおすすめです。

【詳細情報】
Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía(国立ソフィア王妃芸術センター)
住所:Calle de Santa Isabel, 52, 28012 Madrid
TEL:+34 917 74 10 00
アクセス:地下鉄1号線「Atocha」駅から徒歩3分

Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía

Sitio web del Museo Reina Sofía. Información y programación de exposiciones, colección, actividades y proyectos de investigación en red.

【3】Museo Nacional de Ciencias Naturales(国立自然科学博物館)

出典:www.mncn.csic.es

マドリードにある国立自然科学博物館は、世界中から数千点もの標本が展示されている世界最大級の自然史博物館です。もともとは、1770年代にカルロス 3 世が作らせた王立自然史研究室でしたが、博物館として存続し、恐竜の骨格から地学標本まで多種多様の展示品を所蔵する最大級の博物館に成長しました。

全てを見るには半日以上かかるので、余裕を持って訪れるのがよいです。子供にも大人気の博物館なので家族連れにもおすすめです。

【詳細情報】
Museo Nacional de Ciencias Naturales(国立自然科学博物館)
住所:Calle de José Gutiérrez Abascal, 2, 28006 Madrid
TEL:+34 914 11 13 28
アクセス:「Nuevos Ministerios」駅から徒歩12分

MNCN :: Portada

【4】Plaza de la Puerta del Sol(プエルタ・デル・ソル)

出典:www.flickr.com

プエルタ・デル・ソルとはスペイン語で「太陽の門」という意味です。これは、15世紀、マドリードを囲む城壁の一つがこの場所に設けられていたことに由来しています。18世紀になるとこの場所に中央郵便局ができ、その前の広場はマドリードの象徴となりました。

現在はマドリード州首相公邸となった「Casa de Correos(旧郵便局)」の有名な時計は広場のシンボルの一つで、大晦日に新年を告げる鐘の音を鳴らします。鐘の音を聴きながら建物の下に集まり12粒のブドウを食べるのが伝統だそうです。

また、旧郵便局の前にあるスペインの国道起点を表す0 km地点のプレートやマドリードの紋章を表現する「Oso y Madroño(熊とマドロニョ)」の像は観光客の写真スポットとなっています。

【詳細情報】
Plaza de la Puerta del Sol(プエルタ・デル・ソル)
住所:PlazaPuerta del Sol, 28013 Madrid
アクセス:地下鉄Sol(ソル)駅下車すぐ

【5】Palacio Real (マドリード王宮)

出典:www.esmadrid.com

マドリード王宮は、Felipe V(フェリペ5世)の命により、1738年から1755年にかけて、フランスのヴェルサイユ宮殿を参考に建設されてから、Carlos III(カルロス3世)からAlfonso XIII(アルフォンソ13世)まで、スペイン国王の住まいとなってきました。現在、国王の住まいではないものの迎賓館の役目も果たしており、今も公式行事で使われています。

荷物検査を抜けてすぐのPlaza de la Armería(アルメリア広場)では、毎月第1水曜日正午から厳粛な衛兵交代の儀式が行われます。交代式に予定が合わない時は、毎週水・土曜日11時から14時まで(7・8・9月は10:00~12:00、および公式行事開催時や悪天候の場合を除く)30分ごとにPuerta del Príncipe(プエルタ・デル・プリンシペ)で行われる衛兵交代行進を見てみてください。

【詳細情報】
Palacio Real (マドリード王宮)
住所:Calle de Bailén, s/n, 28071 Madrid
電話:+34 914 54 87 00
アクセス:地下鉄Opera(オペラ)駅から徒歩5分

Official website of ticket sales - Patrimonio Nacional

Official web page of Patrimonio Nacional for the online purchase of tickets that allow visits to royal palaces, monasteries and convents, as well as the attendance of exhibits and concerts organised by our institution.

【6】Parque del buen Retiro (レティーロ公園)

出典:www.esmadrid.com

19世紀に一般開放されて以来今では公園となっていますが、昔はFelipe II(フェリペ2世)の離宮があったため、親しみやすさの中に気品の混じった公園です。面積125ヘクタールの土地と15,000本以上の木々からなる大きなレティーロ公園には、大きな池で手こぎボートに乗ったり、Rosaleda(バラ園)やPalacio de Cristal(水晶宮殿)を楽しんだり、放し飼いの美しい孔雀を眺めたり、たくさんの見所があります。

リラックスできる癒しのレティーロ公園ですが、注意しなければいけないのが、夕方以降の治安の悪化です。暗くなり、人が減る前には公園を出るようにしましょう。

【詳細情報】
Parque del buen Retiro (レティーロ公園)
住所:Plaza de la Independencia, 7, 28001 Madrid
電話:+34 914 00 87 40
アクセス:地下鉄Atocha(アトーチャ)駅から徒歩5分(駅周辺のスリ集団に注意)

【7】Santa Maria la Real de La Almudena(アルムデナ大聖堂)

出典:www.esmadrid.com

当初はMaría de las Mercedes(マリア・デ・ラス・メルセデス)王妃の墓所として教会が立つ予定でしたが、計画は変更され最終的には1993年に大聖堂として完成しました。現国王Felipe VI(フェリペ6世)とLetizia(レティシア)后の挙式が行われたことで特に有名です。

アルムデナ大聖堂は、礼拝堂のモダンなステンドグラスとは対照的に、大聖堂内の像は歴史的復古作品であるなど新旧混じったデザインが特徴的な大聖堂です。

【詳細情報】
Santa Maria la Real de La Almudena(アルムデナ大聖堂)
住所:Calle de Bailén, 10, 28013 Madrid
電話:+34 915 42 22 00
アクセス:地下鉄Opera(オペラ)駅から徒歩8分

Catedral de la Almudena — Web oficial de la Catedral de la Almudena de Madrid.

Web oficial de la Catedral de la Almudena de Madrid.

【8】Iglesia de San Isidro(サン・イシドロ教会)

出典:lacolegiata.com

ロマネスク様式のサン・イシドロ教会はスペインで最初のイエズス会の教会で、みなさんご存知のフランシスコ・ザビエルが一時祀られていたそうです。18世紀後半にイエズス会が追放された後、聖人イシドロを祀るようになったことから、サン・イシドロ教会と呼ばれています。

2つの塔を持つ作りが特徴的で、霊廟の美しい天井画は必見です。ここで祀られている聖人イシドロには、井戸に落ちた子供が助かるように祈ったら、井戸の水が上昇して子供が助かったなどたくさんの伝説があります。

【詳細情報】
Iglesia de San Isidro(サン・イシドロ教会)
住所:Calle de Toledo, 37, 28005 Madrid,
TEL:+34 913 69 20 37
アクセス:地下鉄1番線「Tirso de Molina」駅から徒歩3分

La Colegiata – Ntra. Sra. del Buen Consejo y San Isidro

Te esperábamos Desde la Parroquia de Nuestra Señora del Buen Consejo y San Isidro te damos la bienvenida a nuestra web.

【9】El Rastro(ラストロ)

出典:www.flickr.com

ラストロは、日曜と祝日に開催される蚕の市です。ラストロには、観光客だけでなくマドリード市民の人もたくさん訪れ、洋服屋さんからペットショップまで1000店舗以上が出店しています。

活気に満ちたラストロは、お土産探しにはぴったりの観光スポットです。日祝日だけの開催なので、週末にマドリードに滞在している人だけの特権ですよ。

【詳細情報】
El Rastro(ラストロ)
住所:Calle de la Ribera de Curtidores, 28005 Madrid
TEL:+34 915 29 82 10
アクセス:地下鉄1番線「Tirso de Molina」から徒歩6分

El Rastro

【10】Mercado de San Miguel(サンミゲル市場)

出典:www.flickr.com

サンミゲル市場では、フルーツや野菜、タパスなどを食べ歩きすることができます。タパスがたった1ユーロ(約128円)ほどで購入できたり、かなりお得に腹ごしらえをすることができます。活気ある市場の雰囲気を楽しみながらランチタイムはいかがですか?

ただし、人気の観光名所なので、人混み飲まれることは覚悟が必要です。マジョール広場が近くにあるのでそちらも合わせて観光するのもいいですね。

【詳細情報】
Mercado de San Miguel(サンミゲル市場)
住所:Plaza de San Miguel, s/n, 28005 Madrid
TEL:+34 915 42 49 36
アクセス:地下鉄1番線「Tirso de Molina」から徒歩7分

Mercado San Miguel | mercado

【11】Teatro de la Zarzuela(サルスエラ劇場)

出典:www.facebook.com

サルスエラ劇場では、スペインの国民的歌劇サルスエラやバレエ、コンサートを鑑賞することができます。サルスエラは、オペラとよく似ていますが、劇がオペラより短く音楽より台詞が多いこと、そして当初から、オペラに多く使われるイタリア語ではなくスペイン語で台本が書かれていたことが特徴です。

英語字幕も流れますが、かなり見づらいようです。スペイン語で劇を理解するのは困難ですが、意味が理解できなくても十分楽しめるぐらい迫力がありますよ。
 
【詳細情報】
Teatro de la Zarzuela(サルスエラ劇場)
住所:Calle de Jovellanos, 4, 28014 Madrid
TEL:+34 915 24 54 00
アクセス:地下鉄1番線「Antón Martín」駅から徒歩9分

Teatro de la Zarzuela

【12】Santiago Bernabéu Stadium(サンティアゴ・ベルナベウ)

出典:www.esmadrid.com

世界中で大人気の「レアル・マドリード」のホームスタジアムがこちらのサンティアゴ・ベルナベウです。8万5000人もの観客収容数を誇る4階建ての巨大なスタジアムは、サッカー好きなら見逃せない観光スポットです。

ツアーに参加すれば、普段は見られない選手控え室やベンチ、記者会見場を見学することができます。有名選手の気分を味わえますよ!オフィシャルショップでは、記念グッズやユニフォームが購入できるので、サッカー好きへのお土産には困りません。

【詳細情報】
Santiago Bernabéu Stadium(サンティアゴ・ベルナベウ)
住所:Av. de Concha Espina, 1, 28036 Madrid
TEL:+34 913 98 43 00
アクセス:地下鉄10番線「Santiago Bernabéu」駅から徒歩3分

【13】Plaza De Toros De Las Ventas(ラス・ベンタス闘牛場)

出典:www.esmadrid.com

スペインといえばまず思いつくのが闘牛ですよね。マドリードには、収容人数23,798人、直径60メートルのアリーナを有する世界最大級の闘牛場「ラス・ベンタス闘牛場」があります。ここでは、闘牛博物館もあり、闘牛場の歴史も知ることができます。

闘牛は年中楽しめるわけではなく、3月から10月の公式シーズンの間一週間に一日のペースで開催されています。しかし例外的に、毎年5月から6月の期間に行われるFiestas de San Isidro(サンイシドロ祭り)の期間中は闘牛も毎日開催されています。動物愛護の面から衰退していっている文化でもありますので、今のうちに体験しておくのがおすすめです。

【詳細情報】
Plaza De Toros De Las Ventas(ラス・ベンタス闘牛場)
住所:Calle de Alcalá, 237, 28028 Madrid
電話:+34 913 56 22 00
アクセス:地下鉄Opera(オペラ)駅からVentas(ベンタス)駅まで10分、下車後徒歩1分

Las Ventas Tour - Visits of the bullring of Madrid with audioguide

During your visit to Madrid, enjoy the tour of the most important bullring of the world, the monumental of Las Ventas and its bullfighting museum.

【14】Restaurante Sobrino de Botin (レスタウランテ・ソブリーノ・デ・ボティン)

出典:www.facebook.com

こちらは、マドリードにある有名なレストランです。このレストランをおすすめ観光スポットとして紹介するのは、実はこのレストランが世界最古のレストランとしてギネスに認定されているからです。厳密にいえば、1725年創業のレスタウランテ・ボティンは最古とはいえないのですが、「1725年の創業から休むことなく営業していること」「創業以来、店名が変わっていないこと」「創業以来、お店の場所が変わっていないこと」の三点で大量に残る文献から判断された結果世界一の座につきました。

看板メニューの「Cochinillo(子豚の丸焼き)」のほか、数々の伝統的なスペイン料理を提供しています。また、使用している薪オーブンは創業以来約300年もの間使用しているものだそうです。ギネス記録をもつレスタウランテ・ボティン、マドリード観光の際には是非立ち寄ってください。

【詳細情報】
Restaurante Sobrino de Botin (レスタウランテ・ソブリーノ・デ・ボティン)
住所:Calle Cuchilleros, 17, 28005 Madrid
電話:+34 913 66 42 17
アクセス:地下鉄Opera(オペラ)駅から徒歩6分

Restaurante Botín |

【15】Toledo(トレド)

出典:www.spain.info

トレドはマドリードから列車で30分ほど離れた所にある古都であり、厳密にはマドリードではないのですが、1986年に旧市街全域が世界遺産に指定されているこの街は『もし、1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け』とも言われるスペイン観光に欠かせない名所です。

イスラム教・キリスト教・ユダヤ教の3つの宗教の影響を受けたこの街は、スペインの歴史を凝縮したような街並みです。マドリードからアクセスのいい古都トレド、マドリード観光のついでにぜひ訪れてくださいね。

おわりに

マドリードは、サッカー好きにもアートや歴史好きにも、そしてグルメ好きにもおすすめな魅力たっぷりの街です。このほかにも、興味深い美術館や美しい建築物や広場が各所にあるので自分の興味に合わせてじっくり探索してみてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

むる

デンマークのオーフス大学で修士課程に所属しています。旅行が大好きで、卒業後には世界一周をする予定です。旅のテーマは、海・グルメ・文化!今まで訪れた国は、ヨーロッパと、アジアやオセアニアの海が綺麗な国が中心です。世界中の美味しいものを食べつくし、綺麗な海で遊んで、各地の面白い文化に浸る。そんな旅がしたいです。

関連する記事

あわせて読みたい

aimus
むる

デンマークのオーフス大学で修士課程に所属しています。旅行が大好きで、卒業後には世界一周をする予定です。 旅のテーマは、海・グルメ・文化!今まで訪れた国は、ヨーロッパと、アジアやオセアニアの...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yannma3

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

ハングリィ4

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介