マルタ島の定番・人気観光スポットおすすめ15選

マルタ島は地中海に浮かぶ美しい小さな島で、面積は東京23区の半分ほどの小さな国です。とにかく綺麗な海が有名ですが、マルタの魅力は海だけではありません。今回はマルタ島の魅力を余すことなくご紹介します。

mizuki_mizuki_
  • 4,262views
  • B!

マルタはイタリアの南に位置する国で、年中を通して日本より暖かい気候です。夏はほとんど雨も降りません。人気な観光シーズンは6~9月で、海で泳げるのは5~10月の期間です。
日本から直航便はなく、多くの場合はヨーロッパ主要都市、またはドバイでの乗り換えが必要です。乗り換えにかかる時間にもよりますが、15~18時間ぼどかかります。
公用語は英語とマルタ語で、マルタ語はイタリア語に近いものですが、ほとんどの人が英語も話せます。

マルタには地下鉄や電車はなく、移動は基本的にバスかタクシーとなります。バスは日本のシステムとは異なり、最初に乗車した際のチケットを見せれば2時間乗り放題になるんです!バスでのマルタ巡りも楽しいですよ。

ヴァレッタ

町全体がユネスコの世界文化遺産に登録されているマルタの首都です。1565年の大包囲戦後、オスマントルコ軍の再攻撃に備えて、難攻不落の要塞都市が築かれました。ヴァレッタという名前は、当時の騎士団長ジャン・ド・ヴァレットからきています。今では考古博物館や大聖堂の他にも、洒落なカフェやレストラン、多くの店が並び、観光客で連日賑っています。白い石造りの壁にカラフルな出窓の建物が多く、色鮮やかな町です。交通の便も大変よく、ホテルも多いので宿泊にも適したエリアです。空港からバスで約30分です。

住所 Valletta, Island of Malta
アクセス 空港からバス72で29分

巨石神殿群

出典:www.visitgozo.com

紀元前4000年頃には、マルタの巨石神殿群は作られていたと言われています。しかし、数tもの石をどう運んだのか、どう積み上げたのか、そして何故この文化は消えていったのかまだ解明されておりません。実際に見ると巨大な石たちに圧倒されること間違いなしです。マルタには、紀元前4500~6000年ごろに建てられた約30もの巨石神殿が点在しています。このうち6つは、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

モスタ・ドーム

出典:www.malta.com

人口約2万人のモスタという町の中心に建つモスタ・ドームは、内側の美しい模様が特徴的な教会です。さらに世界で3番目に多きいドーム型の教会でもあります。また、ここは奇跡の教会として多くの人に知られています。これは、第2次世界大戦時にドイツ軍によって放たれた500㎏の爆弾が教会を直撃し、屋根を突き抜け集まっていた300人以上の中に落下しました。しかし、驚くべきことに爆発しなかったのです。そしてこれを人々は、聖母が起こした奇跡と呼んでいます。ここは教会なので、観光に行く際は肌の露出の多い服装で行かない等のマナーには気を付けてくださいね。

住所 Rotunda Square, Mosta, Malta, Il-Mosta, Mallta
アクセス ヴァレッタからバス41で27分

ポパイ村

出典:popeyemalta.com

1980年に実写化されたポパイのセットが今でも残っており、カラフルな町並みは写真映えもするので女性には得に人気のスポットです。来場者も参加できるフィルムメイキングもあるもで、行った際には是非参加してみてはいかがでしょうか。イースターやクリスマスなど季節ごとのイベントも開催されていますし、なんとここで結婚式も挙げれるんですよ。ポパイ村のすぐそばにはアンカーベイというマルタでも有名なビーチがあるので、寄ってみてください。

住所   Anchor Bay, Triq Tal-Prajjet, Il-Mellieha, Malta MH4808
営業時間 11~3月 9:30~16:30
     4~6、9、10月 9:30~17:30
     7、8月 9:30~19:00

スリーマ

出典:www.malta.com

マルタで一番の買い物スポットで、日中は非常に活気のあるエリアです。「ザ・ポイント」、「プラザ・ショッピングセンター」という2つの大きなショッピングセンターもあり、ハイブランドから、ファストファッションまで様々な店が並びます。その外にも、お土産屋や、テラス席がたくさんある素敵なレストランやカフェもたくさんあります。スリーマからセントジュリアンまでとても近いので、夜はセントジュリアンに移動して朝から夜まで楽しむコースがおすすめです。

アクセス ヴァレッタからバス13Aで17分
     フェリーで約3分(1.5ユーロ)

セントジュリアン

夜遊びすると言えばここです。ヴァレッタやスリーマから近く交通の便もいいです。お洒落なレストランから、ナイトクラブ、バー、パブやシーシャまで全て揃っています。人工ですが、ビーチもあります。ビーチのすぐそばに深夜までやっているジャラート屋があるので、そこのジェラートを夜のビーチで食べるのがとてもおすすめです。海沿いにはホテルも多く、昼夜ともに観光客で賑わっているエリアの一つです。

アクセス ヴァレッタからバスA13で22分
     スリーマからバス14で7分

ブジッバ

出典:www.aquarium.com.mt

規模は小さめですが、マルタの唯一の水族館があります。入館料は19ユーロで少々高いですが、週末には行列ができるほどの人気なスポットの一つです。サメやマンタが遊泳する水中トンネルもあり、家族皆で楽しめます。毎日、7,8個のイベントが行われているので、サメやピラニアのエサ遣りが見れることもあります。公式サイトでイベント内容とタイムスケジュールについては確認してみてください。夏にはヨーロッパから多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。

住所 Triq it-Trunciera, San Pawl il-Baħar SPB 1500 Malta
アクセス ヴァレッタからバス45で50分
営業時間 月~日曜日 10:00~18:00
公式サイト https://www.aquarium.com.mt/

イムディーナ

高い丘に位置し、中世の面影が色濃く残る歴史的な城塞の町です。ここはヴァレッタの前の首都で、当時は貴族をはじめ多くの人が住んでいました。首都の移動に伴い多くの人が移動し、今では静寂の町と呼ばれています。クリーム色の高い石造りの建物と入り組んだ迷路のような道に、ベルと馬の足音とが響きます。イムディーナ周辺の町ラバトの下には地下墓地があり、見学もできます。チョコレートと蜂蜜、美しいガラス細工が有名で、お土産にもぴったりです。

ゴゾ島

マルタ共和国はマルタ島、ゴゾ島、コミノ島から構成されており、ゴゾ島は2番目に大きい島です。ゴゾ島の海は、深い青やエメラルドグリーンなど場所によって色の見え方が全然違い、深い青の海は限りなく透明で涙が出そうなほど美しいんですよ。海水を使った天然の塩田もあり、栄養たっぷりの塩はお土産にもおすすめです。町には教会がたくさんあり、文化的な一面もあります。ロード・シャンブレーというゴゾ島発のクラフトビールもあるので、飲んでみてはいかがでしょうか。

マルサシュロック

カラフルなボートが湾に浮かぶマルタ最大の漁村です。シーフードが美味しいレストランも多いです。日曜日の朝にはサンデーマーケットが開催され、格安で販売される新鮮な魚や野菜、香辛料、お土産から日用品を求めて多くの人が集まります。マルタでお得にお土産を買いたいなら絶対にここに足を運ぶべきですよ。ただ、出店なのでカードは使えないので注意してください。テラス席のあるレストランが多いので、そこで賑やかな町の雰囲気と心地よい海風を満喫しながら、マルタの海の幸を満喫していってください。

セントピーターズプール

マルサシュロックに行ったらついでに寄りたいのがこちらです。波の浸食により岩がえぐられ、独特の形をしたビーチは、マルタ一の飛び込みスポットです。水の透明度も抜群で、波も穏やかなので泳ぐのに最適なビーチです。マルサシュロックからカラフルなボートに乗って約10分ほどで行くことができます。

青の洞門

出典:www.malta.com

岩の壁にあるいくつもの穴や洞窟は、長年に渡る風と波の浸食によりできたものです。太陽光により醸し出される様々な青は、何時間見ていても飽きません。伝統的なカラフルな小舟に乗って、いくつかの洞窟を巡るツアーがあるのでお勧めです。天候が穏やかであれば、洞窟の中まで入ることができます。ヴァレッタからは、バスで40分ほどです。また、近くに「ハジャールイム神殿」と「イムナイドラ神殿」があるので、是非一緒に観光してみてください。

住所 Blue Grotto, ll-Qrendi, Malta

ブルーラグーン

ブルーラグーンはコミノ島の西側に広がる小さな湾です。地中海でもトップクラスの透明度を誇り、人や船が宙に浮かんでいるように見えてしまうほど水が透明です。波も穏やかで、夏には欧米からの観光客で賑わっています。海辺には様々な屋台が並び、中でも本物のパイナップルに入ったカクテルが人気です。マルタ島からもゴゾ島からも多くの船が出ており、日帰りで行くことができます。マルタに来たからには絶対に外せないスポットです。

ゴールデンベイ

ここに行くなら夕方に行くのがおすすめです。島の西側に位置するため、信じられないほど美しい海に沈む夕日が見られます。バレッタや、スリーマから見て島の反対側ですが、タクシーを使えば30分かからない程で到着します。バスを使うと時間がかかるので注意してください。また近くにお店が少ないので、飲み物などはしっかり持って行ったほうがいいです。

住所 ll-Il-Mellieħa
アクセス ヴァレッタからバス44で48分

ペンブロウク・プール

どのサイトにも、どのガイドブックにも本気で載っていないと思われる、正真正銘の穴場スポットです。家が近い現地の方が主に利用しているといった感じで、観光地ではないため人も少なく静かで、水もとても透明で水中を覗けば魚もいます。波も穏やかで、夕暮れ時にピンクオレンジの空を見ながら浮かんでいる時間は至福のひと時でした。天気はいい日は、シチリア島が薄っすら見えるそうです。セントジュリアンから徒歩10分ほどで行けるので、是非寄ってみてください。静かな場所でゆっくり過ごしたい方には本当におすすめです。

海だけではない魅力がたくさん!

貴方が今までに見た最も綺麗な景色はどんなところですか。美しい海だけでなく、歴史的で文化的な面も多くもつマルタはこれまでも多くの人を魅了してきました。
ヨーロッパに行く機会があれば、是非マルタにもみてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

mizuki_

都内の大学生。海外旅行と邦ROCK・おいしいご飯が大好き。

関連する記事

あわせて読みたい

mizuki_
mizuki_

都内の大学生。海外旅行と邦ROCK・おいしいご飯が大好き。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yannma3

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

ハングリィ4

ハングリィ

早稲田大学文化構想学部在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。最近ラーメンの食べ過ぎで太ったので本格的に筋トレに励んでいる次第でございます。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介