美術館で、教師向けに行われているプログラムってどんな講座?

美術館は展覧会を開催し、来館者に向けて、講演会やセミナーを開催していることは、ご存知の方もいらっしゃると思います。その他に、学校の教師に向けたプログラムも開催していることはご存知でしょうか?先生向けのセミナーとは、いかなるものなのでしょう。サントリー美術館で行われているティーチャーズ・デーに参加させていただきました。

korokorokorokoro
  • 1,131views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.photo-ac.com

1. サントリー美術館の教育普及活動とは?

日本美術はあまりなじみがなく難しいと思われがちです。そこで気軽に楽しんでいただきたいとの思いで、様々なエデュケーション・プログラムを充実させています。具体的には講演会や講座のほか、ツールを制作したり、学校や地域との連携という形でも力を入れています。

2. プログラムの内容

スクール・プログラムの資料
学校や地域との連携として、学校団体向けの「スクール・プログラム」を実施しています。

プログラムの内容はバラエティーに富み、開催される場所も、美術館だけではありません。学校まで出張して行うもの、あるいは、学校に教材を貸して利用してもらうものもあります。プログラムには「スライドレクチャー」「体験プログラム」「制作を伴うワークショップ」などがあり、これらは、目的にあわせて組み合わせて利用することもできます。そしてもう一つのプログラムが今回、取材させていただいた「学校の先生を対象にしたプログラム」です。

3. ティーチャーズ・デー

ティーチャーズ・デー プログラムの様子

学校の先生を対象に不定期に開催されています。こども向けのプログラムの一部を先生にも体験していただくことを目的に、展覧会の予定を紹介したり、美術館の活用法を考えたり、先生方と美術館の交流の場となっています。図工・美術の担当でなくても参加することができます。取材した日も、美術担当ではない先生が参加されていました。

4. レクチャー内容

学校の先生を対象にしたプログラム

ティーチャーズ・デー当日の進行は、サントリー美術館や、教育普及活動の紹介のあと、実際にプログラムの一部を体験をしました。

【1】展覧会の見どころを紹介する「フレンドリートーク」の体験
【2】展覧会会場に移動し、「わくわくわーくシート」の課題を実践
【3】戻ってそれぞれシートを披露しながら、グループで話し合い代表者が発表

以上のような流れで行われました。

5. ツールの紹介 わくわくわーくシートについて

わくわくわーくシート

プログラムのツールの一つで、大変好評を得ているのがこども向け鑑賞支援ツール「わくわくわーくシート」です。このシートには4つのポイントがあります。

【1】展示室で使えるような、厚い紙を使用し、直接記入やスケッチすることができます。
【2】企画展示ごとに、4種類制作され、好きなシートを選ぶことができます。
【3】めくって使う構造になっており、より作品に深くアプローチができるしくみ。
【4】封筒型シートもあり、シートをコレクションする感覚で集めることができます。

シートは、作品を「よく見る」ということを主軸に、ミッションが与えられます。今回は開催されている「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」の展示の中に描かれたカエルを探し、好きなカエルをスケッチするという課題に取り組みました。課題を通していろいろな気づきを得ながら鑑賞を深めていきます。

こちらのシートは、常時、展覧会会場にも設置されているので、来館した小中学生は利用ができます。

6. 振り返り

参加者のコミュニケーションの場に

最後に行われた「振り返り」では、実際のプログラムを利用するにあたって、現場の問題点なども話し合われました。解決策など相互協力が構築できないかといった話題ものぼっていました。「作品をよく見る」ということから、「みつける」「くらべる」「考える」「描く」ということに広げていく教育プログラム。

サントリー美術館の教育普及活動は、2007年から本格的に取り組んでおり、10年以上の実績を持ちます。敷居が高いと思われがちな美術館ですが、小中学校の多感な時代に、美術作品に触れあう機会を持てることは、貴重な体験になると思われます。次世代の日本美術ファン育成という目的の裏には、我が国の文化を知るという大きなミッションも含まれていると思われました。

この記事のキーワード

この記事のライター

korokoro

ライター 著書は10冊以上。VOKKAでは専門を離れ、趣味の美術鑑賞から得られた学びや発見、生きるためのヒントを掘り起こしていきたいと思います。美術鑑賞から得られることで注目しているのが、いかに違う視点に触れるか、自分でも加えることができるか。そこから得られる想像力や発想力が、様々な場面で生きると感じています。元医療従事者だった経験を通して、ちょっと違うモノの見方を提示しながら、様々な人たちのモノの見方を紹介していきたいと思います。美術鑑賞から得られることは、多様性を認め合うことだと考えています。

関連する記事

あわせて読みたい

korokoro
korokoro

ライター 著書は10冊以上。VOKKAでは専門を離れ、趣味の美術鑑賞から得られた学びや発見、生きるためのヒントを掘り起こしていきたいと思います。美術鑑賞から得られることで注目しているのが、いかに...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介