50代男性におすすめのおしゃれな髪型ヘアスタイル18選!

50代メンズの髪の毛というのは白髪や薄毛といったヘアスタイルを楽しむうえでの悩みが出てくるものです。この記事はそんな50代メンズに向けたおすすめのヘアスタイル15選を紹介します。薄毛や白髪などといった年齢ならではの悩みも考慮した、必見のヘアカタログになっています。

123hunglyハングリィ
  • 127,188views
  • B!

アイキャッチ画像出典:hairstyleonpoint.com

50代メンズにおすすめのヘアスタイルを紹介

出典:readysetbuzz.com

50代というと髪型を楽しむオシャレは少し難しくなってくる年齢であると一般的に言われています。しかし、50代でも髪型のオシャレを充分に楽しむことができます。若いメンズが量の多い髪の毛と黒髪を活かすのであれば、50代メンズは一見マイナスポイントに思える白髪と薄毛を活かすのです。この記事では50代メンズにしかできない髪型の楽しみ方を解説するのでぜひ参考にしてください。

50代のヘアスタイルをオシャレに見せるポイント

出典:hairstyleonpoint.com

白髪を活かす

カラーで染めた白髪と年を重ねて自然に変化していった白髪では、後者の方が味があり、なにより自然です。黒染めをすることも1つの手段としてありですが、せっかくであれば白髪を活かしたいところです。白髪を活かすことで年相応の風格を演出することができ、50代にしか出せないカッコよさをだすことが出来ます。

ショートがベター

髪の毛の長さを悩むのであればベリーショート~ショートあたりの短いヘアスタイルがおすすめです。ショートスタイルが年齢の影響を最も受けにくく、白髪や薄毛といった年齢によって生じるマイナスポイントをプラスに変えることが出来るからです。それに加えてソフトモヒカンやアップバング、ツーブロックなどヘアスタイルのバリエーションが豊富なのもポイントです。

出来ることは全て試す

パーマやカラー、そして豊富なスタイルといった現在の技術をうまく活用することでほとんどの髪型の悩みは解決することができます。年齢を重ねてもそれは変わらず、パーマをかけることで髪の毛のボリュームを出すことが出来ますし、カラーを行うことで白髪も黒くすることができます。カットで再現することができる範囲には限界があるため、パーマやカラーを積極的に利用することは賢明な判断です。

50代メンズにおすすめのヘアスタイル18選

50代メンズにおすすめのヘアスタイルを18選紹介します。
髪の毛の量が少ない方も多い方も幅広く対応しているヘアカタログになっているので、お気に入りのヘアスタイルがきっと見つかるはずです。

1. 王道ショートカット

出典:beauty.rakuten.co.jp

まずは年代を問わずに弐合わせを実現することの出来る王道ショートスタイルの紹介です。髪の毛の量にも髪色にも左右されることが無いので、ヘアスタイルにこだわろうと思ったらまずは試してみてほしいヘアスタイルです。このヘアスタイルを基本としてボリュームを増やすためにパーマを白髪隠しのための黒染めといったように派生していきましょう。

■美容室でオーダーするときのポイント
ただショートスタイルと伝えてもイメージは伝わりにくいので、画像を参考にカットしてもらうことと合わせてトップにボリュームを出し、耳周りを短くすることで爽やかさな印象を出すことを伝えましょう。

セット方法

1. 髪の毛を濡らしタオルドライで水気をとります。
2. トップを立ち上げる事を意識しながら髪の毛を乾かしていきます。
3. 8割ほど乾かしたらワックスを適量手に取り髪の毛になじませていきましょう。
4. 全体のシルエットがトップを頂点としたダイヤになるように整えたらスタイリング完了です。

▽おすすめワックス
アリミノピースフリーズキープワックスがおすすめです。ハードなセット力とホールド力でどんな髪の毛もガッチリと立ち上げます。

Amazonで詳細を見る

2. オールバック

出典:atozhairstyles.com

ビジネスシーンにおけるメンズの定番ヘアスタイルであるオールバックもおすすめです。50代を迎えると年相応の貫禄という物が確固たるものとなり、プライベートでオールバックをしても違和感がなくなります。それに加えて個人の髪の毛のコンディションにも左右されにくいヘアスタイルであるので、幅広い50代メンズにおすすめです。

■美容室でオーダーするときのポイント
オールバックスタイルのポイントは髪の毛の量とサイドの髪の毛の長さです。オールバックにふくらみを持たせたい場合は量を多めに、シャープな印象を与えたいのであればサイドを刈り上げてしまうのがおすすめです。

セット方法

1. 髪の毛をしっかりと濡らしタオルドライで水気をとります。
2. 髪の毛を後ろにかき上げるようにして乾かし大まかに形付けていきます。
3. 乾いた髪の毛を軽く濡らします。
4. ジェルを適量手に取り髪の毛になじませていきましょう。
5. クシやブラシで整えたらスタイリング完了です。

▽おすすめワックス
オールバックスタイルを固めるのであればジェルがおすすめです。カッチリとしたスタイルを1日中キープしてくれますよ。

Amazonで詳細を見る

3. ナチュラルショート

出典:www.beauty-navi.com

前髪を七三に分けたナチュラルなショートスタイルは50代メンズにおいても定番です。渋い雰囲気が魅力のかっこよさというよりは落ち着いた雰囲気が魅力的なイケてるおじさんといった感じの雰囲気に仕上がります。カジュアルからフォーマルまで幅の広いファッションと相性が良いのも魅力的で、髪型と合わせて服のオシャレも楽しみたいという人にもおすすめですよ。

■美容室でのオーダーのポイント
ナチュラルショートスタイルをオーダーする際のポイントはサイドの膨らみを押さえるためにツーブロックをいれること、トップのボリュームを残すことを伝えましょう。

セット方法

1. 髪の毛を濡らしタオルドライで水気をとります。
2. トップにボリュームを出し、鉢周りを押さえながら乾かしていきます。
3. ワックスを適量手に取り髪の毛全体になじませていきましょう。
4. 手に余ったワックスで全体のシルエットを整えスタイリング完了です。

▽おすすめワックス
ナチュラルスタイルにおすすめのワックスはハードすぎずソフトすぎない質感のワックスです。オーシャントリコエアーであれば思い通りのヘアスタイルを作ることが出来ますよ。

Amazonで詳細を見る

4. スパイキーヘア

出典:atozhairstyles.com

前髪をとがらせたスパイキーなスタイルも50代のメンズにおすすめです。髪の毛のボリュームが気になるメンズが多いかもしれませんが、1つ1つの髪の毛をシャープに立ち上げるとあまり気にならなくなりますし、なによりカッコよくきまるようになります。それまで穏やかな雰囲気であった人はこのヘアスタイルにすることで大きなイメージチェンジになりますよ。

■美容室でのオーダーのポイント
スパイキーな印象に仕上げるために前髪を立ち上げること、トップから前髪にかけての長さを短くし真上に立ち上がるようにすることがポイントです。

セット方法

1. 髪の毛をしっかり濡らしタオルで水気をとります。
2. 前髪からトップにかけての髪の毛を真上に立ち上げるようにして乾かしていきましょう。
3. ハードワックスを適量手に取り髪の毛全体になじませます。
4. トップの部分を整えたらスタイリング完了です。

▽おすすめワックス
スパイキーに髪の毛を立ち上げてくれるハードワックスがおすすめです。アリミノピースはハードなセット力はもちろんのことマスカットの香りも魅力的なワックスです。

Amazonで詳細を見る

5. スキンヘッド

出典:atozhairstyles.com

ナチュラルスタイルや王道ショートスタイルもあまりしっくり来ないというのであれば、スキンヘッドというのもありです。薄毛が目立たなくなるというメリットはもちろんのこと、メリハリの効いたスタイルは大人の男のかっこよさも演出してくれます。バリカン1つあればできてしまうヘアスタイルで一度ボウズにすればお手入れは美容室で頼まなくとも自分で行うことが可能ですよ。

6. ショートパーマ

出典:www.beauty-navi.com

王道ショートスタイルにパーマを当てたヘアスタイルです。パーマを当てることによって髪の毛にボリュームを出すことが可能になり、髪の毛の量が少なくなることによるボリュームの減少を押さえることができます。もちろんそれだけでなく普段のセットが簡単になり、スタイリングの時短にもなるというのも大きな魅力です。

■美容室でオーダーするときのポイント
パーマによってつくることの出来るボリュームに加えて、トップの髪の毛を長めに残すことを伝えましょう。パーマは通常のパーマをトップを中心にかけてもらういましょう。

セット方法

1. 髪の毛を濡らしタオルドライで水気をとります。
2. カールを伸ばさない様に髪の毛を乾かしていきます。
3. 7割ほど乾かしたらワックスを手に取り髪の毛全体になじませていきます。
4. 手に余ったワックスで全体のシルエットを整えたらスタイリング完了です。

▽おすすめワックス
パーマスタイルをよりかっこよく見せるためにはツヤ感をだすことが大切です。クールグリースはハードなセット力とツヤ感でかっこよくきまります。

Amazonで詳細を見る

7. ハイトーン

出典:www.beauty-navi.com

白髪を隠すためのカラーリングは黒が一般的ですが、いっそのことトーンの高い明るい色にしてしまうのも1つの手です。シンプルとは言い難いヘアスタイルではありますが、トーンの高い色を入れることで年齢よりも一回り若い雰囲気を手に入れることが出来ることは間違いありません。ただブリーチで脱色することは避けましょう、50代の髪の毛にはダメージが大きすぎる可能性が高いです。

■美容室でオーダーするときのポイント
髪の毛を染めるカラーは自分で決めるよりも美容師の方と相談するほうが自分に合ったカラーを決めることが出来て失敗することも少ないです。イメージと明るさだけは必ず伝えましょう。

セット方法

1. 髪の毛を濡らしタオルドライで水気をとります。
2. トップを立ち上げるようにして髪の毛を乾かしていきます。
3. 全体を乾かしたらワックスを手に取りましょう。
4. シルエットを整えたらスタイリング完了です。

▽おすすめワックス
髪の毛の長さによっても異なりますが、画像のようなショートスタイルにはハードなセット力を持つワックスがおすすめです。アリミノピースであれば強力なセット力で立ち上がりを再現してくれますよ。

Amazonで詳細を見る

8. ミディアムパーマスタイル

出典:www.beauty-navi.com

髪の毛の量が多めの方であれば髪の毛の長さを伸ばしてパーマをかけてみるのはどうでしょうか。パーマを強めに当てることでカールするだけでなく、髪の毛の大幅なボリュームアップにもつながります。見た目的にもほんのりと白髪がかった髪の毛がカールしている姿は英国紳士のような大人カッコいい雰囲気を演出してくれますよ。

■美容室でオーダーするときのポイント
美容室でオーダーするときのポイントはパーマの強さです。しっかりと髪の毛をカールさせるために強めのパーマを根元からかけてもらいましょう。

セット方法

1. 髪の毛を濡らしタオルドライで水気をとります。
2. カールを意識しながら伸ばさないようにしながら乾かしていきます。
3. 全体が7割ほど乾いたらグリースを適量手に取り髪の毛に揉みこんでいきましょう。
4. 手クシなどで全体を整えたらスタイリング完了です。

▽おすすめワックス
ツヤ感を出してパーマに大人っぽさを加えるのにはグリースがおすすめです。グリースの定番である阪本高生堂のクールグリースがおすすめです。

Amazonで詳細を見る

9. バーバースタイル

出典:www.beauty-navi.com

バーバースタイルという言葉は幅広いスタイルを指しますが、共通しているのは髪の毛をまとめたり、刈り上げたりして男らしくフォーマルな雰囲気を出していることです。理髪店でオーダーすることが出来るようなクラシカルな雰囲気を演出するのも特徴です。スーツとの相性の良さはもちろん、ジャケットやシャツなどといった綺麗目のファッションとの相性も良いです。

■美容室でオーダーするときのポイント
サイドの刈り上げの長さとトップの長さを伝えるのはもちろん、刈り上げの範囲なども伝えると親切です。刈り上げを広げるとよりフォーマルに、小さくするとフォーマルな印象になりますよ。

セット方法

1. 髪の毛を濡らしタオルドライで水気をとります。
2. ブラシを使いながら分け目に従って髪の毛を乾かしていきます。
3. ドライヤーでの形付けが終わったら髪の毛を少し湿らせます。
4. グリースかジェルを手に取り髪の毛になじませましょう。
5. ブラシやコームで全体を整えたらスタイリング完了です。

▽おすすめワックス
おすすめワックスは阪本高生堂が販売するファイバーグリースです。先に紹介したグリースと異なる点はファイバーが配合されているため毛束間などの細かなニュアンスを出せる点です。髪の毛をまとめつつも束感を出したいという人におすすめです。

Amazonで詳細を見る

10. 刈り上げサイドパート

出典:www.beauty-navi.com

サイドを刈り上げてトップの髪の毛を横に流すサイドパートはシンプルの中にも遊びが欲しいというメンズにおすすめのヘアスタイルです。オールバックのように髪の毛を後ろに流すのではなく、横に流すことで程よいこなれ感を演出しています。サイドも刈り上げているのでメリハリがあるのもポイントです。

■美容室でのオーダーのポイント
トップの髪の毛を横に流すことを伝え、サイドの刈り上げの長さは自分の好みに合わせて刈り上げるのがおすすめです。

セット方法

1. 髪の毛を濡らしてタオルドライで水気をとります。
2. ブラシやコームを使って髪の毛を横に流しながら乾かしていきましょう。
3. 全体が乾いたら髪の毛を軽く湿らせます。
4. ジェルやグリースを手に取り髪の毛になじませます。
5. 毛先をつまんで束を作ったらスタイリング完了です。

▽おすすめワックス
ツヤ感を出しつつもハードなセット力のあるスタイリング剤を使用しましょう。オーシャントリコの社員オーバーであればツヤを出しながら髪の毛を強力に横に流してくれますよ。

Amazonで詳細を見る

11. 刈り上げオールバック

出典:www.beauty-navi.com

刈り上げオールバックの特徴はオールバック部分が少し盛り上がっているのが特徴です。サイドを短めに刈り上げトップの髪の毛を残すことで、サイドトップのメリハリが生まれかっちりとした雰囲気を演出しています。バーバースタイルに分類されるヘアスタイルの1つでクラシカルな魅力で50代男性が持つ魅力と相性のいいのも魅力的です。

■美容室でオーダーするときのポイント
トップの髪の毛を長めにとることと、サイドの刈り上げを短くすることを伝えましょう。刈り上げは下から上にかけて長くなるグラデーションを入れると伸びてきても邪魔になりにくいのでおすすめです。

セット方法

1. 髪の毛を濡らしタオルドライで水気をとります。
2. 根元から形をつけるようにして髪の毛を後ろに流していきます。
3. 完全に乾いたら髪の毛を湿らせます。
4. 湿らせた髪の毛にジェルをなじませます。
5. ブラシやコームで全体を整えたらスタイリング完了です。

▽おすすめワックス
オールバックスタイルを固めるのにはジェルがおすすめです。ロレッタのハードジェリーはハードなセット力で朝のスタイルを1日中キープします。オシャレな容器も魅力的です。

Amazonで詳細を見る

12. ミディアムヘア

出典:www.beauty-navi.com

若い時にはチャラついているように見えていた長さも50代メンズがすることで、大人の余裕を感じさせるジェントルマンなヘアスタイルになります。画像のヘアスタイルは長めの髪の毛を七三分けにすることでラフな雰囲気の中にもカッチリとした印象を与えています。眼鏡などとの相性も良く、50代メンズに好まれる綺麗目なファッションとも相性が良いのが特徴です。

■美容室でのオーダーのポイント
ミディアムヘアのオーダーのポイントは直毛の方はパーマを軽く当てることがおすすめです。真っすぐ過ぎる髪の毛であると動きが無く、野暮ったい雰囲気になってしまいます。

セット方法

この記事のキーワード

この記事のライター

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

関連する記事

あわせて読みたい

123hungly
ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

斉藤情報事務5

斉藤情報事務

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い肴と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキ...

yannma6

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

>>ライター紹介