30代におすすめ!ステーションワゴン人気車種ランキング

近年ステーションワゴンも様々な車種が発売され、人気を博しています。今回は30代におすすめのステーションワゴン人気車種を国産ブランドのトヨタを始め、外車代表各であるベンツ、ハイブリッドで高燃費のモデルから4WDの駆動力が魅力のモデルまでブランド別に詳しく紹介します。どの車種も魅力あるステーションワゴンなのでおすすめです。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務

セダンの居住性&ワゴンのユーティリティ

Ex3

出典:www.subaru.jp

セダンの共住性を持ち、ドライビングのテイストは乗用車の感覚。そして広いラゲッジスペースを備え、荷物や様々なアクティビティに対応するのがステーションワゴンです。3ボックスセダンのルーフを延長し2ボックススタイルとすることで、広いラゲッジスペースを確保。リヤシートには分割可倒式が採用されている事が多く、多彩なアレンジが可能になります。

その歴史は古く1900年頃に主流だった鉄道旅行で、駅に到着した荷物や乗客を最終目的地に運ぶのがステーションワゴンの役割でした。当初は「デポハック」や「サバーバン」などとも呼ばれており、ステーションワゴンの呼称はもう少し後でついたようです。現在ではステーションワゴンやシューティングブレイク・エステートなどの呼び方がありますが、基本的にはセダンベースの2ボックスカーを指します。

日本ではバブル期にヒットしましたが、その後人気がミニバンやSUVに移ったためラインナップを減らしています。しかしスバルのようにステーションワゴンにこだわって製造しているメーカーもあり、海外では多くのモデルがラインオフしているのです。

多彩に人生が広がる30代、ビジネスもプライベートも楽しめるステーションワゴンはいかがでしょう。国内外でおすすめするステーションワゴンを10モデル、ランキング形式でご紹介します。

国産車5位 TOYOTA「AVENSIS」

Carlineup avensis top 2 12 pc

出典:toyota.jp

Carlineup avensis interior seat 2 01 pc

出典:toyota.jp

イギリスにあるTMUK(Toyota Motor Manufacturing UK)で生産される「AVENSIS」。マークⅡブリットやクラウンエステートの消滅以降、TOYOTAのステーションワゴンでフラッグシップモデルです。

ステーションワゴンのおすすめ国産車第5位が「AVENSIS」。推奨グレードは「Li」で上級グレードになります。ソリッド感のあるエクステリアにはキーンルックが取り入れられ、スマートな印象。インテリアもシンプルでオーソドックスなスタイルです。コンパクトなエンジンは出力と燃費を両立したベストパッケージ、シーケンシャルシフトマチックでマニュアル感覚のドライブを楽しめます。

アルカンタラ+本革のシートは上質な手触り、基本を押さえた質の高いインテリアです。リヤシートはもちろん分割可倒式、多彩なアクティビティに対応します。オーディオレス仕様で、好みのオーディやナビゲーションシステムのチョイスが可能です。

リアルなヨーロピアンワゴンがTOYOTA「AVENSIS」です。

【スペック】
モデル:Li
ボディサイズ:全長4820×全幅1810×全高1500(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 152PS
トランスミッション:Super CVT-i 
駆動方式:前輪駆動
車両本体価格:2,983,745円~(参考)

国産車4位 SUZUKI「SX4 S-CROSS」

840698

出典:response.jp

840716

出典:response.jp

SUZUKIがラインオフするクロスオーバースタイルの「SX4」。初代モデルにはセダンも設定されており、コンパクトなステーションワゴンとなっています。

国産車第4位は「SX4 S-CROSS」、コンパクトなクロスオーバースタイルのワゴンです。おすすめグレードは「4WD・CVT」で、新世代の四輪制御システムである「ALLGRIP」を採用。システムがアンダーORオーバーステアを自動的に抑制、スリップ時にはESPが作動し安定したドライブが可能です。さらにAUTOからLOCKまで4モードを用意、あらゆる路面に対応します。

ソリッド感のあるエクステリアとシンプルクリーンなインテリア、シートにはヒーターも備えます。開口部の広いテールゲートを持ち、ラゲッジスペースは多彩なアレンジが可能。基本装備を抑えたベストなパッケージングです。

先進のAWDシステムを備えたコンパクトなモデル、SUZUKI「SX4 S-CROSS」です。

【スペック】
モデル:4WD・CVT
ボディサイズ:全長4300×全幅1765×全高1575(mm)
エンジン:1.6L-L型4気筒 117PS
トランスミッション:CVT
駆動方式:四輪駆動
車両本体価格:2,257,200円~(参考)

国産車3位 HONDA「SHUTTLE」

フィットシャトルの後継モデルとして2015年にデビューした「SHUTTLE」。5ナンバーサイズのコンパクトなステーションワゴンで、ハイブリッドモデルもラインナップしています。

国産車第3位は「SHUTTLE」、おすすめはハイブリッドモデルの上級グレード「HYBRID Z」です。Aピラーから滑らかにルーフにつながる伸びやかなデザイン、サイドのキャラクターラインが引き締めます。インテリアは大型のメーターを備えた上質な空間。HONDAオリジナルの通信型ナビであるinternaviがオプション設定されています。

四輪を駆動し余裕の出力がありながら、25.8kmの低燃費を実現。多くのセーフティデバイスを装備し、予防安全性能評価では最高ランクのASV+を獲得しています。

低燃費で安全性が高くパッケージングの良いモデル、HONDA「SHUTTLE」です。

【スペック】
モデル:HYBRID Z
ボディサイズ:全長4400×全幅1695×全高1570(mm)
エンジン:1.5L-L型4気筒 110PS
モーター:29.5PS
トランスミッション:7速AT 
駆動方式:四輪駆動
車両本体価格:2,557,000円~(参考)

国産車2位 MAZDA「ATENZA」

魂動をデザインコンセプトに従来の国産車になかったデザインの車を造り出すMAZDA。「ATENZA」はセダンとステーションワゴン、2種類のボディタイプを用意しています。

国産車第2位にランクインしたのは「ATENZA」。Dセグメントのゆったりとしたボディを持ち、多彩なバリエーションを用意しています。ラインナップの中からおすすめのグレードは「XD PROACTIVE」。2.2LのSKYACTIVディーゼルエンジンを搭載して前輪を駆動、6速MTで思いのままのドライビングが可能です。

MAZDAオリジナルのG-ベクタリングコントロールによって滑らかな操作が可能。危険認知や衝突回避など多彩なプログラムも装備しています。魂動デザインによって生み出された躍動感あふれるエクステリア、オリジナリティのあるインテリアなどがドライビングの喜びを高めてくれるでしょう

魂動が昂ぶるステーションワゴン、MAZDA「ATENZA」です。

【スペック】
モデル:XD PROACTIVE
ボディサイズ:全長4805×全幅1840×全高1480(mm)
エンジン:2.2L-L型4気筒 175PS
トランスミッション:6速MT 
駆動方式:前輪駆動
車両本体価格:3,331,800円~(参考)

国産車1位 SUBARU「LEVORG」

Photo 008

出典:www.subaru.jp

Interior img sheet pict 03

出典:www.subaru.jp

他社がラインナップを減らしてもステーションワゴンにこだわり続けるSUBARU。人気の「LEGACY OUTBACK」や、新世代の「LEVORG」をラインオフしています。

国産車のステーションワゴンで第1位が「LEVORG」。おすすめのグレードはスポーティーなSTi仕様、「1.6STI Sport EyeSight」です。SUBARU車のチューニングを手掛けるSTiが仕上げた1台で、先進の予防安全装置「EyeSight」を備えます。新世代のコンパクトなエンジン「1.6インテリジェントDIT」を搭載し、高出力と低燃費を両立。リニアな加速フィールが味わえる新型のリニアトロニックを介して、アクティブトルクスプリットAWDがあらゆる路面をグリップします。

フレアした前後フェンダーはクラウチングスタートをするアスリートの様。コックピット感のあるインテリアと相まって、上質なドライビングへの期待感が膨らみます。

リアルアスリートにワゴンのユーティリティをプラスしたのがSUBARU「LEVORG」です。

【スペック】
モデル:1.6STI Sport EyeSight
ボディサイズ:全長4690×全幅1780×全高1490(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 170PS
トランスミッション:リニアトロニック 
駆動方式:四輪駆動
車両本体価格:3,488,400円~(参考)

輸入車5位 Mercedes-Benz「C-Class Stationwagon」

高級車のベンチマークとして広くその名が知られるMercedes-Benz。多くの企業や公共機関などが採用しており、コンパクトなAクラスからスーパースポーツまでフルラインナップしています。

ステーションワゴンの輸入車おすすめ第5位は「C-Class Stationwagon」。ミドルクラスのセダンがベースで、クーペのような美しいアーチを描くルーフが特徴です。インテリアもラグジュアリーかつスポーティーな仕上がり、大きめのベンチレーターやメーターがデザインのアクセントになっています。おすすめは「C 180 STATIONWAGON AVANTGARDE」です。

エンジンは新世代のBlueDIRECTテクノロジーを採用。爽快なフィールと軽量化に成功した9G-TRONICを介して後輪を駆動します。新技術のImpAct接合方式で接合された、軽量で高剛性なアルミハイブリッドモノコックを採用。ここに卓越した運動性能を発揮して路面を掴むAGILITY CONTROLサスペンションが装備されます。

高級と運動性能のハイレベルな融合、Mercedes-Benz「C-Class Stationwagon」です。

【スペック】
モデル:C 180 STATIONWAGON AVANTGARDE
ボディサイズ:全長4705×全幅1810×全高1450(mm)
エンジン:1.6L-L型4気筒 156PS
トランスミッション:9G-TRONIC 
駆動方式:後輪駆動
車両本体価格:5,300,000円~(参考)

輸入車4位 BMW「3-series touring」

3 series touring wallpaper 1920x1200 7 r

出典:www.bmw.co.jp

3 series touring interior design 03

出典:www.bmw.co.jp

卓越した走行性能で人気のBMW。その乗り味は一度乗ったら忘れられないといわれるほどです。BMWでは「3-series」と「5-series」にツーリングを設定しています。

輸入車第4位は「3-series touring」、推奨グレードは「320i touring Sport」です。優れたドライビング性能を持つ「3-series」セダンに、ワゴンのユーティリティを備えたモデル。SportやLuxuryなど趣の異なるデザインラインを用意します。コンパクトなターボエンジンは184PSを発揮、BMWがこだわり続ける後輪駆動です。

ワゴンモデルに嬉しいコンフォート・アクセスを装備、ハンズフリーでテールゲートがオープンできます。リヤシートは3分割、他モデルよりもさらに多彩なアレンジが可能です。

スポーティーでコンフォート、高い走行性を持つBMW「3-series touring」です。

【スペック】
モデル:320i touring Sport
ボディサイズ:全長4645×全幅1800×全高1460(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 184PS
トランスミッション:電子油圧制御式8速AT 
駆動方式:後輪駆動
車両本体価格:5,540,000円~(参考)

輸入車3位 Audi「A4 Avant」

5av

出典:www.audi.jp

4av

出典:www.audi.jp

先進のAWDシステムを持ち、高い走行性に定評があるAudi。コンパクトカーからスーパースポーツの「R8」までラインナップしており、「A4」と「A6」にアヴァントが設定されています。

輸入車第3位は「A4 Avant」、ミドルクラスで人気の高い「A4」をベースにしたステーションワゴンです。おすすめは「A4 Avant 2.0 TFSI」で、高効率でハイパワーなTFSIエンジンと瞬時にシフトチェンジが可能な7速 Sトロニックを搭載。快適な乗り心地を実現する新開発のサスペンションを備えて、前輪を駆動します。

メータパネル内にレイアウトされるバーチャルコックピットをオプションで用意、ナビゲーションや車両情報が視線移動なしで確認できます。多彩な運転支援システムや衝突安全装備も用意していますので好みでチョイスが可能です。

シックでフォーマルなアヴァント、Audi「A4 Avant」です。

【スペック】
モデル:A4 Avant 2.0 TFSI
ボディサイズ:全長4735×全幅1840×全高1455(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 190PS
トランスミッション:7速 Sトロニック 
駆動方式:前輪駆動
車両本体価格:5,470,000円~(参考)

輸入車2位 Volkswagen「Golf Variant」

日本国内で人気の高いVolkswagen。初代ビートルや歴代ゴルフなど、数々の人気モデルを生み出してきました。現在Volkswagenでは「Golf」と「Passat」にヴァリアントを用意しています。

輸入車第2位にランクインしたのは「Golf Variant」。人気のプレミアムコンパクトに、ワゴンの使い勝手をプラスしています。推奨グレードは「TSI Highline Connect」。エンジンのTSIとトランスミッションのDSG、この新世代技術の組み合わせが爽快なドライブフィールと滑らかな加速を生み出します。そしてVolkswagenオールイン・セーフティによって多彩な安全装備も装備。

ワゴンにマストなラゲッジスペースの使い勝手は秀逸、分割可倒式のリヤシートはアームレスト部分だけを開閉できます。ネットワークとの各種コネクトも用意、エンターテイメントも楽しめる上質な移動空間になるでしょう。

プレミアムコンパクトのヴァリアントモデル、Volkswagen「Golf Variant」です。

【スペック】
モデル:TSI Highline Connect
ボディサイズ:全長4575×全幅1800×全高1485(mm)
エンジン:1.4L-L型4気筒 140PS
トランスミッション:7速DSG
駆動方式:前輪駆動
車両本体価格:3,599,000円~(参考)

輸入車1位 VOLVO「V40」

北欧流のスカンジナビアンデザインで高い人気を誇るVOLVO。古くよりステーションワゴンをラインナップしており、国内に導入されているほとんどのモデルがワゴンスタイルです。

ステーションワゴンのおすすめ輸入車第1位は「V40」。美しく流れるようなエクステリアでトールハンマーのヘッドライトが印象的、ステーションワゴンの新しいスタイルです。推奨するグレードはトップレンジの「T5 R-Design」。高出力なターボエンジンを搭載して前輪を駆動、取り回しの良いサイズと俊敏なハンドリングよって旅がより上質なものになるでしょう。

多彩なコネクティビティを可能にしたSENSUSを搭載、高精細タッチスクリーンを備えオーディオや各種情報の直観的な操作が可能です。定評のある安全装備は歩行者用エアバッグまで装備、安全技術インテリセーフがドライバーのストレスを低減します。

北欧から来たスカンジナビアンデザインの優れたモデル、VOLVO「V40」です。

【スペック】
モデル:T5 R-Design
ボディサイズ:全長4370×全幅1800×全高1440(mm)
エンジン:2.0L-L型4気筒 245PS
トランスミッション:8速AT 
駆動方式:前輪駆動
車両本体価格:4,550,000円~(参考)

日本から欧州・北欧まで多彩なステーションワゴン

30代を迎えて益々人生が楽しくなる時、移動のためのパートナーはステーションワゴンがおすすめです。アクティブなスポーツに、アウトドアのアクティビティに、可能性が限りなく広がります。

※ 掲載内容は2017年2月現在のものです

この記事のキーワード

この記事のライター

B3898275 921f 4872 bd45 1ea2d5306c48

斉藤情報事務

saitoinformationbusiness

0

信州で車と酒と旅を愛する道楽者、曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、旨い酒を嗜み、旨い飯と趣のある器を好む。志賀高原や美ヶ原など、リゾートエリアでドライブするのが楽しみ。冬はスキーヤ―でホームゲレンデは戸隠or飯綱あたり、ついでに写真もパチリ。時計やオーディオも愛して病んでいる。おすすめドライブスポットはビーナスライン、車や酒など道楽者が愛する物に関連したライティングやコンテンツ作成など色々やっています。

関連する記事

大人の魅力を引き立てるおしゃれでカッコいい車15選
人気上昇中!300〜500万円以内で買えるおすすめSUV車5選〜国産車編〜
30代エリートビジネスマンが本当に乗っているおすすめ人気高級車10選【国産車編】
【外車・輸入車】若手におすすめの300万円以下の最新人気車種10選
2017年人気のコンパクトSUV おすすめランキング10車種

あわせて読みたい