自分でできてる?アイロンがけの基本

どれだけ良いスーツをYシャツを着ていても、しわくちゃだったら意味がないですよね。しっかりとシワをとるためのアイロンがけのテクニックをご紹介します。

vokkaVOKKA 編集部
  • 8,257views
  • B!

ピシッとしたYシャツを

出典:kao-mykaji-bucket.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com

どれだけ良いスーツをYシャツを着ていても、しわくちゃだったら意味がないですよね。
今回は、今日からできるアイロンがけのテクニックをご紹介します。

アイロンがけのイロハ

Amazonで詳細を見る

慣れるまではアイロンだけでOK

アイロンがけが初めから上手な人はいません。何度もトライ&エラーを繰り返しながらピシッとしたYシャツを仕上げているのです。

最初のうちは用意するものは普通のアイロン台とアイロンのみでOKです。アイロン台も、座布団などで代用してもいいかもしれません。キープ剤はアイロンに慣れるまでは手を出さないほうが良いでしょう。アイロンミトンが用意できるのであれば、普段使いだけでなく、出張などで持っていく時にも便利です。

濡れたままアイロンがけを

道具がそろったらワイシャツを洗濯して濡れたままアイロン台に乗せましょう。アイロンの熱で乾くので濡れたままでOKです。ワイシャツのタグに書かれている適温でアイロンがけをします。

アイロンがけの順番

アイロンがけの順番は、エリと手首の生地の固いところから人目につかない背中、肩口そして腕、最後に正面です。

エリ周りの注意点は左右の襟先から襟足に向かってアイロンを動かすこと。一方からだと生地のヨリができて不恰好なものとなります。もし失敗した場合にはすぐに水に濡らし逆方向にアイロンをかけると跡が残りません。

アイロン跡を付ける腕回りはアイロンの先で押しつぶすようにラインを作ります。ポイントは下側からラインを作ること。一度ラインを付けてしまえば次からはそのラインに合わせるだけで美しい仕上がりになります。


濡れたままのワイシャツは自然のスチームにより綺麗に仕上がることはもちろん、初心者にありがちなかけ忘れを目で見て防ぐことができます。少しのポイントを押さえ、むらなくアイロンをかけるだけで身だしなみは今までよりも格段に魅力的なものになるでしょう。

どんなときでもピシッとした姿で

出張や突然の出勤でクリーニングされていないからといって、しわくちゃのYシャツを着ていくようなことは避けましょう。不測の事態でも常にピシッとした姿でいれば、デキるビジネスマンの仲間入りです。

この記事のキーワード

この記事のライター

VOKKA 編集部

もっとオシャレでカッコイイ毎日をすごしたい人のためのウェブメディア、VOKKA(ヴォッカ)の公式アカウントです。

関連する記事

あわせて読みたい

vokka
VOKKA 編集部

もっとオシャレでカッコイイ毎日をすごしたい人のためのウェブメディア、VOKKA(ヴォッカ)の公式アカウントです。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車とバイクと旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、ひと時を執筆に捧げる。

コウ5

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介