【愛知】常滑でおすすめのカフェ10選

愛知県の常滑市でおすすめするカフェをピックアップしました。焼き物の街として古くから栄えた常滑市には、やきもの散歩道エリアを中心に多くのカフェがオープンしています。常滑市のカフェはノスタルジックな古民家カフェから洗練されたモダンなカフェまで様々、今回はカフェ巡りにもおすすめな厳選カフェをご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 5,176views
  • B!

アイキャッチ画像出典:linkdelmar.hp.peraichi.com

常滑焼と喫茶

出典:linkdelmar.hp.peraichi.com

瀬戸や信楽などとともに日本六古窯の一つに数えられ、古窯の中でも最古かつ規模も大きな常滑焼の街として知られるのが常滑市です。窯業で栄えた旧市街地には”やきもの散歩道”が整備されており、登り窯や黒板塀などが残る情緒溢れる風景の中を散策できます。

常滑市は中部国際空港のセントレアやイオンモール常滑をはじめ人気のスポットも多く、多くの人々が訪れる地域です。今回はそんな常滑市でユニークなカフェをセレクト、おすすめする厳選カフェをご紹介しましょう。

1. 侘助

やきもの散歩道エリアの中で、常滑市陶磁器会館から歩いて3分ほどの場所にうどん&甘味喫茶の「侘助」があります。レトロな看板が貼られた黒板塀の店舗の前は小径も情緒ある雰囲気を醸しており、タイムスリップしたかのような気分を感じられるでしょう。

こちらの一押しメニューは名物の「土鍋カレーうどん」で、出汁の効いたカレーにチーズをトッピングしたこだわりの仕立て。味変できる温玉もセットになっており、ご飯との相性も抜群の逸品です。そして暑い日に嬉しいのが人気の「侘助のかき氷」、抹茶ミルクやみぞれ金時などがあり季節の新メニューも登場します。

【基本情報】
住所  :常滑市栄町3-89
電話  :0569-34-7169
営業時間:11:00~17:00(L.O 16:40)
定休日 :火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、月1回臨時休業

侘助 on Instagram

2. BARBARA COFFEE ROASTERS

やきもの散歩道の南側エリアに、登窯を目の前にする立地の「BARBARA COFFEE ROASTERS」があります。こちらは倉庫をリノベーションしてオープンした自家焙煎コーヒーの店で、店内は白熊をはじめとした剥製が並ぶ奇抜で斬新な空間です。

コーヒーは姉妹店の「KEDI BASKAN」で焙煎した豆を使っており、豆やメニューは予告なしに変更されるため訪問時のお楽しみに。色使いも独特なスイーツや見目にも映えるソフトクリームなどもあり、ランチには自家製ベーグルや具だくさんのスープなどを供しています。

【基本情報】
住所  :常滑市栄町6-208 白熊ビルヂング1F
電話  :-
営業時間:11:00~17:00(L.O 16:30)
定休日 :不定休

BARBARA COFFEE ROASTERS|ミア・ファロー

3. nuu

出典:www.nuu-kimono.com

出典:www.nuu-kimono.com

やきもの散歩道の北側エリアで、巨大な招き猫のとこにゃんから歩いて2分ほどの路地沿いに「nuu」が佇んでいます。店は築100年という古民家をセルフリノベーションしており、カフェ・ギャラリー・雑貨・着物などetc、古さと新しさが融合する空間です。

シェアキッチンスタイルのカフェは「nuu キッチン・MAEJAYA DRY CURRY・ゆるりがもり・バタコのパン屋・Bucks yard」が交代で担当していますので、好みの担当キッチンはカレンダーで確認してからどうぞ。そしてコーヒーは名古屋にある水泡珈琲焙煎屋が焙煎する豆を使い、丁寧にハンドドリップで淹れた一杯を味わえます。

【基本情報】
住所  :常滑市栄町2丁目73
電話  :0569-89-8755
営業時間:10:00~16:00
定休日 :木〜土曜日

nuu | kimono

4. tsunezune

出典:tsunezune.net

出典:tsunezune.net

やきもの散歩道の南側エリアで、 陶製狛犬が鎮座する神明社からすぐ近くの街角にあるのが「tsunezune」です。こちらはかつて梱包場として使われていた倉庫をリノベーションしたギャラリー&カフェで、随時イベントも開催しています。

カフェでは地元の季節を感じられる旬素材を活かしたメニューも取り揃えており、その時々で替わる「本日のおやつ」がおすすめです。コーヒーや紅茶も店こだわりの一杯、ギャラリーを眺めた後にゆったりとした寛ぎの一時を過ごすことができます。

【基本情報】
住所  :常滑市7-164
電話  :0569-58-7164
営業時間:13:00~18:00
定休日 :火・水曜日

tsunezune

5. BAGEL CAFE SORARIN

出典:sorarin-bagel.jp

出典:sorarin-bagel.jp

セントレアラインの常滑ICを下りて直ぐ、北条公園を目の前にするロケーションに「BAGEL CAFE SORARIN」があります。店の内外を常滑焼窯場で使用されていた耐火レンガで仕上げており、一枚板のテーブル・カウンターや手造りの電球などこだわりの調度が彩る寛ぎ空間です。

「BAGEL CAFE SORARIN」のベーグルは⾃家製天然酵⺟と北海道産の最⾼級小⻨「春よ恋」を100%使用しており、添加物不使用で焼き上げる体に優しく安全な逸品です。おすすめは多彩に揃ったランチメニューから「野菜ごろごろ!お母さんのデミグラス煮込みハンバーグ」で、時間をかけて煮込んだ自家製ソースの旨味とベーグルが絶妙にマッチする味わいを楽しめます。

【基本情報】
住所  :常滑市飛香台1-3-10
電話  :0569-35-5670
営業時間:11:00~15:00(ランチL.O 14:00)
定休日 :月曜日、臨時休業

BAGEL CAFE SORARIN

6. CAFÉ BELLECOUR

出典:www.cafebellecour.jp

出典:www.cafebellecour.jp

出典:www.cafebellecour.jp

知多市との境目近くの国道155線沿いに「CAFÉ BELLECOUR」があります。こちらはリヨン風レストランとしてカジュアルなフレンチを供しており、15:00からはタロット占いも行うというちょっと珍しいカフェです。

モーニングはガレット・キッシュ・フレンチトースト・ベルギーワッフルなどを揃えており、手造りデザートやスムージーなども供しています。そしてランチのおすすめは魚のすり身を使う「ビスクソースのクネルセット」でリヨンの名物料理、もう一品の「鶏もも肉のポピエットセット」とチョイスに迷う一皿です。

【基本情報】
住所  :常滑市小倉町4丁目189
電話  :0569-89-8875
営業時間:08:00~11:00(モーニング L.O 10:30)
    :11:30~14:00(ランチ L.O 13:30)
    :15:00~17:30(タロット占い 18:00以降は要問合せ)
定休日 :月曜日

CAFÉ BELLECOUR

7. Link der mar cafe

出典:linkdelmar.hp.peraichi.com

出典:link-del-mar-cafe.com

出典:linkdelmar.hp.peraichi.com

セントレアラインのりんくうICから車で2分ほど、りんくうビーチを目の前にするエリアに「Link del mar」がオープンしました。こちらはバーカウンターもありデリバリーにも対応する”グラマラスなBBQ=グランキュー”を楽しめるスポット、ビーチリゾートのカフェタイムのために「Link der mar cafe」を併設しています。

カフェドリンクは持ち込んだ写真を元にラテアートを描いてくれるというユニークなカフェラテやフラッペで、幅広いメニューを取り揃えます。そしてカフェフードはパエリアやホットサンドなどがあり、ビーチピクニックのために「ピクニックボックス」を用意。カトラリーやテーブルまでセットになった「ピクニックレンタル・フルセット」ならラグジュアリーなピクニックを堪能することができるでしょう。

【基本情報】
住所  :常滑市りんくう町2-32
電話  :050-5385-3407
営業時間:10:00~20:00(L.O 19:30)
定休日 :水曜日(8・9月は営業)、12~2月は冬季休業

Link del mar

8. 大蔵餅

出典:www.ohkuramochi.jp

出典:www.ohkuramochi.jp

名鉄多屋駅から歩いて5分ほど、多屋町5丁目交差点近くに建つのが「大蔵餅」です。こちらは昭和26年創業の老舗餅専門店、店内の甘味処では風雅な庭を眺めながら喫茶と甘味を楽しめます。

「大蔵餅」では地産地消にこだわって厳選素材で品々を仕上げており、一押しは店名にもなっている「大蔵餅」です。甘味処ではぜんざいやあんみつをはじめ和の甘味を取り揃えていて、人気のかき氷にも「大蔵餅」をトッピングすることができます。

【基本情報】
住所  :常滑市鯉江本町2-2-1
電話  :0569-35-2676
営業時間:9:00~18:00(甘味処は10:00~L.O17:00)
定休日 :月曜日(祝日営業、後日振替休日)

大蔵餅

9. CROCE+ セントレア店

出典:cafecroce.com

出典:cafecroce.com

セントレア第1旅客ターミナルビル4Fのスカイタウンにカフェ「CROCE+ セントレア店」があります。サイコロ食パンやベーグルを供する一宮市の本店は行列ができる人気店として知られており、セントレア店は今年オープンしたばかりです。

セントレア店の一押しは何といっても「極みレアハンバーグステーキ」で、選び抜かれたA4ランク黒毛和牛を惜しみなく使いココットで焼き上げた逸品です。ハンバーグはCROCE+特製食パンとの相性も抜群、フライト前後の一時に至福の味を満喫できます。

【基本情報】
住所  :常滑市セントレア1-1 第1旅客ターミナルビル 4Fスカイタウン
電話  :0569-84-3554
営業時間:7:00~20:00(L.O 19:00)
定休日 :-

CROCE+ セントレア店

10. Light Cafe イオンモール常滑店

出典:lightdining.co.jp

出典:lightdining.co.jp

名鉄りんくう常滑駅から歩いて1分ほどという好立地に「イオンモール常滑」があります。こちらは東海3県では最大規模を誇る店舗で、1Fのスカイコートに名古屋で人気のパンケーキカフェ「Light Cafe」が「Light Cafe イオンモール常滑店」として出店しました。

パンケーキはスイーツ系・ミール系とも多彩に取り揃えており、旬の食材を使う季節限定のメニューも用意しました。おすすめは人気NO.1の「リコッタチーズパンケーキ」で、シロップはメープルorハチミツからセレクト、バナナがセットになります。

【基本情報】
住所  :常滑市りんくう町2丁目20番3 イオンモール常滑1Fスカイコート
電話  :0569-89-0847
営業時間:10:00~22:00(イオンモール常滑カレンダーによる)
定休日 :年中無休(イオンモール常滑カレンダーによる)

Light Cafe イオンモール常滑店

カフェと焼き物と

風情あるやきもの散歩道に点在するカフェから、オーシャンビューのラグジュアリーなカフェまで常滑市にはユニークなカフェが揃っています。今度の休日は焼き物の街でカフェ巡りを楽しんでみませんか。

※ 掲載内容は執筆時点、基本情報等は参考で変更になる場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

斉藤情報事務3

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

VOKKA編集部グルメ班4

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

05micco5

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kumakumaillust6

kumakumaillust

イラストも文章も手掛けるフリーのイラストレーター。

>>ライター紹介