メンズマリンコーディネート徹底解説【おしゃれな大人の着こなし】

2020年春夏のトレンドファッションになることが予想されているマリンコーディネート。なんとなくのイメージがついてはいるものの、実際どのようなコーディネートかを分かっていない人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、今年の春夏に向けてマリンコーディネートを、オススメのコーディネート例とともに解説します。

sanogasanoga
  • 1,565views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.modaaprovada.com

20SSのトレンド「マリンコーデ」

出典:www.vogue.co.jp

ファッションのトレンドは、パリやミラノで行われるコレクションによって決まります。2020年春夏のコレクションではマリンコーデの特徴を持ったスタイルがよく見られたため、今年の春夏のトレンドになること間違いなしです。しかし、マリンコーデと聞いて抽象的には分かっていても詳細までは分かっていない人が多いのではないでしょうか。そこでこの記事では春夏に向けて、マリンコーデの解説をしていきます。オススメのコーディネート例も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

マリンコーデとは

出典:www.pinterest.jp

そもそもマリンコーデがどのようなスタイルなのかというと、一般的に水兵服に見られるデザインやモチーフを取り入れた着こなしのことで、「ボーダー柄」と「ブルー×ホワイトの配色」が代表的なデザインとなっています。そのほか、錨やヨットなど「船」を連想させるようなモチーフや赤の差し色アイテム、デッキシューズなど、マリンコーデの要素となるものは複数あり、アイテム使いの幅が広いコーディネートであると言えます。

コーディネートのヒント

爽やかで清潔感があるマリンコーディネートですが、その反面、子供っぽく見られやすいという面もあります。そこで、ここではマリンコーディネートを大人らしく着こなすコツを紹介します。

ボーダー柄を使うなら細いピッチを

マリンコーデの代表的な柄であるのが「ボーダー」ですが、ピッチ(ボーダー)の幅が狭いものを選ぶとより大人らしいコーディネートになります。ボーダーの幅は太ければ太いほどカジュアルな印象に、細くなるほどきれいめな印象になる柄で、細いピッチのボーダーにはさらに細身に見える効果もあるためオススメです。

キレイめアイテムと合わせる

マリンコーデにはボーダーやモチーフ柄など象徴的なデザインが用いられたアイテムが使われることが多いですが、その他のアイテムについては自由度が高く、様々な合わせ方を楽しむことができます。マリンコーデらしいアイテムはカジュアルなテイストのものが多いので、大人らしいコーデにするにはテーラードジャケットや革靴など、キレイめなアイテムを使うのがオススメです。

ボーダーを使わない

ボーダーを使わずにマリンコーディネートを楽しむという方法もあります。白とブルーのツートンや、それに赤の差し色を合わせたコーディネートを心がけることで、色合いのみでマリンコーデを表現することが可能に。ボタンダウンシャツなどのキレイめのアイテム同士で合わせるとより大人らしいコーディネートとなるため、ボーダーを使わないマリンコーディネートもオススメです。

【マリンコーディネート】実際のコーデを紹介

ここからは実際のマリンコーディネートを見ながらポイントを紹介していきます。言葉のみで説明するよりも視覚的にわかりやすいので、実際のコーディネートの参考にしてみてください。

ボーダーTシャツ×白シャツ×スリムパンツ

ボーダーのTシャツを使ったマリンコーディネートらしいスタイル。Tシャツの上に羽織っているボタンダウンシャツや、パンツ、スニーカーなどはマリンコーデのセオリー通り、白とブルーのアイテムを心がけています。白シャツやスリムなパンツはキレイめなイメージのあるアイテムで、カジュアルなアイテムであるボーダーTシャツと、スニーカーとのバランスのとれたコーディネートを演出しています。

ボタンダウンシャツ×ホワイトパンツ×スニーカー

ボーダー柄を使わないマリンコーディネート。ブルーとホワイトの二色を意識したコーディネートです。トップスに使っているシャルの腕には、マリンコーデの元になっている水兵のユニフォームについているようなマークが。モチーフによってマリンの要素を強めています。また、首元には赤のバンダナをネックレスのように使うことにより、マリンコーデらしさをより強めるトリコーロールカラーを演出し、大人らしいオシャレなコーディネートとなっています。

ボーダーTシャツ×ショーツ×サンダル

ボーダーTシャツをシャツをショーツと合わせた夏らしさのあるコーディネート。シンプルなアイテム使いですが、こなれた雰囲気のあるスタイルとなっています。ショーツやサンダルに用いられているブラウン系のカラーは、マリンコーデの基本となるブルー、ホワイトとの相性が良く、落ち着いた雰囲気に見せる効果があるため、大人のマリンコーデに使うのがオススメなカラーとなっています。季節を通して使えるカラーでもあるため、積極的に取り入れてみてください。

ボーダーTシャツ×ホワイトパンツ×スニーカー

ピッチが極細なボーダーTシャツをつかったコーディネート。使っているアイテム数も少なく、キレイめなアイテムチョイスがされているため、見た目にとても清潔感があります。また、このコーディネートを基本にして、気温によってはアウターを羽織ったり、パンツのを短くしてみたりなど変化わ与えることができるので、まずはこのようにシンプルなコーディネートを参考にしてみるのがオススメです。

ボーダーTシャツ×セットアップ

スーツスタイルのセットアップのインナーにボーダーTシャツを使ったコーディネート。フォーマル色の強いセットアップをマリンコーデに使うことで、落ち着いたスタイリッシュな印象が強く、大人のマリンコーデにオススメのスタイルとなります。ハットやサングラスといった小物も、マリンコーデとの相性が良いアイテムなので、コーディネートに物足りなさを感じた人はこれらの小物を足してみると良いでしょう。

ボーダーTシャツ×デニムパンツ×スニーカー

デニムを使ったマリンコーディネート。デニムパンツは様々なスタイルで活躍するアイテムですが、マリンコーデではホワイトのパンツが好まれることにより、使われることが少ないです。しかし、デニムはマリンコーデとの相性が悪いわけではないため、ホワイトのパンツを持ってない人はデニムでのコーディネートもオススメです。首元のスカーフ使いや、白スニーカなどもマリンコーデの定番アイテムなので、取り入れてみてください。

ブルーシャツ×ホワイトパンツ×スニーカー

ブルーと白のアイテムをブロック的に使い、マリンコーディネートのカラーリングにしています。ボーダーのアイテムを使っていませんが、それが効果的に現れており、シンプルながら雰囲気のあるコーディネートに。色使いのバランスも絶妙で、上から白青白青と視覚的にもわかりやすく緩急が付けられています。程よく小物も使っており、上級者的なスタイリングです。

Tシャツ×ホワイトパンツ×ローファー

ネイビーの無地のTシャツとホワイトのパンツを合わせたコーディネート。簡易的にマリンコーデが楽しめるシンプルなアイテム合わせで、初心者にも真似しやすいスタイルとなっています。足元はローファーでキレイめなテイストを追加。手元にはTシャツの上に羽織るものを持っていますが、テーラードジャケットやシャツなどを羽織ると、より落ち着いたスタイルが完成します。

ボタンシャツ×ボーダーTシャツ×チノパン

淡いブルーのシャツの胸元から、インナーのボーダーTシャツを見せたマリンコーディネート。パステルカラーなどの淡い色も、マリンコーデとともに今年の春夏のトレンドに入ることが予想されているので、このような合わせ方は今年らしいスタイルになるでしょう。ボトムスのチノパンは、マリンコーデに使われるような青・白系の色との相性が良く、パンツで何を使うか迷ったらチノパンを使ってみるのがオススメです。

テーラードジャケット×ホワイトパンツ×ローファー

フォーマルな雰囲気のあるマリンコーディネート。テーラードジャケットと足元のローファーがコーディネートをスタイリッシュにしています。ハンチング帽はシンプルなコーデの見え方に変化を与え、「まとまりのあるコーディネート」を「オシャレなコーディネート」へとランクアップさせます。今年のトレンドアイテムであるスカーフや、バンダナを首もとに巻くのもおすすめで、その際には赤のアイテムを使ってマリンコーデらしいトリコロールを意識したカラーリングにすると良いです。

マリンコーデを楽しもう

マリンコーディネートを紹介しました。実際のコーディネート例に沿って解説しましたが、簡単に組めそうなコーディネートが多かったのではないでしょうか。実はそれほど難しくないマリンコーデなので、この春夏はトレンドに沿って実践してみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

関連する記事

あわせて読みたい

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

斉藤情報事務4

斉藤情報事務

信州で車と旅を愛する道楽者。曲者が集まるCLUB Autistaに所属し、酒・肴・温泉を嗜む。

kiki04085

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

上岡岳6

上岡岳

アームレスリング元日本代表/ジムトレーナー/生物学博物館学芸員/一般社団法人JAWA日本アームレスリング連盟常任理事

>>ライター紹介