横浜で本当に美味しいマカロンの名店おすすめ15選

横浜市内や周辺で、おすすめしたいマカロン情報を集めてみました。さっくりとした生地の中に、オリジナリティー溢れるクリームを入れた、非常に歴史が長いお菓子であるマカロン。そこには、シェフたちの横浜ならではの思い入れが詰まったマカロンがありました。有名店から地元に根付いたパティスリーまでしっかり網羅!早速ご紹介しましょう。

usausausa卯月
  • 242views
  • B!

マカロンの歴史

出典:ja.wikipedia.org

「マカロン(macaron)」はフランス語.なので、フランス菓子と思っている方は多いはず。実は筆者もそう思っていました。しかし実はイタリアで考案されたもので、16世紀にフランス国王アンリ2世に嫁いだ、カトリーヌ・ド・メディシスによってフランスに持ち込まれたという逸話があります。
そんなマカロンの主な原料は卵白・砂糖・アーモンドプードル(アーモンドパウダー)。筆者はショコラトリーの焼き菓子部門にいた経験がありますが、この平たく軽い歯ざわりに仕上げるにはオーブンの火入れが命。これは職人として熟練の技や腕が試される、極めて繊細な作業の1つなのです。

Ladurée(ラデュレ)

出典:www.laduree.jp

JR横浜駅の改札を出てすぐ左、そごうの地下にある「メゾン・ラデュレ」は、1862年にフランス・パリで創業。現在の「カフェ」やマカロン発祥の店と言われており、店舗はまるでフランス貴族とベルサイユ宮殿での暮らしをを思わせる、非常に優雅で洗礼された雰囲気です。実店舗の他にオンラインストアもあり、ネット限定マカロンは是非チェックしたいところ。
20世紀半ばに、2つのマカロンの間にガナッシュを挾むことを考案したラデュレ。伝統のレシピのまま"マカロン・パリジャン"として広まっているそうなので、「元祖マカロン」を味わってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

■所在地
 神奈川県横浜市西区高島2-18-1
 そごう横浜B2F
■アクセス
 JR横浜駅徒歩2分
■営業時間
 10:00~20:00
■問い合わせ
 045-594-7225

ラデュレオンラインブティック

ピエール・エルメ・パリ

出典:www.pierreherme.co.jp

JR横浜駅改札からほど近い、そごうの地下2階にある「ピエール・エルメ」は21世紀のパティスリー界を先導する第一人者で、同業のパティシエたちからも畏敬されている人物。その鬼才ぶりは世界的に認められ、ヴォーグ誌からは“パティスリー界のピカソ”と称賛されたほどです。
そんな「ピエール・エルメ・パリ」のマカロンは、少々小ぶりでありながら、ふっくら盛り上がった優美な姿態・外側のサクサクな歯ざわり・甘く優しい中身が見事なハーモニーを奏でます。パリの鬼才の味わいを、とくとご堪能あれ!

店舗情報

■所在地
 神奈川県横浜市西区高島2-18-1
 そごう横浜地下2階
■アクセス
 JR横浜駅徒歩2分
■営業時間
 10:00~20:00
■問い合わせ
 045-465-2111(大代表)

ピエール・エルメ・パリ -PIERRE HERMÉ PARIS-

【公式】ピエール・エルメ・パリ PIERRE HERMÉ PARIS オンライン ブティック - 21世紀のパティスリー界を先導する第一人者ピエール・エルメの洋菓子を全国一律 送料720円でお届け

pâtisserie 雪乃下

出典:yukinoshita.info

横浜ランドマークタワー内のショッピングモール「ランドマークプラザ」の1階にある「雪乃下(ユキノシタ)」のコンセプトは、「楽しい時間の中に雪乃下のお菓子が花を添える…そんな形で皆様のお側に寄り添いたい」という思い。
そんな「雪乃下」自慢の手作りマカロンは、保存料や添加物はできるだけ使わず、昔ながらの製法とイタリア・シシリー産の厳選したアーモンドで作られます。バタークリーム・自家製のコンフィチュール・厳選したショコラガナッシュが味の要。また季節に合わせ、材料の配合を変えながら一つ一つ丁寧につくっている繊細な仕事ぶりは注目です。

店舗情報

■所在地
 横浜市西区みなとみらい2-2-1
 ランドマークプラザ1F

■アクセス
 みなとみらい線みなとみらい駅
 クイーンズスクエア経由徒歩3分
■営業時間
 11:00~21:00
■問い合わせ
 045-319-4800

■支店
 港南台バーズ店ほか

pâtisserie 雪乃下

アーモンドから塩に至るまで厳選し、ひとつひとつパティシエの手でつくるマカロン。 昔ながらの製法でつくる優しいおいしさの焼き菓子と、季節を感じるケーキ。 鎌倉市小町通りのパティスリー雪乃下公式サイト。お取り寄せも承ります。

パティスリーアトリ ヨコハマみなみ台店

出典:www.atori.jp

津田沼駅南口を出て、ひたすらまっすぐ15分。「お菓子は人を幸せにできるスパイスになる」という確固たる信条を持っている「アトリ」が見えてきます。欧風と和の素材を取り入れていることから、「創作菓子」として様々なスイーツを提案しているお店。
そんな「アトリ」のマカロンは、手で掴めてしまうほど立派な黄身を持つ那須の御養卵・近所の地産地消のブルーベリー・勝沼の白桃など、こだわりの素材と旬の食材をふんだんに使用。イチゴ・チョコレート・ピスタチオ・塩キャラメル・パッションレモン・バニラ(各190円)の6種類。ぜひ大切に味わってみてください。

店舗情報

■所在地
 横浜市緑区長津田みなみ台5-25-10
■アクセス
 JR横浜線長津田駅徒歩15分
■営業時間
 10:00-19:30
 火曜定休
■問い合わせ
 045-984-7421
■支店 
 こどもの国店

ケーキ・スイーツの店「パティスリーアトリ ヨコハマ」

シャーロン

出典:sweetsguide.jp

創業昭和51年の老舗洋菓子店「シャーロン」は、金沢文庫駅から徒歩で15分。乳脂肪47%にこだわった生クリームをはじめとする材料にこだわり、全ての商品をひとつひとつ手作りで展開している地元で非常に人気のあるお店です。看板商品が創業当初から人気№1の「ポテトパイ」は、子供からご年配まで幅広い年齢層に親しまれている味。そんな「シャーロン」が作るマカロンは、ピスタチオ・レモン・フランボワーズ・ショコラ、そしてちょっと珍しいコーヒーの5種類(各165円)。長く愛されている老舗の安定した味をじっくり堪能するのも、贅沢なひと時になりそうです。

店舗情報

■所在地
 神奈川県横浜市金沢区西柴3-17-1
■アクセス
 京急本線金沢文庫駅徒歩15分
■営業時間
 8:30~19:00
 木曜・第3水曜定休
■問い合わせ
 045-781-7760

横浜・金沢文庫の老舗洋菓子店「シャーロン」クリスマスにも

Bienvenue au CAFE de la PRESSE

出典:alteliebe.co.jp

山下公園にほど近い、日本大通りに面しているビルの2階にあるカフェ。ヨーロピアンクラシックで大人のしっとりとした空間が楽しめる「アルテリーベ」は、リキュールを使用したコーヒーやエスプレッソと共に軽食と自家製のスイーツを楽しめます。
その中にあるマカロンは、ピスタチオ・ショコラ・カフェキャラメル・レモン・フランボワーズ・カシス(各220円)の6種類。コーヒーの種類によって、相性が良いフレーバーがあるはず。スタッフに相談して選べば、コーヒーがより一層味わい深く感じられることでしょう。

店舗情報

■所在地
 横浜市中区日本大通11
 情報文化センター2F
■アクセス
 みなとみらい線日本大通り駅徒歩1分
■営業時間
 10:00~20:00
 (ランチ11:30~14:00)
■問い合わせ
 045-222-3348

Bienvenue au CAFE de la PRESSE

異国情緒溢れる横浜の知る人ぞ知る憩いのフレンチカフェ

パティスリー ラ・ヴィ・ドゥース

出典:www.laviedouce.jp

電車だと横浜市営地下鉄グリーンラインとブルーライン、センター南駅・センター北駅が最寄りで徒歩5分。「レシピと素材とパティシエを一つにまとめる役目は、まるでオーケストラの指揮者のようです」そう語っている「ラ・ヴィ・ドゥース」の堀江シェフ。2001年の開店からおもてなしの心で提供する幅広いラインナップの中に、マカロンにオリジナリティーを加えた「ココロン」という焼き菓子があります。縁起物の繭玉をイメージしたマカロン生地に、スペイン産のアーモンドを使用。これに各種クリームをサンドした、地元ならではの名物とも言えそうな焼き菓子となっています。

店舗情報

■所在地
 神奈川県横浜市都筑区中川中央2-3-15
■アクセス
 横浜市営地下鉄グリーンライン、ブルーラインセンター南、センター北駅徒歩5分
■営業時間
 10:00~19:00
 無休(不定休あり)
■問い合わせ
  045-548-8901

ラ・ヴィ・ドゥース

ラ・ヴィ・ドゥースとは、フランス語で“甘い生活”。「毎日の生活をおいしいお菓子で彩ることができたら」というシェフの想いがこめられています。世界的なコンテストでも賞賛された堀江シェフの本物の味を是非ご堪能ください。

パティスリートゥジュール

出典:p-toujours.com

相鉄線天王町駅南口を出たところにある、マンションの1階。白い壁にオレンジのひさしが眩しく映る、清潔感溢れる外観。「トゥジュール」は「いつも」という意味のフランス語で、「いつもスイーツで幸せ」というコンセプトが店名にしっかり表われています。
展開しているスイーツは「新鮮な果物と厳選素材とたっぷりの愛情」を込められており、その中に何とも美しいシャーベットカラーのマカロンもしっかりラインナップ。いちご・オレンジ・ピスタチオ・ショコラ・カフェ(各170円)の5種類で、5ヶ入(950円)と10ヶ入(1,800円)のセットも準備。すぐにお持たせとしての利用もできますね。

店舗情報

■所在地
 神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸町4-5-102
■アクセス
 相鉄線天王町駅徒歩1分
 6階建てのマンションの1階
■営業時間
 10:00~20:00
 水曜定休
■問い合わせ
 045-331-7533
■支店
 峰岡町本店(2019年11月末現在休業中)

横浜 星川・天王町の洋菓子ケーキ店 パティスリートゥジュール

パティスリー・トゥジュールは横浜市峰岡町と天王町駅前にある洋菓子店です。ケーキやプリンなどの生菓子や焼き菓子などスイーツを販売しています。誕生日ケーキやギフトセットの贈り物も取り揃えています。

パティスリー ポンデラルマ

この投稿をInstagramで見る

mayumi(@m.mayumi16)がシェアした投稿 -

横浜市営地下鉄ブルーライン中川駅の2番出入口から2分。店頭に掲げた店名入りのティファニーブルーの大きな幕が目を引き、ウッディーな入口と大きな窓からは明るい店内の様子が窺える、つい立ち寄ってしまいたくなる佇まい。そんな「ポンデラルマ」が提供するマカロンは、フランスパリのマカロンの名店「ラデュレ」で修業したというシェフの逸品!本場の味を堪能してみたい方は、迷わずこちらをおすすめします。

店舗情報

■所在地
 神奈川県横浜市都筑区中川1-20-18
  エバーラスティング1F

■アクセス
 地下鉄ブルーライン中川駅徒歩2分
■営業時間
 月~土10:00~19:00
  日 10:00~18:00
 火曜定休(不定休あり)
■問い合わせ
 045-530-9913

神奈川県横浜市のパティスリーポンデラルマ|横浜市の人気洋菓子店

神奈川県横浜市のパティスリーポンデラルマです。シェフの京極は、フランス「ラデュレ」、ルクセンブルク「オーバーワイス」などで修行を積み、帰国後埼玉の「オーベックファン」でシェフを務める。その後、自身のお店「パティスリーポンデラルマ」をオープン。人気の凸凹シューをはじめ、種類豊富なケーキをご用意しております。

ケーキハウスノリコ

出典:www.cakehouse-noriko.com

横浜市営地下鉄センター南駅1番出入口より徒歩15分。長い歴史の中で、洋と和の様々な文化が混じりあい、独特の世界観を出している横浜。流行のスイーツと共に、海外から伝わってきたお菓子を想像させるケーキや焼き菓子と共に表現・提供しているのが「ケーキハウスノリコ」です。
こちらの「マカロン・ド・ナンシー」は、アルザス・ロレーヌ地方ナンシーの伝統の逸品。ヘーゼルナッツのコリコリっとした食感を、紅茶と一緒に召し上がれ。

店舗情報

■所在地
 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎東2-1-12
■アクセス
 横浜市交通局 高速鉄道本部センター南駅徒歩13分
■営業時間
 10:00~18:00
 月に一度水曜定休
 公式サイトカレンダーにて確認を
■問い合わせ
 Free:0120-20-8120
 TEL/FAX:045-942-4331

横浜センター南駅近くの洋菓子店 │ ケーキハウスノリコ

横浜センター南駅近くの洋菓子店ケーキハウスノリコ。クッキー・焼菓子・チョコレート・宝乳菓の販売。通販も。

DALLOYAU

出典:www.dalloyau.co.jp

青葉台駅直結、三菱UFJ銀行がある方の施設内にある「ダロワイヨ」。成り立ちは1682年、シャルル・ダロワイヨがヴェルサイユ宮殿にてフランス王家の食膳係を務めていたことがきっかけ。1802年フランスを代表するガストロノミー(文化と料理の関係を考察すること)の1つとして創業します。
このような古い歴史を持ち、創業時代から続く手作りの技(わざ)で独創性豊かなスイーツを提案しているダロワイヨのマカロンは、1832年から受け継がれてきた逸品。伝統的なものから季節の味を取り入れた新作まで、なんと100種類以上の豊富なラインナップ。ぜひ店頭でじっくり眺めてみてください。

店舗情報

■所在地
 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-1-1
 青葉台東急スクエア south-1 本館地下1F
■アクセス
 東急田園都市線青葉台駅徒歩2分
■営業時間
 10:00~21:00
■問い合わせ
 045-985-8055

ダロワイヨジャポン DALLOYAU JAPON - トップページ | ダロワイヨ

華やかなルイ14世の時代から今日に至るまで、実に多くの人達に愛され続けてきたダロワイヨ。ダロワイヨが誇る、永い伝統に培われた製品はどれも華やかで美しく、優雅な美味しさが特徴です。特別な場面に相応しい逸品の数々をぜひご賞味ください。

リンツ ショコラカフェ 横浜ベイクォーター店

出典:www.lindt.jp

「リンツ」は甘く舌の上でとろけるようなチョコレートを作り出した「革命児」と言えるブランドです。
リンツではマカロンのことを「デリース」と呼んでおり、「デリース ダークチョコレート 70%」「デリース ストロベリー」「デリースシャンパン」の3種類を展開(各302円)。中でも「デリースシャンパン」は、贅沢にシャンパン入りのホワイトチョコレートのクリームを使用。口に入れた瞬間広がっていく、華やかなシャンパンの風味には思わずうっとりしてしまいます。また表面には金粉があしらわれ非常にゴージャス!プレゼントにもおすすめです。
横浜ベイクォーターへは、横浜駅きた東口A(北改札)経由が最も便利。ベイクォーターウォークで徒歩3分で至近です。

店舗情報

■所在地
 神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10
 横浜ベイクォーター 3階
■アクセス
 JR横浜駅徒歩5分
■営業時間
 月~金10:00〜21:00
 土日祝10:00~22:00
■問い合わせ
 045-440-0626
■横浜市内支店
 新百合丘オーパ店、横須賀モアーズシティ店

リンツ ショコラ カフェ | リンツ -Lindt-

リンツチョコレートの「バレンタインコレクション2020」をリンツ全店(アウトレットを除く)とリンツチョコレートオンラインショップで2020年1月9日(木)から販売いたします。 <バレンタインコレクション2020 St.Valentine’s Day Collection

ベルグの4月

出典:www.bergue.jp

たまプラーザ駅南口に広がる商業施設「たまプラーザ」に創業した「ベルグの4月」は、生ケーキは年間90前後のラインナップの「新鮮・作りたて」をモットーに展開しているパティスリー。カラフルなアイスが幾つも乗ったタルトをはじめとする独創的な生菓子やフランスの伝統的な焼き菓子など、全ての品々が人間味と温もりに溢れている点が非常に特徴的です。
ころころと可愛らしいフォルムが大きな特徴のオリジナルマカロンは、塩キャラメル・レモン・チョコレート・ピスターシュ・木苺・バニラの6種類(各200円)。冷蔵保存が適しており、食べる10分前に出しておくと本来の食感が戻って良いとのこと。またギフト用に6個入(1,510円)、12個入(2,710円)も取り揃えています。

店舗情報

■所在地
 横浜市青葉区美しが丘2-19-5
■アクセス
 東急田園都市線たまプラーザ駅徒歩6分
■営業時間
 9:30~19:00
 休日は公式サイトにて要確認
■問い合わせ
 Free:0120-444-148
 TEL:045-901-1145

この記事のキーワード

この記事のライター

卯月

うさぎと共に夫婦二人暮らし。ファッション販売員歴が長く、グルメ記事はショコラトリーでパートしていた時のパティシエさんからの情報に頼ってます!ブログ中心にライター業してる1級販売士。只今野菜ソムリエ養成講座受講ちうの身。

関連する記事

あわせて読みたい

usausausa
卯月

うさぎと共に夫婦二人暮らし。ファッション販売員歴が長く、グルメ記事はショコラトリーでパートしていた時のパティシエさんからの情報に頼ってます!ブログ中心にライター業してる1級販売士。只今野菜ソムリ...

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

05micco2

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

eri11153

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

コウ5

コウ

都内在住の大学生です。ファッションが好きです。特にデニムが好きなので、毎日履いて洗濯してを繰り返し、自分だけの一本を制作中・・・

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介