【山口】日帰りでも行ける!貸切風呂のある温泉10選

世界遺産となった萩の城下町や松下村塾をはじめ、歴史情緒ある名所が揃う山口県。県内には防長四湯と呼ばれる名湯もあり、プライベート気分で湯を楽しめる貸切風呂を備える宿や日帰りで入浴できるスポットもあります。山口県で日帰りでも行ける貸切風呂のある温泉をご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 461views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.hotelyokikan.jp

山口でおすすめする日帰り&貸切風呂のある温泉

出典:www.hotelyokikan.jp

出典:www.hagihonjin.co.jp

世界遺産に登録された萩の城下町や松下村塾をはじめ歴史情緒ある名所が揃う山口県。秋吉台や青海島など風光明媚な景勝地もあり、下関のフク:河豚などご当地グルメも魅力的です。

県内には防長四湯と呼ばれる名湯があり、カップルやファミリーで気兼ねなく湯に入れる貸切風呂を備える温泉宿もあります。そして宿泊の時間が取れない方には観光やグルメと組み合わせた日帰り温泉がおすすめ。今回はバラエティに富んだ魅力がある山口県で、貸切風呂を用意し日帰り入浴もできる温泉旅館・ホテルを厳選して10ヵ所ご紹介しましょう。

1.上関町「上関海峡温泉 鳩子の湯」

出典:www.hatokonoyu.jp

出典:www.hatokonoyu.jp

出典:www.hatokonoyu.jp

室津半島の先端部で瀬戸内海と海峡を望むロケーションに立地する「上関海峡温泉 鳩子の湯」。天然温泉の日帰り入浴スポットで、レストランやお土産コーナーを併設しています。

湯は地下1000mから湧出する天然温泉で「石の風呂」と「木の風呂」を用意。それぞれに海を望む風情ある風呂を設えており、露天風呂では源泉の湯に、内湯ではマンガンと鉄分を取り除いた白湯に入ることができます。そして貸切で利用できる家族風呂はバルコニーを備えるゆったりした造りです。

館内にあるレストラン「さくら」では瀬戸内海の新鮮な海幸をメインに多彩な料理を取り揃え。宝石箱のような「海鮮丼「極」」や「お刺身御膳」をはじめ、高森牛をたっぷりと味わえる「高森牛花盛丼」など彩り豊かなメニューが並びます。

【基本情報】
住所   :熊毛郡上関町大字室津924
電話   :0820-62-1126
日帰り入浴:700円
貸切風呂 :2,900円(60分、予約制)
営業時間 :10:00~21:00
定休日  :第3水曜日

鳩子の湯

2.湯野温泉「芳山園」

出典:www.houzanen.com

出典:www.houzanen.com

出典:www.houzanen.com

神功皇后による開湯伝説が残り夜市川の上流部に温泉宿が並ぶ湯野温泉。温泉街の中で夜市川を望むリバーサイドに風雅な佇まいの日本庭園を擁する「芳山園」が宿を構えています。

湯は珍しいアルカリ性硫黄泉で風情ある造りの大浴場や露天風呂をはじめ、人気の檜風呂や気泡風呂などを用意。露天風呂を備えた貸切風呂は総檜造りと岩造りの2ヵ所があり、贅沢な気分で温泉を満喫できます。

「芳山園」では地元の素材を厳選して、季節の旬を味わえる会席料理を用意。山口ならではのフグや高森和牛などを使ったプランもあり、予約すれば2名から日帰り会食プランも利用できます。

【基本情報】
住所   :周南市大字湯野4255-1
電話   :0834-83-2255
日帰り入浴:660円
貸切風呂 :2,200円(50分)
宿泊料金 :7,000円~

芳山園

3.湯田温泉「ホテル かめ福」

出典:www1.489ban.net

出典:www1.489ban.net

出典:www1.489ban.net

室町時代に白狐が温泉に浸かっていたことから発見されたという開湯伝説が伝わる湯田温泉。山口県を代表する防長四湯の一つであり、山陽路では随一の規模を誇る温泉街を形成しています。

温泉街の中で湯田温泉の駅から徒歩8分ほどの場所に立地するのが「ホテル かめ福」。凝った意匠の大浴場や露天風呂など12種類の「夢の御湯」を揃えており、多彩な湯殿を楽しむことができます。そして貸切風呂はそれぞれ風情ある造りで「亀甲の湯・大殿の湯」の2ヵ所を用意、宿泊者は24時間利用できることもポイントです。

「ホテル かめ福」では、下関産のトラフグや車海老・鮑など土地ならではの上質な素材を吟味して会席料理を用意。夏の「活はもの湯引き」や冬の「ふぐの白子」など季節限定の別注料理もあり、入浴付き昼食プランも用意します。

【基本情報】
住所   :山口市湯田温泉4-5
電話   :083-922-7000
日帰り入浴:850円
貸切風呂 :2,200円~(50分、宿泊者は1,100円、要予約)
宿泊料金 :4,637円~

ホテル かめ福

4.湯田温泉「山水園」

出典:www.yuda-sansuien.com

出典:www.yuda-sansuien.com

出典:www.yuda-sansuien.com

広大な森に三方を囲まれ回遊式池泉庭園・枯山水庭園・茶庭を配した「山水園」。山を借景とした庭園と、大正期に別荘として建てられ数寄屋造りで増築された館が見事な景色を描き出します。

湯はアルカリ性単純硫黄泉で抗酸化作用の効果があるといわれる温泉です。大浴場を備える内湯と、露天風呂やサウナを備えて日帰り入浴ができる外湯の「翠山の湯」がありそれぞれに家族湯を設え。明媚な庭園の眺めと湯を堪能できます。

「山水園」では地元山口の食材にこだわり、四季の旬菜と日本海・瀬戸内海の海幸で会席料理を用意。月替わりの品書きは移り行く季節を表し、繊細な器に美しく盛りつけられた料理が魅了します。

【基本情報】
住所   :山口市緑町4-60
電話   :083-922-0560
日帰り入浴:1,600円
貸切風呂 :2,000円(60分)
宿泊料金 :17,000円~

山水園

5.萩市「萩本陣」

出典:www.hagihonjin.co.jp

出典:www.hagihonjin.co.jp

出典:www.hagihonjin.co.jp

世界遺産に登録された松下村塾や松陰神社から近い高台に立地する「萩本陣」。歴史情緒ある萩の街並みを見下ろすロケーションで、多彩な湯殿を擁する温泉宿です。

温泉は毎分200Lの豊富な湯量を誇る自家源泉で、地下2000mから湧出する2万年前といわれる太古の湯。14種類を揃えた湯殿は湯巡りができる湯屋街「湯の丸」と名付けられており、趣向を凝らした様々な湯を楽しめます。そして貸切風呂は「星・月」の2ヵ所で、眼下に萩の街並みを眺めながら気兼ねなく湯に入れる設えです。

「萩本陣」では食材豊かな萩の味・旬の味で季節を味わう料理を用意。フグやオコゼをはじめ貴重な和牛の見蘭牛など、萩ならではの食材が持ち味を活かしつつ繊細なアレンジで供されます。

【基本情報】
住所   :萩市椿東385-8
電話   :0838-22-5252
日帰り入浴:1,100円~
貸切風呂 :3,300円~(45分)
宿泊料金 :6,600円~

萩本陣

6.湯本温泉「山村別館」

出典:y-bekkan.jp

出典:y-bekkan.jp

出典:y-bekkan.jp

住吉大明神のお告げによって室町時代に開湯したと伝わる防長四湯の一つ湯本温泉。音信川に沿って温泉街が広がっており、湯本交差点近くに「山村別館」があります。

温泉はアルカリ性単純温泉の美肌の湯で、モダンかつ開放的な露天風呂は男性用「ひらり」と女性用「そよか」を用意。貸切風呂はそれぞれ趣のある「笹島・龍宮」の2ヵ所で、ファミリーでもゆったりと寛げる広さがあります。

「山村別館」で供されるのは、日本海の海幸やブランド鶏の長州鶏など素材を厳選した創作会席料理。長門の季節野菜を用いた旬を味わう味覚が並び、もちろんフグのプランも用意します。

【基本情報】
住所   :長門市深川湯本533-1
電話   :0837-25-3011
日帰り入浴:1,000円
貸切風呂 :2,500円(50分、宿泊者は2,000円)
宿泊料金 :3,436円~

山村別館

7.湯本温泉「湯本観光ホテル西京」

出典:www.hmi-ryokan.jp

出典:www.hmi-ryokan.jp

出典:www.hmi-ryokan.jp

温泉街の西側で県道34号沿いに「湯本観光ホテル西京」が立地しています。

温泉の風呂は泡風呂やサウナを備えた開放的な大浴場をはじめ、巨石を配した野趣ある造りの露天風呂を用意。宿泊者用の貸切風呂は東屋を設えた露天風呂、カップルやファミリーでプライベート温泉をどうぞ。

「湯本観光ホテル西京」では、近海物の新鮮な魚介をはじめ高級食材や季節の旬菜を駆使した会席料理を用意。佐賀県に次いで2位の漁獲高を誇るイカは絶品、フグや長州鶏を賞味できるプランも揃えます。

【基本情報】
住所   :長門市深川湯本1051
電話   :0837-25-3111
日帰り入浴:1,000円
貸切風呂 :2,000円(宿泊者用)
宿泊料金 :3,400円~

湯本観光ホテル 西京

8.湯本温泉「湯本ハイランドホテルふじ」

出典:www.hotel-fuji.net

出典:www.hotel-fuji.net

出典:www.hotel-fuji.net

温泉街の中でディーゼル機関車が走るJR美祢線と、音更川に挟まれたエリアに「湯本ハイランドホテルふじ」が立地します。

温泉の風呂は1階と2階に大浴場があり、1階は秋吉台の大理石で設えた岩風呂、2階の大浴場は目の前を走る列車を望む造りです。そして貸切風呂は5階に設けられた檜造りの露天風呂、森の木々を眺めながら湯に浸かれます。

「湯本ハイランドホテルふじ」では、近隣の仙崎港で水揚げされる新鮮な魚介や地元の旬菜を使う真心の料理を用意。契約農家から仕入れる米や油谷町の大津醤油など、こだわりと安心の食事が供されます。

【基本情報】
住所   :長門市深川湯本1280
電話   :0837-25-3711
日帰り入浴:840円
貸切風呂 :3,150円(50分、宿泊者は2,100円)
宿泊料金 :4,545円~

湯本ハイランドホテルふじ

9.長門市「ホテル楊貴館」

出典:www.hotelyokikan.jp

出典:www.hotelyokikan.jp

出典:www.hotelyokikan.jp

油谷湾を望む絶好のロケーションに立地し、伊上海浜公園などからも近い「ホテル楊貴館」。名所の元乃隅神社や角島へのアクセスも良く、温泉総選挙2019のうる肌部門で1位を獲得した温泉ホテルです。

温泉の風呂は「夕凪の棟」にモダンな「楊貴妃の湯」と「玄宗の湯」があり、一面の海を眺めながら湯に浸かれる設え。「朝凪の棟」には大きく窓を設えた展望露窓風呂と、ファミリーでもゆったりと寛げる広々とした貸切風呂を用意しました。

「ホテル楊貴館」では山陰北浦の豊かな自然に育まれた食材を厳選し、四季折々に心に残る料理を用意。贅を凝らした会席料理の数々が並び、透き通る美しさが食欲をそそる新鮮なイカや鮑なども別注料理で供されます。

【基本情報】
住所   :長門市油谷伊上10130
電話   :0837-32-1234
日帰り入浴:1,050円
貸切風呂 :3,300円(45分、予約制)
宿泊料金 :11,000円~

ホテル楊貴館

10.一の俣温泉「一の俣温泉グランドホテル」

出典:ichinomata.co.jp

出典:ichinomata.co.jp

出典:ichinomata.co.jp

明治時代に開発が始まり大正時代に入ってから開湯した一の俣温泉。一の俣川沿いに温泉宿があり、南側に「一の俣温泉グランドホテル」が立地しています。

温泉はph10のアルカリ性で石鹸を思わせるトロトロとした肌触りで潤う美肌の湯。木の温もりを感じる内湯や自然の景観と湯を楽しめる露天風呂があり、貸切風呂は桶風呂「ほの香」と石風呂「ゆの香」の2種を揃えます。

「一の俣温泉グランドホテル」で供されるのは、下関のフグや一の俣の猪をはじめ料理長こだわりの食材で造る季節の会席料理。土地ならではの旬を感じられる料理が並び、フグを味わい尽くす「ふぐづくし会席」も用意します。

【基本情報】
住所   :下関市豊田町大字一ノ俣
電話   :083-768-0321
日帰り入浴:1,100円
貸切風呂 :2,000円(60分、要予約)
宿泊料金 :5,454円~

一の俣温泉グランドホテル

山陰・山陽の美食と名湯の湯

防長四湯と呼ばれる名湯もあり、風情ある温泉宿から手軽な日帰り温泉まで揃う山口県。貸切風呂で気兼ねなく、日帰りで気軽に、そして当地ならではの美食を満喫してみませんか。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 料金や利用時間などはプランや日程により変動する場合があります。
※ 掲載画像と実際のプラン等は一致しない場合があります。
※ 日帰り入浴は混雑時に利用できない場合があります。
※ 宿泊料金は1室2名利用時の1名分が目安です。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅と温泉と酒・肴を愛する道楽者。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

曲者の集まりであるCLUB Autistaに所属し、信州で車と旅と温泉と酒・肴を愛する道楽者。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

ハングリィ1

ハングリィ

早稲田大学在学中。無類のアイドル好きでありラーメン好き。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

eri11152

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

05micco3

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

kiki04084

kiki0408

茨城の筑波山生まれ。「いばらぎ」じゃなくて「いばらき」です。

yannma5

yannma

経営学を学びながら、シャツ屋でアルバイトをしています。スーツ・シャツ・ネクタイ・革靴などに興味をもって、フォーマルブランドからカジュアルブランドまで、日々多くのものに触れながらセンス磨き中。

こばこ6

こばこ

女子大生。

>>ライター紹介