【香川】日帰りでも行ける!貸切風呂のある温泉10選

小豆島をはじめとした島々に囲まれ風光明媚な観光名所が揃う香川県です。県内各地には貸切風呂を備えたり日帰り入浴ができたりする温泉があり、観光やグルメと組み合わせて楽しめる湯が人気です。香川県で日帰りでも行ける貸切風呂のある温泉をご紹介しましょう。

saitoinformationbusiness斉藤情報事務
  • 76,283views
  • B!

アイキャッチ画像出典:www.kotohira-kadan.jp

香川でおすすめする日帰り&貸切風呂のある温泉

出典:www.kotohira-kadan.jp

小豆島をはじめとした島々に囲まれ、高松城や栗林公園などの観光名所も多彩な香川県です。瀬戸内の海幸や讃岐の山幸に恵まれており、ご当地グルメの讃岐うどんは全国的にも人気が高く”うどん県”を掲げています。

県内各地にはプライベートな湯を楽しめる貸切風呂を備える温泉宿や、日帰りで入浴できるスポットもあり観光やグルメと組み合わせて日頃の疲れを癒やす湯を楽しめます。今回は香川県でおすすめする貸切風呂や客室付き風呂を用意し、日帰り入浴もできる温泉を10ヵ所ご紹介しましょう。

1.塩江温泉「新樺川観光ホテル」

出典:shinkabakawa.com

べっぴんの湯

奈良時代に行基によって開湯され弘法大師空海も湯治をすすめたと伝わる塩江温泉です。讃岐の奥座敷として知られる温泉街で、渓谷沿いにご紹介する「新樺川観光ホテル」があります。

温泉は良質で豊富な湯量を誇り讃岐随一といわれるべっぴんの湯です。渓谷のせせらぎを聞きながら入れる露天風呂や趣ある大浴場「菖蒲の湯」などを備えています。そしてこちらのホテルは全客室の風呂が温泉、気兼ねなくプライベートな湯を楽しめる設えです。

「新樺川観光ホテル」の食事は四季折々の山幸を厳選し、滞在プランにあわせて供される会席料理です。館内にある食事処「和食会席 橘」では御膳や定食など各種ランチも用意していますので、日帰りの方はこちらでいかがでしょう。

【基本情報】
住所   :高松市塩江町安原上東1‒6
電話   :087‒893‒1200
日帰り入浴:820円
貸切風呂 :風呂付き客室

【公式】香川・高松の宿泊なら新樺川観光ホテル | べっぴんの湯

四国・八十八カ所結願の寺「大窪寺」最寄りの塩江温泉郷でのご宿泊は新樺川観光ホテルをご利用ください。高松市内から車で約1時間の好アクセスで周辺を満喫するには抜群!お遍路さんにおすすめの癒しの温泉郷です。

2.高松市「花樹海」

出典:www.hanajyukai.jp

出典:www.hanajyukai.jp

高松城や栗林公園をはじめ源平合戦で知られる屋島など、香川を代表する観光名所に近い立地の「花樹海」です。瀬戸内海と高松市内を一望できるロケーションで、木立や草花に囲まれた温泉ホテルです。

湯はナトリウムを多く含有するナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉で、美肌効果の高い美人の湯。海と街を見下ろせる展望パノラマ大浴場があり、雄大な景色と寛ぎの湯を満喫できます。そして展望檜風呂や天然岩露天風呂を備えた客室もあり、珠玉のラグジュアリー空間で温泉を楽しめる設えが魅力です。

「花樹海」の食事は瀬戸内海の海幸や郷土の味わいを楽しめる独創的な会席料理で、。食事処「飯依比古(イイヨリヒコ)」のオープンキッチンレストランで、讃岐の旬を味わえるお食事(完全予約制)が供されます。

【基本情報】
住所   :高松市西宝町3-5-10
電話   :087-861-5580
日帰り入浴:有り
貸切風呂 :風呂付き客室

【公式サイト】香川に宿泊するなら|旅館「喜代美山荘 花樹海」
一休での予約はこちらから

3.庵治温泉「庵治観光ホテル 海のやどり」

出典:www.ajiuminoyadori.com

出典:www.ajiuminoyadori.com

江の浜海水浴場や漁港を目の前にする「庵治観光ホテル 海のやどり」は、瀬戸内海や小豆島を望む絶好のロケーションに立地する温泉ホテルです。

庵治半島の地下深くから湧出する天然温泉は、やわらかな肌あたりで湯冷めしにくい湯です。広々とした大浴場の「源氏の湯」や、絶景と湯を同時に楽しめる露天風呂「平家の湯」がありサウナも完備しています。そしてジャグジー付展望風呂客室なら絶景と湯を独り占め、上質な寛ぎを供する空間です。

「庵治観光ホテル 海のやどり」の食事は、庵治港で水揚げされる新鮮な瀬戸内の海幸をふんだんに盛り込んだ会席料理です。

【基本情報】
住所   :高松市庵治町5494
電話   :087-871-3141
日帰り入浴:800円
貸切風呂 :風呂付き客室

庵治観光ホテル 海のやどり

4.坂出市「ニューサンピア坂出」

出典:skd.ns-hotels.jp

出典:skd.ns-hotels.jp

出典:skd.ns-hotels.jp

讃岐御膳

四国八十八箇所霊場で第八十一番札所となる白峯寺から近い場所に立地する「ニューサンピア坂出」は、瀬戸大橋から対岸の岡山まで見渡せる絶景ビューの温泉ホテルです。

温泉は美肌の湯と呼ばれる炭酸水素塩泉で、入ると石鹸で洗ったかのような効果がある湯です。抜群の眺望が望める大浴場や、吹き抜ける風が心地よい露天風呂などがあります。客室は全て瀬戸内や坂出市内を望む造りで、特別洋室には専用露天風呂を備えておりプライベートな湯を堪能できる設えです。

「ニューサンピア坂出」には展望レストラン「GOSHIKI」がありますので、日帰りのランチはこちらがおすすめです。一押しの「讃岐御膳」など多彩なメニューを取り揃えています。

【基本情報】
住所   :坂出市高屋町2048-91
電話   :0877-47-0531
日帰り入浴:600円
貸切風呂 :風呂付き客室

ニューサンピア坂出

5.まんのう町「湯山荘 阿讃琴南」

出典:www.asankotonami.com

出典:www.asankotonami.com

出典:www.asankotonami.com

徳島自動車道の美馬ICから車で15分ほどドライブした山間に立地する「湯山荘 阿讃琴南」は、里山の別荘といった趣があるラグジュアリーな山峡の湯宿です。

湯は自家源泉の美合温泉を擁しており、河畔風呂「せせらぎ」には自然と調和した岩造りの露天風呂や深さ1mの風呂をはじめ内湯やサウナなども完備です。湯上りに森林浴を楽しめる涼み処も設えており、貸切風呂「なごみ」はサウナ付きと岩盤浴チェア付きの2ヵ所を用意します。

「湯山荘 阿讃琴南」の食事は、メインダイニング「穀雨」で供される阿讃の恵みを味わう里山料理です。オリーブ牛・讃岐コーチン・阿波尾鶏など当地の食材をふんだんに使っており、四国の旬彩を楽しめます。

【基本情報】
住所   :仲多度郡まんのう町勝浦1
電話   :0877-84-2611
日帰り入浴:1,800円
貸切風呂 :4,400円~(60分、宿泊者用)

湯山荘 阿讃琴南
一休での予約はこちらから

6.こんぴら温泉郷「紅梅亭」

出典:www.koubaitei.jp

出典:www.koubaitei.jp

金倉川の川岸から金刀比羅宮にかけて温泉街を形成するこんぴら温泉です。土讃線の琴平駅から徒歩5分ほどの場所に温泉宿の「紅梅亭」が立地しています。

温泉は「花すみか・花てらす・花くらぶ」の3エリアで、湯巡りができる15種類の風呂を取り揃えています。檜の内風呂や花々に囲まれた露天風呂をはじめ、野趣ある岩風呂や打たせ湯など多彩な風呂を楽しめます。8階の「花くらぶ」には貸切風呂「月湯・星湯」があり、開放的な景色と湯を楽しめる設えです。

「紅梅亭」ではモダンなオーベルジュ風ダイニングの「割烹ダイニング丸忠」で料理を用意しており、臨場感溢れるライブキッチンのスタイルで、四国の旬彩を使い料理長が腕を振るう美食が供されます。

【基本情報】
住所   :仲多度郡琴平町556-1
電話   :0877-75-1111
日帰り入浴:団体利用
貸切風呂 :2,420円(税込) ※宿泊者限定

紅梅亭
一休での予約はこちらから

7.こんぴら温泉郷「こんぴら温泉湯元八千代」

出典:yachiyo.cc

福舟

出典:yachiyo.cc

屋上露天風呂

出典:yachiyo.cc

うまいもん三昧会席

享保10年(1725年)に開業し金刀比羅宮参りの参拝客をもてなしてきた老舗「こんぴら温泉湯元八千代」です。13代目から現在の屋号になり、純和風からデザイナーズモダンの客室まで揃えています。

宿自慢の温泉は金刀比羅宮の門前町や讃岐平野の眺望を望み2022年にリニューアルされた屋上露天風呂をはじめ、白と黒を基調にしたモダンな大浴場などを用意しています。貸切風呂の「福舟」は館の高層階にあり、匠が設えた和モダンの落ち着いた空間で気兼ねなく湯を満喫できます。

「こんぴら温泉湯元八千代」の食事は、春夏秋冬に移り変る四国の旬を賞味する会席料理です。瀬戸内の旬魚や香川産和牛など素材を厳選し、目も舌も楽しませてくれる料理が供されます。

【基本情報】
住所   :仲多度郡琴平町611
電話   :0877-75-3261
日帰り入浴:800円
貸切風呂 :2,200円(40分) ※宿泊者限定

こんぴら温泉湯元八千代

8.こんぴら温泉郷「つるや旅館」(現在、日帰り利用休止中)

出典:www.jhpds.net

出典:www.jhpds.net

金刀比羅宮の表参道入口に宿を構える「つるや旅館」は、旧金毘羅大芝居の金丸座をイメージした本館とモダンな新館で構成させる老舗温泉旅館です。

温泉は単純弱放射能冷鉱泉で、木の温もりを感じられる大浴場や趣ある壷湯などを用意しています。新館には半露天風呂を備えた客室もあり、好きな時に好きなだけ温泉を満喫できます。

「つるや旅館」の食事は全国から厳選した素材や瀬戸内・讃岐の旬彩を活かしたおもてなしの料理です。カジュアルからスペシャルまで各種会席料理が並び、別注料理も多彩に取り揃えています。

【基本情報】
住所   :仲多度郡琴平町620
電話   :0877-75-3154
貸切風呂 :風呂付き客室

つるや旅館

9.こんぴら温泉郷「琴平花壇」

出典:www.kotohira-kadan.jp

出典:www.kotohira-kadan.jp

貸切温泉露天風呂「なごみ湯」

出典:www.kotohira-kadan.jp

温泉街の南側で金倉川沿いに立地する寛永4年(1627年)創業の老舗「琴平花壇」です。2019年にリニューアルした別館・山翠閣や数寄屋造りの離れを擁し、森鴎外や北原白秋などの文人墨客にも好まれた温泉旅館です。

源泉は琴平町智光院温泉で讃岐平野や阿讃山脈の眺望と湯を楽しめる展望浴場や、幻想的な竹林に囲まれて門前町を望める露天風呂などを用意しています。そして貸切露天風呂の「なごみ湯」は、テラスやシャワーブース・パウダールームなども備えたプライベート空間、贅沢な一時を過ごすことができます。

「琴平花壇」の食事は、瀬戸内の海幸と讃岐の山幸をふんだんに盛り込んだ会席料理やコース料理です。温泉と昼食のセットプランも揃えます。

【基本情報】
住所   :仲多度郡琴平町1241-5
電話   :0877-75-3232
日帰り入浴:3,200円~(昼食付きプラン)
貸切風呂 :3,300円(税込)/45分

琴平花壇
一休での予約はこちらから

10.小豆島町「ベイリゾートホテル小豆島」

出典:www.489pro.com

出典:bayresort-shodoshima.jp

坂手港から車で5分ほどの距離で内海湾を望む立地の「ベイリゾートホテル小豆島」は、シーサイドに屋外プールも備えた全室オーシャンビューの温泉ホテルです。

温泉は館の地下1600mから湧出する自家源泉で、鉄分・塩分・ナトリウムなどを含有する良質な湯です。最上階に設えた展望大浴場は海を望む抜群のロケーション、開放的な露天風呂では潮風を感じながら湯に入れます。そして貸切の個室露天風呂は檜と陶器の2種で5室を用意しています。木の温もりを感じる空間でプライベートな湯を楽しむことができ日帰りでも利用できます。

「ベイリゾートホテル小豆島」の食事は、瀬戸内の鮮魚や小豆島の名産品など地の食材を厳選した郷土色満載会席です。そしてオリーブにこだわったオリーブバイキングもあり、ホテルオリジナルのオリーブ料理などがバラエティ豊かに並びます。

【基本情報】
住所   :小豆郡小豆島町古江乙16-3
電話   :0879-82-5000
日帰り入浴:3,000円(45分、貸切風呂、要予約)

ベイリゾートホテル小豆島
一休での予約はこちらから

老舗宿からリゾートホテルまで多彩に揃った香川の温泉

金刀比羅宮近くの老舗宿から小豆島のリゾートホテルまで多彩に揃った香川の温泉宿です。貸切風呂でゆったりと、日帰りで手軽に温泉を楽しんでみませんか。

※ 掲載内容は執筆時点、価格・基本情報等は参考で変更になる場合があります。
※ 料金や利用時間などはプランや日程により変動する場合があります。
※ 掲載画像と実際のプラン等は一致しない場合があります。
※ 日帰り入浴は混雑時に利用できない場合があります。

この記事のキーワード

この記事のライター

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

関連する記事

あわせて読みたい

saitoinformationbusiness
斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

feature

ranking

new

partners

星野リゾート(公式)

星野リゾート(公式)

星野リゾートの公式アカウントです。星野リゾートでは、自然や文化、食など、その地域の魅力に触れる様々な体験をご用意しております。すべてのお客様に「ここに来てよかった」と感じていただきたいという気持...

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS & STRADAEST(公式)

TATRAS&STRADA ESTはビジネスもホリデーも同じく楽しむ大人にファッションを通じて新しい喜びを発見して頂ける様に目指しているセレクトショップです。“Hi Quality”“S...

writers

eri11151

eri1115

旅行と食べること、ファッションが好き。インドア派でアウトドア派のフリーライターです。生まれは四国、大学で東京へ行き就職で大阪へ。転々とする放浪癖を生かして様々な地域の記事を書いています。

ハングリィ2

ハングリィ

広告代理店勤務。基本的に好奇心旺盛。筋トレや美容、ヘアスタイルなどメンズビューティーに凝っています。

斉藤情報事務3

斉藤情報事務

信州の曲者が集まるCLUB Autistaに所属する道楽者。車と酒と湯を愛し、ひと時を執筆に捧げる。

VOKKA編集部グルメ班4

VOKKA編集部グルメ班

VOKKA編集部グルメ班です。本当に美味しい名店だけをご紹介できるよう日々リサーチいたします。

05micco5

05micco

都内在住。コーヒーとサンドイッチが大好きで1日1カフェ生活を送っている。夏の定番はレモネード、冬の定番はホットチョコレート。オシャレやヘルシーという言葉に敏感なミーハー系女子。

yukib6

yukib

東京出身。興味があるのは建築&インテリア。

>>ライター紹介